企業研究

【東急不動産インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

東急不動産を研究!

総合不動産会社である東急不動産は、CMでもご存知の方が多いのではないでしょうか。業界動向リサーチでは、業界内での売上高、シェア率は5位であり、、都市開発では目覚ましい業績を誇る東急不動産は就活生にとって有力な選択肢のひとつでしょ。この記事では東急不動産のインターンについて詳しく説明していきます。

インターンに参加することで、イメージでしか知らない会社を実際に見て、社員と交流し、その会社が本当に自分の目指す会社なのかを見極めるチャンスになります。また、実体験の中で自分に足りないものを見出して成長する機会にもなります。参加により大変有意義な経験ができるはずですので、ぜひ検討してください。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

不動産業界の動向については、こちらの記事で詳しく解説しています。

東急不動産の基本情報

東急不動産がおこなっている事業は、「都市事業」「住宅事業」「管理事業」「仲介事業」「ウェルネス事業」「ハンズ事業」「次世代・関連事業」の5つです。都心のオフィスビル・商業施設の開発に軸足をおいていますが、近年は都心だけなく、関西でも大型商業施設キューズモールを開業するなど積極的に事業展開を行っています。

正式名称:東急不動産ホールディングス株式会社
所在地:東京都港区南青山2-6-21 TK南青山ビル
設立年:2013年
従業員数:56人(2018年3月末時点)
平均年齢:45.3歳(2018年3月末時点)
平均勤続年数:20.2年(2018年3月末時点)

東急不動産を企業研究

東急不動産の事業は、快適に過ごせる街と過ごしやすい家を提供することを目的としています。また、傘下の東急不動産㈱は40年以上前からインドネシア、アメリカ、中国を中心とした海外展開をおこなっており、世界中に快適な空間を提供する努力を惜しまない会社でもあります。

東急不動産は、熱意」と「努力」をモットーとしています。それをもとに、積極的に考え実行する意識が強いのが特徴です。社員教育にも力を入れていて、知識と経験に則った「熱意」「努力」が生み出されています。

社風としては、「活力ある強い組織」を目指している会社といえます。社員こそ最大の資産という考え方から分かるように、「熱意」と「努力」を大切にし、それを組織の中で活かせる人材を求めています。

不動産業界に就職するメリットについて、知りたい人はこちらの記事もチェックしてみてください。

あなたが受けない方がいい職業をチェックしよう!

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

東急不動産インターンの選考フロー

東急不動産のインターンの選考フローは【エントリー→ES提出→WEBテスト→面接またはグループディスカッション→合否連絡】です。

東急不動産のインターン選考対策

null

東急不動産のインターン選考についてみていきます。東急不動産のインターンは競争率が高く、選考を突破するのはなかなか難しいと言われています。東急不動産のインターン選考を突破するための対策をご紹介していきましょう。

SPIは一通り問題を解いておく

インターンシップに参加するためには、エントリーシートの提出も必要ですが、WEBテストもあります。WEBテストは他の企業でも選考によく用いられますが、SPIや玉手箱といった制作会社が作成するもの、またはその企業独自のWEBテストになります。

独自のWEBテストの場合も、まずはSPIの問題集をしっかり解いておきましょう。出題される問題の種類や傾向は市販のSPIの問題集を解いておけばカバーできるものです。そのため、問題集を一通り解き解き方をおさえておきましょう。

志望動機は具体的に伝えられるようにする

選考では、面接が取りいれられる可能性も高いです。問われる内容にして欠かせないのが、参加の理由です。なぜ東急不動産のインターンに参加したいのか、具体的に自分の言葉で伝えられなくては、選考を通過しません。

不動産業界の志望動機の書き方について、こちらの記事でもさらに詳しく解説しています。

東急不動産インターンの内容と日程

東急不動産のインターンは、社員の日常のありのままを体感してもらうことを目的としています。東急不動産の社員として働くことや、社風を体感し、東急不動産ならではの魅力を感じることができるプログラムとなっています。

①Winter Internship 2018 TOKYU LAND CORPORATION 職場』体験プログラム

タイミングによっては、実際に行われる社内会議や打合わせに同席させてもらったり、建設現場に行ったりすることできるインターンシップです。 懇親会やプロジェクト見学、就業体験、成果発表会といったコンテンツがあります。また、2つのコースがあり、それぞれ日程が違いますので、応募する際は日程を確認しましょう。

実施時期:
Aコース 2019年2月4日(月)~8日(金)、22日(金)
Bコース 2019年2月4日(月)、5日(火)、12日(火)~14日(木)、22日(金)

参加条件:
四年制大学または大学院に在籍(学年学科不問)
6日間全てに参加可能であること

開催地:
本社(東京:青山)もしくは関西事業所(大阪:心斎橋)

待遇:
15,000円支給 ただしインターン期間中の交通費、昼食代を含む

東急不動産のインターンに参加し業務理解を深めよう

null

東急不動産のインターンは8~9月に開催される1日型と2月に開催される3日型の2種類があります。東京と関西の2箇所で開催されるので都合に合わせて選ぶようにしましょう。

特に2月に開催されるインターンでは、インストラクター社員と一日共にすることが出来ます。

それにより社員が普段どのように仕事をしているかを知ることが出来ます。また、企業研究だけでは見えてこない点を直接社員聞く大いなるチャンスともなるのです。インターンに参加する前に東急不動産がどのような業務を行い、どこを目指しいるのかを研究し

知りたいこと、疑問に思ったことがあれば、事前にまとめておきましょう。それが熱意を示す下地となるのです。インターンはスケジュールを調整してでも参加する価値があるものです。ぜひ参加してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ