職種研究

営業アシスタントの志望動機|6つの例文とポイント・NG例を紹介

営業アシスタントについて

営業マンが日々営業活動に打ち込むことができるのは、優秀なアシスタントのおかげといっても過言ではありません。日々の商品の受発注、物流の手配、お客様からの問い合わせ対応等、様々な場面で活躍する職種といえます。業界、企業によって業務内容も様々ですが、共通して縁の下の力持ち役といえるでしょう。

この記事では一例として、営業アシスタントとして就職を目指す際の志望動機のポイントを紹介致します。

営業アシスタントの主な業務内容

営業アシスタントは、日々の営業活動において生じる事務的な業務をメインでおこなう職種になります。受発注や物流の手配、入庫手配やお客様からの問い合わせ対応等、外回りが無いことを除けば、営業担当者に近い立場でサポートをする仕事といえます。

最近は受発注システム等の導入により、高度なシステム管理、操作が必要となる場合も増えてきており、求められる資質や能力も日々高くなっています。

志望動機を書く際のポイント

志望動機を書く際のポイント

志望動機では、どうしてその業界を選んだのか、どうしてその企業なのか、また、どうして営業アシスタントという職種を選んだのかが分かるように書きましょう。ぜひ入社したいという仕事に対する熱意を伝えるのは大切ですが、長すぎる文章では要点が分からず、読みづらいものになってしまいます。

伝えたいことはしっかりと書き、簡潔にまとめることもポイントとなります。他の応募者のなかで埋もれてしまわないように、良い印象を残せる志望動機を書く工夫をしてみましょう。

営業アシスタントの志望動機を書く際のポイントは、その企業だからこそ働きたいと思った理由を伝える、営業アシスタントとして活かせるスキルをアピールする、キャリアビジョンを明確にすることがポイントです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

その企業だからこそ働きたいという理由を伝える

業界や職種に対しての志望動機を書くことも大切ですが、それだけではその企業ではなく、ほかの企業でも良かったのではと思われてしまう可能性もあります。その企業だからこそ働きたいという理由を書くことで、志望度の高さをアピールできます。そのためにも、事前に企業の特徴や社風、商品やサービスについてしっかりと調べて、理解しておくことが重要となります。

その企業にしかない長所や、自分がその企業のどこを良いと思ったのかなど、具体的に書くことで相手に伝わりやすくなります。実際に企業の商品を使ってみたことなど、エピソードも交えて書くと効果的です。特に、営業アシスタントでは自社の製品をよく理解しておくことも必要ですので、企業研究の際に確認しておきましょう。

活かせるスキルをアピールする

営業アシスタントとして即戦力となるようなスキルをアピールするのも効果的です。社会人としての経験は無くても、仕事に活かせるスキルを持っていることは強みとなります。営業アシスタントでは、外回りの営業スタッフをサポートすることが主な仕事です。頼まれた資料をパソコンを使って作成することもあるため、パソコンの基本的なスキルは必須です。

ワード、エクセル、パワーポイントなどが使えると良いでしょう。また、データの入力などもおこないますので、タイピングもスピーディーさが求められます。ほかにも、社内・社外の人と関わることも多いので、コミュニケーション能力も必要です。きちんとした言葉遣いができる、気配りができる、などもアピールできるスキルです。

キャリアビジョンを明確にする

入社後に、どのように活躍していきたいか、何を目指したいかという将来のビジョンも明確にしておきましょう。仕事を一生懸命頑張りたいです、とだけ書いても、どのように仕事をしていきたいのか具体的なアピールにはなっていません。

営業アシスタントとしてどのように成長していきたいか、他のスタッフをどのようにサポートしていきたいか、などの目標を書くと仕事に対する前向きな姿勢が伝わります。営業アシスタントの業務に活かせる資格を取りたいなども、良い印象となるでしょう。

「周りの人とのコミュニケーションで職場の人間関係をスムーズにしたい」「将来的には営業の仕事に就きたい」など、前向きなキャリアビジョンを書くことがポイントです。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

営業アシスタントの志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に営業アシスタントに採用される志望動機を完成させましょう。

営業アシスタントの志望動機例6選

続いて好印象が期待できる志望動機のポイントを、6つの例に沿って紹介していきます。

志望動機の例文①

私は大学時代、野球部のマネージャーをしておりました。業務としては、部費の計算といった経理業務や練習試合の調整といった渉外業務等があり、業務量も多く大変でしたが、チームが試合で勝つ度に大きな達成感を得ることができ、サポート役にやりがいを感じておりました。
また、御社の社員の方々にお会いする中で、皆さんの前向きな姿勢や人柄に共感し、ぜひ一緒にチームとして働きたいと思い、志望いたしました。

サポートすることにやりがいを感じるという性格をアピールした例文です。サポートする仕事の中でも、どのような力が身に付いたかを具体的なエピソードに沿ってアピールできると良い志望動機となります。また、受験する会社の社員への共感は採用担当者へ良いアピールとなります。

志望動機の例文②

私の強みは創意工夫ができることです。アルバイトとして居酒屋で働いていますが、売り上げが伸びない問題を抱えていました。この状況を打開するため、店長と一緒にアイデアを出し、クーポン付きのビラの配布や看板メニューのリニューアル等を実施し、1年後には売り上げ目標を達成できました。
この経験を通し、工夫する大切さと楽しさを学ぶことができました。御社においても、向上心のある営業アシスタントとして活躍したいです。

ポイントは、長所をしっかりアピールしている点です。工夫した経験から何を学んだのかを具体的なエピソードで紹介することは効果的です。営業アシスタントにおいても、少しの工夫で営業効率の向上や顧客の満足度に繋がるような仕事ができる人材はとても重宝されており、人事担当者に良いアピールとなるでしょう。

志望動機の例文③

私はこれまで身に付けてきたスキルを貴社において活かしていきたいと思い志望いたしました。
大学時代にはMOSの資格取得を通し、パソコンスキルを磨きました。また、数字に強くなるために日商簿記3級も取得しました。貴社に入社した際には、これまで以上にスキルの向上につとめ、サポート業務だけではなく、業務改善等にも取り組めるような一段上の営業アシスタントを目指したいと考えております。

営業アシスタントに必要なスキルを前面にアピールした例文になります。MOSや日商簿記は事務系の仕事を目指す上で有利な資格として有名で、実務に活きてくることも確かです。何より、取得までの努力はあなたの向上心の高さをアピールする上で良いエピソードとなるでしょう。

志望動機の例文④

私は、大学のサークルでマネージャーとして活動しているうちに、誰かのサポートをすることの大切さや、やりがいに気づき、自分に向いていると感じたため、営業アシスタントを希望しました。営業アシスタントとして、営業のお仕事、ひいては貴社全体をサポートできる存在になりたいと考えております。
また、貴社の〇〇というサービスはとても画期的なもので、多くの人に利用してほしいと思っています。

自分自身の大学での経験を通して、営業アシスタントの仕事につきたいと思ったきっかけを書いています。営業アシスタントは、営業スタッフのサポートをすることが主な仕事になりますので、大切さややりがいを感じていると述べることは、仕事への熱意をアピールできるものとなります。

志望動機の例文⑤

私は、ひとつのことを根気よくコツコツと続けることが好きで、地道な作業でも丁寧に正確に進めていくことが得意です。学生時代は部活でマネージャーを経験し、選手のサポートに徹していました。そのことから、目立たなくても人の役に立てる仕事がしたいと思い、このたび志望いたしました。
また、在学中に情報処理技術者試験に合格、MOSの資格も取得しておりますので、パソコンの操作は得意です。接客のアルバイトの経験があり、敬語の使い方やお客様への対応を学んできました。

学生時代のマネージャーの経験から、人をサポートすることが得意だということをアピールしています。また、営業アシスタントとして必要となるパソコンスキルや、敬語などのマナーもあり、即戦力となれることが伝わります。

志望動機の例文⑥

これまでの経験から、私には共に働く仲間が仕事をしやすいようにサポートする、営業アシスタントの仕事が向いていると思い志望致しました。アルバイトでは、3年間ほどコールセンターで働いていました。パソコンスキルはもちろん、明るい電話対応にも自信があります。
素早く正確に仕事を処理し、どのようにしたら効果があげられるかを常に考え行動し、仕事をするうえで必要な勉強にも努力を惜しみません。営業スタッフの皆さんが、仕事をしやすい環境にしていきたいと考えております。

パソコンスキル、電話対応のスキルがあることをアピールしています。どちらも営業アシスタントには必要な能力です。また、前向きな姿勢で仕事に対する熱意も述べています。入社後にどのように活躍していきたいのか、具体的に伝えることができています。

営業アシスタントの志望動機NG例

それでは、まずはNGになり得る志望動機について説明します。

NG例

私は人を支えることにやりがいを感じます。大学時代は地域のボランティア活動に力を入れてきました。活動としては、地域の方々と一緒に清掃活動を行ったり、秋祭りの準備をお手伝いしたりと多岐に渡ります。一生懸命活動する中で地域の方々と交流を深めることができ、コミュニケーション能力も身についたと感じております。
これらの経験を活かし、営業アシスタントとして営業の皆さんを支えていければと考えております。

NGになり得るポイントですが、志望動機では抽象的な表現を避けることが大切です。コミュニケーション能力が身についたことについて、より具体的な表現にすべきでしょう。加えて、なぜその会社が良いのかアピールできるとよりよい志望動機に仕上がります。

営業アシスタントの志望動機ではスキルをアピールしよう

営業アシスタントとしての志望動機の組み立て方のポイントについて紹介してきました。営業アシスタントは近年人気の職種となっており、人事担当者も、どの人材を採用するか悩ましく考えているはずです。学生時代に身に付けたスキルや経験は存分にアピールしましょう。

また、どんな志望動機であっても「この人と働いてみたい」と思わせるのは、最終的には面接での印象だといえます。営業チームを明るくできる営業アシスタントはとても重宝されます。紹介したポイントを意識しつつ、明るく元気な印象が出せるよう頑張ってみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ