志望動機

【軽作業の志望動機】5つの例文とポイント・NG例を紹介

軽作業について

軽作業は、現在需要が増加している仕事のひとつです。中でも商品の仕分けなどが、ネット販売の普及で急増しています。それに関連したピッキングや梱包などの仕事もあり、さらに発送まで管理している会社などの求人もあります。

軽作業では、てきぱきと仕事をこなすことが求められます。ここでは、軽作業の仕事を希望する際の志望動機の書き方についてご紹介します。

軽作業の主な業務内容

軽作業は、取り扱う物の重量としては軽いものばかりではありません。志望企業の業務が、何を取り扱うどのような作業なのかをしっかりと確認しましょう。

ピッキングは軽作業の代表的な業務のひとつです。大きな倉庫の中の商品の棚から、ネットなどで注文された商品を取ってくるという作業となります。専用の端末で商品のバーコードを読み取り、発送される場所へ送り出していきます。

軽作業は時間内に作業を終わらせる必要があり、効率よくスピード感を持って取り組むことが求められます。

志望動機を書く際のポイント

軽作業といっても、商品の仕分けから梱包、配送、荷下ろし、ピッキング、ライン作業、検品など、作業内容は多岐に渡ります。軽作業の志望動機を書く際には、これらの作業に対していかに有用だと思われるかがポイントとなってくるのです。

志望動機の中で、学生時代のアルバイトや部活経験をアピールをしたり、コツコツとした性格でひとつの作業を集中してやるのが得意な点をしっかりと示したりすれば、採用担当者が目を引く履歴書を作成できます。

「自分は体力があり、集中力もある人間なので軽作業に向いてます」ということを志望動機に盛り込んでいきましょう。

その企業を選んだ理由を述べる

「何故この企業を選んだのか?」という理由は、志望動機にしっかりと書き込んでおくべき必須事項です。志望動機を履歴書に書く上での基本であり、軽作業だけではなくどの企業であっても書いておく必要があります。

企業によっては志望動機をもっとも重視するところもあるため、きちんと書かなければなりません。しかし、軽作業では基本的に即戦力が求められているため、業種にもよりますが「ちゃんと続けられるか」に重点がおかれる場合も多いです。志望先が何を重視しているのかよく見極めて、志望動機を書くようにしましょう。

もっともNGなのは理由をきちんとかかず、担当者に「すぐ辞めてしまいそう」という印象を与えることです。その企業を選んだ理由は、「この人なら、長く働いてくれそう」と思われるものにしましょう。

手際の良さや丁寧さを伝える

軽作業は大きくわけて、荷下ろしや積み込み等の力仕事と、検品・ピッキング・梱包等の細かい作業の2つに分けられます。そして、後者の細かい作業では、手際の良さや丁寧さがとくに重視されるのです。

志望動機を書く際に、自分は手際が良く仕事を早く終わらせられる人間であるとアピールしましょう。具体的には、「集中力がある」「過去に似た作業の経験がある」ことを記載しておけば高評価です。

経験があるのは大きなアドバンテージですが、経験がなくともミスを許さないきっちりとした性格の人物であることをアピールできれば、採用される可能性が高くなるでしょう。軽作業の基本は「時間内にきっちりとミスなく終える」ことですから、この基本に適した人間が求められるのです。

体力に自信があることをアピールする

荷下ろしや荷造り等の力仕事はもちろん、ピッキングや検品等の細かい作業でも、長時間の立ち仕事になる場合がほとんどですから、最低限の体力は必要です。作業途中で倒れそうな人は基本的に採用されません。

よって、履歴書の志望動機にも「体力に自信がある」という旨をしっかりアピールしていくべきです。過去に力仕事の経験があるならそれを記載しておけば間違いないですが、ない人でも、「運動部の経験がある」「体を動かすのが好きでトレーニングをしている」など、体力があることを示せば採用されやすくなるでしょう。

ただ、小さい会社の場合、検品やピッキング等の力仕事ではない作業をしたいのに、体力がありそうだからと荷下ろしなどの力仕事に回される可能性はありますので、受ける企業や志望する作業内容に合わせて、履歴書を改変するようにしましょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

軽作業の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に軽作業に採用される志望動機を完成させましょう。

軽作業の正しい志望動機例5選

軽作業の志望動機として説得力のある例文をご紹介します。

例文①

貴社の仕事は、倉庫内の広範囲の移動が必要となりますが、私は学生時代に登山部に入っておりましたので足腰は強く、適していると思います。かなりの距離を長時間歩いても平気ですので、その体力を活かすとともに、作業については早めに仕事内容を覚えて頑張りたいと考えています。
またアルバイトで荷物の運搬などの仕事もした経験がありますので、商品の運搬については自信があります。さらにネット業界での貴社の活躍を説明会の折に聞き、ぜひそのような成長をしている企業で働きたいと希望していましたので、ぜひ宜しくお願いいたします。

軽作業の場合には、仕事内容にもよりますが、歩いたり立ったりする仕事がどうしても多くなります。そのような点を考慮して、経験したことや体力面で自信があることなどを記述していると、雇用先の担当者の評価も高くなります。

またアルバイトの時の経験を活かして頑張りたいという意欲も感じられるものとなっているので、好印象となります。

例文②

貴社の求人の広告などを見せていただき、自分に適した仕事だと思い志望させていただきました。特に仕事の中心となっているピッキングという業務に興味を持っております。
自分の利点でもある集中力を活かすという面で、適した仕事だと思います。また体力勝負の仕事だと思いますが、趣味でマラソンを続けていますので自信があります。自分の良さを十分に発揮できる貴社に就職させていただき、ぜひ業務に貢献したいと考えております。

軽作業の中でもピッキングの仕事は、体力が必要なだけではなく、コツコツ地道に一人で作業をする能力も求められます。その点でも、しっかりと自分が仕事に向いていることを記述できている点がよいでしょう。

そして、決められた仕事をしっかりして会社に貢献できる人材であるという点をアピールしていることも評価できます。

例文③

製品の組み立てのアルバイトを学生時代にしたことがあり、指定のルールに従って商品を組み立て、検品をし、さらに梱包なども経験しています。またミスが少なく作業スピードも速いと評価されたこともあります。
作業をする場合に他のスタッフと一緒に働くことが多いと思いますので、コミュニケーション能力が求められると思います。その点でも、人との会話が好きで社交的な面がありますので、適しています。このような自分自身の資質をぜひ貴社で活かしたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

組立作業などでは、ミスをすることでスタッフや製品を購入したお客様にも迷惑をかけることになります。そのようなことを考慮し、責任感や作業能力について記述できているので、評価も高くなります。

さらにコミュニケーション能力について具体例を挙げながら記述できていると、一層説得力のあるものになるでしょう。

例文④

私はパソコンでネットサーフィンをするのが趣味で、その関連でネットショップにも非常に興味があります。どのようにして出品されるのか、一連の流れを実際の現場で経験したく思い、御社に応募させていただきました。
もちろん、体力がいる仕事だということは重々承知しております。以前アルバイトでアパレル店員をしていた時、値札の張替えなど地道でコツコツと長時間おこなう作業でも楽しんで作業してきました。集中力や体力はある方だと自負しておりますので、どうぞ、ご検討のほど宜しくお願いいたします。

最近では、検品・ピッキングなどの軽作業と同時に在庫管理などパソコンを使う作業も増えてきています。パソコンが使用できネットショップに興味があるというのは、企業によっては大きなアピールポイントとなるでしょう。

また、過去の経験や性格から自分が地道な長時間作業に向いているというアピールもできます。バイトや部活などでそういったエピソードがある場合は、積極的に記入しておけば、地道な軽作業でも集中してやれると担当者に示せるのです。

例文⑤

私は昔から御社の商品が好きで、新しい商品が出るたびにチェックしています。現在も、愛用の品としてずっと使い続けています。前々から御社で働きたいと考えていたところ、今回の募集について知り、思い切って応募させていただきました。
学生の頃はバレーをやっていて、今でも体を動かすことが好きです。体力には自信があります。荷物運びでも検品でも何でも頑張って覚えていきたいと思いますので、どうかご検討のほど宜しくお願いいたします。

「御社の商品が大好きです」というのを前面に押し出すのは、極めて有効です。どのような会社であっても自社の商品に高い価値を見出してくれた人は好印象になります。何よりもやる気やモチベ―ションが非常に高く見えますので、体力・性格などに問題がない限り採用される可能性は極めて高いでしょう。

しかし、商品が好きというだけでなく、企業として共感する部分を伝えたり、挑戦してみたいことについて触れたりすることも大切です。

軽作業の志望動機NG例

軽作業の志望動機としてNGな例文をご紹介します。

NG例

学生の時には、スーパーで商品の陳列やレジ打ちをしていました。軽作業というこちらの求人に興味を持ち応募しました。また自分が働きたい時間帯のシフトがあることもネットでわかりましたし、何より自宅から近い場所にあるという点に惹かれました。

自分の経験を活かせて、接客が少ないのも理由の一つです。また休みの取り方や保障される保険関係も希望している内容ですので、ぜひ就職したいと思います。

学生時代の経験などを記述しており、それを仕事に活かしたいという意向はあるのですが、勤務時間や自宅からの通勤が便利であるという記述は好ましくありません。なぜその企業を希望しているのかという内容の中で、会社への熱意などが表現されていないと、担当者も雇用したいという気持ちにはならないでしょう。また福利厚生などの待遇面についても、志望動機では触れないほうが良いでしょう。

軽作業の志望動機ではその仕事に合う自分の技能や性格をアピールする

軽作業は、需要の増えているインターネット販売などにも関連しており、ますますニーズが高まる職種です。

志望動機を書く際には、その仕事に合う自分の技能や性格、経験などを、求人内容に合うものを中心に記述しましょう。学生時代に軽作業などのアルバイトを経験したことがある人は、その経験を具体的に盛り込むことも大切です。

そして希望する雇用先の仕事に対する興味や思いなどを記し、ぜひ働きたいという意志を示すことで、採用される可能性が高まります。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ