職種研究

【経理に採用される志望動機の書き方】例文5選やNG例文をご紹介

経理の志望動機に悩む就活生は多い

経理での就職を目指す場合、志望動機として何を書くか悩む学生は多くいます。経理は多くの企業で設けられている仕事であり、志望する人も多い人気の職種です。内定を得る志望動機を作成するためには、自分の性格を把握し、「なぜ自分が経理に向いているか」を考える必要があります。

そして、企業研究もしっかりとおこない、採用後のポジションについても自分なりに考えてみましょう。一般的な職業である経理の志望動機は抽象的になりがちですが、1つずつ要点を整理して分かりやすい志望動機を考えていきましょう。

経理の志望動機の書き方3つ

ここからは、経理の志望動機の書き方を3つご紹介します。ポイントとしては、経理に向いていることを具体的にアピールすることです。そこで、経理に向いていることを裏付ける根拠を志望動機に含ませましょう。学生時代の経験や、長所になる性格によって起きたエピソードなどを入れることが効果的です。

また、経理に近いアルバイトなどの経験も志望動機を書く材料になります。そして、志望動機を見た採用担当者が「この人を採用したらこういった仕事をしてもらえそう」と想像できるように、どのように貢献したいのかを志望動機を書いてみましょう。

①仕事にしたい理由を書く

経理の志望動機の書き方として、経理を仕事にしたい理由を明確に述べることが重要です。経理として働く場合の仕事内容として、財務諸表の作成や、そこから見える経営の改善点を経営陣に情報連携することで伝えることなどが挙げられます。

直接顧客に対してコンサルティング提案をおこなうわけでもないので、就活生にとって非常にイメージしづらい仕事と言えるでしょう。自分が前線に立ち、顧客と向き合うのではなく、あくまで裏方の仕事を志望する理由はどこにあるのか、その点を明確にしておかなければ採用担当者の心に響く志望動機にはならないのです。

きっかけのエピソードを伝える

志望動機に書く際の例がこちらです。

・学生時代から会社経営に興味があり、簿記や経理の勉強をした
・大学で経済を学び、簿記検定で資格を取ったので、それを活かしたい
・学生時代から数字に強かったので、その強みを活かしたい

経理に関わらず、どのような仕事でもやりたいと思ったきっかけは必ずあるはずです。志望動機では経理を仕事にしたい理由を述べたうえで、そのために自分が簿記やパソコンの技術を習得したなら、その成果をアピールしましょう。会社によっては、求人の時点で日商簿記2級を必要条件とするケースもあります。募集要項を事前にチェックしておきましょう。

②向いている性格をアピールする

経理の志望動機の書き方として、自身の性格が経理に向いていることを述べることも大切です。経理に必要とされる性格とは、どのようなものでしょうか。経理の仕事は少しの数字のズレも許されないものです。経理においては、几帳面で細かなところにも目が届くことが求められます。

自身をアピールする際、「とにかく行動力があること」をアピールしたとしても、経理職の募集であれば、採用担当者に魅力的には映らない可能性が高いのです。経理職においては、優柔不断な性格も「慎重な性格」としてプラスに捉えてもらえることもあるのです。

学生時代の経験を付け加える

志望動機では下記の例を志望動機に付け加えましょう。

・学生時代に地道な作業を得て成し遂げた経験
・アルバイトやサークルなどで根気強く取り組んだ経験

こうした経験を交えた書き方をして、几帳面で地道な作業にも音を上げずに取り組むことができるという点をアピールしましょう。簿記やパソコンの技術を取得していても、地道な作業に音を上げたり、正確さがないようでは会社はその人を必要としません。アルバイトなどで経理までいかずとも、データ入力や記帳の経験があるなら、それを活かしたいと志望動機で述べてみましょう。

自己分析で性格を知る

志望動機を書く際には、自己分析を入念におこなうようにしましょう。これまで自分の人生の中で起きた様々な出来事を思い返し、その時々の自身の行動、感情を思い返してみてください。「受験する大学を選ぶ際、即断即決で全く迷わなかった」という人は大胆な性格なのかもしれません。逆に「受験する大学がなかなか決められなくて苦労した」という人は慎重な性格なのでしょう。

このように、自身の経験を思い起こし、その時の自身の行動を思い出してみることで、自分の性格を理解していくことが出来ます。自己分析の結果が正しいかを確認するために、身の回りの人に自身の性格を聞いてみるのもいいでしょう。自己分析を通じて自身の性格を明らかにしていくことで、説得力のある志望動機の作成が可能になるのです。

自己分析ツールを活用しよう

ただ、自己分析をやりたくても、そのやり方がわからず悩んでいる方も多いはず。

そんな時は、無料の自己分析ツール「My analytics」が便利です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsを活用して、自分の性格を把握し、志望動機作成に活かしましょう。

③会社を選んだ理由を書く

経理の志望動機の書き方として、会社を選んだ理由を書くことも大切なポイントです。経理として働くにしても、企業によってその働き方は大きく異なります。経理として包括的に業務に携わる働き方もあれば、ひとつの部門に携わる働き方もあります。

企業によってはジョブローテーションを積極的におこなうところもありますし、ひとつの職種で能力を発揮してもらおうとする企業もあります。経理で働くにあたって、どのような働き方を望むのかを自分自身がわかっていなければ、選んだ理由をしっかりと書くことは出来ません。自己分析の中で、自身の望む働き方を明らかにし、その軸に沿って企業選びを行うようにする必要があります。

事前に会社についてよく調べておく

そのためにも、会社をよく調べる必要があります。方法としては3つ挙げられます。

・その会社のホームページなどで理念や商品を知る
・会社訪問をして経理の仕事を実際に見る
・OB訪問をする

「企業理念や実際に働く経理の人の姿に魅せられて志望した」と述べると、志望動機として具体的になるでしょう。また自分が日常で興味のあるもの、例えば食品や衣類などの中で、「好きな商品にだからこそ、経理という仕事を通じてその商品に関わりたい」というのも具体的です。

会社に貢献したい点を述べる

その会社で経理の仕事をすることで、どう会社に貢献したいのか、能力を伸ばしたいのかを志望動機の最後に述べましょう。会社の規模によっては、経理は経営者との距離が最も近い仕事です。経理の仕事を通じて、簿記検定やパソコンの技能をさらに習得して、会社の経営発展に貢献したいことを述べると良いでしょう。

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

経理の志望動機を作成する際、深く考えても、なかなか良い内容が思い浮かばない方も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターなら、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に経理に採用される志望動機を完成させましょう。

経理の志望動機例文5選

ここまで経理の志望動機を作成するにあたってのポイントを解説してきました。企業が志望動機を重要視してくる以上、説得力のある志望動機を練り上げることが内定獲得には不可欠です。そのため、上述のポイントを押さえて志望動機を作成する必要があります。

「理屈はわかったけれど、実際に書くとなるとなかなかペンが進まない」と悩む就活生も多くいることでしょう。ここでは、経理の志望動機の例文を紹介していきます。例文を実際に見ることでイメージもつかみやすくなるでしょう。まずは、例文を参考に作成してみるところから始めてみてください。

例文①

私は高校時代から経営学に興味があり、現在も簿記や経理の勉強を続けています。経営学に興味を持ったきっかけは、父親が持っていた1冊の本です。漫画で書かれているため、高校生の自分にもわかりやすい内容でした。
それ以来、経営学に関するたくさんの本を読み、将来は会社経営をサポートする職業に就きたいと考えるようになりました。私が貴社に入社しましたら、簿記や経理の知識を活用して円滑な経営をサポートします。

この志望動機例文では、経理を志すきっかけとなったこととして経営学を取り上げています。企業の会社経営を支える経理には、経営を学ぶ姿勢と探究心が求められるでしょう。経営学に関するたくさんの知識を蓄えた上で、会社経営をサポートしたいと伝えることで、心強い印象を与えられます。経営学の本について質問される可能性があるため、面接前に内容を確認しておくといいでしょう。

例文②

私は小学生の頃からそろばんを習っており、計算というものが常に身近にありました。高校2年生までそろばんを習い続け、検定の3段を保有しています。このそろばんで身に付けた計算力と正確性を、経理の仕事に活かしたいと思い志望いたしました。
貴社は全国に支社を置くため、本社の経理部門にはより正確で素早い処理が求められると考えています。貴社に入社しましたら、全店舗の経理部門を統括する社員の1人として活躍したいです。

そろばんで培った計算力と正確性を、経理で活かしたいという志望動機例文です。計算力と正確性を裏付けるものとして、そろばんを取り上げています。ただ「計算力と正確性がある」というだけでは説得力がないため、このように具体的な検定名や経験を用いると効果的です。企業が必要としているスキルを取り上げて、自分が身に付けていることをアピールしましょう。

例文③

私は学生時代喫茶店でアルバイトをしており、レジ係と帳簿の管理を兼任していました。2年間のアルバイト生活では、お金の過不足を出したことがありません。店長から経営を支えてもらっているという言葉を頂き、とても嬉しく思いました。
仕事のやりがいを感じられる経理部門で働きたいと思い、この度貴社を志望いたしました。現在は自主的に簿記の勉強を始めており、日商簿記検定二級取得に向けて頑張っております。

学生時代のアルバイトをきっかけに、経理を志望することを伝える例文です。レジ係と帳簿の管理はお金を扱う仕事であり、金銭の扱いに慣れていることをアピールできます。2年間お金の過不足を出したことがないというのは、ミスのない丁寧な仕事をしているという意味に捉えられるでしょう。自主的にスキルを伸ばす努力をしているという点も、向上心をあらわす上で効果的です。

例文④

会社を支える経理部門において事務スキルを活かしたいと考え、貴社を志望いたしました。電卓検定1級や、ワープロ検定1級などの事務作業に必要な資格を保有しています。事務を円滑におこなうにはPCスキルも欠かせないため、ワードやエクセルなど、基本的なソフトを操作することも可能です。貴社は年々社員数が増えているため、今後の企業成長を支える社員の一人として貢献したいと考えています。

自分の得意分野である事務スキルを、経理部門で活かしていきたいという志望動機です。事務能力がある点を電卓検定やワープロ検定であらわしており、PCスキルもソフト名を使って取り上げています。後半では、企業の社員数増加を把握していることを伝え、現状を把握していることをアピールしています。企業研究ができているとミスマッチが少なくなるため、面接官も安心するでしょう。

例文⑤

私は、経理部門において貴社の経営を支えたいと考えております。経理は業績管理などをおこなうため、几帳面さや根気強さが求められる仕事です。学生時代は、データ入力のアルバイトをしていました。データ入力の仕事は正確性が求められるため、ひとつひとつの案件に真剣に向き合うことを意識していました。貴社に入社しましたら、アルバイト時代に培った事務の正確性と責任感を活かして貢献したいと考えております。

この志望動機では、几帳面さや根気強さが求められる経理部門で活躍したいということを伝えています。経理は、日々パソコンや資料に向かい合うため根気が必要とされる仕事です。学生時代に事務の仕事を経験している場合は、即戦力として好意的に見られるかもしれません。事務の正確性や責任感という、経理部門を担当する社員に必要なスキルをアピールすることで、採用に近づくでしょう。

自分は経理に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、経理の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が経理に向いているタイプか、診断してみましょう。

経理の志望動機NG例文

次に経理の志望動機のNGの例文を2つご紹介します。経理の志望動機では、性格を長所として書くことが多いです。長所として性格をアピールすることはいいですが、その際に主観的な記述のみでアピールすることはNGです。性格をアピールする場合は、具体的な根拠を用いた上で「この人はこのような性格なんだ」と理解して貰う必要があります。

また、性格やスキルを企業でどのように活かいのかも説明しなければいけません。採用後に自分が会社で働く姿を採用担当者が想像できるように志望動機をまとめましょう。企業研究をしないこともNGです。企業研究をして自分のスキルがどういったことに活かせるか、活かしていきたいかを事前に考えておきましょう。

NG例文①

私は几帳面な性格なので、経理に向いています。物や数字が整頓されていないと、納得ができません。そして誰よりも1つの物事に集中してミスをすることなく、仕事をやりきる自信があります。この性格は、経理の仕事で活かせると思います。貴社で取り扱っている業務上ミスが許されないと思うので、几帳面さを活かして正確な仕事をしたいと思い志望しました。

この例文のNGポイントは、具体例がないところです。几帳面なことが経理で活かせることは正しいですが、根拠となるエピソードがないため採用担当者が本当に几帳面なのかどうか判断することができません。性格をアピールするためには、しっかり具体例を入れましょう。

NG例文②

私は経理で働くために努力をしています。日商簿記3級をはじめ、エクセル検定3級の資格を持っています。経理では表計算、会計などの知識が必要だと考えていて、これらの資格を活かした仕事があると思っています。貴社の経理でも色々な経理を取り扱っていると思うので、資格を活かした仕事をしたいと思っています。

この例文のNGポイントは、企業研究が不足している点です。経理に関する資格を持っていることは大きなアピールとなりますが、それをどのような場面でどう活かすかかが欠けています。しっかりと企業研究をして、自分のスキルを活かしてどのように貢献できるかを考えましょう。

経理の志望動機は適性をアピールすることが大切

経理の仕事は簿記やパソコンの技術だけでなく、几帳面で根を上げない性格が買われます。志望動機では、そうした資格や技術面だけでなく、自分の性格がいかに経理に向いた性格であるかをアピールして、その上でその会社を志望するに至った理由を述べることが大切なポイントです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ