志望動機

経理に採用される志望動機の書き方|新卒の就活生が参考にしたい例文5つと必要なスキルをご紹介

経理の志望動機の書き方①仕事にしたい理由を書く

きっかけのエピソードを伝える

志望動機に書く際の例がこちらです。

・学生時代から会社経営に興味があり、簿記や経理の勉強をした
・大学で経済を学び、簿記検定で資格を取ったので、それを活かしたい
・学生時代から数字に強かったので、その強みを活かしたい

経理に関わらずどのような仕事でも、やりたいと思ったきっかけは必ずあるはずです。志望動機では経理を仕事にしたい理由を述べたうえで、そのために自分が簿記やパソコンの技術を習得したなら、その成果をアピールしましょう。会社によっては、求人の時点で日商簿記2級を必要条件とするケースもあります。募集要項を事前にチェックしておきましょう。

経理の志望動機の書き方②向いた性格をアピールする

学生時代の経験を付け加える

志望動機では下記の例を志望動機に付け加えましょう。

・学生時代に地道な作業を得て成し遂げた経験
・アルバイトやサークルなどで根気強く取り組んだ経験

こうした経験を交えた書き方をして、自分の性格は几帳面で地道な作業にも根を上げずに取り組むことができるとアピールしましょう。いかに簿記やパソコンの技術がなっていても、地道な作業に根をあげたり、正確さがないようでは会社はその人を必要としません。アルバイトなどで経理までいかずとも、データ入力や記帳の経験があるなら、それを活かしたいと志望動機で述べてみましょう。

経理の志望動機の書き方③会社を選んだ理由を書く

事前に会社についてよく調べておく

そのためにも、会社をよく調べる必要があります。方法としては3つ挙げられます。

・その会社のホームページなどで理念や商品を知る
・会社訪問をして経理の仕事を実際に見る
・OB訪問をする

「企業理念や実際に働く経理の人の姿に魅せられて志望した」と述べると、志望動機として具体的になるでしょう。また自分が日常で興味のあるもの、例えば食品や衣類などの中で、「好きな商品にだからこそ、経理という仕事を通じてその商品に関わりたい」というのも具体的です。

会社に貢献したい点を述べる

その会社で経理の仕事をすることで、どう会社に貢献したいのか、能力を伸ばしたいのかを志望動機の最後に述べましょう。会社の規模によっては、経理は経営者との距離が最も近い仕事です。経理の仕事を通じて、簿記検定やパソコンの技能をさらに習得して、会社の経営発展に貢献したいことを述べると良いでしょう。

経理の志望動機例文

例文①

私は高校時代から経営学に興味があり、現在も簿記や経理の勉強を続けています。経営学に興味を持ったきっかけは、父親が持っていた1冊の本です。漫画で書かれているため、高校生の自分にもわかりやすい内容でした。それ以来、経営学に関するたくさんの本を読み、将来は会社経営をサポートする職業に就きたいと考えるようになりました。私が貴社に入社しましたら、簿記や経理の知識を活用して円滑な経営をサポートします。

この志望動機例文では、経理を志すきっかけとなったこととして経営学を取り上げています。企業の会社経営を支える経理には、経営を学ぶ姿勢と探究心が求められるでしょう。経営学に関するたくさんの知識を蓄えた上で、会社経営をサポートしたいと伝えることで、心強い印象を与えられます。経営学の本について質問される可能性があるため、面接前に内容を確認しておくといいでしょう。

例文②

 私は小学生の頃からそろばんを習っており、計算というものが常に身近にありました。高校2年生までそろばんを習い続け、検定の3段を保有しています。このそろばんで身に付けた計算力と正確性を、経理の仕事に活かしたいと思い志望いたしました。貴社は全国に支社を置くため、本社の経理部門にはより正確で素早い処理が求められると考えています。貴社に入社しましたら、全店舗の経理部門を統括する社員の1人として活躍したいです。

そろばんで培った計算力と正確性を、経理で活かしたいという志望動機例文です。計算力と正確性を裏付けるものとして、そろばんを取り上げています。ただ「計算力と正確性がある」というだけでは説得力がないため、このように具体的な検定名や経験を用いると効果的です。企業が必要としているスキルを取り上げて、自分が身に付けていることをアピールしましょう。

例文③

私は学生時代喫茶店でアルバイトをしており、レジ係と帳簿の管理を兼任していました。2年間のアルバイト生活では、お金の過不足を出したことがありません。店長から経営を支えてもらっているという言葉を頂き、とても嬉しく思いました。仕事のやりがいを感じられる経理部門で働きたいと思い、この度貴社を志望いたしました。現在は自主的に簿記の勉強を始めており、日商簿記検定二級取得に向けて頑張っております。

学生時代のアルバイトをきっかけに、経理を志望することを伝える例文です。レジ係と帳簿の管理はお金を扱う仕事であり、金銭の扱いに慣れていることをアピールできます。2年間お金の過不足を出したことがないというのは、ミスのない丁寧な仕事をしているという意味に捉えられるでしょう。自主的にスキルを伸ばす努力をしているという点も、向上心をあらわす上で効果的です。

例文④

会社を支える経理部門において事務スキルを活かしたいと考え、貴社を志望いたしました。電卓検定1級や、ワープロ検定1級などの事務作業に必要な資格を保有しています。事務を円滑におこなうにはPCスキルも欠かせないため、ワードやエクセルなど、基本的なソフトを操作することも可能です。貴社は年々社員数が増えているため、今後の企業成長を支える社員の一人として貢献したいと考えています。

自分の得意分野である事務スキルを、経理部門で活かしていきたいという志望動機です。事務能力がある点を電卓検定やワープロ検定であらわしており、PCスキルもソフト名を使って取り上げています。後半では、企業の社員数増加を把握していることを伝え、現状を把握していることをアピールしています。企業研究ができているとミスマッチが少なくなるため、面接官も安心するでしょう。

例文⑤

私は、経理部門において貴社の経営を支えたいと考えております。経理は業績管理などをおこなうため、几帳面さや根気強さが求められる仕事です。学生時代は、データ入力のアルバイトをしていました。データ入力の仕事は正確性が求められるため、ひとつひとつの案件に真剣に向き合うことを意識していました。貴社に入社しましたら、アルバイト時代に培った事務の正確性と責任感を活かして貢献したいと考えております。

この志望動機では、几帳面さや根気強さが求められる経理部門で活躍したいということを伝えています。経理は、日々パソコンや資料に向かい合うため根気が必要とされる仕事です。学生時代に事務の仕事を経験している場合は、即戦力として好意的に見られるかもしれません。事務の正確性や責任感という、経理部門を担当する社員に必要なスキルをアピールすることで、採用に近づくでしょう。

経理の志望動機はいかに向いた性格かをアピールするかが書き方のポイント

経理の仕事は簿記やパソコンの技術だけでなく、几帳面で根を上げない性格が買われます。志望動機では、そうした資格や技術面だけでなく、自分の性格がいかに経理に向いた性格であるかをアピールして、その上でその会社を志望するに至った理由を述べることが大切なポイントです。