身だしなみ

【スーツのスカート丈はどれくらいがベスト?】適切な長さとマナー

スーツのスカートにおける適切な丈とは

就活をする上で、着用する衣服は印象を決める大事なポイントとなっています。中身が大切ですが、初対面の相手に自分を知ってもらうには見た目もより重要であることが分かります。ですが、どのような装いが最も企業によい印象を与えるのか分からないことも多いでしょう。

スーツの時のスカートも同様です。お店でスーツを見ても、さまざまな種類があって選ぶのに困ってしまいます。仕事をしても恥ずかしくない装いのスカートと考えると、ある程度かっちりとしたイメージで履けるスカートが思い浮かびます。具体的にどのような種類や形がいいのか、丈はどの程度がベストか、この記事では就活におけるスカートを選ぶポイントをご紹介していきます。

就活では相応しいスカート丈を選ぶことが大切

ベストなスカート選びには、まず自分の背丈に合うスカートサイズを選ぶことが大切です。スカートサイズが合っていないと、大き過ぎる場合ではダボっとして野暮ったいイメージになってしまいます。小さめの場合だとピッタリし過ぎてパツパツ感が見苦しくなってしまうでしょう。

自分のスカートのサイズを知り、サイズが合って始めて種類や丈を選ぶことが出来ます。背丈が高いか低いかでもスカートの丈を調節することが大切です。自分に合うベストな丈を選びましょう。

短すぎるスカートはNG

大事な面接では、椅子に座って面接を行う場面を考えましょう。通常立って面接は行いませんから、印象を左右するスーツやスカートは、椅子に座ってからの方が面接官に見られている時間が圧倒的に多いといえます。ですから、椅子に座るとちょうどいいスカートの丈とはどの程度かが重要です。スカートの丈が短すぎると、椅子に座った時に膝より上に上がり、ちょうど足の間が気になる位置にスカートがきてしまいます。

その状態では、スカートの丈に気を取られて肝心の面接に集中できない事態が起こり、時間のロスを招いてしまうでしょう。面接の内容がどのようであるかを気にするべき時に、スカートのことで気を取られないようにしましょう。自分が気になるばかりか、面接官も目のやり場に困ってしまいます。スカートの丈で気を遣わせることのないように丈を調節することが大切です。

スカートの丈は座った時に膝上5㎝がベスト

スカートの丈が短すぎない方がよいのですが、では出来るだけ長い方がいいのかというと、それもマイナスイメージになってしまいます。逆に長すぎても印象はあまりよくないでしょう。スカートの丈が長すぎると野暮ったいイメージになり、仕事でさっと動ける印象を与えることが出来ないからです。

立っている時に丁度膝あたりのスカート丈だと、座った時に少しスカートが上がって10㎝程足が見えてしまいます。細かい調整ですが、気を付けたいところです。立っている時に膝が隠れる程度の長さのスカートを選び、座った時に膝上5㎝になるくらいが、丈が短すぎず長すぎず一番ベストな長さでしょう。自分の背丈と合わせて丁度いいスカートを選び、ベストな丈に調節しましょう。

関連記事
適切なスカート丈とは|スーツを選ぶ際に気を付けたいマナー~色・デザイン・素材・手入れ方法~

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

ベストな丈のスカートを選ぶコツ

就活用のベストな丈のスカートを選ぶ時は、自分1人で選ぶのではなく誰かに相談しながら選ぶようにしましょう。1人であると、就活にはお勧めできないスカートを購入してしまう可能性があります。

1人よがりな考えでミスマッチなスカートを購入してしまうのを防ぐため、誰かと相談しながら選んで購入することが大切です。また購入する時にお腹が満腹の状態であると、もともとのサイズとは合わないいことも考えられるので、食べて直ぐではない方がよいでしょう。

試着して椅子に座ってみる

就活に合うよさそうなスカートがあれば、まず試着してみましょう。ただ立って合わせるだけではなく、座った状態で試着を試みることが大切です。ですが、座って試着するのは服に皺がつく原因になる可能性もあるため、お店の人に許可をもらってからにしましょう。座って試着する時は、出来れば鏡の前で合わせると、より面接場面をイメージして見てみることが出来ます。

面接官から見た自分を思い浮かべて、本番同様にポージングも決めてみましょう。座ってからの丈が肝心で、重要であることを覚えておくことが大切です。試着せず選んで購入するのと、試着して購入するのとでは、かなりイメージが変わります。前者では、イメージ違いがあって「買わなければよかった」と思うこともあるかもしれません。しっかり試着して、納得のいくスカート選びを行いましょう。

お店の人に見てもらう

身内の誰かや親しい人と一緒に買いに来ているのではなく、1人でお店に来ているのであれば、ぜひお店の人に相談して見てもらい、ピッタリなスカートを一緒に選んでいくとよいでしょう。相談の仕方も、就活生らしく真摯に言葉を選んで話すことが大切です。面接ではないですが、真面目な思いとこれから向かっていく姿勢をアピール出来ると、よさを生かしてくれる服が見つ毛テもらえるでしょう。

お店の人はその道のプロですから、どんどん分からないことは相談すると自分のためになります。スカートの丈は、座ってからの長さが重要であることを話し、適切なスカートを教えてもらうとよいでしょう。

おすすめなスカートの形

就活するのに、どのようなスーツやスカートが適切なのかをイメージ出来ることが大切です。毎日生活して過ごしていくなかで、TPOに応じた装いをすることが社会人として重要です。これは、仕事を持つとより一層求められる常識ですから、自分の常識ではなく何を求められる場面かを考えて、適切な装いをイメージしましょう。では、実際に就活におすすめなスカートとはどのような形がベストなのかをご紹介します。

就活ではタイトスカートがおすすめ

スーツ用のスカートの形は、実にさまざまなタイプがあります。エレガントなものからかっちりとしたタイプのスカートまであり、選びがいがあるといえるでしょう。ですが、タイプが沢山あるが故に、どのようなスカートが一番いいのか迷うところです。就活用のスカートは、選んだスカートで仕事をすると考えれば、自ずとタイプが分かるはずです。

普段着ではないため、ふわっとしていないことやシンプルな形が第一です。フリルが付いているなどエレガント系のスカートは就活には向かないでしょう。かっちりとしたタイプのタイトスカートが就活にはピッタリの形です。タイトなスカートは、きちんとした気持ちや仕事に対する心意気を表すことが出来ます。必ず就活する上で好印象を持たれることでしょう。

ピッタリすぎるスカートはずり上がりやすいため注意

就活にはタイトなスカートが好ましいですが、あまりにもピッタリ肌に沿っているものは好ましくないでしょう。また、サイズが小さく自分のサイズと合っていないものを着用している時にも身体のラインが出て目立つため、面接官もその身体のラインが目に付いてしまいます。就活する服装にはふさわしくないといえるでしょう。

スカートがピッタリ過ぎると、面接で座った時にパツパツで苦しい状態になってしまいます。やはり座った時にも身体のラインがくっきりと出てしまうので、爽やかな印象にはならないでしょう。就活にマイナスイメージとなってしまうので、あまりピッタリ過ぎないようなスカートを選ぶことが大切です。衣服を試着した時には、相手にどういった印象を与えるかを確認するために、自分で鏡を見てチェックするといいでしょう。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

就活生のスーツスカートの丈は長すぎず短すぎず!

就活する時のベストなスーツスカートは、座って行う面接時に合わせて選ぶことが大切です。スカートの丈が短すぎると座った時にスカートが上がってしまう点、逆に長すぎても野暮ったい印象を与えてしまう点など、スカートの丈だけで大切な面接場面の印象を左右してしまいます。そのくらい重要なポイントということが分かります。

面接では、内容ももちろん大事ですが、TPOに応じた装いが出来るかという常識的なことも見られていると思って間違いはないでしょう。場に適した装いが出来るように正しいスーツスカート選びをすることが必要です。自分1人でスカートの選び方が分からなかったら周りの人に聞くことも大切といえます。これは仕事をする上でも大切な姿勢でしょう。独断で動いては失敗の元ですし、相談した方が確証が持てたり信頼感が高まります。丁度いいベストなスカート丈を選択して、印象のよい就活生になりましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ