企業研究

【ANAエアポートサービスインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

ANAエアポートサービスを研究!

国内航空会社の大手であるANAで働くことに憧れている就活生は多いのではないでしょうか。ANAにはパイロットやキャビンアテンダントなど空の上でサービスを行う仕事だけでなく、空港に訪れた人たちをサポートする仕事もあります。

今回は空港でのサポートを主要業務とするAANAエアポートサービスのインターンについて調べてみました。ANAエアポートサービスに興味がある方はぜひ読んでみてください。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

ANAエアポートサービスの基本情報

ANAエアポートサービスは羽田空港を拠点にしており、顧客が快適に空港を利用できるようにサポートしている会社です。平均年齢や平均勤続年数は公表されていません。

正式名称:ANAエアポートサービス株式会社
所在地:東京都大田区羽田空港
設立年:2011年10月1日
従業員数:3,000人

ANAエアポートサービスを企業研究

ANAエアポートサービスは顧客が羽田空港を利用する際に、いかに快適に過ごしてもらえるかを徹底追及している企業です。事業内容としては顧客と接するサービスが主であり、新卒入社だと空港旅客サービス業務かグランドハンドリング業務かを選ぶことになります。

顧客と接するサービス業かつ、空港という特殊な場所での業務ということもあり臨機応変に対処ができる人が求められます。また顧客を不快にしないようにいかにサービスをしていけるかという点も重要になってきます。

ANAエアポートサービスインターンの選考フロー

ANAエアポートサービスではインターン選考フローについて、情報を公開していません。インターンに参加したいという人はまずANAエアポートサービスの公式サイトにてエントリーをおこない、案内に従って選考を進んでいきましょう。

ANAエアポートサービスのインターンの選考対策

ANAエアポートサービスは、羽田空港を拠点として地上支援業務をおこなっています。就活生からの人気も高いため、選考を突破するためには事前の対策が必要です。ここでは、ANAエアポートサービスの選考対策についてみていきます。

ESではインターンに参加する理由を明確にする

あなたがANAエアポートサービスの空港旅客サービス業務(グランドスタッフ)のインターンシップに応募する理由をお聞かせください。(400文字以内)

近年、LCC等の格安航空が流行ってきているにもかかわらず、貴社がお客様から根強い人気を誇っているのは確かである。長年の信頼があるため人気を維持できているというのも、もちろんあるとは思うが、人気の一番の要因はやはりサービスによるものだと考える。以前、私自身が飛行機に乗った際にも様々なサービスに非常に満足することができた。
このように多くの人を満足させるようなサービスを提供するために、貴社の社員の方々はどのような準備をしているのか。これを間近に感じたいと思い、私はインターンシップに応募した。またグランドスタッフの方は常に笑顔でお客様に対応しているイメージがあり、私自身も笑顔でいることが多く常に明るいと周りからも言われるのでこの強みを活かすことができると思い応募した。インターンではどのようにして格安航空と違ったサービスを提供しているのか、お客様を満足させる接客の極意を学びたいと思う。

ESでは、インターンシップに応募した理由について問われます。上記は、ANAエアポートサービスのインターン選考を突破した就活生の回答例です。格安航空との違いを挙げた上で、「航空会社の中でもなぜANAエアポートサービスを選んだのか」について述べられています。企業側が「うちじゃなくて他の会社でもいいのでは?」と感じることがないように、インターンに応募した理由を明確にすることが大切です。

写真を使って自分の魅力や人柄をアピールする

あなたを表現する写真について説明をしてください。(200字以内)

私はミュージカルサークルに所属している。この写真は本番の演じているときの写真で左が私である。メンバーそれぞれが演者として、そして裏方として良い舞台を作り上げるという目標に向かっていた。私自身は音響部長として音源を作成しながら演者としての練習もして舞台に立った。サークル員みんなで力を合わせて舞台を作り、そこに立ったときの感動は今までにないものだったのでこの写真を選んだ。

ANAエアポートサービスのESでは、写真を貼付してその内容について解説する設問があります。写真の内容は自由ですが、学生時代に頑張ったことに関する写真がよいでしょう。写真で自分の魅力や人柄をアピールしたうえで、簡潔で分かりやすい説明をすることが大切です。ANAエアポートサービスがどんな人物を求めているのか把握したうえで、アピールするようにしましょう。

ANAエアポートサービスインターンの内容と日程

ANAエアポートサービスのインターンは二種類用意されています。どちらのコースも基本的な構成は同じであり、空港または施設内の見学や、現役スタッフとの交流会などをおこないます。会社の仕事内容を詳細に知ることができるインターンのようです。

ANAエアポートサービスのインターンの概要についてみていきましょう。

空港旅客サービスコース(2 days)

このインターンは、ANAの業務の中でも空港や旅客機内でのサービス関連業務を体験することができるインターンとなっています。内容は空港見学や業務紹介、現役スタッフとの交流会が行われます。また業務に必要でもある、アナウンスの体験などもすることができるプログラムとなっています。 空港内での勤務がしたい就活生や、キャビンアテンダントのような旅客サービスに携わりたいと考えている就活生の方におすすめなインターンと言えるでしょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2018年12月11日(火)~12月16日(日)、2019年1月10日(木)~1月15日(火)

参加条件:
専門学校生・高等専門学校生・短期大学生・大学生及び大学院生の方 ・学部学科不問

開催地:
羽田空港、および空港周辺施設

待遇:
交通費などの支給なし

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2018年10月19日
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

グランドハンドリング業務(1 day)

こちらのインターンでは、主に旅客機の運転に関わる業務体験を行う1dayインターンとなっています。施設見学や社員との講話、座談会も設けられており、実際の運転士の業務に深く触れられるインターンになっているようです。またそれだけでなく、旅客機運転のためのシュミレーターを実際に体験することができるのも、このインターンの魅力と言えるでしょう。 特に旅客機や飛行機の運転士への就職を目指しているのであれば、このインターンには是非とも参加したいところです。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2018年12月18日、19日、2019年1月9日、16日、23日、30日

参加条件:
専門学校生・高等専門学校生・短期大学生・大学生及び大学院生の方(学部学科不問)

開催地:
東京国際空港(羽田空港)および空港周辺施設

待遇:
交通費などの支給なし

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2018年10月31日(水)~11月30日(金)
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

ANAエアポートサービスのインターンに参加しよう

ANAエアポートサービスのインターンについて調べてみました。インターンの選考フローは公開されていないため、マイページに登録して案内を確認しましょう。グループディスカッションをおこなったこともあったということですので、対策は書類や面接だけに留めないように注意が必要です。

インターンはとても人気であり、今回紹介した冬季だけでなく夏季と秋季にも募集をおこなうことがあります。エントリー開始日時から締め切りまで短いですので、もしANAエアポートサービスのインターンが気になっている人はインターンの動向に気をつけておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ