企業研究

【KDDIインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

KDDIを研究!

KDDIは携帯電話サービス大手「au」で有名ですが、金融サービスや保険の取り扱いを行うなど、幅広いビジネスを展開しています。今回は、KDDIのインターンを説明していきます。

インターンに参加することで、企業研究が深まるだけでなく、内定を獲得するためのヒントや近道、自己分析を見つめ直すきっかけになります。

KDDIは言わずと知れた携帯電話市場におけるリーディングカンパニーであり、多く人に知られている大手企業です。実際に働いている社員との交流機会もあるため、インターン参加を検討してみてください。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2017年度実施の内容です。

KDDIの基本情報

KDDIは「au」でお馴染みの携帯電話サービスだけでなく、コンテンツ事業として「じぶん銀行」や「au損害保険」といったサービスも展開しています。

独自のインターネットサービスを展開しながらも、人々の生活を豊かなものにしていく革新的なチャレンジを続けて、他企業との競争力を高めつつあります。

正式名称:KDDI株式会社
所在地:東京都千代田区飯田橋三丁目10番10号
設立年:1984年6月1日
従業員数:10,916人
平均年齢:42.2歳
平均勤続年数:17.4年

KDDIを企業研究

KDDIは情報通信の仕組みをあらゆる分野・領域で活かしており、世の中のため人のために役立つ事業を展開していることを基本方針としています。そのため、社是には「心を高める」を掲げており、同時にKDDIの価値観や行動規範としています。

メインとなる事業は「国内通信業」ですが、ほかにも食品・日用品や金融商品の販売、電気サービスや決済サービスなどを展開しています。これらコンテンツ事業も成長と拡大を繰り返しており、ライフデザイン企業への変革を推進しています。

KDDIは国内大手通信事業者ですが、様々な事業をおこなっているため将来的に別の姿になっているかもしれません。創造的かつ革新的なチャレンジを行える人材、幅広い経験を元に高い視点から物事を判断できるような人材を求めています。

KDDIインターンの選考フロー

KDDIのインターンの選考フローは【リクナビ2019インターンシップからエントリー→エントリー者にメールで選考案内】となっています。

エントリー後の選考フローは希望者にのみ案内されているため、送付されるメールの内容し従って応募手続きを進めていきましょう。

KDDIインターンの内容と日程

KDDIでは1日の超短期インターンが行われます。

KDDIが行っている携帯電話サービスの概要から業界の構図が行われ、その後にグループワークとしてパネルディスカッションを行います。パネルディスカッションではコンシューマー営業が直面する課題に取り組み、通信業界で働く姿がイメージできるでしょう。

また、自身のキャリアを考えていく上でも有益になるワークショップとなっているため、グループワークには積極的に参加することでコミュニケーション能力を磨くことができます。

①KDDI One Dayインターンシップ

個人向けサービス事業において、実際に通信事業者が抱えている問題をモデルケースから学ぶことができます。自分だったらどう解決し取り組んでいくのかを体験できるため、リアルな働き方をイメージすることができるでしょう。

ワークショップだけでなく、通信業界の魅力を知るきっかけにもなり、自身のキャリアを考える上での参考になるはずです。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
2018年1月22日~24日、2月1日~3日

■参加条件
2018年1月時点で大学や大学院、高等専門学校、短期大学など各種学校に在学
学年は不問

■開催地
飯田橋駅前ビル

■待遇
なし

エントリー〆切:2018年1月31日

まとめ

携帯電話大手キャリアのひとつであるKDDIですが、生活に馴染み深いサービスを提供しているゆえに、詳細なビジネス展開は不明瞭と言えます。インターンではKDDIの概要から魅力を学ぶことができる貴重な機会となっています。

KDDIのインターンは超短期の日程で開催され、回数も多く予定されていますが、数多くの応募が予想されるため、早めにエントリーするといいでしょう。

また、超短期で行われることから濃密な時間になるため、集中して取り組む姿勢が求められます。貴重な機会を活かし、真剣に取り組みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ