業界研究

住友生命の志望動機|3つの例文とポイント・NG例を紹介

住友生命について


就職先として住友生命を視野に入れる方はたくさんいるのではないでしょうか。保険業界を中心に就職活動をおこなっていなくとも、就職先の候補として考えている方も多いと思います。

多くの人があこがれる住友生命に就職するための準備として、志望動機は重要なものとなってきます。この記事では住友生命に就職するためにどのような志望動機を書けばいいのかについて紹介しています。住友生命への就職を目指している方は、ぜひ参考にしてみてください。

住友生命の主な業務内容

住友生命の主な業務は、お客様に保険商品の提供をし、保険の管理運営をすることです。この業務の効率化を図るために様々な職種が用意されています。大企業ということもあり、一般的な職種は一通り用意されています。加えて保険業務ですので、FPD(ファイナンシャルプランニングデザイナー)といった専門的な職種や、住友生命独自のスミセイライフデザイナーといった職種などがあります。

新卒の皆さんは入社した後、あらゆる業務を経験して適性のある業務に配置されることとなります。ですが自分の活躍したい職種を表明することは大事なことです。自分が将来活躍しているビジョンを想像してみましょう。

志望動機を書く際の注意ポイント

志望動機を書く際の注意点として、自分がなぜその企業を志望したのかという理由を盛り込むようにしましょう。住友生命は大企業な分、新卒の方への売り込みにも力を入れていますので、応募する人はたくさんいます。その中に埋もれないような志望動機が重要となってきます。

理由を盛り込んだ後は自分の強みをアピールしていきましょう。業界研究をしていることでもいいですし、入社した後の目標でも構いません。自分だけの志望動機であることが肝要です。

あなたのマナー力は何点?

今の時点で、あなたのマナー力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「マナー力診断」です。「身だしなみ」「電話・メール」「エントリーシート・履歴書」などのマナーがどの程度身についているのかを試してみましょう。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。無料でダウンロードできるので、力試しとしてもおすすめです。

住友生命の志望動機NG例

まず志望動機を書く際のNG例を紹介します。NGである理由も添えてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

NG例

私は貴社の名前をよく聞くことから貴社を志望いたしました。楽しそうに生活を送っている先輩方のように私も働いていきたいと考えています。私はまだ社会に出たことがなく、経験も知識もありませんが、貴社の新人研修を経てしっかりと貴社で活躍していきたいです。自信がなく続けていけるか不安もありますが、体力だけには部活のおかげもあって自信があります。入社した際にはできる限り貴社に貢献していくつもりでいます。

ネームバリューや給与や福利厚生といった待遇を志望動機にするのはNGです。自分に自信のない内容・ナガティブな志望動機も心証が悪く、相手も不安になってしまうので避けましょう。

新卒なので社会人経験や知識がないのは当たり前です。新人研修は知識も経験もない新卒を教育するために用意しているものですので、志望動機で触れてしまうと、「新人研修が目当てで長く企業に勤めてくれないのではないか」という疑心を相手に招きます。なるべく避けましょう。

住友生命の正しい志望動機例3選

ここからは住友生命に対する志望動機の例文を紹介していきます。注意点やNG例を踏まえて、自分らしい志望動機を書くためにぜひ参考にしてみてください。

志望動機の例文①

私が貴社を志望したのは、昔事故にあった際にお世話になったことがあるからです。悲惨な状況で困っていた私に親身に対応してくれたのが貴社の社員様方でした。あのときのことはまだ鮮明に記憶として残っていて、私もあの人たちのように困っている人たちのために活躍していきたいと考えています。保険は一生ものですので、お客様が後悔しないような商品選びができるように、ノウハウを学び蓄えながら貴社で働いていきたいと考えています。

実際に保険に関する経験がある場合、それを絡めて志望動機を書き上げると具体的になります。自分でなくても身の回りで起きた出来事やニュースで知った出来事に絡めて自分の動機にするのでも問題ありません。

そこから自分がどう決意して企業で働いていきたいのかも盛り込むようにして、志望動機を完成させましょう。

志望動機の例文②

貴社を志望したのは、自分のやり遂げたいことを実現できるからと思ったからです。学生時代の経験から、私は周りをサポートしていくのが得意だということを実感しており、ぜひともその特性で貴社に貢献していきたいと思っています。貴社の経営理念にもあるとおり、お客様の信用を重んじて、最終的には円満にことが進むようにしていきたいです。そのためにもぜひ周りとの連携を図りつつサポートをさせていただきたいと考えています。

保険は誰かのサポートをしていくことですので、サポートしていくのが得意・支えていきたいという点をアピールしていくのは大変な強みになっていきます。住友生命でないと実現できないと強調するために、この例文では経営理念を持ってきています。他にも自分が調べた中で住友生命に共感する点があれば、それを絡めて志望動機を書き上げるのもいいでしょう。

志望動機の例文③

私が貴社を志望したのは、生きていくのに必要な保険を取り扱っているからです。私は生きていく中で密接な関わりを持つ金融に魅力を感じており、そのなかでも保険はなによりも重要だと考えています。貴社を志望したきっかけは、貴社に所属するOGから業務などを聞く機会があり、貴社でのやりがいにとても魅力を感じているからです。私も先輩のように貴社を引っ張っていきつつ、貴社の保険を多くのお客様に提供していきたいと思っています。

保険業界に元より興味がある場合はそこからアプローチしていくのもいいです。その場合は抽象的にならないように、住友生命に関する情報を盛り込んでいきましょう。この例文の場合は先輩の話をきっかけとしていますが、就職説明会やインターンで自分が共感したことに絡めるのでも問題ありません。

きっかけは志望の軸になりますので、納得のいくものを選ぶといいでしょう。

まとめ


この記事では住友生命の志望動機の例文について紹介しました。自分の志望したきっかけを軸にして、自分の強みをアピールしたり入社後どのように働きたいのかをアピールしていけば、おのずと具体的な志望動機が完成します。そしてそこに「どうしても住友生命でなければいけない理由」を盛り込めば、印象の残る志望動機ができます。

志望動機は面接の場でも重要となってきます。それを鑑みて、面接で問いかけられても困らないような志望動機に仕上げていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ