就活の悩み

【就活に出遅れたときにすべきこと】焦ったときの行動や挽回方法5つ

就活に出遅れたと感じる人は多い

就活で出遅れたと感じる人は多く、その時点で挫折して諦めてしまう人も多いです。何の準備もせずに就活解禁日を迎えてしまうと、周囲と比較して出遅れたと感じやすくもあります。また、就活を進めていて、周囲の人たちがどんどん内定を獲得する中で自分だけひとつも内定ができなければ出遅れたと感じ、焦ってしまうことは多いです。

出遅れたと感じれば焦ってしまいますし、失敗したと感じることも多いですが、その時点で簡単に諦めてしまうのはよくありません。就活は出遅れたからといって、必ずしも失敗するわけではなく、対処次第で挽回することは可能です。就活に出遅れたときにはどのように対処すればいいのかを知り、上手に挽回していきましょう。

出遅れたときこそ就活のゴールを思い出そう

就活に出遅れてしまうと、その時点で諦めてしまう人が多いですが、出遅れたときこそ就活のゴールを思い出すことが大切です。就活のゴールはあくまで「内定」であり、出遅れたと感じている瞬間はまだまだ途中段階でしかありません。どれだけ出遅れているとしても、ゴールまで到達しているわけではないので、そこから巻き返すことは十分に可能です。

他人より遅れているのであれば、そこから必死に頑張り、他の人以上に努力をすれば遅れを取り戻すことはできます。大切なのは最後まで諦めないことであり、最後まで諦めなければ、どの時点からでも挽回することは可能です。出遅れたからといって就活が終わったわけではないので、もう一度自分を改めて就活に臨みましょう。

納得できる内定を得ることが大切

就活で出遅れた時に思い出してほしいのは、就活は早く内定を得ることが目的なのではなく、納得できる内定を得ることが大切という点です。業界によっては通常より一足先に内定が出るところもあるため、周囲で内定を獲得している人を目にするとどうしても焦ってしまいがちです。しかし、焦った時こそゴールを明確にし、そこに向かって着実に歩みを進めましょう。

現在は転職市場が盛んなこともあり、一昔前と比べると会社を退職する人も増えています。退職にはそれぞれの事情がありますが、中には会社とのミスマッチで辞めざるをえない人もいるでしょう。そうしたミスマッチを防ぐためにも、納得のいく内定を得たいところです。

就活に出遅れたと感じたときにやりがちなこと

就活で出遅れたと感じれば、他の人よりも努力して遅れを取り戻す必要がありますが、ただがむしゃらに行動すれば遅れを取り戻せるわけではありません。出遅れたと感じて焦って努力をし、その結果空回りしてしまい、余計に遅れを取ってしまうこともあります。就活に出遅れたと感じたときにやりがちな失敗を知り、そうならないように気持ちを引き締めて就活に取り組みましょう。

履歴書やエントリーシートを雑に書いてしまう

就活に出遅れたと感じたときにやりがちなこととしては、履歴書やエントリーシートを雑に書いてしまうことが挙げられます。焦って履歴書やESを作ったことで内容が雑になってしまい、書類選考で不合格になってしまう人は多いです。多くの企業に応募したとしても、書類選考が通らないようではさらに遠回りになってしまいます。

焦ったときは履歴書の作成も雑になりがちなので、落ち着いた気持ちで取り組むことが大切です。手書きの場合は文字の丁寧さなども見られていますし、雑な字が書かれているとそれだけでマイナスの印象を与えてしまいます。履歴書やエントリーシートの作成に時間がかかるのは仕方のないため、焦って雑にならないように注意しましょう。

スケジュールを詰め込みすぎてしまう

スケジュールを詰め込みすぎてしまうことも、就活に出遅れたと感じたときにやりがちなことのひとつです。遅れを取り戻そうとして説明会やOB訪問のスケジュールを詰め込みすぎてしまい、面接などと日程が重なってしまうこともあるので注意が必要です。出遅れたのであれば、他の人以上に努力をすることは大切ですし、説明会やOB訪問なども積極的に参加しておく必要があります。

しかし、それらが面接の日程と重なってしまっては意味がありません。スケジュール管理も、就活を上手に進める上で大切なことです。説明会やOB訪問はあくまで面接のためのものであり、就活の最優先事項は面接です。面接が受けられるようにスケジュールを調整する必要があるため、闇雲にスケジュールを詰め込みすぎないようにしましょう。

質問対策をせずに面接に挑んでしまう

採用面接ではさまざまな質問が用意されていますが、ある程度はテンプレート化している面もあるため、事前予測が可能です。質問対策として書籍やインターネットでも多くの情報を得ることができますが、就活に出遅れてしまった場合はそうした対策をしないまま面接に挑んでしまうことも多いです。

その場で瞬発的に答えられればよいのですが、大抵は言葉に詰まってしまい、わかりやすく丁寧に答えることが難しいです。質問対策を怠ると準備不足が伝わりやすいため、ある程度質問を想定して回答を準備しておきましょう。

出遅れてしまった時の挽回方法5つ

出遅れてしまった時の挽回方法5つ

就活に出遅れたとしても、そこから気持ちを引き締めて取り組めば遅れを取り戻すことはでき、就活を成功させることもできます。しかし、挽回しようと思えばがむしゃらにやるのはNGであり、考えなしに行動してしまうとむしろ余計に出遅れる原因になってしまう場合もあります。

就活での遅れを取り戻すには、その方法についてもきちんと考えて行動することが大切です。ここからは、出遅れてしまった時の挽回方法を5つご紹介していきます。

①スケジュール確認をする

就活に出遅れてしまった時の挽回方法としては、スケジュール確認をしっかりおこなうことが挙げられます。就活をスムーズに進めるためには、スケジュール管理が重要であり、これができていなければ遅れを取り戻すことはできません。これ以上出遅れないための最重要事項はスケジュールをきっちり把握しておくことなので、今まで以上に細かく確認しておくことが大切です。

就活中は説明会やOB訪問、面接などさまざまなイベントがありますし、それらに加えて履歴書やエントリーシートの提出期限などもあります。期限があるものは守れなければなりませんし、期限が守れないとその時点で不合格になってしまうことも多いです。スケジュール確認は就活を進める上で最も基本的な部分なので、初心に戻って管理を徹底するようにしましょう。

②ESや履歴書の添削を受ける

就活に出遅れてしまったという自覚がある場合は、できればESや履歴書の添削を受けましょう。ESや履歴書は書けば書くほど精度が向上し、反省と改善を繰り返している内に徐々に選考に通りやすくなるものですが、出遅れてしまった場合はその手間を省いて内容を充実させる必要があります。キャリアセンターなどでESや履歴書の添削を受けることで、そういった効果が見込めます。

一般的には書類選考で落ちた場合にその理由が知らされることはありませんが、キャリアセンターを活用すれば、具体的にどこを修正すべきかというアドバイスを受けられます。絶対的な正解というわけではありませんが、一般論として参考にし、改善を図るといいでしょう。

自己分析も忘れずにおこなう

自己分析をいざ始めようと思っても、何を参考にすればいいのかや準備するものは何かなどが気になって、すぐに行動に移せないことが多いです。今すぐできたら、その時間が省けますよね。そこでおすすめなのが「自己分析マニュアル」です。

このマニュアルを使えば、質問に答えるだけで自分のパーソナリティタイプが診断できます。技術者タイプやクリエータータイプ、実務家タイプなどがありますが、あなたはどのタイプでしょうか?無料でダウンロードできるため、すでに自己分析が終わっているけどさらに深めたいという就活生にもおすすめです。

③面接の場数を踏む

ESや履歴書と同様、面接も場数を踏めば踏むほどに上手くなっていきます。最初は大体緊張で上手く話せず散々な出来になるものですが、次第に面接の雰囲気にも慣れ、テンプレート的な質問には上手に答えられるようになるでしょう。

就活に出遅れてしまった場合、そういった場数が他の人より少ないことが予想されるため、あえて場数を踏むことをおすすめします。少しでも気になる企業に多数応募してみたり、面接のシミュレーションをしっかりと受けてみてはいかがでしょうか。面接をむだにしないためにも、面接終了後に質問内容をノートに書くなどして次回に活かすことが大切です。

④OB訪問やインターンに参加して生の声を聴く

就活を攻略するためには、業界研究や企業研究も重要であり、それらをおこなうためにもOB訪問やインターンに参加して生の声を聴いていきましょう。営業理念をよみこむよりも生の声を聞く、自分で働いてみることが素早く企業のことを理解できる近道です。

出遅れてしまった場合は、時間をゆっくりとかけて業界・企業研究ができないため、効率的な方法で進めていくことが大切です。OB訪問やインターンで生の声を聴くことで、自分に合わないことも判断しやすいですし、合わないと感じれば素早い方向転換もできます。

⑤行動は同時並行で

就活の遅れを取り戻すためには、とにかくすべての行動を素早く、効率的におこなっていかなければなりません。ひとつひとつの作業をじっくりおこなっていると時間が足りなくなるので、自己分析やOB訪問などは同時並行でおこなうことが大切です。同時並行で行動することで、遅れを一気に挽回することができますし、上手くいけばそのまま他の学生を追い抜いて先に内定が決められる場合もあります。

同時並行でおこなうことは難しいですし、スケジュール管理なども大変ではありますが、遅れを取り戻すためには必要な努力です。複数のことを並行してやるからといって、ひとつひとつが雑にならないように注意しなければなりません。すべて丁寧におこなった上で、同時並行で進めることが大切ですので、スピードを意識するあまり雑にならないようにしましょう。

就活で出遅れてもやり方ひとつで十分取り戻せる

就活は右も左もわからないままスタートすることが多いですし、過密したスケジュールで進むため、最初につまづくと出遅れたと感じやすいです。実際に出遅れたと感じている人は多くいますし、遅れを取らないためには事前にしっかりと準備を進めておく必要があります。

しかし、出遅れたからといって、その時点で就活が終わったわけではありません。やり方ひとつでいくらでも挽回することは可能です。いくら遅れていたとしても、最終的にゴールさえできれば何の問題もありません。出遅れたならそこから挽回をすればいいだけのことなので、諦めるのではなく、粘り強く就活を進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ