業界研究

保険代理店の志望動機の書き方|求められる人物像から例文も紹介

保険代理店に好まれる志望動機とは

保険代理店に就職するためには、志望動機をしっかりと練り上げる必要があります。保険業界は就活生に人気の高い業界ですし、志望する人は例年多いです。志望動機は就活でも重要視されているものですし、しっかりと練り上げたものでなければ他の就活生に埋もれてしまいます。

多くの学生が志望するということは、選考を突破するためには差別化を図った志望動機が必要になりますし、志望動機を工夫することが就職への近道です。魅力的な志望動機を作成するためには、保険代理店についての理解を深めておく必要があります。保険代理店とはどのような業界なのか、どのような仕事をしているのかを知り、魅力的な志望動機を作成して就活の攻略を目指しましょう。

保険代理店とは何かを知ろう

保険代理店への就職を目指すためには、まずは保険代理店とはどのようなものなのかを知っておく必要があります。保険業界は人気が高いですが、就活生には馴染みのない場合も多いですし、どんな仕事をしているのか知らない人も多いです。

保険代理店について知らなければ魅力的な志望動機を作成することはできませんし、高評価を獲得することもできません。まずは基本的な理解を深めることが大切ですので、保険代理店について知っていきましょう。

保険代理店と保険会社との違い

保険代理店についての理解を深めるためには、まずは保険代理店と保険会社との違いを知っておくことが大切です。保険代理店と普通の保険会社は別物であり、仕事内容なども異なっています。保険会社は自社で保険商品を開発し、それを販売しています。保険代理店は保険会社とは違って、自社で保険の商品を持っていません。

保険会社から販売を委託され、契約者との間に入ってやりとりをするのが保険代理店の役割です。保険の販売に特化した企業、仲介業としての役割を担うと考えておきましょう。保険代理店の大手企業としては、ほけんの窓口グループや三菱商事インシュアランス、丸紅セーフネットなどが挙げられます。保険代理店と保険会社は似てはいますが、全く別物ですので、その違いを正しく理解しておきましょう。

保険代理店が求める人物像とは

魅力的な志望動機を作成するためには、保険代理店が求める人物像とはどんなものかを知り、保険代理店において必要なスキルは何かを知っておくことが大切です。必要なスキルはさまざまありますが、主にコミュニケーション力、打たれ強さなどが求められます。保険代理店は保険会社と契約者の間に入って仲介業をおこないますので、コミュニケーション能力は必須です。

保険の契約は難しい内容も多いので、それを相手に分かりやすいように上手に説明できる能力が求められます。また保険代理店では契約者からのクレームを受けることも多いため、打たれ強さも必須です。相手に分かってもらえるまで何度でも説明しなければなりませんし、打たれ強さ、粘り強さは必要だと言えます。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

質問に答えるだけで志望動機を完成させよう

保険代理店の志望動機を作成する際、文章を考えるのが苦手な就活生も多いと思われます。「伝えたいことはたくさんあるけど、考えをまとめてわかりやすく伝えるのが難しい」という就活生は、「志望動機ジェネレーター」を活用しましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで理想的な流れの志望動機が完成します。面接での志望動機に関する質問にも対策が可能です。無料でダウンロードできるので、効率的に保険代理店に採用される志望動機を完成させましょう。

「保険代理店向け」志望動機作成のポイント3つ

保険代理店の志望動機をより魅力的に作成するためには、志望動機作成のポイントを知っておくことが大切です。志望動機は作成の仕方ひとつで印象が大きく変わりますので、ポイントを理解しておくことで上手に作成することができます。

同じアイデアを持っていたとしても、ポイントを知っているか知らないかによって、志望動機の完成度は違ってきますので、ポイントを踏まえて作成することが大切です。作成時のポイントは大きく3つに分けられますので、それぞれを正しく理解していきましょう。

①結論から書く

志望動機作成のポイントとしては、最初に結論を書くことが挙げられます。採用担当者は大勢の履歴書の志望動機を見るため、簡潔に結論から述べるのが好印象です。最初に結論を書いておくことで、何をアピールしたいのかを明確にすることができますし、印象にも残りやすくなります。

志望動機は長々と述べても伝わりませんので簡潔に述べることが大切ですし、そのためにも結論から書くのは大切なことです。最初に結論を書いてしまえば、アピールする内容がぶれることはありませんし、関係のないことを書いてしまう心配もありません。採用担当者の印象に残り、かつ短く簡潔に伝えることがポイントですので、アピール内容を明確に伝えるためにも、書き出しは必ず結論から始めましょう。

②保険代理店を希望する理由

なぜ保険代理店に就職したいのかを書くことも、志望動機を作成する際には意識しておかなければならないポイントです。さまざまな業界がある中でなぜ保険代理店なのか、保険代理店でなければならない理由は何かを明確に述べましょう。別の業界でもいいと思われてしまうとマイナスの印象を与えてしまいますので、業界を選んだ理由を正しく伝えることが大切です。

また大きなポイントになるのは、なぜ保険会社ではなく、保険代理店なのかということです。単に保険に関係した仕事がしたいのであれば、保険会社でも構いません。なぜ保険会社ではなく、保険代理店なのかをしっかりと考え、その違いを明確にすることも大切です。保険代理店を選んだ理由を示して、志望度の高さをアピールしていきましょう。

③その企業を選ぶ理由

保険代理店を志望する理由を明確にすれば、さらに保険代理店の中でもなぜその企業を選んだのか、その理由を書いていきましょう。数ある保険代理店の中でも、この会社でなくてはいけない理由を述べることが大切であり、他の企業との差別化ができるかが大きなポイントになります。

単に保険代理店で働きたいだけであれば、同業界内の他の企業でもいいはずですし、志望企業だけにこだわる必要はありません。別の企業でもいいのではないかと思われてしまうとマイナスの印象を与えてしまいますので、その企業だからこそ志望した理由を伝えることが大切です。企業を志望する理由を伝えるためにも、その企業にしかない特徴や強みを踏まえて志望した理由を伝えていきましょう。

保険代理店の面接で失敗しない志望動機

志望動機は履歴書に記入するだけではなく、面接でも求められることが多いです。面接では履歴書の内容に沿って志望動機を伝えていきますので、違う内容を伝えてしまうのはNGです。履歴書と違う内容で伝えてしまうと、アピールに一貫性がないと評価され、印象が悪くなるので注意しましょう。

基本的には履歴書の内容を伝えますが、一言一句同じ内容を伝えも意味はありません。面接では面接の志望動機の伝え方がありますので、どのようにアピールすればいいのかを知っておきましょう。

履歴書に書いた志望動機を深堀して伝える

面接で志望動機を伝える際には、履歴書の内容に沿って伝えていきますが、履歴書に書いた志望動機を深堀りして伝えることが大切です。履歴書と全く同じ内容を伝えても意味はありませんし、それでは高評価を得ることはできません。面接では履歴書の内容をさらに膨らませて伝えることが大切であり、履歴書で書ききれなかった内容までアピールすることが大切です。

履歴書の志望動機でもどうしてその業界なのか、その会社を選んだ理由は記入していますが、面接ではさらに具体的に伝えていきましょう。アピール内容は細部まで具体的に伝えることが大切であり、具体性を持たせることで志望度の高さをアピールすることが大切です。

コミュニケーション能力をアピール

保険業界は接客や営業など、人とのコミュニケーションが大事ですので、コミュニケーション能力をアピールすることが大切です。接客業やサービス業などのバイトの経験や大学のサークル活動などの経験から、人と関わる仕事がしたいなどを伝えると好印象を与えることができます。

保険代理店は契約者と密にコミュニケーションを取って仕事を進めていきますので、より高いレベルでコミュニケーション能力が求められます。コミュニケーション能力が高いこと、人と関わるのが好きであることを伝えて、業務に活かせるとアピールすることが大切です。また志望動機の内容だけではなく、面接時にしっかりと面接官の目を見て話すなど、会話を意識して伝え、コミュニケーション能力をアピールしていきましょう。

タフさをアピール

面接ではタフさをアピールすることが大切であり、志望動機を通じて打たれ強いことをアピールしていく必要があります。保険業界はお客様から厳しいことを言われることも頻繁ですし、フットワークも大事です。

お客様の要望に応じて素早く行動しなければなりませんし、また契約内容なども相手に理解してもらえるまで何度でも説明しなければなりません。辛いことや大変なことでも前向きに取り組めることが大切ですので、学生時代、運動部で鍛えられた経験やポジティブな性格をアピールしていきましょう。それらを伝えた上で、この業界には自分は向いていることをアピールし、業界への適性があることを伝えることが大切です。

保険代理店の志望動機例文3選

志望動機の作成のポイントを知れば、実際に就活で使用する志望動機の作成に取り掛かりましょう。志望動機は選考では重要視されているものですし、時間をかけて念入りに作成することが大切です。

志望動機によって評価は大きく違ってきますし、何度でも練り直して最高の志望動機を作成することが、選考を攻略する近道になります。志望動機は一度完成すればそれで終わりではありませんので、例文なども参考にしながらブラッシュアップしていきましょう。

例文①

私は保険の販売を通じて生活の安全を保障し、お客様の豊かな生活のサポートをしたいと考え、御社を志望しました。御社は自動車保険や生命保険などを複合した保険商品を販売していますし、業界内でもトップの販売実績を誇っています。より多くの人に保険に加入して頂くことで、安全で安心な生活を提供したいと考えています。
大学時代はカフェでアルバイトをしており、さまざまな人と触れ合って仕事をすることでコミュニケーション能力を身に付けました。御社でもコミュニケーション能力を活かしてお客様に寄り添った接客をし、信頼されることで契約を目指したいと考えています。

例文①では保険の販売を通じて生活の安全を保障したいと、志望動機が語られています。最初に結論から述べることで、アピール内容を明確にできていますし、志望度の高さも伝わりやすいです。

複合した商品を販売しているなど、企業独自の強みを踏まえて志望動機が述べられており、他の企業を志望する理由との差別化もできています。コミュニケーション能力もアピールするだけではなく、仕事でどのように活かすかが明確に述べられていますし、これも好印象でしょう。

例文②

私は保険商品を販売することで、多くの人の生活の安全を守りたいと考え、御社を志望しました。御社は保険代理店の中でも取り扱っている保険商品がトップクラスに多いですし、同じ保険でも様々なコースを取り扱っています。多くの保険商品の中からお客様に合ったものを提案することで、一人ひとりに合わせたサポートがしたいと考えています。
大学時代はバックパッカーとして世界中を旅することで、フットワークの軽さを身に付けました。御社でもお客様の要望に応じて素早く行動し、スピーディーに対応してお客様に合った保険の提供を目指したいと考えています。

例文の②では保険商品の販売によって多くの人の生活の安全を守りたいと、志望動機が語られています。取り扱っている保険の種類が多いなど、企業独自の特徴が踏まえられており、他の企業を志望する理由との差別化ができています。

またバックパッカーの経験からフットワークの軽さがアピールされており、好印象です。保険業界ではフットワークの軽さは大切ですし、お客様の要望に対しては素早く応えていかなければなりません。フットワークの軽さを活かして企業でも活躍したいと述べられており、これも好印象です。

例文③

私は保険を通じてお客様の生活をサポートし、困った時の味方になりたいと考え、御社を志望しました。御社はお客様のサポート体制が手厚いのが特徴であり、お客様一人に対して、必ず固定で担当者が付いています。お客様の悩みに寄り添い、徹底的にサポートすることで問題を解決し、お客様に喜んでいただきたいと考えています。
大学時代はサッカー部に所属しており、ハードな練習をこなすことで忍耐力を身に付けました。御社でも忍耐力やタフさを活かしてお客様と真剣に向き合い、責任感を持って仕事に取り組むことで、どんな悩みでも解決していきたいと考えています。

例文の③では保険を通じてお客様の生活をサポートしたいと、志望動機が語られています。最初に結論から述べられているので構成に問題はありませんし、企業独自の強みを踏まえながら志望理由も語られているので、差別化もできています。

また部活の経験から忍耐力がアピールされており、それをどのように仕事で活かすのかも具体的にアピールされていますので好印象です。タフさをアピールするだけではなく、責任感を持って仕事をやり遂げたいとすることで、仕事への熱意も伝わっています。

保険代理店でなければいけない理由を具体的にしよう

保険業界は就活生に人気の就職先ではありますが、保険代理店について正しく理解できている人は少ないです。保険代理店は保険会社から商品の販売や契約などを委託されている企業であり、お客様と企業の間に入って仲介業をおこなう役割を担っています。保険会社と保険代理店は別物ですので、それらの違いを正しく理解しておくことも大切です。

保険代理店への就職を目指すのであれば、なぜ保険業界なのか、保険業界の中でもなぜ代理店なのかを明確に伝えていかなければなりません。他の業界、他の企業でもいいと思われると印象は悪いですし、評価も下げられてしまいます。保険代理店でなければならない理由を明確に伝え、志望度の高さをアピールして選考の突破を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ