面接対策

【面接でほかに受けている企業を聞かれたら】評価を落とさない答え方

面接ではほかに受けている企業を聞かれることが多い

面接ではほかに受けている企業について聞かれることも多く、回答次第で評価は違ってきます。就活では複数社を並行して選考を受けていることがほとんどですし、ほかに受けている企業があるのは悪いことではありません。

何十社と受けても内定をもらえるのは1社あるかどうかですし、内定獲得率を上げるためには複数社の選考を同時に受けるのは当然のことです。企業も内定を獲得する難しさは理解していますし、ほかの企業の選考も受けるのは当たり前だと考えています。そのため、ほかに受けている企業があったとしてもそれは問題ではありません。

なぜ面接でほかに受けている企業を聞くのか

面接ではほかに受けている企業について質問されることは多く、これは就活をする上では避けて通れない質問だと言えます。選考の段階が上がってくるにつれてこの質問をされる可能性は高くなりますし、最終面接ではほとんど必ずと言っても聞かれます。

この質問は実は企業によって非常に重要なものであり、就活生の回答からさまざまなことが判断されています。回答内容次第ではマイナスの印象を与え、評価を下げられてしまう可能性もありますので、どのような意図で聞かれているのかを知っておきましょう。

志望度の高さを知るため

面接でほかに受けている企業について聞くのは、志望度の高さを知るためです。ほかに受けている企業を聞くことで、揺さぶりをかけて志望度の高さを判断している企業は多いです。

他社を優先するような回答をすれば、志望度が低いと判断されるので注意しなければなりません。もちろん、ほかに受けている企業があるだけでは志望度が低いとは思われませんので、その点は安心して大丈夫です。

志望度の高さと複数社選考を受けていることは関係しませんし、1社に絞っているからといって必ずしもほかの人よりも志望度が高いとも限りません。揺さぶりに動揺してしまうと、本当に志望度が高いとしても他社を優先するのではないかと思われる可能性があるので注意しましょう。

就活の軸を知るため

null

就活の軸を知ることも、ほかに受けている企業を聞く理由のひとつです。ほかに受けている企業を聞くことで、どのような軸で就活を進めているのかを確認しています。どのような仕事に興味を持っているかを見ており、仕事への興味から自社に興味があるのかを判断されているので注意が必要です。

たとえば同じ業界に絞って選考を受けている場合であれば、その業界の仕事に興味があると判断される可能性が高いです。反対に業界があまりにもバラバラだと、他の仕事への興味の方が強いのではないかと思われる可能性もあるので注意しなければなりません。複数の業界にまたがって選考を受けている場合は、それぞれの共通点を提示し、きちんと軸に従って就活を進めているとアピールすることが大切です。

内定を出せば入社するのかを判断するため

ほかに受けている企業を聞かれる場合は、内定が目前に迫っていることも多いです。内定を出すのは企業としても重要なことなので、内定を出せば本当に入社するのかを判断するために他社の選考状況を確認していることがほとんとです。内定を出せば入社するという確証があれば内定を出す企業も多いため、選考状況を問われているのは大きなチャンスだと言えます。

企業への志望度の高さを上手にアピールできれば、その時点で内定が決定しますし、他社の選考状況を伝えながらも志望度の高さをアピールすることが大切です。他社を受けていたとしても、志望度の高さをアピールすることはできますので、いかに企業の仕事に興味があるのか、仕事への意欲が高いのかを伝えていきましょう。

自己分析して「他に受けている企業」を効果的に答えよう

他に受けている企業を回答するには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると内容が浅くなり、説得力がありません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問で、あなたの強み・弱み・特徴を見える化し、人事を唸らせる回答ができるようになります。

ツールを活用して効果的に自己分析し、選考を有利に進めましょう。

面接でほかに受けている企業を聞かれたときの答え方

ほかに受けている企業について聞かれるのは、基本的には面接のみです面接官と向き合った状態で聞かれますので、事前に準備していないと動揺してしまい、マイナスの印象を与えてしまうことも多いので注意が必要です。回答内容を事前に考えておくことはもちろん、伝え方にもポイントがありますので、どのように伝えればより好印象になるかを知っておきましょう。

正直に答える

ほかに受けている企業を聞かれた場合は、大前提として正直に答えることが大切です。ほかの企業を受けているからといって、マイナスの印象を与えることありませんし、複数の企業の選考を並行してい受けていることは、企業も織り込み済みです。1社に絞っていると伝えても、必ずしも評価されるとは限りませんし、他社の選考を受けていない=精力的に就活をおこなっていないと判断される可能性もあります。

1つに絞ることが必ずしもプラスに働くとは限りませんし、不合格になった際のリスクを回避するためにも複数社受けるのは大切なことです。受けている企業があればきちんと答えることが大切であり、嘘をつかずに正直に答えることを心がけましょう。

全てを答える必要はない

ほかに受けている企業について聞かれた場合は、正直に答えることが大切ですが、無理にすべてを答える必要はありません。他社で受けている企業があまりにも多いと、内定を出してもきてくれない印象を与えてしまう可能性があります。

その場合は直近で選考を控えている企業や、選考段階がある程度進んでいる企業をいくつかピックアップして答えればOKです。1つに絞っていると答えるのもよくありませんが、反対に多くを受け過ぎていると印象が悪くなることもあるので注意が必要です。

受けている選考の数が多すぎると、見境なく就活を進めている印象を与えてしまい、ひとつひとつの企業と真剣に向き合っていないと思われる可能性もあるので注意しましょう。

業界・業種は揃えて答える

null

他社の選考状況を答える際は、受けている企業をランダムに答えるのではなく、業界や業種を揃えて回答することが大切です。現在面接を受けている企業と同じ業界や同じ業種・職種の企業について伝えるのが最も好印象であり、これがバラバラになり過ぎると印象が悪くなる可能性があります。

他社選考を受けること自体に問題はないものの、その受け方が問題視されることもあるので注意しなければなりません。受けている業種や職種があまりにもバラバラだと、志望先を決めきれていない印象を与えてしまい、内定を出しても受けてくれないと思われます。

企業への興味や仕事への意欲の高さをアピールするためにも、他社の選考状況もなるべく揃えて伝えるようにしましょう。

ほかに受けている企業を聞かれたときの回答例

「金融業界を中心に受けています。〇〇銀行は二次選考まで進んでおり、〇〇銀行は1次選考の結果待ちです。」
「自分の頑張りが感じられ、会社に貢献できる点に魅力を感じ営業職を希望しております。〇〇社、〇〇社ともに営業職で選考に進んでいます。」
「はい、御社以外に3社受けています。」

ほかに受けている企業を質問をされたら、正直に答えましょう。嘘をついたりごまかしたりすると、印象が悪くなってしまいます。同時にいくつかの企業を受けていることは一般的で、面接官もそれを理解しています。

答えにくい質問ですが、素直に就職活動の様子を伝える方が良いでしょう。他にも受けている企業はありますが、御社が第一志望ですという思いがうまく伝わるようにするのもポイントです。他社の方が志望度が高いのではと思われないように注意しましょう。

面接でほかに受けている企業を聞かれたときの注意点

面接でほかに受けている企業を聞かれた場合の答え方には注意点があり、それが守れていないと内定のチャンスを逃してしまう可能性が高いです。他社の選考状況を聞かれるということは、それだけ選考の段階も進んでいる証拠です。

いかに上手に答えられるかが、内定獲得のカギを握っているといっても過言ではありません。内定獲得を決める重要な質問だからこそ、注意点までしっかりと理解して、失敗しないよう上手に答えていきましょう。

嘘はNG

面接ではどのような質問でも嘘はNGであり、他社の選考状況を確認された場合でもこれは同じです。志望度の高さをアピールするために、ほかに受けている企業はないと答えたり、企業を焦らせるためにすでに内定を獲得しているなどと答えないよう注意しましょう。

嘘をつくと信用がないと思われて評価を下げられてしまいます。他社の選考状況を聞かれるということは、内定が目前に迫っているということですし、これは非常に重要な質問です。嘘をついてもプラスに働くことはないので、無理に揺さぶりをかけようとせず、正直に答えることが大切です。

一貫性がない回答も避ける

他社の選考状況を正直に伝えたとしても、面接を受けている企業に一貫性がないと就活の軸が定まっていない印象を与えてしまいます。複数の業界にまたがって就活をしていると、手当たり次第に選考を受けているイメージを与えてしまうので注意が必要です。

基本的には業界・業種を揃えて回答するのがポイントですが、人によっては複数の業界にまたがって就活をしていることもあります。この場合は嘘をついて答えるのではなく、正直に答えた上で複数の業界で選考を受けている理由を明確にすることが大切です。

業界選びに共通した部分があるのか、企業選ぶに共通した部分があるのかなど、それぞれの共通点を伝えましょう。きちんと軸があることさえ伝われば、複数の業界で伝えても問題はありません。

他社への強い興味を示すのはNG

企業はほかに受けている企業を聞くことで、内定を出すかどうかを判断していますが、内定間近だからといって、駆け引きのつもりで他社への強い興味を示すのはNGです。優秀な人材を他社に取られたくないと考え、他の企業より先に内定を出す企業も確かにありますが、すべての企業がそうであるとは限りません。

他の企業への志望度が高いなら、内定を出しても意味がないと考え不合格にする企業は多いです。駆け引きは裏目に出ることが多いので、他社への興味を示すのは絶対にNGだと覚えておきましょう。駆け引きをしてもいいことはありませんし、焦って内定を出した企業に就職すると失敗する可能性も高いです。

内定が出た=その企業と合う限りませんので、しっかり企業と向き合って面接にも取り組み、企業への理解を深めることが大切です。

ほかに受けている企業を聞かれたときのNG回答例

「〇〇会社からすでに内定をもらっています。」
「御社だけでほかの企業は受けていません。」
「〇〇会社に応募しましたが、二次試験で落ちてしまいました。」

質問されたら正直に就職活動の様子を伝えることは大切ですが、内定をもらっている、違う企業で落ちてしまったということをわざわざ言う必要はありません。特に落ちてしまったと伝えると、どこかに悪い点があるのかもしれないと思われてしまう可能性があります。企業側も、落ちていることを聞きたいわけではありません。また、志望度の高さをアピールしたいからと、「御社しか受けていない」というのもNGです。他社を受けていないという答えは、かえって不自然だと感じる場合があります。

ほかに受けている企業+就職の意思確認も多い

ほかに受けている企業を聞かれる場合は、選考も終盤であることが多いです。最終面接では特に聞かれやすい質問ですので、他社選考状況と一緒に、就職の意思確認をされることも多々あります。

他社の選考状況を聞いた上で、内定を出せば就職する意思はあるかと問われますので、これについてもどのように答えるのかを考えておかなければなりません。面接でいきなり就職意思を問われると戸惑ってしまうことも多いので、上手に答えられるように事前に伝える内容を考えておきましょう。

意思確認をされれば即答する

就職の意思確認をされた場合、即答して就職すると答えることが大切です。意思確認されたときに迷った素振りを見せてしまうと、本当は志望度は低いのではないかと思われてしまうので注意しましょう。

口先だけで就職への意思を示していると思われてしまうと、マイナスの印象を与えてしまいますし、内定も遠のきます。意思確認をされれば即答して、企業への志望度の高さをアピールすることが大切であり、それ以外の回答は基本的には必要ありません。

志望度の高ささえアピールできればOKですし、反対にどれだけ言葉を並べても志望度の高さを評価されなければ意味がないことは覚えておきましょう。就職の意思確認では、本当に就職するという説得力を持たせたアピールが大切です。

自信を持って回答する

意思確認をされれば即答することが大切ですが、その時の答え方にも注意が必要です。就職すると即答していても、自信のない様子だったり、言葉に詰まったりすると、本当は志望度が低いのではないかと思われる可能性があります。

志望度の高さを伝えるためには、自信を持って回答することが大切なので、胸を張って答えることを意識しておきましょう。一瞬でも迷う素振りを見せれば志望度が本当にあるのかと疑われてしまいますし、面接官はその一瞬を見逃しません。

一度疑われてしまうと、そこからどれだけ言葉を並べても納得してもらえない可能性が高いですし、評価も下げられてしまいます。就職意思を確認されれば、迷わず就職すると、胸を張って答えることが大切です。

すべて第一志望のつもりで受ける

面接では嘘は絶対にNGであり、志望度についても正直に答えることが大切です。しかし、正直に回答するからといって、第一志望ではないと答えてしまうと印象が悪くなるので注意が必要です。志望度を問われれば第一志望と答えることが大切であり、すべての企業は第一志望のつもりで臨みましょう。

すべての選考に本気で臨んでいれば、就職の意思確認をされても胸を張って第一志望と答えることができますし、それは嘘にはなりません。内定をもらったとしても必ずしもその企業に就職しなければならないわけではなく、辞退することも可能です。

本当に就職するかどうかは後からゆっくり決められますし、まずは内定を勝ち取ることが先決です。すべての企業に第一志望のつもりで臨んで、内定の獲得を目指しましょう。

面接対策ツールで弱点を把握して対策しておく

面接で答えられない質問を可能な限りなくすためには、必ず聞かれる自己PRや志望動機などを考えるだけでなく、「面接力診断」も利用してみましょう。このツールでは、簡単な質問に答えるだけであなたの弱点を診断できるため、何をすれば面接を突破できるのか明確になります。

ぜひ活用して自分の穴を正確に把握し、確実に対策しておきましょう。

将来転勤があったとしても大丈夫か聞かれたときの答え方

面接の際に、将来の転勤について聞かれることもあります。企業側は、応募者の働き方や仕事への希望を知りたいと思って質問をしています。他の地域に支店などがある場合には転勤も考えられますが、やはり転勤可能な社員の方が採用されやすいでしょう。

転勤が可能な場合はそのまま答えればいいのですが、家庭の事情などで転勤が難しい場合には、正直に伝えるようにします。入社したいからとその場では大丈夫と言っても、実際に転勤になった時に困ってしまいます。自分だけでなく、会社にも迷惑がかかりますので注意しましょう。

お互いのためにも、できない時にはできないとはっきりと伝え、その理由を述べるようにしましょう。「その時になってみないと分かりません」などと、あいまいな答えも避けたほうが無難です。

ほかに受けている企業を聞かれれば内定まであと一歩

面接ではさまざまな質問がされますが、ほかに受けている企業について聞かれるということは、内定が目前に迫っている証拠でもあります。他社の選考状況を聞くのは、内定を出せばきてくれるかを判断するためですので、内定の可能性がまったくない人にこの質問はしません。

他社選考状況を聞かれるということは、少なからず内定のチャンスが近づいているということですので、しっかりと考えて回答することが大切です。目前に迫った内定のチャンスを掴みとれるかどうかは回答内容次第ですし、ここで失敗すれば一気にチャンスは遠のきます。

選考状況を伝えながらも、胸を張って企業への志望度の高さもアピールし、内定の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ