自己PR

自覚している性格の答え方|長所や短所のアピール方法や例文をご紹介

就活でよく聞かれる自覚している性格

就活では自覚している性格について聞かれることが多く、どう答えていいのか分からず悩んでいる人は多いです。自分の性格を人に伝えるのは難しいですし、その上アピールで高評価の獲得を目指すとなれば、難易度はさらに上がります。

まずは自身の性格から掘り下げなければなりませんし、それをどのようにアピールするのか、就活用に考え直す必要があります。自覚している性格は、数ある質問の中でもアピールが難しい項目ですが、きちんとアピールできれば高評価が獲得できる質問です。

難しいからとあきらめるのはもったいないですし、考え方次第でアピールポイントを見つけ出すことはできます。自覚している性格の見つけ方やアピール方法を知り、難しい質問にも上手に答えましょう。

自覚している性格が聞かれる理由

就活で自覚している性格が聞かれるのにはいくつか理由があり、それを正しく理解しておくことが大切です。質問する理由があるということは、明確な評価の基準があるということですし、それを押さえればより効率的にアピールができます。

評価されているポイントを知らないままに漠然とアピールしても高評価は狙えませんし、ポイントを踏まえて伝えることが大切です。自覚している性格を聞かれる理由を把握して、アピールの方法を考えていきましょう。

①長所が企業に適しているか

その人の持っている長所が企業に適しているかを知りたいというのが、自覚している性格が聞かれる理由のひとつです。性格によって持っている長所は違うので、それを企業で活かせることが大切です。仕事をする上では能力も大切ですが、それ以上に仕事や企業との相性が重要であり、これらがなければ活躍することは難しくなります。

就活は自分にマッチする企業を見つけるためのものでもありますし、それは企業としても同じです。企業は自社に適した人材を獲得したいと考えますし、相性が良ければ仕事でも活躍し、どんどん成長できるはずと考えます。

性格は根本的な部分ですので、変えるのが難しいです。根本の部分で相性が悪いと採用を躊躇されるため、企業に合った長所が提示できるかが見られています。

②短所が仕事をする上で致命的ではないか

自覚している性格からは、長所はもちろん、短所も見られています。短所は仕事をする上で致命的でないかがチェックされており、これも相性が重要視されています。誰しも短所はひとつくらいありますし、長所の裏返しは短所でもあるため、備わっているのは自然なことです。

短所があること自体は問題はありませんが、それが仕事にどう影響するかが問題です。仕事にそれほど影響しない短所であれば問題はありませんし、長所や本人の努力によってカバーできるならむしろ好印象になります。

しかし、仕事をする上で邪魔になってしまう場合は印象が悪いですし、採用を躊躇する企業も出てきます。短所は致命的でなければ問題はありませんので、企業や仕事の特徴を理解した上で、アピールする内容を工夫しましょう。

③自己分析ができているか

また、自覚している性格が聞かれる理由として、自己分析ができているかを確認するためというのもあります。自己分析は就活の基本であり、これができていない=就活に真面目に取り組んでいないと思われます。

上手にアピールするためには、自分できちんと性格を理解しておかなければなりません。自己分析をきちんとおこなうことで、自分の性格は自覚できるはずと企業は考えます。自己分析は就活の基本であり、要でもあります。基本的なことにきちんと取り組めているかが見られていますので、基礎を徹底して固めて意欲の高さをアピールしましょう。

自己分析ツールを活用しよう

「自分の性格」に上手く答えるには、自己分析をしっかり行い、あなたの強み・弱みを正しく理解する必要があります。ただ、自己分析をする時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→性格のタイプをサクッと診断できます。

My analyticsを活用して、あなたの長所・短所を理解し、面接官を唸らせる「自覚している性格」の回答を完成させましょう。

自覚している性格の考え方

自覚している性格の考え方

自覚している性格は上手にアピールするのが難しいですが、そもそもどのように見つければいいのかと題材探しの時点で悩む人は多いです。自分のことは自分が一番理解しているつもりでも、いざ性格を伝えるときにどう言えばいいか分からないことは多いですし、考えるほど分からなくなってしまいます。

上手にアピールするためには、まずは自分がどんな性格なのかを洗い出さなければなりません。自身の性格の考え方を知って、自分を見つめ直しましょう。

長所と短所はセットにする

性格を考える上では、長所や短所から考える方法がおすすめです。長所や短所は特徴のひとつですが、そこから紐解けば、自身の性格が導き出せることも多いです。ポイントは長所と短所からバラバラに考えるのではなく、それぞれをセットにして考えることでより考えやすくなります。

長所と短所は表裏一体ですし、考え方を変えれば同じ特徴を持っているはずです。思い浮かんだ長所と短所を比較して裏返しにしても該当しないのであれば、どちらかが間違っている、あるいは別の特徴があると言えます。

長所と短所をリンクさせ、両方に共通する点は何かを考えれば、自身の性格も見つけやすいです。

企業の特徴から考える

自覚している性格のアピールでは、企業との相性がいいと示すことが大切です。そのため企業の特徴から考え、仕事に必要な能力や企業が求める人材像を知って、それに合わせてアピールポイントも考えるのもおすすめです。

求められる能力と長所が該当すれば、そこから短所を考えればさらにイメージは膨らみますし、性格も掴みやすくなります。また、求める人材像と自分には、どのような違いがあるのかを確認することも大切です。

企業の求める人材像はあくまで理想ですし、すべての場合でそれに合致するとは限りません。求める人材像と自分との違いを知ることで、自分に足りていない部分、つまり短所となるポイントが分かります。性格は長所と短所の両方から探せますので、さまざまな観点で考えることが大切です。

第三者に意見を聞く

自分で考えてどうしても性格が分からない場合は、周囲の人に意見を求めてみましょう。自分だからこそ分からないこともたくさんありますし、第三者の意見を聞くことで道が広げられることも多いです。

長所や短所は自分の中では当たり前になっていますし、改めて性格を考えても分からないことは多いです。他の人の意見であれば、客観性があるため信用度は高いですし、就活でのアピールに使用しても全く問題はありません。

性格はただ伝えればいいわけではなく、企業に納得してもらえることも大切です。どれだけ上手にアピールできても、本当にそうであると信用してもらえなければ、マイナスの評価になってしまいます。信用度を高める意味でも、第三者からの意見も参考にしてみましょう。

自覚している性格のアピール方法

自分の性格を自覚できれば、それをどのように伝えるかを考えましょう。自覚している性格はアピールする題材も大切ですが、どうやって伝えるかも重要です。同じ性格でもアピール次第で印象は変わりますし、伝え方が評価を分けるといっても過言ではありません。

就活では伝える内容を考えるだけではなく、いかにアピール力が高められるかも重要です。上手に伝えるためのポイントを知って、高評価の獲得を目指しましょう。

結論から長所→短所の順でアピール

自覚している性格のアピールでは、伝える順番が大切です。大まかな構成は、結論から長所→短所の順であり、この順番で伝えることでより高評価を獲得しやすくなります。まず結論として、自分はどんな性格であるのかを伝えます。

次にその性格において何が長所で何が短所になるのかをアピールしましょう。自身の性格を明確に提示できることはもちろん、良い面と悪い面の両方が説明できることが大切です。

結論から述べればアピールしたい内容は伝わりますが、ただ性格を言い表しただけでは、あまりに漠然としています。評価してもらうためには細かい情報まで伝えることが大切であり、それが長所と短所です。自身の性格と、それを補強する特徴2つを述べて、アピールを進めましょう。

長所は企業に貢献できることを含める

自覚している性格を説明する上では長所についてを述べますが、これは企業でどのように貢献できるかを含めてアピールすることが大切です。企業が求める人材像と性格や長所が一致していれば好印象ですが、どのように活躍できるかが明示されていないと、アピール力は弱くなってしまいます。

長所はただ提示するだけではなく、それがどのように仕事で活かせるのかを述べ、仕事での再現性の高さをアピールすることが大切です。企業での仕事を踏まえて具体的に活躍の方法を述べれば、仕事で活躍する姿もイメージで、より好印象を与えることができます。

企業への理解度の高さのアピールにもなりますし、長所がどのように活かせるのかは明確に伝えましょう。

短所は向き合い方や克服方法を述べる

短所はそのまま伝えるだけではマイナスのイメージがついてしまうため、短所との向き合い方や克服の方法を合わせて伝えることが大切です。短所があること自体は問題ありませんが、自覚していながら放置するのはよくありませんし、向上心がないと思われる可能性もあります。

短所はきちんと自覚していること、改善するために努力することが大切であり、向き合い方や克服の取り組みを伝えることで、好印象を与えることができます。短所を伝える際には、マイナスイメージをいかにプラスに変えて伝えられるかがポイントです。

短所でもプラスのイメージを与えることができれば、長所のアピールと合わせてより高評価を獲得することができます。

自覚している性格のアピール例

私は明るく前向きな性格であり、何事にも恐れず挑戦できるのが長所だと考えます。臆せず挑戦する姿勢を活かして、自分から仕事を取りに行き、何事にも全力で取り組むことで成長したいと考えます。まずは営業として現場での経験を積みその後企画の仕事にも挑戦することで、企業を支える存在へと成長したいと考えています。短所は考えるより先に行動し、後で失敗に気づくことです。細かいミスをしてしまうことが多いため、行動の前に一度考える癖をつけることで冷静さを取り戻し、ミスを減らすことが出来ました。

例文では、明るく前向きな性格であることが述べられています。性格を述べた後に、長所と短所まで具体的に伝えられており、個性を深くアピールできています。長所では仕事への活かし方が具体的にアピールできており好印象です。

短所も改善するための取り組みが示されており、向上心の高さをアピールできています。全体として長所のアピールの割合が多く、プラスのイメージで伝えられています。長所を多く短所を少なく伝えることでプラスの印象にコントロールしているのも、好印象を与えられるポイントです。

自己分析を徹底して就活を有利に進めよう

就活では自覚している性格を聞かれることが多く、これに答えるためには、まずは自己分析を徹底することが大切です。自己分析は就活の基本ですし、これがしっかりできていないと自分の性格を知ることはできません。

過去の経験を洗い出し、自分を見つめ直して性格を把握することが大切です。また志望する企業に合わせて、アピールする内容を変えることも心がけましょう。性格は簡単に変わるものではありませんが、捉え方次第でアピールできる内容には変化をつけることができます。

ひとつの性格でも、考え方次第でさまざまなアピールができますし、志望企業の特徴を踏まえた内容で伝えることが大切です。さまざまな方法で自分の性格を正しく自覚し、上手に伝えて高評価を獲得しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ