志望動機

【就職活動】志望理由の書き方ポイントを例文付きで紹介

内定を得るためには志望理由書が重要

優秀な人材を求める企業の立場になって考えれば、志望理由がどれだけ重要か見えてくるはずです。志望理由がいいかげんと感じられたり、同業界ならどこでも通じるような内容だとすれば、人事担当者はどう感じるでしょうか?人事担当者は、なるべく自社で長期にわたり勤め、どの部署であれ主力として活躍してくれる人材を求めます。そのため、志望する企業でなければいけない理由を求めているのです。この点を理解しないまま形だけ取り繕っているような志望理由では、すぐに看破されるでしょう。

薄っぺらい志望理由書では、どんなに採用されたいと願っていても、内定は遠ざかります。では、具体的に志望理由を書くときはなにを注意すればよいのでしょうか。その点を具体的に解説するのでチェックしてください。

そもそも志望理由とは

そもそも志望理由とは何かですが、簡単に言えば企業を志望したきっかけや理由を語ったものです。なぜその企業を志望したのか、どのようなきっかけで志望しようと思ったのかを伝えていきます。企業を志望するからには、何か理由やきっかけがあったはずです。

就活をする上での根本的な部分が問われているといってもいいでしょう。志望理由は就活を進める上でのベースとなるものであり、自分の中でしっかり作り上げておくことが大切です。ベースができていなければ、就活を上手に進められず、失敗する可能性も高くなります。

反対に基礎をきちんと固めていれば、就活をスムーズに進められ、企業からも評価されやすくなります。志望理由は、選考を勝ち抜くための必須の武器となることを理解しておきましょう。

志望理由の書き方のポイント

志望理由の書き方にはいくつかのポイントがあり、これをしっかり守ることでアピール力を高めることができます。どのような内容をアピールするかも大切ですが、それをどのように伝えるかが重要なポイントです。

同じような内容でも、書き方ひとつで印象は大きく変わり、得られる評価も違ってきます。書き方をマスターすれば、志望理由の作成はそれほど難しくはありません。上手な書き方のポイントを理解して、評価される志望理由を作成しましょう。

志望理由と仕事選びの軸をマッチさせる

志望理由と仕事選びの軸をマッチさせなければなりません。仕事選びの軸がしっかりしていなければ、志望理由は弱々しいものになります。仕事選びの軸とは、入社して働きたいと考える会社を選ぶとき大切にしている根本的な理由の部分です。

たとえば、人を助ける仕事をしたいのであれば、医師、警察官、消防士、介護士などさまざまな職業が選択肢になります。国に影響を与えたい、海外を飛び回るような仕事をしたいのであれば、国家公務員となり外務省に入省、民間なら商社などが目標になるはずです。仕事選びの軸と志望理由はマッチしているべきものなのです。

仕事選びの軸があいまいだと志望理由に説得力が生まれません。とくに「有名企業だから」や、「親など周りがすすめる」などなら説得力のある志望理由は書けないでしょう。しっかりとした志望理由にしたいなら、自己分析を行い仕事選びの軸を決めれば、自然とだれもが納得できる自然体の文章を書けます。

構成は結論→根拠→ビジョン

仕事選びの軸が明確になれば、説得力のある志望動機を書けるはずです。ただ、それだけでは足らず、構成を重視しなければなりません。構成次第で人に意図や内容を伝えられるわかりやすい文章になります。逆にわかりづらい文章にもなるので注意してください。

志望動機を書くとき、わかりやすくなる構成は、結論→根拠→ビジョンという流れです。最初に結論を伝えれば強い印象になりますし、アピールになるのと同時にわかりやすくなるでしょう。結論の次は、根拠を伝えてください。なぜ志望するのか理由を具体的に伝えるのです。最初になぜその業界で仕事をしたいと考えているのか、次に、どうして志望企業に入りたいのかという順番で書きましょう。

最後のビジョンは、志望企業や業界でどのような将来を描いているのかという内容です。夢や目標などを具体的に伝えてください。この構成だけでも、伝わりやすい志望動機になります。

志望理由書を記載するための準備

志望理由書を記載するための準備

志望理由書を求められているからしかたなく書き始めてもすぐに筆が止まるでしょう。志望理由書を書くには準備をおろそかにしてはいけません。仕事も同じですが、準備をしっかりしておかないとスムーズに進行しなくなるからです。

志望理由書も同じだと考えてください。ただ、志望理由書の準備といわれても、なにをすればよいかわかりづらいものです。どんな準備をすればよいか整理し、理解しておきましょう。そうすれば志望理由書も怖くありません。

企業研究:企業の事業内容やサービスの理解

仕事選びの軸を明確化させても企業研究をしていなければ意味がありません。企業のことを知らなければ、その企業をなぜ選んだのか理由を書けないからです。極端な例として、海外でも仕事をしたいというビジョンを持っていたとき、その願いを叶えられる企業はどこか見つけるには、事業内容や海外拠点の有無なども確認しておく必要があります。

企業を知っているからこそ、なにができて、なにができないかがわかるのです。企業研究をしたといっても、ホームページや会社案内のパンフレットを少し見たぐらいでは不十分です。OB訪問やインターンなども行い、ホームページをちょっと調べたぐらいでは得られないレベルの情報を理解した上で志望理由を考えましょう。

自己分析:求める人材と自己理解

志望理由を書く前の準備段階で、企業研究と同じく重要なのが自己分析です。自己分析とは、自分を探る、知ることと考えればよいでしょう。どんな業界で働きたいか、どんな仕事をやりたいのか、どんな仕事が向いているのかは、本格的に自己分析を行わなければわからないものです。

自己分析により、興味を持つ傾向や、長所、短所、アピールポイントなどが見えてきます。説得力のある志望理由を書くには、客観的に自分自身を知らなければ書けません。自己分析をしないままだと、消極的な性格で慎重派なのに個人の能力を重んじてチャレンジ精神を推奨する企業の面接を受けて落ちるといった悪循環にはまる可能性もゼロではありません。そのため、志望理由を書く準備に限らず、どの企業を志望するかについても自己分析は重要な意味を持っているのです。

就職に使える志望理由の例文

私は生活に必要なスーパーの価値を高めることで、多くの人の日常の幸せ度を高めたいと考え、貴社を志望しました。貴社はプライベートブランドに強みがあり、安くて高品質、かつオリジナリティのある商品が人気を集めています。プライベートブランドをさらに売り出し、人々の生活の満足度を底上げすることで、日常的な幸せに貢献したいと考えています。大学時代もスーパーで働いており、発注業務から分析力を身に付けました。貴社では、まずは現場でノウハウを掴み、ゆくゆくはマーケティング部で働きたいです。そこで分析力を活かして、お客様が望むものを見つけ出し、プライベートブランドの強化を図って売上に貢献したいと考えています。

例文では、スーパーの志望理由が述べられています。最初に業界を志望する理由が述べられており、根本的な理由、きっかけを提示できています。また、志望企業独自の強みを踏まえながら、企業を志望する理由も提示できており、差別化したアピールができているでしょう。

志望理由を示すだけではなく、自身の能力を明らかにして、それが企業でいかに役立てられるかもアピールできています。企業での将来のビジョンを語ることで、成長意欲の高さがアピールできており、好印象でしょう。

志望理由を書く時の注意点

志望理由を書く際には注意点があり、これが守れていないとアピール力は下がってしまいます。場合によってはマイナスの印象を与える可能性もあるので、注意しなければなりません。

志望理由で高評価を獲得するためには、プラスのポイントを多く作り、マイナスのポイントを減らすことが大切です。減点されないアピールが、高評価を獲得するための近道です。注意点を正しく理解して、ミスなく志望理由を伝えていきましょう。

自己PRとは区別する

高評価を得るためには、企業への貢献度のアピールは大切ですが、目的はあくまで企業を志望した理由を伝えることです。志望した理由よりも、企業への貢献度のアピールが目立つのはよくありませんので、自己PRと混同しないように注意しましょう。

自身の能力ばかりをアピールしてしまうと、企業への志望度は伝わらず、場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。また自己PRと混同することで、質問の意図を理解できていない印象を与えてしまうでしょう。志望理由は企業への志望度を伝えることを優先しなければなりませんので、能力のアピールばかりにならないようにしましょう。

結論を後回しにしない

結論を後回しにしないことも、志望理由の注意点のひとつです。志望理由では、最初に結論を提示し、分かりやすくアピールすることが大切です。業界や企業を志望した理由を後回しにしてしまうと、結局なぜ志望したのかが伝わりづらくなり、評価を下げられてしまう可能性があります。

最初に志望理由を提示しないと、結局何が伝えたかったのか分かりにくくなってしまう可能性があるため、注意が必要です。志望度をアピールするためには、冒頭で明確な理由を述べて、後からそれを肉付けして補強していくことが大切です。

志望理由は最初に結論、次に根拠、最後に企業への貢献度と再度志望度のアピールという流れになりますので、全体の構成を意識しながらアピールを考えましょう。

志望理由書は企業の理解と自分の目指すビジョンから考える

志望理由書は企業研究と自己分析を徹底的に行ってから書くようにしましょう。そもそも企業研究も自己分析も、志望理由書を書くためだけに必要な準備ではありません。就活において、志望する業界や企業を見つけるためにも必要だからです。

就活でいちばん避けたいのは、企業とのミスマッチです。これは、就活生だけではなく、雇い入れる企業にとっても時間や労費の無駄となってしまうからです。入社してすぐに「イメージと違っていた」「自分には合っていない仕事、会社だった」では、苦痛となり退職の可能性が出t来ます辞めることになります。

企業も面接などにかけたコストが無駄になるのです。志望理由書を書く前はもちろん、就活の初期段階において企業研究や自己分析は行いましょう。そうすれば、失敗を回避できます。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ