身だしなみ

リクルートスーツに紺色がおすすめな理由|与える印象や選び方をご紹介

リクルートスーツの色に悩む学生は多い

リクルートスーツの色で悩む学生は多いですが、どれにしようか迷っているなら紺色がおすすめです。もちろん、紺色以外にもOKな色はさまざまあるため、別の色を選んでも問題はありません。他の色を選ぶ場合でも、共通したポイントはあり、就活にふさわしいリクルートスーツであることを意識して、スーツを決めることが大切です。

就活では身だしなみの印象は重要視されており、評価の決める重要なポイントでもあります。色によっても与える印象は異なりますので、それぞれの違いを把握して、自分に合ったリクルートスーツを購入しましょう。

紺色のリクルースーツがおすすめの理由

紺色のリクルースーツがおすすめの理由

リクルートスーツにはさまざまな色があり、フォーマルなものであれば、基本的にはどの色を選んでも問題はありません。しかし、さまざまな色がある中でも特におすすめなのが紺色です。なぜ他にも選択肢がある中であえて紺色のリクルートスーツを選ぶのか、おすすめの理由とともにメリットを知っていきましょう。

①落ち着いた印象を与える

紺色は落ち着いており、派手な印象を与える心配がありません。色から与える印象の影響は大きく、落ち着いた見た目のスーツであれば、落ち着いた人間性、印象がアピールしやすいです。就活では学生と社会人の違いが重要視されており、社会人としての自覚をきちんと持つことが求められます。

社会人の自覚とはさまざまな要素で構成されるものですが、その中のひとつに落ち着きも含まれており、学生のように浮ついた印象がないのは大切なことです。スーツといっても色々な種類があり、着ていればすべての場合で大人っぽく見えるわけではありません。紺色は色として落ち着いた印象があるため、好印象を与えやすく、社会人としての自覚もアピールしやすいでしょう。

②爽やかに見える

紺色のスーツは爽やかにも見えやすい色であり、新卒ならではのフレッシュ感もアピールしやすいです。身だしなみでは細かい点が見られていますが、もっとも重要視されているのは、清潔感です。どれだけ細かい点までこだわっていても、清潔感がないと判断されれば、身だしなみの評価は下げられてしまうので注意しなければなりません。

紺色のリクルートスーツだと、色の印象から爽やかに見えやすいため、清潔感をアピールしやすくもあります。新卒の採用基準は、既卒や転職などとは違っており、成長力や仕事への意欲など、若者ならではの資質が見られることも多いです。落ち着いた印象を与えつつも、新卒ならではの爽やかさ、フレッシュさをアピールしやすく、好印象も与えやすいです。

③第一印象で差別化される

就活生は黒いリクルートスーツを選ぶ人がほとんどと言えます。就活生がスーツ店に行ってまずおすすめされるのは、黒いスーツというケースがほとんどではないでしょうか。合同説明会などの多くの就活生が集まる場に行っても、黒以外のスーツはなかなか見かけないと思われます。

しかし、少ないからと言ってマイナスに考えるのではなく、相手の印象に残りやすいという風にプラスに考えられます。面接官の中には、黒よりも濃紺のスーツに好感を持つ人も多いです。スーツの色に悩んだ場合は、業界の雰囲気やOBの意見を参考にするといいでしょう。

色別のリクルートスーツが与える印象

リクルートスーツは紺色がおすすめですが、他にも着用OKな色は存在します。別の色のスーツを着て就活を進めても問題はなく、色によって与える印象も違ってくるため、上手に使い分けることが大切です。スーツは身だしなみとしても一番目につきやすいポイントであり、印象を変えやすい部分でもあります。同じリクルートスーツでも、色によって与える印象は異なりますので、それぞれの印象の違いを把握して、志望先に応じて上手に使い分けましょう。

黒色:真面目

就活では黒色のリクルートスーツがもっとも定番であり、真面目な印象を与えやすいです。活用の幅が広く、使い勝手がいいため、多くの人が着用するスーツにおけるスタンダードなカラーと言えるでしょう。

実際に就活においても黒色のスーツを着ている学生は多いため、基本に忠実に選んだという印象から、真面目さ、誠実さなどをアピールしやすいです。ただし、他の学生と被ることで、個性を発揮しづらくなることもあるので注意しなければなりません。黒色のスーツは、良い意味でも悪い意味でも目立ちづらいと言えます。

グレー:ややカジュアルに見える

グレーのスーツはその他の色と比べると明るい印象を与えやすいですが、ややカジュアルに見えることも多いので注意しなければなりません。暗い色が多い中で、グレーは目立ちやすく、面接官の印象にも残りやすいですが、場合によっては悪目立ちで終わってしまう可能性もあります。

また、グレーといっても色の幅は広く、明るいライトグレーから、黒や紺色に近いダークグレーなど、同じグレーでも与える印象は異なります。基本的には明るい色になるほど、与える印象も軽やかで、カジュアルになりやすいと考えましょう。ライトグレーなどは就活にふさわしくないと判断されることも多いため、リクルートスーツならダークグレーを着用するのがおすすめです。

紺色:バランスがいい

黒色は真面目、グレーはややカジュアルなど、色によって与える印象は違いますが、紺色はそれぞれの面をほどよく取り入れた印象が与えられます。フォーマルとカジュアルのどちらか一方に傾くわけではなく、中間を取ったバランスのいい印象が与えられるため、業界や企業を選ばずに使いやすい色と言えます。

スーツは色によって与える印象が違うため、志望先に合わせて使い分けることが大切ですが、紺色の場合はバランスがいいため、その必要がほとんどありません。志望先に関係なく対応しやすい万能色と言えるため、1着持っておくと便利でしょう。黒色ほど周囲に埋もれることはなく、かといってグレーほど悪目立ちする心配もないため、さまざまなシーンで活躍します。

リクルートスーツの上手な選び方

リクルートスーツはどの色を選ぶかも重要ですが、それだけではなく、さらに細かい選び方のポイントがあります。リクルートスーツは基本的にはフォーマルなつくりになっていますが、どれを選んでもOKとは限らないので注意が必要です。リクルートスーツの上手な選び方を知って、身だしなみで好印象が与えられるスーツを購入しましょう。

落ち着いた色を選ぶ

リクルートスーツでは紺色、黒色、グレーなどさまざまな選択肢がありますが、どの色でも、落ち着いた色を選ぶことが大切です。黒色に関してはそれほどカラーの展開はありませんが、紺色とグレーでは色の濃さや深みなど、種類は非常に多いです。

たとえば紺色でも薄い紺色、濃い紺色などカラー展開はさまざまであり、基本的には濃紺のスーツを選びましょう。グレーの場合は、基本的にはダークグレーを選び、カジュアルに見えやすいライトグレーは避けたほうが無難です。

同じ色でも濃淡によって印象は違うため、これも他の学生と差別化するポイントだと言えます。自分が気に入った色、他の学生と差別化できる色を選ぶことも大切ですが、基本的には落ちついた色で、就活にふさわしいものを選びましょう。

光沢があり過ぎるのはNG

スーツによって生地の光沢は違っており、リクルートスーツとして使う場合は、光沢のあり過ぎるものは避けましょう。光沢の強いものを選んでしまうと、カジュアルに見えやすいく、就活にふさわしくないと判断されることが多いです。

光沢の強いスーツはビジネスよりも、プライベートやパーティなどカジュアルな場所で着用されることが多いです。企業によっては、就職後であれば光沢の強いスーツでもOKな場合もありますが、就活では基本的にはNGと考えましょう。

就活ではビジネスマナーを意識して身だしなみを整えることが大切ですが、就活の身だしなみと就職後の身だしなみは、細部でマナーが違っています。就活に合わせた服装を心がけるためにも、光沢の少ない落ち着いたスーツを選ぶことが大切です。

ストライプなど柄は避ける

リクルートスーツでもストライプなど柄が入ったデザインもありますが、就活で着用するなら基本的には無地を選びましょう。ほんの薄くであっても、柄が入っているだけでカジュアルに見えてしまい、就活における身だしなみとして印象が悪くなってしまうことが多いです。

リクルートスーツにふさわしいのは単色で無地のスーツであり、少しでも柄が入っているものは避けましょう。色や光沢など、他の部分で問題がないとしても、柄が入っていればそれだけで印象は悪くなってしまいます。よく見なければ分からないものもありますが、面接官は学生の身だしなみを細部までチェックしています。余計なマイナスポイントを作らないためにも、リクルートスーツは無地を選びましょう。

紺色のリクルートスーツは安心感や爽やかさを与えるためおすすめ

自分に合ったスーツを購入しよう

就活では身だしなみは重要視されているポイントであり、印象を大きく分けるのはスーツです。リクルートスーツは基本的にはフォーマルなものですが、どんなものでも着ていれば好印象になるとは限りません。

リクルートスーツにもさまざまな種類があり、細かいデザインや色などによって、与える印象が変わるので注意が必要です。就活におすすめの色は紺色であり、もっともバランスがよく、さまざまな業界、企業で活躍する使い勝手のいい色と言えます。

ひとくちに紺色といっても、濃淡や生地の光沢、柄の有無によって与える印象は異なるので注意しなければなりません。色によって与える印象の違いや選び方のポイントを細かく把握し、自分に合ったリクルートスーツで就活の攻略を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ