身だしなみ

【リクルートスーツの選び方】就活生にふさわしい色やデザインを解説

リクルートスーツとは

リクルートスーツとは就職活動時に学生が着用し、面接に挑むための服装を指します。リクルートスーツは、面接に対応するために必要な清潔感や誠実さといった印象を与える際の重要な装いという役割を担っているのです。

リクルートスーツの着こなしによって、与える印象は大きく影響するため、だらしなく見える格好や色、靴やベルトといったアイテムのチョイスには注意が必要です。就職活動用のスーツであるため、価格的にもお手頃なものが多いのが特徴です。

また、業界によっては嫌悪されるタイプのスーツもあるため、基本的にはリクルートスーツとして販売されているものを選ぶことをおすすめします。リクルートスーツは、初対面である面接官に興味を持ってもらうための大切なアイテムといえるでしょう。

リクルートスーツで選びたい色は紺や黒

リクルートスーツを選ぶ際に、ぜひ選びたい色として紺や黒が挙げられます。就職活動という場において、悪目立ちせず真面目な感じも出せるこれらの色のスーツは、リクルートスーツとして着用するのに絶対外さない色といえるのです。実際に就職活動で面接会場などに訪れる学生などが着用しているのは、ほとんどが紺や黒のリクルートスーツです。

基本的にはダークカラーをセレクトする

業界によって多少違いがありますが、多くの学生が選んでいるという点、更に面接官が着用している色のスーツも、同じように黒などのダークカラーである事を考えると、やはりこの2色のリクルートスーツを身に着けるという事は、無難であり、王道ともいえるでしょう。

就職活動は、何回も企業を訪問したりセミナーに参加したり、意外とスーツを着用する回数は多くなります。毎日着ていれば、当然汚れる事もありますが、こういったダークカラーの色のリクルートスーツは、汚れが目立たないというメリットもあるのです。印象が良くて汚れも目立ちにくい紺や黒のリクルートスーツは、就職活動の際の大切なアイテムといえるでしょう。

リクルートスーツに意外とベストなグレー

就職活動をする際のリクルートスーツの色として、意外とグレー系のスーツもお勧めです。スタンダードな色のリクルートスーツは、やはり紺や黒などの色のスーツでしょう。しかし、同じ企業に何度か訪問するような場合や、真夏の時期の訪問、そしてOB訪問といった際には、毎回紺や黒といった色のリクルートスーツでは、若干重い印象を与えてしまうということがあるでしょう。

面接などの重要なポイントでは、やはりダークカラーのリクルートスーツを選ぶべきですが、比較的気軽な訪問の時などは、涼しさやさりげないリラックス感を感じさせることができるグレーのリクルートスーツでもよい印象を与えることができます。

リクルートスーツは無地を選ぶ

就活で着用するスーツは、チェック柄の入っているものやストライプ柄ではなく、無地のデザインを選ぶようにしましょう。入社後、業務に慣れてきたころであれば、チェック柄、ストライプ柄のスーツを着ても問題ありませんが、就活で着用していると、採用担当者によい印象を与えられません。

会社の社風や業界によっては問題ないこともありますが、無地が無難です。広告業界、アパレル業界、外資系企業、化粧品会社などは、他の業界や企業と比較すると、多少派手なスーツであっても気にしない傾向にあります。

金融業界や公務員など堅いイメージのある業界は、派手なスーツを好みません。志望する企業に合わせて、スーツの柄を選ぶようにしましょう。

就活では2つボタンのリクルートスーツがおすすめ

2つボタンのスーツは、定番のデザインであり、就活に向いています。基本的には、2つボタンのシングルスーツを選びましょう。スーツを着る場合、一番下のボタンを留めないことはマナーのひとつです。

2つボタンのスーツは、どの業界や社風にも合います。3つボタンのスーツは、クラシックなデザインで、真面目な印象を与えられますが、就活に適しているとはいえません。1つボタンや4つボタンのスーツも、面接にふさわしい格好とはいえないでしょう。男性だけではなく、女性も2つボタンのスーツが就活に適しているデザインです。

スーツ選びではサイズ感も大切

色や柄、ボタンの数だけではなく、スーツのサイズ感も大切です。ブカブカしているスーツはだらしのない印象があり、逆にピタピタのスーツは、窮屈そうな印象を与えてしまいます。

自分の体に合ったサイズのスーツであれば、面接官によい印象を与えられるでしょう。初めてスーツを購入する人は、1人で選ばずに、店員さんに相談しましょう。スーツ店に行く際はYシャツを着ていき、ジャケットのサイズを確認します。もちろん、スラックスも試着してください。

肩幅はぴったりサイズで、着丈はお尻が隠れる程度が無難です。袖丈は手首が隠れる程度で、パンツ丈は長すぎることがないようにしましょう。Yシャツも、自分に最適なサイズを選ぶようにしてください。

リクルートスーツに合わせるアイテムの選び方

就活のスーツだけではなく、シャツやネクタイ、靴などのアイテム選びも重要です。シャツは白の無地を着用し、ネクタイは相手に与えたい印象で選びましょう。ネクタイに関しては、極端に派手な色や柄でなければどんなものでも構いませんが、白や黒のネクタイは避けるようにしましょう。また、金融などの堅い業界ではグレーのネクタイなど、企業や業界に合わせて選ぶことをおすすめします。

シューズは、黒の革靴が一般的です。女性は、黒のパンプスが合わせやすいでしょう。こうしたリクルートスーツに合わせるアイテムの選び方について、詳しく解説します。

シャツは白の無地を着用する

スーツの下に着用するシャツは、白色で無地のデザインを選びます。シャツには2種類の襟型があり、シンプルな衿型のレギュラーカラーは標準的な体型の人におすすめです。広く襟が開いているワイドカラーは、がっちりとした体型の人にぴったりです。

シャツを選ぶ際は、首回り、肩幅、胸囲、袖丈などのサイズを測って、自分に最適なものをみつけましょう。また、面接の際は、シミやシワなどがついていない清潔感のあるシャツを着用しましょう。そうすれば、面接官に好印象を与えられます。

ネクタイは相手に与えたい印象で選ぶ

ネクタイにはさまざまな色と柄がありますが、「就活用のネクタイ」というものはありません。そのため、相手に与えたい印象で選ぶことをおすすめします。

紺やブルー系のネクタイは、知的な印象を与え、誠実さがアピールできます。赤系は、やる気のある印象を与えられるため、強く自己アピールする面接形態のときにおすすめの色です。イエロー系のネクタイは、華やかな印象といえるでしょう。そのため、履歴書用の写真撮影時につけていると目に留まりやすいです。

ピンクなどの派手すぎる色や変わった柄のネクタイは、マイナスイメージを与えてしまう可能性がありますので避けてください。また、白や黒のネクタイもNGです。

靴は黒の革靴が一般的

リクルートスーツに合わせる革靴は、オーソドックスな黒のひも靴です。革靴のデザインは2種類あり、シンプルなプレーントゥ、もしくは、つま先に切り替えのデザインが入っているストレートチップがおすすめです。ストレートチップであれば、冠婚葬祭にも使えます。足が疲れにくい革靴が欲しい人は、ラバーソールを選びましょう。

革靴を買う前は、自分に合ったサイズなのかチェックするために、必ず試し履きしてください。「できるだけ価格が安く、しかも水に強いシューズが欲しい」という人は、合皮を選びましょう。耐久性で選ぶなら、価格は高いですが本革がおすすめです。

女性は黒のパンプスが合わせやすい

女性の場合は、黒のパンプスがスーツに合わせやすいです。3.0~5.5cmのヒールの高さを目安に選び、購入前は試し履きをしましょう。サイズが合っていなければ、歩きにくく、足が疲れやすいです。

パンプスをあまり履いてこなかった人は、ストラップ付きのパンプスであれば、足が固定されるため歩きやすいです。試し履きする際は、夕方以降をおすすめします。午前中にジャストサイズであっても、夕方以降は足がむくんでいるため、サイズが合わなくなってしまうリスクがあるからです。

また、ヒールが細いとカジュアルな印象になってしまうため、太めのタイプを選びましょう。また、ヒールが太ければ、足に負担を与えず疲れにくいです。

一般的な男性のリクルートスーツとは

男性のリクルートスーツの価格も、女性と同じく2~3万円のケースが多いです。ただ、男性の場合はネクタイやベルトなどが必要になるため、資金に余裕が必要といえます。店舗によってはリクルートスーツの購入で、ベルトやネクタイ、靴下やカバンをセットにして販売するところもあります。

このような場合は、別々の店舗で購入するよりも、1か所でまとめて買ったほうがお得です。男性がリクルートスーツを着る場合は、全体的に統一感を持たせる必要があります。ベルトと靴の色を揃えるなどして、ちぐはぐな印象にならないようにしましょう。

おすすめメンズリクルートスーツ3選

いざリクルートスーツを購入しようとしてもどこで購入すれば良いかわからないのではないでしょうか。そこで今回はセットでお得なメンズリクルートスーツを3点ご紹介します。

①コナカ

コナカのリクルートスーツは、通常本体価格が18,000円~とお手頃です。また、オンラインショップでは就活Vスーツ、白無地ワイシャツ、ネクタイ、ベルト、シューズ、ハンカチ、インナー、くつ下の計8点がセットになった「メンズ就活8点セット」が販売されています。

リクルートスーツの上下セット以外にも、シャツやハンカチ、ベルトといった小物も必須アイテムです。シャツやくつ下などは連日着用する場合もあり、予備が必要となるため、できるだけコストを抑えたい人にはおすすめです。また、通常価格43,800円のところ、25,200円と大変お得です。このセットを購入するだけで一式の就活セットが購入できるため断然安く購入することができます。

②イオン

イオンのリクルートスーツは、ジャケットとパンツの上下をそれぞれのサイズで選べるようになっています。そのため、体型にフィットする自分だけのセットアップスーツを揃えることができるのです。体育会系で体ががっしりした人でもオーダーをする必要もなく、自分の体型に合わせたジャケットやパンツを選ぶことができます。

一般的なリクルートスーツはジャケットのサイズに比例したパンツのサイズが用意されている物が多いです。しかし、イオンはセミオーダーのように体型にカスタマイズ出来るというメリットがあります。また、価格もジャケットが12,800円でパンツは6,800円と、セットで購入しても19,600円と安い価格で購入できます。

③青山

青山のリクルートスーツは、自宅で洗えるウォッシャブルスーツ、スペアのついたツーパンツスーツ、雨の日でも撥水する撥水加工スーツなど、機能的なスーツが揃っています。ウォッシャブルスーツは上下セットで19,000円、ツーパンツスーツは上下セットでクーポンを利用して19,500円、撥水加工スーツは上下セットでクーポンを利用して24,500円となっています。

清潔さをキープしたい場合はウォッシャブルスーツがおすすめですし、手入れに自信がないという方にはツーパンツスーツがおすすめです。雨の日でも清潔感を保ちたいと考えている場合は、撥水加工を1本持っておくと心強いでしょう。いずれも機能性が高いことを踏まえると、安い価格でコスパがいいといえます。

一般的な女性のリクルートスーツとは

女性のリクルートスーツは、スカートとパンツタイプの2種類あります。就活生の好みや、業界や企業の雰囲気に合わせて選択できるのです。女性のリクルートスーツは、2~3万円程度で購入できるものが多くあります。デザインや機能性によって価格が異なるため、自分の求める条件に合ったリクルートスーツを選びましょう。

女性も男性と同じようにリクルートスーツの中にシャツを着ますが、色やデザイン選びに注意が必要です。ピンクや水色のものやフリルがついたシャツも売られていますが、就職活動には不向きといえます。襟付きの白いシャツを選び、正しく着こなすことが大切です。

おすすめレディースリクルートスーツ3選

女性のリクルートスーツもいたってシンプルなデザインがほとんどですが、就職活動中、長期間着用するため、重視したいのはその機能性です。女性の場合、スカートで足を揃えて長時間座り続けることもあるため、シワになりにくいものや、ストレッチの効いたものが望ましいです。

また、汗や臭い対策として、わざわざクリーニングに頻繁に出さなくてもいいよう、自宅で簡単にお手入れ出来るかどうかも気になります。シルエットが綺麗に見え、足を長く見せるなどスタイルのカバーをしてくれるスーツは、女性にとって魅力的です。そこでおすすめするのが、青山のスーツになります。中でも最もおすすめなのがAOKIがマイナビ学生の窓口とコラボして開発したスーツです。

①究極の就活スーツ(スカートまたはパンツ)

動きやすさ、シルエット、汗や臭い対策など、リクルートスーツならではの悩みをすべて機能として網羅しているのが究極の就活スーツです。悩みのひとつであるシワについても、防シワ機能が備わっているため綺麗なシルエットを保つことができます。また、自宅の洗濯機で洗えるため、汗や臭いも気になりません。

さらに立体パターンで360度どこから見てもシルエットが美しい他、ストレッチ機能やUVカット、制菌、遮光性、通気性、プリーツ加工などの様々な機能が23個もついています。リクルートスーツとしては、最も機能性が高いスーツといえるでしょう。清潔感も保てる上、お手入れもしやすい点を踏まえると非常に優れています。セットで通常価格38,000円のところ、クーポンを利用して30,400円と安く購入できます。

②プレシャスラインスーツ

プレシャスラインスーツは、とにかくスタイルがよく見えるのが特徴です。「360度きれいに見える」をコンセプトに、デザイナー「小川彰子」監修の元、開発されています。前から見ても綺麗なウエストラインが出るため、第一印象に差がつきます。

立体構造で360度どこから見ても綺麗にみえ、生地の表地と裏地両方にストレッチが効いているため動きやすいのも嬉しいポイントです。スカートはAラインのため、女性らしいシルエットが特徴です。

パンツスタイルもハイウェスト切り替えで、足が長くすっきりとした印象を与えることができます。また、ウール100%であるため、長期間の就職活動でも耐久性が抜群です。こちらもセットで通常価格23,000円のところ、18,400円と安く購入できます。

③プレミアムウォッシュスーツ

プレミアムウォッシュスーツは、自宅で洗えるため常に清潔感を保てるストレッチ機能つきのスーツです。長期間の就職活動で気になる汗や臭いも、自宅の洗濯機で手軽にお手入れできるため気になりません。オールシーズン着用することが出来る上、シワに強いウールポリエステル素材を使用しているため、きちんとした印象を与えられます。

表地と裏地の両方にストレッチが効いている機能的な点もポイントです。スカートはシンプルなタイトスカートです。パンツはすっきりしたシルエットとなっています。上下セットで通常価格19,000円のところ15,200円と他のセットアップスーツと比較して安いため、就活生のお財布にも優しいスーツといえます。

リクルートスーツの色はダークカラーで業界のイメージに合うものを選択しよう

就職活動中に身に着けるリクルートスーツを選ぶ際には、その業界にマッチした色とはどういうものかという事を考えるようにする事は必須となります。面接などでの受け答えも大切ですが、最初に見た雰囲気や外見の印象というものは、とても大きな効果を持っているのです。その業界や企業が求める人材像に沿うという事を意識して、ベストな色のリクルートスーツを選びましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ