内定について

内定辞退で後悔する理由とは?対処法や判断方法を紹介

内定辞退をして後悔する人は多い

企業に対して就職しないと意思表示するだけで、内定辞退は簡単にできますが、よく考えずに辞退して後悔する場合も多いため注意しなければなりません。就活はただ就職先を決めればいいわけではなく、自分が本当にやりたいことを実現でき、かつ相性のいい企業に就職することが大切です。

自分に合った企業に就職するには、時には内定辞退が有効な場合もありますが、必ずしもプラスに働くとは限りません。後悔せずに就活を納得のいく形で就活を終わらせるには、内定辞退におけるポイントの把握が大切です。内定辞退の際にはどのような点に気をつけるべきかを知り、後悔のない選択をしましょう。

なぜ内定辞退で後悔するのか

企業から内定が出れば、特殊なケースを除けば就職はほぼ確定です。内定辞退は自分の意志でおこなうものであり、自分で決めて辞退したにも関わず、なぜ後悔するのか疑問に思う人も多いでしょう。

内定辞退で後悔する理由は、大きく2つに分けられます。それぞれを把握して、後悔しやすい理由を知っておきましょう。

辞退後に次の就職先が見つからない

内定をもらった企業とは相性が悪い、条件に納得がいかないなどの理由で辞退したものの、次の就職先がなかなか見つからないことは多いです。就職先が見つからないと内定辞退が惜しく感じられ、妥協してでも就職したほうがよかったと後悔してしまいます。

内定の獲得は簡単でははなく、何社、何十社と選考を受けて、ようやく1社内定が出る場合も多いです。就活初期ですぐに内定を獲得すると、内定を得るのは簡単だと思ってしまい、よく考えずに辞退して後から困ることも多いため注意しなければなりません。納得した企業への就職はもちろん、内定獲得の難しさを正しく理解していないと、軽はずみな選択で後悔してしまいます。

次の就職先の条件が悪い

内定辞退後、他の企業から内定がもらえた場合でも、辞退した企業よりも条件が悪いとそのまま就職したほうがよかったと後悔することが多いです。企業ごとに待遇や条件は異なりますが、企業に対して求めるものが多すぎると、すべてを実現できる企業に巡り合うのは難しいです。

もっと条件のいい企業があるはずと考えて上を目指していても、実際には似たり寄ったりで、内定辞退した企業が一番条件がよかったということにもなりかねません。意識を高く持って就職先を探すことは大切ですが、理想を高く持ちすぎると現実とのギャップに苦しむため注意が必要です。

内定辞退を取り消しできるのか

内定辞退で後悔する理由は人によって違いますが、後悔した場合、すぐに辞退を取り消したいと考える人も多いでしょう。辞退を取り消して内定を復活させてもらえる場合、就活はそこで終了となり無事納得のいく条件で就職を決められます。

しかし、辞退の取り消しができない場合は、就活を続けて他の企業の内定獲得を目指さなければなりません。

一度内定辞退を申し出てしまうと、基本的に取り消しはできません。企業では採用予定人数が決められており、内定辞退者が出れば減った分を補充するために結果の通知を保留にしている学生を繰り上げて内定にすることが多いです。

繰り上げて人員が確保できれば企業としても問題はなく、取り消しの依頼をした学生に内定を戻す必要はありません。辞退後に取り消しを申し出ても採用枠が埋まっていることがほとんどのため、申し出は断られてしまいます。また、一度辞退をして自分の都合で取り消してほしいといえば、自分勝手な印象を与えてしまう可能性も高いです。

企業によっては取り消せる場合もある

内定辞退の取り消しは基本的にできませんが、企業によっては取り消しが可能な場合もあります。辞退の取り消しができる事情はさまざまですが、多いのは企業で必要な採用人数が確保できていない場合、辞退者が優秀で逃したくない場合です。内定辞退者が出れば保留の人に声をかけて繰り上げで内定を出しますが、内定を出せば全員就職してくれるわけではありません。

さらに内定辞退者が出て採用予定人数に到達しないこともあり、場合によってはそもそも声をかける保留者がいないこともあります。また、優秀だと高く評価されている学生が戻ってくれば、他の企業に取られないうちに早く獲得したいと考える企業は多いです。内定が復活するのは特殊なケースばかりですが、可能性がゼロではないことは覚えておきましょう。

内定辞退後は再度応募しても不利になりやすい

例外的なケースで辞退した内定が復活するケースはありますが、基本的には取り消しができないため、就職したければ再度応募しなければなりません。必要な人員が集まらなければ、春だけではなく、夏、秋、冬とすべてのシーズンで採用活動をおこなう企業は多く、募集が出ている場合は辞退した企業への応募は可能です。

しかし、再応募できた場合でも、一度内定辞退しているために企業からの印象が悪くなっているケースは多いため注意しなければなりません。辞退していれば選考でもマイナスの評価からスタートし、不利な状態になることがほとんどです。再応募での就職は基本的には難しいことは理解しておきましょう。

内定辞退で後悔した場合の対処法

内定辞退で後悔してしまった場合、マイナスの気持ちと上手に向き合って対処することが大切です。いつまでも後悔の気持ちを抱えたままでは、就活まで失敗する可能性があるため、後悔の気持ちには上手に折り合いをつけなければなりません。

内定辞退しても就活が失敗したわけではなく、あくまで選考のひとつで失敗しただけでダメージは小さいです。後悔し続けて就活自体を失敗させてしまうのはよくないため、対処法を知って後悔の気持ちとも上手に付き合いましょう。

前向きに就活をやり直す

内定辞退で後悔した場合は、前向きな気持ちで就活をやり直すことが大切です。後悔していつまでも後ろ向きな気持ちを抱えていると、就活自体がストップしてしまいネガティブな考えに陥ってしまいます。ネガティブな気持ちを抱えていると選考にも悪影響を及ぼし、次のチャンスもつぶしかねません。

就活では新卒ならではの明るさやフレッシュさ、さわやかさが求められることが多く、これらは後悔とは相反するものばかりです。後悔し続けると、辞退した企業だけではなく他の企業に就職するチャンスもつぶしてしまうため、就活自体の失敗にもぐっと近づきます。後悔が長引くほど就活を失敗する可能性は高くなるため、素早く気持ちを切り替えて前向きな気持ちでの仕切り直しが大切です。

内定辞退をした企業以外にも目を向ける

内定辞退による後悔をいつまでも引きずってしまうのは、辞退した企業ばかり見ているからです。世の中には膨大な数の企業があり、一度の就活だけではすべての企業には出会えないほどの数があります。他の企業に目を向けていれば後悔をしている余裕もなくなり、気持ちを切り替えて就活に臨めます。

辞退したものをいくら後悔しても戻ってこないため、他の可能性に目を向けて、辞退した企業よりも優れた企業を探すことが大切です。辞退した企業よりいい就職先が見つからないのは、好条件の企業が存在しないからではなく、単に見つけられていないだけです。しっかり探せば自分に合った企業は必ず見つかるため、新しい企業との出会いを大切にして過去にとらわれずに就活を進めましょう。

一度就活を休んでみる

どうしても内定辞退の後悔から抜け出せないなら、思い切って一度就活を休むのもひとつの方法です。就活を休んでも就職のチャンスがなくなるわけではなく、リフレッシュした頭で考えることで、よりよい就職先を見つけられることもあります。

就活でもっともやってはいけないことは、就活自体を投げ出すことです。後悔して就活が手につかないときは、無理に続けて嫌な気持ちになる必要はありません。一度休んでリフレッシュし、気持ちを一新して再スタートを切ることでも成功を目指すことは可能です。無理せずに取り組むことが就活攻略の秘訣であるため、休みが必要なときは思い切って休みましょう。

自分は内定先で活躍できるタイプなのか、適性を診断してみよう

内定をもらった会社の仕事は、本当に自分に向いている仕事なのか気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用して、自分と内定先の相性を診断してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで自分が本当に内定先の仕事に向いているタイプか診断し、納得できる決断をしましょう。

内定辞退で後悔しないためには

内定辞退で後悔した場合、その気持ちと上手に向き合うことが大切ですが、そもそも後悔しないためには何が必要か考えてみましょう。

就活をベストな形で終わらせられるかは、取り組み方や事前の準備に大きく影響されます。内定辞退をして後悔しないためにも、正しい就活の取り組み方や準備の方法を知ってください。

志望先を念入りに選び絞り込む

内定辞退で後悔しないためには、そもそも辞退する企業を作らないことが大切です。志望先をしっかり絞り込んで就活に臨めば、どの企業から内定をもらったとしても辞退を考える必要はなく、スムーズに就職を決められます。

もちろん、複数の志望先から内定をもらった場合は取捨選択が必要ですが、優先順位を決めておけば後悔のない選択が可能です。志望先を絞り込む際に大切なのは、数を絞って選択肢を狭め過ぎない、志望先ごとの優先順位を明確にすることです。

本当にやりたい仕事を見つける

本当にやりたい仕事を見つけるのも、内定辞退での後悔を防ぐ重要なポイントです。やりたい仕事を見つけることは志望先を絞り込むことにも繋がり、就活をスムーズに進めるために大切です。

本当にやりたい仕事が見つかっていないと、企業から内定をもらったとしても迷いが生まれてしまい後悔を感じる可能性も高くなります。本当にやりたい仕事なら、内定をもらえば即断で承諾を決められ後悔はありません。自信を持って内定の承諾、辞退ができるように、本当にやりたい仕事を見つけて明確な指標を持って就活を進めましょう。

職場環境もチェックしておく

就活では業界や企業の様子、就職時の条件、待遇などに目がいきがちですが、職場環境にも目を向けることが大切です。仕事をする上では「何をするか」「どこでするか」「誰とするか」の大きく3つが重要な要素となり、特に「誰とするか」は仕事の満足度を左右しやすいポイントです。

どれだけ好きな仕事でも、職場の環境が悪ければ満足度を得るのが難しく、場合によっては仕事を嫌いになってしまうこともあります。職場環境まで把握できていれば、条件などに惑わされず本当に就職してもいい企業かどうかが判断できます。明確な判断基準を作ることも、内定辞退で後悔しないポイントのひとつです。判断基準を持って企業を細部まで把握し、内定の承諾、辞退を決めましょう。

内定辞退をして後悔をした場合は視野を広く持とう

最終選考で合格した場合は企業から内定が通知されますが、これを受けるかどうかは個人の自由です。一度承諾した場合でもその後辞退が可能であり、この場合は就活を継続しておこなわなければなりません。自分に合わないと感じれば、辞退して別の企業に目を向けることが大切ですが、その後の就活がうまくいかないと内定辞退を後悔する可能性もあります。

しかし、後悔しても内定が復活するわけではないため、前向きな気持ちで就活をやり直し、別の可能性に目を向けることが大切です。企業の選択肢は膨大な数あるため、後悔しても希望を失わず視野を広く持って引き続き就活に励みましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ