内定について

【内定辞退の取り消し】連絡のタイミング・話すべき内容・謝罪の仕方

内定辞退の撤回は成功するのか

考え抜いて内定辞退をした後に、「やっぱりあの企業で働きたい」と思うこともあるでしょう。しかし、一度内定辞退をした手前、それを取り消すのは勇気がいることです。一度辞退したのに「やっぱり働きたい」というのは、見方によっては非常識だともいえます。

企業にもよりますが、内定辞退の取り消しができない可能性はゼロではありません。少しでも可能性があるのなら、挑戦したいという人もいると思われます。では、内定辞退の取り消しを成功させるには、企業の人にどういった頼み方をすればいいのでしょうか。この記事では、内定辞退を取り消しにする方法についてご紹介していきます。

内定辞退時の態度も影響する

内定辞退の取り消しが成功するかどうかは、内定を辞退した際の印象によっても違ってきます。相手に不快感を与える態度や誤魔化した発言など、社会人として相応しくない辞退の仕方をしてしまうと、取り消しを申し入れても再び受け入れたいと思ってもらえないでしょう。辞退した企業とも、後々どのようなご縁が巡ってくるかわかりません。内定辞退の意向を伝える場合には、マナーをわきまえ、跡を濁さない言動を心掛けましょう。

選考状況について正直に話す

採用試験が最終段階に近づくと、他社の選考状況を尋ねられることがあります。複数の企業を同時に受験するのは一般的な動向ですから、面接官も理解しています。言いにくいと感じるかもしれませんが、遠慮する必要はありません。現状について正直に答えましょう。

例えば「受けているのは御社だけです」「御社が第一志望です」「他社は断ります」と言っておきながら、他社に決めて内定を辞退したら、先方はどう思うでしょうか。内定欲しさに平気で嘘をつく人物と判断されても仕方がありません。そんな経緯があれば、取り消しを願い出ても却下されるまでです。他社における選考状況を正確に把握した上で出された内定なら、結果的に辞退となったとしても想定内と納得してもらえるものです。

マナーを守って内定辞退の連絡をする

当然ながら、ビジネスシーンでの連絡にはマナーがあります。この場合は内定辞退というネガティブな場面ですから、極めて慎重にあたらなければなりません。原則は、仕事の邪魔にならない時間帯を見計らって電話で担当者へ伝えるものですが、相手が不在の際はメールでも可能です。辞退を決めたら速やかに連絡をし、辞退の理由とともに誠心誠意謝罪しましょう。

企業は、1名を採用するのにも多くの経費や手数をかけています。また、辞退となった枠を埋める必要も出てきます。そういった企業側への配慮が大事です。内定辞退そのものが大変重い報告なので、ちょっとしたマナー違反が大きなマイナスイメージにつながります。そこで印象を損なうと、辞退の取り消しは難しくなるでしょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

内定辞退を取り消しにする方法3つ

せっかく手にした内定を辞退してしまったものの、どうしてもこの企業で働きたいという気持ちが強いのなら、もう一度チャンスを掴みにいきたいものです。では、何をすればよいのでしょうか。ここからは、内定辞退を取り消す方法を3つご紹介します。

①決意したら即連絡

内定辞退後、なるべく早く撤回したい旨を連絡すると、取り消しが成功する可能性を上げることができます。というのも、内定辞退の取り消しを成功させるには、採用枠に空きがなければいけないからです。内定辞退を告げてから1日でも早く撤回の連絡をすれば、その枠が埋まっていない可能性が高いです。

そのため、なるべく早めに電話やメールをして、内定辞退を取り消したい旨を伝えるようにしてください。遅くなれば遅くなるほど採用枠が埋まり、内定辞退を取り消せる可能性が低くなります。言い出すのは勇気がいることですが、思い立ったらなるべく早めに取り消しの連絡をすることが大切といえるでしょう。

②明確な理由を説明する

なぜ内定辞退を取り消したいのかという理由を、きちんと説明できるようにしておきましょう。内定辞退を取り消す場合は、相手を納得させる理由を伝えてください。「第一志望から内定が出たが、自分に非があり取り消された」などの理由だと、内定辞退の取り消しは認めらないでしょう。

内定辞退を取り消ししたい場合は「○○という理由でどうしてもこの企業で働きたいと思い直した」など、企業への熱意が強いことを伝えるといいでしょう。そういった理由を伝えれば、相手を納得させることができます。もし内定辞退の理由を伝えていないのなら、「内定ブルーで自信がなくなっていた」など、乗り越えられる理由にするのもひとつの方法です。

③しっかりと謝罪する

内定辞退を取り消す際は「失礼であることを理解している」と、きちんと伝えなければいけません。もし、電話で話したり直接会ったりする時間をもらえたら、必ず誠意をもって謝罪しましょう。謝罪する際は、以下の例文を参考にしてください。

・非常識なことを言っていることは重々承知です。
・先の軽率な判断と併せまして、心よりお詫び申し上げます。

きちんと誠意のある人物だと伝わったうえで採用枠が余っていれば、内定辞退を取り消したい理由を聞いてもらえます。そうして理由を話して、採用担当者を納得させることができれば、内定辞退を取り消しにできる可能性が高くなるでしょう。内定辞退の取り消しを頼む際は、きちんと理由を伝えて謝罪することで、印象をよくしてください。

内定辞退の取り消しには早めの連絡と謝罪が大切

内定辞退を取り消しにする方法は、以上の通りです。内定辞退を取り消したいと思ったなら、早急に企業に連絡をし、採用担当者が納得する理由を説明して、誠意を込めた謝罪をしてください。内定辞退の取り消しをお願いする際は、これらのマナーをしっかり守りましょう。

上記の方法を全て実行しても、内定辞退を取り消してもらえる可能性は低いものです。しかし、ゼロというわけではありません。本気でその企業で働きたいという思いがあるのなら、その少しの可能性に賭けて、内定辞退の取り消しをお願いしてみましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ