身だしなみ

就活のパンプスでストラップ付きはありか|疲れる場合の対処法

就活用パンプスのストラップはあり?


女性の就活用の靴と言えば、パンプスが一般的ですが、ストラップありかなしかで悩む人は多いです。ストラップありのパンプスは歩きやすく機能性も高いですが、余計な装飾が付いていないほうが就活に向いていると考える人もいます。

単に靴としての機能を考えた場合はストラップありが望ましいですが、就活の場合は見た目の印象やフォーマルさなども考えなければなりません。この記事では、就活で履くパンプスについて詳しくご紹介していきます。

就活のパンプスでストラップが与える印象

ストラップの有無を考える際には、まずはストラップ付きのパンプスが、どのような印象を与えるのか正しく理解することが大切です。就活では身だしなみが細部まで見られており、細かい違いによって与える印象や評価が異なることも多いです。

足元を注意深く見ている面接官も多いため注意しなければなりません。ストラップがあることでどのような印象を与えるかを知り、就活用パンプスの選び方を見直しましょう。

ややカジュアルに見える

ストラップは機能面として優れていますが、ストラップなしのパンプスと比べた場合、ややカジュアルに見えやすいため注意しなければなりません。全体的な身だしなみを整えフォーマルな印象を与えられていても、靴がカジュアルだと全体のバランスが崩れる可能性があります。

身だしなみはトータルコーディネートで決まるため、細部までフォーマルさを意識しなければなりません。ストラップがついていないパンプスと比べてややカジュアルに見えると感じる面接官もいるかもしれませんが、評価を落とすほどのものではないといえるでしょう。

気にされないことも多い

ストラップ付きのパンプスはややカジュアルな印象を与えてますが、企業によっては気にしないということも多いです。ストラップは、歩くのをサポートするための機能的な装飾です。

カジュアルな印象を与えやすいものの、実務的な機能も兼ね備えているため、ストラップ付きでも気にしない企業は多いです。就活では長距離を移動することも多く、パンプスを履いて移動することの大変さは企業も承知しています。ストラップがついているからと行って、身だしなみに問題があると判断する企業は少ないでしょう。

ストラップ付きは避けた方が無難な企業もある

ストラップ付きのパンプスでも気にしないという企業がある一方で、避けた方が無難な企業もあるということを理解しておきましょう。ストラップ付きのパンプスはNGとする業界や、面接官個人の考えとして就活の場に相応しくないという意見を持っている人もいます。説明会など、そこまで細かく見られない就活イベントなどの場合はストラップ付きでもよいといえますが、面接など選考の場面では避けた方が無難です。

どうしても歩きづらい、足が疲れるなどの理由でストラップ付のパンプスがよいという場合は、会場近くについたらストラップのない靴に履き替えるというのも方法のひとつです。

就活用のストラップ付きパンプスを選ぶポイント

就活用のストラップ付きパンプスを選ぶポイント

ストラップ付きのパンプスがOKといっても、どのようなパンプスでも許されるわけではありません。選び方次第ではマイナスの印象を与えてしまい、選考でも不利になる可能性があるため注意が必要です。ここからは、ストラップ付きのパンプスを選ぶポイントについて見ていきましょう。

シンプルなデザインを意識する

ストラップ付きのパンプスはカジュアルに見えやすいため、極力シンプルなデザインを選ぶことが大切です。パンプスのデザイン自体が派手なものだと、カジュアルさのあるストラップと相まってラフな印象を与えてしまう可能性もあります。ストラップは無地でデザイン性のないものを選び、パンプス自体もベーシックな型を選びましょう。

歩きやすさを重視する

ストラップはオシャレのためではなく、歩きやすさをサポートする機能として認められています。歩きやすさを確かめるためにも、購入時に一度試着してみるのがおすすめです。靴はメーカーごとにサイズが違い、ストラップの付け心地なども少しずつ異なります。

いつもと同じサイズで購入しても足に合わないこともあり、ストラップもうまく留められないなどの支障をきたす場合があります。ストラップ付きのパンプスを選ぶ場合は、ストラップ部分がきつくないか、歩きやすいかを重視しましょう。

就活用のパンプスで注意すべきポイント


ストラップの有無に関係なく、就活用のパンプスには正しい選び方があるため、ポイントを正しく把握しておくことが大切です。マイナスの印象を与えないためにも、注意点を抑えて就活にふさわしいパンプスを選びましょう。

パンプスを選ぶ上で色は重要なポイントです。基本的には黒色で無地のフォーマルなデザインを選びましょう。黒色以外の色はカジュアルに見えてしまうことが多く、マイナスの印象を与えやすいです。

また、黒色でも柄付きのデザインは派手に見えてしまうため避けなければなりません。黒色以外に紺色や濃いグレーなど、スーツに合わせた色ならOKな場合もありますが、身だしなみに厳しい業界や企業ではNGとされることも多いです。

黒色ならスーツの色に関係なく合わせることができ、就活に限らず冠婚葬祭などのシーンにも合わせられます。活用できるシーンも幅広く便利であるため、黒色のフォーマルなパンプスは一足持っていると便利でしょう。

素材

素材もパンプスを選ぶ上で重要なポイントであり、フォーマルに見える革素材がおすすめです。革素材ならスーツに合わせても全体的なバランスがとりやすいため、トータルコーディネートでも印象がよくなりやすいでしょう。また、革には天然と合成がありますが、就活で使うなら合成皮革がおすすめです。

天然は使うほどに味が出るため、就活だけではなく就職後まで使うことができますが、長く使うには念入りなメンテナンスが必要です。合成皮革はメンテナンスがほとんど不要で、汚れがついてもさっと拭くだけで簡単に落とせます。

消耗品であるため長く使用することは難しいですが、購入価格が安く、手間がかからず丈夫であることから、ハードに使うことが多い就活にふさわしいといえます。

ヒールの高さ

就活に適切なヒールの高さは3〜5cm程度です。ヒールが高くなりすぎると、それだけでカジュアルに見えてしまうため注意しなければなりません。黒色の無地で革素材のシンプルなデザインでも、ヒールが高いとカジュアルなアイテムと判断されてしまいます。

反対に、ヒールのほとんどないローファーもカジュアルなアイテムと判断されるため注意しましょう。フォーマルさを演出するためには、ある程度のヒールの高さが必要です。3〜5cmといっても、明確に高さを測られるわけではありませんが、ぱっと見たときに不自然でない高さを選ぶことが大切です。ヒールの高さで歩きやすさも違ってくるため、試着時に確認しておきましょう。

ストラップなしのパンプスだと疲れる場合の対処法


ストラップなしのパンプスを選んだ場合、「靴が脱げやすい」「歩きづらくで疲れがたまりやすい」などのマイナス面もあります。ストラップなしのパンプスで疲れやすい場合は、見直すべき点がいくつかあるため、それらを知り対策を立てておくことが大切です。

靴のサイズを見直す

ストラップなしのパンプスで疲れてしまう場合は、靴のサイズが合っていない可能性があります。サイズが大きすぎる場合は靴が脱げやすく、脱げないように踏ん張って歩くため、余計に疲れが溜まりやすいです。また、小さすぎる場合は、窮屈に感じてしまい、長時間履いているだけで疲れてしまいます。

パンプスは適切なサイズで選ぶことが重要なので、サイズ感は特に重要視しなければなりません。サイズを合わせるためには、購入時に必ず試着をすることが大切です。すでに買ってしまった場合でも、大きい場合なら中敷きを入れるなどの対処法があります。

小さい場合は買い替えが必要ですが、サイズの合わないものを長く使えばそれだけで疲れてしまうため早めに買い替えてしまいましょう。

靴底の素材を見直す

靴底の素材も重要なポイントであり、疲れづらいのはゴム底です。ヒールがゴム底になっていることで、歩いたときの衝撃を吸収しやすく足も疲れづらくなります。反対にゴム底以外の硬い素材だと、衝撃がそのまま足に伝わってしまい疲れやすくなるため注意しなければなりません。

また、ヒールの太さも重要です。ゴム底でヒールが太いものが最も疲れづらいでしょう。ヒールが細いと衝撃を分散することができず、足にも負担がかかりやすいです。ヒールが太いことで衝撃を吸収する範囲も広くなり、足への負担も小さくなります。ゴム底でヒールが太いというだけでも、歩きやすさや疲れづらさは違うため、これらの特徴を持つパンプスを探してみましょう。

歩き方を見直す

疲れやすいときには靴を見直すことも大切ですが、歩き方そのものも見直さなければなりません。パンプスは普段から履き慣れていないと歩き方がおかしくなってしまうことも多く、不自然な歩き方で負担がかかり疲れやすくなってしまう場合もあります。

特にストラップなしのパンプスの場合、脱げないように慎重に歩かなければならないため、不自然になりやすいです。歩き方は見落としがちな点ですが実は重要なポイントであるため、何度も見直して、体に負担のかからないフォームを見つけることが大切です。

就活用ならストラップなしのパンプスが無難


ストラップ付きのパンプスは歩きやすく、機能面でも優れていますが、カジュアルに見えてしまう可能性があることは理解しておきましょう。シンプルなデザインなら気にしないという企業も増えていますが、ストラップ付きのパンプスにカジュアルな印象を持つ面接官もいます。

ストラップなしなら、フォーマルな印象を与えられるため、印象が悪くなることはありません。また、靴の選び方や歩き方次第で、ストラップなしでも疲れないように歩くことは可能です。少しの工夫でストラップがないデメリットは改善できるため、細部までこだわって身だしなみを整えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ