インターン

インターンシップ説明会には参加すべき?当日の服装や注意点もご紹介

インターンシップ説明会とは

null

就活に関係するイベントは数多く存在し、インターンシップ説明会もその中のひとつです。インターンシップ説明会とは、その名の通りインターンシップの情報を説明するものであり、企業説明会のインターンバージョンと考えましょう。企業説明会と同様に、インターンシップの説明会をおこなう企業は増えており、インターンシップへの参加率自体も年々増加傾向にあります。

就活を攻略するにはインターンシップへの参加は必須とも言えるため、少しでもスムーズに参加し、選考に役立てるには説明会を上手に活用することが大切です。説明会に参加することでどのようなメリットがあるのか、参加時のポイントも含めて知り、就活に役立てましょう。

インターンシップ説明会に参加する意味

インターンシップ説明会に参加する意味

インターンシップ説明会は、インターンシップと同様に参加は必須ではありません。説明会に参加してないからといって、選考で不利になることはまずなく、インターンシップへの応募も問題なくできる場合も多いです。そのため、わざわざ説明会に参加せずともいいと考える人も多いでしょう。確かに説明会への参加は必須ではありませんが、参加する意味は十分にあります。どのような意味があるのかを知り、インターンシップ説明会への基本的な理解を深めましょう。

業界・企業研究に役立つ

説明会ではインターンシップの実施内容はもちろん、業界や企業の情報についても簡単に言及されることが多いです。いわば業界・企業研究の場になるとも言えるため、就活の準備段階なら参加するメリットは十分にあります。就活を攻略するには、業界・企業への理解は必須ですが、企業説明会がおこなわれるのは、就活情報が解禁した後です。

本来ならそこまで待たないと得られない情報がインターンシップ説明会では先行して得られる可能性があるため、価値は非常に高いです。加えて業界や企業の情報を得られることで、インターン先企業への理解も深められます。正しい認識を持った上で参加企業を選定できるため、インターンシップへの参加もよりスムーズになるでしょう。

志望動機の作成に役立つ

インターンシップの選考でも、実際の就活と同様に志望動機について問われます。その志望動機を考える際にも、説明会で得られる情報は貴重なのです。

志望動機の主軸になるのは「なぜその企業を選んだのか」であり、それは志望した企業の事業内容やインターンシップの内容などを踏まえて考えるべき内容といえます。これらの情報は、企業のホームページやインターンシップの募集ページなどにも書いてありますが、それだけでは足りない情報もあるでしょう。

それらの足りない点を補った説明をして貰えたり、こちらから質問できたりする説明会という機会は、情報収集においては非常に重要なのです。この説明会の内容を踏まえて、どの企業のインターンシップに応募するのか、そして志望動機の内容をどうするかを考えていきましょう。

自己PRの作成に役立つ

インターンシップの説明会では、主に事業内容やインターンシップでおこなう内容についての説明がされます。それに伴い、企業側から「我々は○○な人材を求めています」「○○に興味がある方はぜひ○○社へ」といった直接的、あるいは間接的なメッセージが発せられることもあります。

これらのメッセージをキャッチできるかどうかで、インターンシップやその後の就活での合否が大きく変わるかも知れません。例えば、企業側が「チャレンジ精神が旺盛で挑戦心に溢れる人」を求めているのに対して、自己PRで「真面目に堅実に、地に足のついた考え方ができる」などとアピールしてしまっては、企業への理解が足りないと判断されるでしょう。

企業が求める人材として、必要とされる能力や人物像がどのようなものなのか、それをきちんと把握した上で自己PRを作成しましょう。

意欲の高さをアピールできる

インターンシップ説明会への参加は必須ではないため、出席することで意欲の高さをアピールできます。説明会に積極的に取り組むことで、企業への志望度の高さも伝えることができ、就活で有利になる可能性もあります。仮に評価がプラスにならなくても、採用担当者の記憶に残ることで、得られるメリットは多いです。

参加必須ではないからこそ参加する意味があり、自身をアピールできる場のひとつであると考えましょう。もちろん、本来の目的はあくまで説明会のため、過剰なアピールは禁物です。自己アピールばかりを考えていると、かえってマイナスの印象を与えてしまう可能性もあるため、注意しなければなりません。意欲の高さは真面目に参加するだけでアピールできるため、自身から無理に働きかける必要はありません。

インターン参加に有利になる場合も

説明会に参加することで採用担当者の印象に残りやすいことから、インターンシップ参加で有利になる場合もあります。インターンシップは希望者全員が参加できるわけではなく、選考をおこない合格した人のみ参加が可能です。どれだけ志望度が高くても、選考で合格しないとインターンシップには参加できないため、事前に少しでも評価を高めることは大切です。

説明会への参加が必ずしも選考でプラスになるとは限りませんが、悪印象を与えていないなら、マイナスの印象を与えることはありません。悪くて評価変動なし、良くてプラスになるため、志望度の高い企業なら積極的に参加したほうがいいでしょう。インターンシップのチャンスを逃さないためにも、説明会への参加は大切です。

インターンシップ説明会の特徴

null

インターンシップ説明会を上手に活用するには、どのような特徴を持っているかを知ることも大切です。説明会の特徴を知ることで、よりスムーズに参加することができ、イベントを活用しやすくなるでしょう。基本的な理解を深め、特徴を踏まえた上でどのように活用するか考えることが、就活を攻略する秘訣です。インターンシップ説明会は、合同と個別の2つに分けられ、それぞれで得られるメリットが異なります。合同は複数社、個別は1社のみの説明会です。

合同

インターンシップに参加する意欲はあるものの、応募先が明確に決まっていないなら合同説明会がおすすめです。合同説明会の場合、同時に複数社の情報が得られるため、選択肢を広げやすく、興味のある企業が見つけられる可能性も高いでしょう。会場によって形式は異なりますが、基本的には各企業がブースに分かれて説明会をおこなうことが多いです。

屋外の場合は、ちらっと見て興味がなさそうなら別のブースに移ることもできるため、短時間で幅広い情報を収集しやすいでしょう。気に入った企業を見つけたなら、集中してその企業の説明を聞いても問題ありません。合同説明会は、いわば選択肢を広げ、応募先を見つけることが目的のため、見つかったなら今度は一点集中で情報を集めることが大切です。

個別

応募先が明確に決まっているなら、個別の説明会がおすすめです。合同説明会は一度に複数社の情報を得られますが、反面1社あたりの情報量が少ないことがデメリットです。対して個別説明会の場合、情報の範囲は1社に限定されるものの、より詳細な説明を受けられ、多くの情報が手に入ります。

応募先が決まっているなら、インターン選考に向けて情報を集めることが大切なため、より詳細な情報が手に入る個別に絞って参加したほうが、メリットは大きいでしょう。もちろん、すべての企業が個別で説明会をおこなっているとは限りません。場合によっては合同でしかおこなっていないこともあるため、その場合は合同説明会への参加も視野に入れましょう。

インターンシップ説明会の服装

null

インターンシップ説明会に参加する際には、どのような服装で臨むべきか気になる人も多いでしょう。インターンシップは基本的には就活が本格的に解禁する前におこなわれます。そのため、私服で参加しても良いのか、それとも就活に合わせてスーツにすべきか悩んでしまうことは多いです。説明会の時点から採用担当者は学生を良くチェックしているため、服装にもこだわって参加することが大切です。インターンシップ説明会にふさわしい服装を知り、身だしなみも意識して参加しましょう。

基本はスーツ

本格的に就活は始まっていないとはいえ、インターンシップ説明会も就活の一環です。そのため、スーツでの参加が基本であり、特別な指定がない限りはすべてスーツを着るのが無難でしょう。会場や企業によって服装の指定は異なり、案内に服装の指定が書いていない場合もあります。スーツと指定されているなら、当然スーツでの参加ですが、服装の指定が書かれていない場合も、スーツで参加するのが基本です。

スーツばかりの中で私服を着ていると悪目立ちしてしまい、採用担当者に悪印象を与えてしまう可能性もあるため、注意しなければなりません。また、仮に私服の人が多く、スーツ姿が浮いているように感じる場合でも、スーツで印象が悪くなることはないでしょう。スーツがもっとも無難のため、迷った時はスーツと考えても問題ありません。

私服可も多い

インターンシップ説明会は就活の一環ですが、まだ本格的に始まっているわけではありません。そのため、私服可とする会場や企業も多いです。私服可となっている場合は、私服で参加しても問題ありませんが、完全私服のラフな格好はNGです。就活における私服とは、オフィスカジュアルのことであり、ある程度はフォーマルさを意識しなければなりません。

また、「私服可」は私服でもOKという意味のため、悩むならスーツでもOKです。ただし「私服でお越しください」と指定されている場合は、企業側が学生の私服を見て個性を判断したいと考えている場合も多いため、できるだけ私服が望ましいです。それ以外の場合なら、私服可でもスーツで問題ないことは覚えておきましょう。

業界・企業に合わせよう

インターンシップ説明会の服装は場合によって異なることが多く、スーツ指定から私服可、私服指定、指定なしまで幅広くあります。基本的にはスーツを選び、指定がある場合は文言のニュアンスに合わせて服を考えることが大切ですが、それだけではなく業界や企業に注目しましょう。業界や企業によって服装に対しての考えは違い、仮に「私服可」としていても、その範囲は異なります。

例えば金融系の場合は、身だしなみには厳しくフォーマルさが求められるため、私服可でもスーツで参加したほうが無難です。私服を着る場合は、オフィスカジュアルでもかなりフォーマルさを意識しなければなりません。対してアパレルや美容系の場合、私服可ならある程度カジュアルでもOKです。業界や企業によって服装を変え、その場に適した服装は何か考えることが大切です。

インターンシップ説明会に参加する際の注意点

null

インターンシップ説明気に参加する際には、いくつか注意点もあります。注意点が守れていないと、メリットを最大限に得られないどころか、マイナスに働く危険性もあります。参加が必須ではないイベントでミスをし、マイナスの要素を抱えてしまうのはもったいないです。注意点を正しく理解し、マイナスの要素を上手に切り離してインターンシップ説明会に参加しましょう。

参加企業をチェック

インターンシップ説明会に参加する際は、参加企業のチェックが必須です。特に合同の場合は参加企業の一覧に目を通すことが大切です。一覧をチェックした段階で少しでも興味が持てない場合は参加を見送ることも考えましょう。合同説明会は選択肢を広げやすいですが、あくまで可能性が広がるだけで、必ずしも応募企業が見つかるとは限りません。

合同説明会は業界や業種でコンセプトを限定して企業を招集しているケースも多いため、完全に興味のないものだと参加しても時間を持て余す可能性が多いです。企業の詳細は分からなくても、ある程度社名を知っている、あるいは業界や業種に興味を持ってることが大切です。参加企業の特徴は必ず確認して、少しでも興味が持てるものに参加しましょう。

事前研究は必要

インターンシップ説明会に参加することで業界や企業への理解を深めることができますが、事前研究をしていないと情報を理解できない可能性があります。業界・企業への予備知識がないと優れた情報が提示されても理解できず、就活に活かせない危険性があるため、注意しなければなりません。

事前にある程度知識をつけておくことで、業界や企業への理解をスムーズに深めることができ、インターン先企業の選定にも役立てられます。インターンシップ説明会で得られる情報は基本的なものが多いため、多少なりとも事前研究をしていると役立ちます。少しの工夫で理解度は格段に違ってくるため、可能な限りの情報収集はしておきましょう。

質問内容には注意

インターンシップ説明会では質問タイムが設けられていることが多く、ここがより有益な情報を得て、かつ自身をアピールするチャンスの場です。しかし、質問内容によっては悪目立ちして終わる可能性もあるため、細心の注意を払わなければなりません。基本的にインターンシップの内容に関することや、業界、企業についての質問なら問題はないでしょう。

NGなのはインターンシップ参加や就職の待遇など、条件面を深堀りする質問です。インターンシップ参加前から各種条件を気にしていると、条件さえいいなら他の企業でもいいと考えているのではないかと思われます。志望度が低いと思われかねないため、質問をするなら待遇や条件に焦点を当てるのは控えましょう。

インターンの説明会でするべき質問

①企業の雰囲気や業務に関する質問
・社内の雰囲気や社風はどのようなものだと感じられますか
・他部署同士の交流はどれくらいありますか
・○○の仕事に特に必要とされる能力は何だとお考えですか
②「先輩」である社員に対する質問
・仕事にやりがいを感じる瞬間はどんなときですか
・御社に志望した決め手は何でしたか
・仕事上での今の目標を教えてください

インターンシップの説明会で、質問をすることは意欲の表れでもあります。中には、ここで印象を残そうとひねった質問をする学生もいるようですが、ひねりすぎた質問はかえって悪目立ちします。「ここでそれを聞いてどうするの?」「面倒なこと聞くなぁ」などと思われかねないのです。純粋に自分が知りたいこと、聞いておきたいことを質問するようにしましょう。

インターンシップ説明会に積極的に参加しよう

null

インターンシップに参加することで得られるものは多く、選考を有利に進められるケースも少なくありません。場合によってはインターンシップの段階で内定が決まることもあるため、積極的に参加することがおすすめです。インターン先の企業の選定では悩むことも多いですが、説明会を利用することで選択肢をスムーズに絞り込むことができます。

インターンシップは本番はもちろん、説明会に参加するだけでも十分なメリットがあるでしょう。上手に活用することで、インターンシップへの参加や本選考を有利に進められる可能性もあります。インターンシップ説明会の魅力を把握し、積極的に参加して就活をより有利に進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ