身だしなみ

インターンに参加する際の髪色とは|茶髪レベルから黒への染め方を紹介

インターンにふさわしい髪色を知っておこう

就職活動では、業界研究や面接対策、SPIの勉強はもちろん大切ですが、服装や髪型などの見た目もとても重要です。中でも悩みどころは髪色でしょう。服装ならば出かける前にリクルートスーツを着て就職活動用の靴を履き、鞄を持ち替えれば良いですが、髪色は就職活動の時だけ変えることはできません。

就職活動の時期になると大学内で一気に黒髪が増えますが、企業と接触する機会に好印象を持ってもらうために一番無難なのはやはり黒髪です。それは就職活動解禁前のインターンシップでも同じです。この記事では、そんなインターンシップの場での髪色について詳しく紹介していきます。

基本的なマナーができていると印象がよくなる

インターンに行く場合、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。マナーは挨拶や態度だけでなく、到着時間や荷物の取り扱いなど細かいところでも求められます。他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。

そこでおすすめなのが「就活マナーマニュアル」です。こちらでは、就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。

インターンに参加する際は黒髪の方が印象がいい理由

なぜ黒髪だと印象が良いのかというと、就職活動に真面目な姿勢で臨んでいるかが伝わってくるからです。おしゃれに染めた髪色でインターンシップに参加している人よりも、状況にふさわしい髪色で印象に気を配った人の方が就職活動に対する真剣さが伝わります。

社会人になれば、お客様や同僚にどう思われるかを考えて行動しなければなりません。インターンシップに参加するときに身だしなみを整えることも、相手の立場に立って考えるということの一つです。将来必ず必要とされる考え方が自然とできていると当然良い印象を持ってもらえます。

学生らしさを感じられるから

黒髪は単に「真面目」「清潔」という印象を与えるだけではなく、「学生らしさ」を感じられることもポイントの一つです。日本企業の多くは新卒一括採用を主たる採用活動として実施しており、新入社員は一斉に入社し、数年間の研修を経て一人前になっていくという特徴があります。そのため企業側が新卒社員に求めるものは、専門性ではなく「フレッシュさ」「素直さ」「何事も受け入れ手成長していこうという前向きさ」などです。

必ずとは言えませんが、茶髪よりも黒髪のほうがフレッシュな新人になってくれそうな「学生らしさ」を感じることができます。また、就職活動に対する姿勢という面でも、身だしなみを整え、社会人になるための場に参加する自覚を持っていることを伝えることができます。

茶色の髪だと遊び感覚で参加していると感じられてしまう

反対になぜ茶色の髪の印象がよくないかというと、就職活動の一環であるインターンシップという場におしゃれをしてきていると感じられてしまうからです。おしゃれをすることはもちろん悪いことではありません。しかし、仕事の一つの側面は「誰か」の役に立つということです。

「誰か」の役に立つための仕事に就くことを目的とする就職活動で、「自分」が楽しむものであるおしゃれをしていたら、「真剣さに欠ける」「遊び感覚で参加している」という印象を持たれてしまっても文句は言えません。自分が社会人になった時に必要とされる考え方はどのようなものかを意識して、自分の目線だけでなく、他人からどう見られているかという点も気にかけましょう。

インターン先の業界によっても髪色は異なる

インターン生に求められる髪色は、その業界や職業柄などによっても異なります。もちろん全ての人が同じ基準という訳ではなく、社員がOKだとしてもインターン生はNGであることも多いますので一概には言えませんが、参考にしてみて下さい。

銀行や医療業界の場合は黒が無難

金融関係や医療系の場合、お客様と対面することも多いので、特に営業職や接客が多い場合は見た目に求められるものが大きくなります。皆さんも銀行や病院などに行った時は、黒髪でお堅いイメージの人が対応してくれることが多いと思います。

顧客から見たイメージが大切な職業なので、真面目で不快感を与えない身なりをしていた方が相手に信頼感を与えることができます。特に医療系や大手企業などは、髪形や服装に厳しいところも多く、黒髪でなくてはならないという職場も多いので気を付けましょう。

アパレルやIT業界の場合は髪色に寛容

一方で、アパレル業界などはファッションのこだわりだったり、トレンドをキャッチする力など、他の業界と求められるものが全く違います。アパレル業界では社員そのもののファッションセンスが大事ですので、髪色に関してもあまり規定がなく、自由度が高いところが多くあります。

IT業界に関しても、接客対応というよりは、エンジニアやデザイナーなど、技術力や開発力が問われる職場です。IT系の会社では、主に社内で業務することが多いので、カジュアルな恰好で出勤しても良い、TシャツやGパンでもOKなど、割とラフなスタイルのところも多いようです。

また、IT業界などは比較的新しい企業が多く、昔とは違って、社員の個性などを尊重してくれる傾向が強いです。しかし、私服OKだからと言って、どんな格好でも良いというわけではありません。自由な環境でありつつも、ある程度の社会人としての常識を持った身なりが大事です。特にインターン生には真面目な姿勢が求められています。IT企業だから髪形は気にしなくて良いということはないので気を付けましょう。

迷う場合は企業の雰囲気や社員に合わせる

企業側が黒髪指定ではない場合、特に短期インターンなどではその為に黒髪に戻すべきか、それとも割り切ってそのまま行ってしまうのか迷うところです。迷った場合は、インターン先の企業の社風や、実際に働いている社員の髪色がどうかなどを見て判断しましょう。

インターンでは、学生が就業体験をする場なので、その企業の一員としての認識が必要です。例え「髪色自由」と言われても、その言葉のままに捉えずに、周りの雰囲気や社風、企業の意図を考慮することが大切です。

インターンの髪色は男女でも異なる

業界や職種だけではなく、男性と女性で髪形に関する基準や求められるものが異なる場合もあります。男性は黒髪必須である場合が多いのですが、女性は極端な髪色や金髪以外は、茶髪でもOKであるところも多いです。

女性の方が自由で恵まれていると思うかも知れませんが、女性の場合、職種によって髪の長さが決まっていたり、食品関係だと結ぶのが必須であることも多いので、男性より規定が多い場合もあります。業界や仕事内容によっても異なりますし、男女の違い、そこで働く人の様子など、様々な要因で髪形も変わってきます。その職場にふさわしい身なりを意識していきましょう。

就活中の男性は黒が鉄板

インターンでの男性の髪色は「黒」が基本です。例え女性が茶髪OKであってもです。現在染めているという人は、例え暗めの茶髪であっても黒色に染め直しましょう。

また、染めていなくても地毛が明るいという人もいます。その場合も、企業側は染めているのか地毛が明るいのか区別がつかないので、誤解されないためにも黒にしていくと無難かも知れません。特に銀行・公務員など頭髪の色に厳しい業界では、黒く染めていったほうが良い場合もあります。

インターンシップで適切な髪色のレベル

染色による髪色の程度を「カラーチャート」というものを用いて見てみましょう。カラーチャートとは4~15までの数字が髪の色を現したもので、数字が小さいほど暗い色を、数字が大きいほど明るい色を指します。中には髪色に寛容な業界や企業もありますが、「この業界は茶色の髪色でも絶対に大丈夫」という明確な基準ははなく、あくまで傾向です。

自分の志望する企業ではどんな性別、年齢層、社会的立場の人をターゲットとし、もし入社することができたらどんな人と接することになるのかを想定して、ふさわしい髪色を判断しましょう。

レベル5~7の印象

レベル5~7は一般的に思い浮かべる「茶髪」よりも暗い髪色です。日本人の平均的な黒髪はレベル4~5と言われていますので、レベル5~7は、地毛またはかなり暗めのカラーリングをした状態です。接する相手に「落ち着いている」「自然体」「誠実」などの印象を与える髪色ですので、男女問わず幅広い世代で好感を持たれます。

多くの人と接する機会があるB to Cの業界でサービスを行いたいという人はレベル5~7の髪色を意識しましょう。「インターンシップに参加するには髪色が明るすぎる」という場合のカラーリングの基準にするとよいでしょう。

レベル8~10の印象

レベル8~10は少し暗めの茶色からいわゆる「茶髪」までの幅の髪色です。「おしゃれ」「明るい」「活発そう」というプラスのイメージを持たれる一方、人によっては「不真面目そう」というマイナスイメージを持たれてしまうこともあります。

マイナスイメージを持たれてしまうということは、インターンシップに参加する時には絶対にNGな髪色と思われるかもしれません。しかし、おしゃれをすることが仕事と直結する業界や、一部のB to B企業などはこのレベルの髪色でも問題なく受け入れてもらえる場合があります。

ただし、例えば業種としては同じメーカーに分類されていたとしても、企業が製造する製品によって接する相手が全く異なり、求められる印象に差がある場合もあるでしょう。そのため、業種だけで判断するのは注意が必要です。

インターン前に髪色を変えるなら1週間前がベスト

インターンの選考に参加することになり、今の髪色では派手すぎると感じた際には、開催日の1週間前ぐらいに染め直すようにしましょう。開催日直前では、染料が髪の毛に馴染んでおらず、違和感のある髪色になってしまいます。また、あまりにも前過ぎてしまうと、染めた部分と染めていない部分がはっきりとわかってしまいますので、清潔感のないヘアースタイルになってしまうでしょう。

1週間前であれば、ナチュラルな髪色になる可能性が高く、相手に悪い印象を与えることはありません。髪の毛を明るくするにせよ、黒に戻すにせよ、1週間前を念頭に染めてください。インターンに参加できるのは大変貴重な機会ですので、不潔な髪色は避けるようにしましょう。

美容室で染めてもらう

黒染めと聞いて多くの人がまず思い浮かべるのは「ヘアカラー」です。ヘアカラーの一番のメリットは、なんといっても持ちの良さです。一度美容院でヘアカラーを行えば2~3か月はカラーを維持することができます。自宅で染められるキットも販売されていますが、安全性と仕上がりを考慮すると、やはり美容院でプロの手に任せるのが無難で安心です。

すると一回6,000~7,000円はかかってしまいます。また、色持ちの良さはメリットである反面、2~3か月は黒髪でいなければならないというデメリットでもあります。就職活動中とはいえ、四六時中就職活動をしているわけではないため、おしゃれを優先させたいときには少々残念な気分になってしまうでしょう。

以上のメリット・デメリットから、ヘアカラーは「一度染めたらしばらくは黒髪で構わない」という人や、1か月以上の長期のインターンシップに参加する場合に適した黒染めの方法であると言えます。

ヘアマニキュアを使う

ヘアカラーよりも手軽に黒染めができるのが「ヘアマニキュア」です。ヘアマニキュアのメリットは、髪にダメージを与えないという点です。ヘアカラーが髪のメラニン色素を脱色した上で染色を行うのに対し、ヘアマニキュアは髪の内部には作用せず、表層のみを染色するため、髪にダメージを与えずに染めることができます。

一方のデメリットは、染色部分が髪の表層であるため、色持ちは1~2週間とヘアカラーと比較すると短いという点です。しかしダメージが少ないため、手間はかかるもののすぐに元の色に染め直すことも可能です。ヘアマニキュアは、「髪にダメージを与えたくない」という人や、2週間程度の中期のインターンシップに参加する場合、選考を受ける会社数が少ないという人に適しています。

髪色だけでなく髪形にも気を配ろう

インターンに参加する際、髪色だけではなくヘアースタイルにも気を配りましょう。まず心がけることは、清潔感です。不潔な印象を与えてしまう髪型は避けてください。明るい印象を与えることができれば、企業からマイナスの評価になることはありません。

また、髪飾りも派手すぎるアイテムは避けてください。プライベートではオシャレなアイテムを使用していたとしても、インターンではシンプルな色合いなどのアクセサリーにしましょう。

清潔感のある髪形を心掛ける

清潔感を演出するためには、目にかからない程度の前髪の長さがベターです。前髪を切りたくない場合は、横に分けておでこや眉毛が見えるようにすると不潔な印象はありません。全体的に髪の毛が長い人は、ポニーテールかハーフアップがおすすめです。結ぶ位置に注意しながら、基本的にはアップスタイルにしてください。また、ショートヘアである場合、耳を出すなどして明るい印象を与えるようにしましょう。

髪型によっては、輪郭が隠れてしまい、重い印象があります。髪質によっては、前髪を分けるなどすれば、ぐっと大人っぽさがアップします。顔に髪がかからないようにし、耳と眉毛が見えるようにすれば、清潔感と明るい印象をアピールすることができます。

派手な髪飾りは避ける

髪飾りはつけない方が望ましいです。ヘアアクセサリーいらずで髪の毛を整えることができる人は、極力つけないようにしましょう。とはいえ、髪の毛が長い人であれば、まとめる時にヘアアクセサリーが必要です。その際は、派手すぎるデザインは避けてください。サイズも大きめなものは悪目立ちするだけになってしまいます。シンプルなデザインで小さなサイズのヘアアクセサリーにしましょう。

デザインや大きさだけではなく、色も重要です。髪色に合わせて、黒・茶色・紺などのダーク系を選んでください。カラフルなヘアアクセサリーは、髪の毛につけると色がとても目立ちますので、ベーシックなカラーがベターです。ビジネスシーンを意識して、アイテムを探しましょう。

髪色はインターン生の業界や社風に合わせて考えよう!

ここまでインターンシップに参加する際の髪の色について解説してきましたが、採用担当者をはじめ企業側に確実に好印象を与えたいならば、基本的には茶色の髪はNGと考えましょう。常に良い学生と出会いたいと願っている採用担当者の多くは、たとえインターンシップや説明会で何十人も学生がいる中でも、好印象を持った学生の名前をチェックしています。

採用担当者の目に止まれば、その後の選考で甲乙つけがたい場面になった時、インターンシップの際に好印象だったという話を持ち出してくれるかもしれません。たかが髪の色と思わずに、相手に与える印象をコントロールすることは社会生活にも必要なスキルであることを意識しましょう。インターンに参加する場合は、ぜひ企業側から良い印象を持たれる髪色で自身を持って参加するようにしてみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ