就活その他

【就活の顔写真を撮る方法】好印象を与えるコツや撮影の注意点を解説

就活の証明写真は顔映りが重要

null

就活では履歴書やエントリーシートなどの応募書類が必須であり、これらには証明写真を貼らなければなりません。職種によっては全身写真を求められることもありますが、基本は顔写真です。そもそも顔写真が求められることには理由があり、選考での評価の対象にもなるため注意が必要です。

証明写真の顔映りが悪いと評価も下がってしまいやすく、選考でも不利になりかねません。就活を成功させるには何事も細かいところまでこだわって取り組むことが大切であり、証明写真もそのひとつといえます。顔映りのいい証明写真を貼りつけるだけでも、第一印象は違ってきます。顔写真が選考にどのような影響を与えるのかを知り、証明写真が重要視される理由を理解していきましょう。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか診断してみましょう。

就活の応募書類で顔写真が求められる理由

証明写真の重要性を理解するには、そもそもなぜ就活の応募書類で顔写真を貼りつけなければならないのか、その理由を知ることが大切です。ひとくちに応募書類といっても、履歴書やエントリーシートなど複数の種類があり、詳細な書き方は企業によって違います。応募書類は企業からの指定を守って作成しなければなりませんが、顔写真の貼りつけが必要な点はほとんどの場合で共通しています。どの業界、企業でも顔写真を求める理由は何か、企業がチェックするポイントから考えていきましょう。

本人確認のため

応募書類で顔写真が求められるのは、選考時に本人確認をするためです。選考のステップは書類選考から面接へと進むことが多く、面接は応募書類を参考にしながらおこなわれます。面接では手元にある資料と目の前の人が本当に一致しているかを確認しなければならず、そのためにも顔写真は必要です。

顔写真がないと、最悪の場合は替え玉で面接を受けていると疑いをかけられることもあり、トラブルにもなりかねません。応募書類の顔写真は、選考をスムーズに進める上で必要なことと覚えておきましょう。

印象をチェックするため

応募書類の顔写真で印象をチェックし、評価の参考にするということも、証明写真が必要である理由のひとつです。評価を決める上で第一印象は非常に重要であり、最初についた印象はほとんど覆ることがありません。書類選考でスムーズにふるいにかけるためにも、顔写真で第一印象をチェックする企業は多いです。

証明写真の段階で印象が悪いと感じた場合、下手をするとその時点で不合格になるため注意しなければなりません。書類選考の時点では応募数が多いため、合格者を出すというよりは、足切りの側面が強いといえます。ぱっと見た時の印象で、応募書類を読むかどうかを決められていることもあります。そのため、読んでもらえるよう最低限の好印象は与えなければなりません。

就活に必要な顔写真を撮る方法

null

就活で証明写真は必須であり、応募書類ごとに必要になるため、多くの枚数を用意しなければなりません。顔写真を撮る方法には実は複数の種類があり、それぞれでメリット・デメリットが異なります。方法を使い分けることも、印象のいい証明写真を撮影するポイントのひとつです。自分に合った方法をみつけておくと、追加で必要になった場合も困りづらいでしょう。就活用で使える顔写真の撮り方とそれぞれの特徴を把握することが、応募書類をスムーズに作成する秘訣といえます。

スピード写真

証明写真の撮影で一般的なのはスピード写真であり、写真機さえ見つければ素早く撮影できるのが魅力です。1回数百円程度と安く、複数枚手に入るのも特徴で、すぐに証明写真が必要なときに利用する人も多いでしょう。最近ではスピード写真も機種が増え、美肌補正がついたものもあり、好印象な顔写真も撮りやすくなっています。

また、写真のデータ化もできるため、満足のいく写真が撮れたなら、以降は焼き増しして撮影の手間を省くことも可能です。利便性、金銭面ともにバランスが取れていておすすめの方法ですが、自身で撮影しなければならないため、上手に取るにはテクニックが必要です。撮影時の髪型や服装のセット、座る位置や角度など、自分で決めて取らなければなりません。

写真館で撮影

就活で使用する証明写真は、写真館でも撮影が可能です。写真館だとプロの手ですべてをセッティングしてもらえるため、納得のいく1枚が撮影しやすいでしょう。就活用と伝えておくと、後はそれに合わせて印象を変えてもらえるため、信頼度は抜群に高いです。店舗によってはデータ化した写真をもらえる場合もあるため、焼き増しやデータでの応募書類の提出にも対応できます。

デメリットは手間がかかりやすいことと、価格の高さにあります。写真館だと店舗を探すところから始まり、営業時間内でないと撮影はできず、忙しいシーズンだと予約が必要な場合も多いです。価格は全方法の中でもっとも高く、初回撮影で、後は焼き増しのみでもお金がかかりやすいことは覚えておきましょう。

スマホ撮影も可能

就活で使用する顔写真は、実はスマホでも撮影が可能です。スマホ撮影のメリットは写真入手の手軽さであり、環境さえ整っているなら自宅でも撮影が可能です。加えて何度でも撮り直せるため、納得のいく写真を撮りやすいこともメリットでしょう。手間もお金もかからないため、メリットは大きいですが、反面使用できるシーンが限られることや、写真自体の質が悪くなりやすいことがデメリットです。

スマホで撮影する場合、基本的に使用できるのは応募書類をデータで提出する場合です。印刷して履歴書に貼りつけることはできないため、紙媒体での提出を求められているなら、他の方法で撮影しなければなりません。また、スマホは性能が低く画質がよくないため、印象が悪くなりやすい点もデメリットでしょう。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか診断してみましょう。

就活の顔写真を印象よく撮るコツ

null

顔写真をもっとも印象よく撮るのはプロにお任せする写真館ですが、費用の高さをネックに感じる人は多いでしょう。就活では他にもお金が必要なシーンが多いため、証明写真ばかりにコストを割くことは難しいです。そのため、写真の質や金銭的にバランスが取れたスピード写真を利用する人が多いです。しかし、スピード写真で撮影するなら、撮り方を工夫する必要があります。きちんとポイントを押さえて撮影することで、スピード写真でも好印象の顔写真を撮ることはできます。

身だしなみを整える

顔写真を撮る際は顔の印象ばかりに注目しがちですが、実は身だしなみもみられているため注意しなければなりません。髪型や髪色、眉毛、ヒゲ、服装などは細かくみられていると考え、選考同様にきちんとセットしてから撮影しましょう。髪色は黒が基本で、髪型は顔のパーツがすべてみえるよう、すっきりとした長さ、セットを心がけることが大切です。

眉毛は切り過ぎない、剃り過ぎないようにしましょう。服装にも注意が必要で、スーツ着用はもちろんのこと、シャツやネクタイなど細かいポイントも乱れないよう整えなければなりません。身だしなみがきちんと整っていないと、どれだけ撮り方を工夫しても好印象にはならないため注意が必要です。

あごを引きすぎない

あごの引き具合は重要なポイントで、好印象を与えるにはあごを少し引くことが大切です。しかし、引きすぎると不自然な印象になるため注意しなければなりません。あごを引きすぎると、目線が下がり睨みつけているような印象を与えてしまいます。目つきが悪くなりやすく、マイナスの印象も与えやすいため注意が必要です。

また、あごを引きすぎないよう意識して、あごが上がってしまうとこれも印象がよくありません。あごは引きすぎないよう注意し、あごを引くよりもおでこを出すイメージを持って、顔の角度を整えましょう。

口角を少しだけ上げる

好印象を与えるには表情も重要です。口角を少しだけ上げることを心がけましょう。ここで大切なのは、あくまで少し上げるだけであり、完全に笑顔になるのはNGです。証明写真は公的な書類に使用するものであり、基本的には表情を崩したものは使用できません。笑顔が好印象になるのは確かですが、応募書類に使うものとしては不適切といえます。

また、無表情を意識すると顔が引きつったり、緊張で堅くなって怖い印象を与えたりします。表情が硬いと暗い印象も与えやすく、イメージがよくありません。口はきゅっと結んだままほんの少しだけ口角を上げることを意識して、柔らかい表情作りを心がけましょう。

撮影前の確認ポイント

就活の証明写真を撮影するときは、撮影前に見た目の最終チェックをしましょう。せっかく上手に表情をつくれていても、服装や髪型などが乱れていてはもったいないです。履歴書やエントリーシートの顔写真をみて第一印象を判断する採用担当者もいます。印象のよい写真を撮るために、撮影前に見た目をしっかり整えましょう。

撮影前に確認するべきポイントを紹介します。スピード写真で撮影をする人は自分でチェックしなければならないため、よく確認しておきましょう。

服装

証明写真に適した服装か、服装に乱れがないかをチェックをしましょう。服装は黒や紺のスーツで、白いシャツやブラウスを着用します。

着こなし方は、まず襟元を確認します。襟元がヨレていると顔の印象も悪くなってしまうためです。男性の場合は、派手すぎないネクタイを着用しましょう。正しい結び方で、歪み無く結べているかも確認します。女性はネックレスなどのアクセサリー類は外して撮影しましょう。

ジャケットやシャツにシワがあっても写真だからばれないだろうと考える人もいます。しかし証明写真では上半身の一部は写ってしまうため、だらしない服装は面接官に伝わってしまう可能性があります。マイナスな印象にならないよう、撮影前に服装の最終チェックをおこないましょう。

髪型

髪型も撮影前に確認しましょう。家を出るときにしっかりとセットしていても、移動中に乱れてしまっていることがあります。乱れてしまっているときは、再度整え直さなければなりません。

特に前髪やサイドの髪に注意しましょう。前髪は目にかからないように、サイドの髪は顔にかからないようにしなければなりません。顔の見えづらい証明写真は、面接官に暗い人という印象を与えてしまいます。そのため、撮影中に髪が垂れてこないようにしっかりとセットしておくことが大切です。

男性はワックスを使用してセットすると、撮影中でも髪が乱れにくいです。またワックスでツヤや束感を出した方が、清潔感も演出できます。つけすぎに注意して活用しましょう。

女性のみ:メイク

女性はナチュラルで健康的なメイクができているかを最終チェックしましょう。普段派手めなメイクを好んでいる人は、どうしても濃くなってしまいがちです。逆に普段あまりメイクをしない人は、メイクが薄くなりすぎないように注意しましょう。写真の撮影では顔に光があたるため、メイクが薄すぎると冴えない印象になってしまいます。

目元は強調しすぎないために、太いアイラインやラメの強いアイシャドウの使用を控えましょう。また、チークはつけすぎると幼い印象になってしまうため、笑ったときにほほが高くなる部分に、ふわっと色を入れる程度に仕上げるとよいです。眉は、ブラウンで描くとフレッシュな印象に仕上がります。リップは健康的で似合う色を選びましましょう。黄みがかったお肌の方には、コーラル系の色が、ピンク味がかっているお肌の方には、ローズ系の色が似合います。

最初はメイクの加減が難しく感じる人もいるでしょう。慣れない人は練習をして、健康的なナチュラルメイクをマスターしましょう。

盛りすぎないように注意

最近では、撮影した写真をスマートフォンのアプリで加工できるサービスも出てきています。しかし、就活の証明写真を加工で盛りすぎるのは注意が必要です。

そもそも証明写真は、本人であることを証明するための写真です。盛りすぎて誰だか分からなくなると、証明写真の意味がなくなってしまいます。また、面接が終わった後に面接官が評価をするとき、履歴書の写真と実物にギャップがあると「こんな人がいたかな」と思われてしまいます。しっかりと評価をしてもらうためにも、写真を加工しすぎるのはやめた方が無難です。

印象のよい証明写真を撮るのは、大切なことです。しかし、印象よく見せることばかりに気をとられ、盛りすぎて見た目が大きく変わってしまわないように注意しましょう。

就活の顔写真は工夫して好印象に撮ろう

null

顔写真は第一印象を左右する重要なポイントです。応募書類の時点である程度の評価、印象は決まっており、面接でのファーストコンタクトはそれを裏付けるものになると考えましょう。応募書類の時点で印象がよければ、面接での第一印象もよくなりやすく、悪いならマイナスのイメージがつきやすいです。

評価にも影響しやすい部分であるため、好印象が与えられるよう工夫して撮影しなければなりません。自分で撮影するスピード写真でも、ポイントを押さえて丁寧に撮影に臨むことで好印象な顔写真を撮ることは可能です。身だしなみや顔の角度、表情など細かいポイントにまで注意を払い、書類選考の段階から好印象を与えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ