就活のマナー

【就活のお祈りメールに返信は必要?】受診した場合の対応方法

就活のお祈りメールとは不採用通知のこと

お祈りメールとは不採用通知メールのことです。どうしてお祈りメールと呼ばれるかは、不採用通知メールなどに記載された文章をチェックすればすぐに分かります。「今後のご活躍を心よりお祈り申し上げます」という文章は、お祈りメールのテンプレートで、残念ながら不採用となった人のもとへ届きます。どんな人でも、不採用なら似た文面が届くことになるでしょう。

お祈りという表現は、インターネットの掲示板などで広まったといわれています。就活においてお祈りメールは避けたいものですが、残念ながら届いたとき、どんな対処をすればよいか分からない就活生も多いのではないでしょうか。返信をしたほうがよいのか、悩む人もいるでしょう。就活におけるお祈りメールについて解説します。

サイレントお祈りとは不採用通知を出さないこと

お祈りメールは、不採用を伝える内容以外にも複数の種類があります。たとえば、通常のお祈りメール以外にも「サイレントお祈り」というタイプがあります。

通常のお祈りメールでは、「今後のご活躍をお祈り申し上げます」という一文が記載されています。学生の雑談でも、お祈りメールへの感想として「お祈りをもらった」という風に使われることが多いです。

サイレントお祈りの一番の特徴は、企業が何の連絡もしないことです。多くの志望者が集まるような企業では、メールを送るのも一苦労となります。合格者に対し不採用メールを送ってしまうようなミスを防ぐためにあえて連絡しない場合や、内定辞退者が出たときの補欠候補に対してお祈りメールを送らないようにする企業もあるようです。

ただ、サイレントお祈りに関して、就活生側からは失礼だという声も上がっており、「合格か不合格か分からずモヤモヤする」「気持ちを切り替えられない」という意見も多いです。

逆お祈りメールは学生が内定辞退をすること

お祈りメールは企業側から送るばかりではなく、就活生側から出すパターンもあります。お祈り返し(または逆お祈り)と呼ばれるメールは、就活生側から企業側に対し、内定を辞退するときに送るメールです。

企業側からのお祈りメールのテンプレートをそっくりそのまま書き、最後に「貴社のますますのご発展をお祈り申し上げます」という文章で締めくくり企業へ送ります。逆お祈りメールを送る就活生は、就活の鬱憤をはらすという意味合いで送ることが多いため、あまりよいものではないといえるでしょう。

逆お祈りメールを送る相手は、内定をくれた企業であることを忘れてはいけません。もちろん、不採用通知をもらったからといって、企業に仕返しのようなメールを送るのもNGです。就活において、逆お祈りメールは送らないようにしましょう。

お祈りメールへの返信は基本的にいらない

お祈りメールが届いても、一般的に返信の必要はありません。お祈りメールに返信しなくても、失礼と思われることはないでしょう。お祈りメールに「とにかく貴社に入社したいです。あきらめられません」と返信しても、「それではもういちどチャンスを与えます」というドラマチックな展開はまずありません。

内定できなかったことについての抗議なども、基本的に受け入れられないでしょう。「他の人間より頑張っているし、入社できないのは納得できない」と思っても、返信で訴えるのはNGです。

お祈りメールが来たら謙虚に結果を受け止め、心を切り替えることが大切です。ただし、返信したほうがよいケースもあるため注意してください。

お祈りメールへの返信が必要な場合4つ

お祈りメールへの返信は、基本的に必要ありません。ただ、必要がないだけで、どうしても返信をしたいということもあるでしょう。お祈りメールが来たら、謙虚に結果を受け止め、心を切り替えるのが一番なのは間違いありません。

ただ、お祈りメールを送った企業と自分の立場を考えたとき、返信したほうがよい場合もあります。どんな場合にお祈りメールに返信する必要があるのか、詳しくご紹介します。

①最終選考まで残った

最終選考まで残ったものの、惜しくもお祈りメールをもらった場合は返信してもよいでしょう。最終選考まで残った就活生は、1次や2次でお祈りメールをもらった就活生と立場が違います。人事担当者など、志望企業の人たちとも顔を合わせて話をしたことがあるはずです。

就活生の立場である自分に時間を多く割いてくれたことに対し、お礼の返信を送っても損はありません。最終選考まで残ったことは、あと一歩で合格だったのと同じです。

可能性は低いですが、内定をもらった就活生が辞退、または取り消しとなったとき、最終選考に残った候補のひとりとしてチャンスが巡ってくる可能性もあります。そのため、気持ちを切り替えて、志望企業への未練を断ち切るためにも返信メールを送ってもよいでしょう。

②個人的にお世話になった人に感謝を伝えたい

インターンなどでお世話になった人がいる場合、お祈りメールに返信してもよいでしょう。他にも、面接に遅刻をしてしまった、必要書類を忘れてしまい迷惑をかけたなど、ポジティブでもネガティブでも、お祈りメールを送ってきた会社でお世話になった人がいるなら返信してもかまいません。

もちろん、返信メールを送っても結果が覆ることはまずないでしょう。それでも、内定者の辞退があった場合には「そういえばあいつがいたな」と声をかけられる可能性はあります。社会人としてのマナーという部分でも、お世話になった人へお礼のメールを送るのはよいことです。

他に、知り合いや友人からの紹介で応募したが、残念ながら落ちたというケースもあります。このような場合も、紹介をしてくれた人のイメージを悪くしてしまわないように返信メールは送っておきましょう。

③不採用の理由などを聞きたい

多くの企業では、不採用の理由を聞いても教えてくれません。ただ、次のチャンスを逃したくないという人は理由を聞きたくもなるでしょう。同じ失敗を繰り返したくないのは当然です。不採用の理由を聞くために、返信メールを送ってみてもよいでしょう。

ただし、採用に関する質問を送ったとしても、企業からの返信があるかどうかは分かりません。また、最初から「不採用の理由は個別に答えない」とはっきりと宣言している企業もあります。そうした相手に返信を送るのは止めましょう。よほどの理由がない限り、不採用の理由についての回答はありません。

また、答えてもらえないからとしつこくメールを送っても意味はないです。質の悪いいたずらと判断される可能性も十分にあります。社会人としての常識が疑われるような行為はくれぐれも慎んでください。

④個人的なメッセージが含まれていた

不採用通知であっても、定型文で終わらせない企業もあります。最終選考に残った人以外にも、丁寧にメッセージを記載してくれる企業や人事部があるのです。この場合、丁寧に返信メールを送ってもよいでしょう。

メッセージに関しては、就活生のよかった部分に言及してる内容であることが多いです。「このような部分は自信を持ってよい」というアドバイス的なメッセージなら、今後の就職活動でも役立ちます。お祈りメールに返信することで、けじめをつけられる場合も多いです。

ただ、メッセージが書かれているからといってまだチャンスがあると思い、しつこく自分をアピールするような内容の返信メールを送るのは止めましょう。「やる気がある」と思われるより「しつこい」などネガティブな印象を与えることが多いです。

就活のお祈りメールに対する返信の例文とポイント

お祈りメールへの返信について、どのように書けばよいか分からない人も多いのではないでしょうか。お祈りメールへの返信は、就活における他のメールの書き方とルールが大きく異なることはありません。

件名やメールの具体的な内容、冒頭に挨拶文や自分の名前、時間を割いていただいたことへの感謝、不採用結果への感想や今後の意気込みが主な内容となります。

最後は「今後の貴社のご繁栄をお祈り申し上げております」と結びの言葉で締めてください。ただ、嫌味っぽい内容、企業への不満をぶつけないように注意しましょう。

お祈りメールに対する返信の例文

Re:(お祈りメールの件名そのままで返信してもOK)

株式会社○○
人事採用担当者様

お世話になっております。○○大学○○学部の山田太郎です。
先日はお忙しい中、貴重なお時間をいただきまして誠にありがとうございました。
選考結果につきましては誠に残念でございますが、謙虚に受け止め、今後の就職活動に励んでいきたいと考えております。
末筆ながら、貴社のますますのご発展と皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
署名

お祈りメールへの返信の基本的な文章です。個人的にお世話となった人に対しては、感謝の言葉を具体的に盛り込んでもかまいません。ただ、長文となると読む側の負担になるため、ほどほどを心がけましょう。

返信するときのポイントと注意点

お祈りメールに返信する場合は、基本的に企業からのメールの件名のまま返信してかまいません。ただし、何かしらの目的や理由があるなら、それに合わせて件名を変えてもよいでしょう。また、メールを送る際には、会社名、部署、名前については誤字脱字がないようしっかりチェックしてください。

メールの本文では、挨拶文のあとに自分の大学名、学部名、名前をフルネームで正確に書きましょう。お祈りメールに対する返信の具体的な内容は、面接をしてもらったことへの感謝やお礼です。不採用についての感想と今後の意気込みを書き、結びの言葉も忘れないようにしてください。

また、手紙による直筆でなければ失礼と考える人もいるかもしれませんが、お祈りメールにはそのままメールで返信しても構いません。手紙で書いても結果が変わることはないため、そのままメールで返信しましょう。

就活でお祈りメールが届いたときの気持ちの切り替え方

第一志望だった企業からお祈りメールが届いたら、どんな人でも多かれ少なかれ精神的なダメージを受けるものです。

第一志望の企業からお祈りメールが届いて心が折れてしまい、就活をあきらめてしまう可能性もあります。お祈りメールが来ても気持ちを切り替え、立ち止まらない意識を大事にしましょう。ここでは、お祈りメールが届いたときの気持ちの切り替え方について解説します。

よかった点などもチェックする

お祈りメールが届くと、悪かった点ばかり思い出すかもしれません。もちろん、悪い面や失敗した点を改善することは大切です。ただ、よい点も合わせて思い出してください。

お祈りメールでは、よい点について人事担当者からのメッセージが記載されていることもあります。悪い点ばかり見ていると、自信を失うことになります。

自信を失えば、どんな企業も自分には見向きもしないと思い込んでしまい、不安に支配されてしまう可能性もあるでしょう。自信のないまま面接を受けて失敗する悪循環に陥ります。お祈りメールが届いたら、悪い点ばかりではなくよい点も探すようにしましょう。

企業と相性が悪い場合は開き直りも大事

どんなに能力が高くても、企業と相性が悪ければ採用されません。各企業には独自の価値観や風土があります。能力が高くても、価値観や風土が合わなければ、採用されないのが現実です。たとえ採用されたとしても、実際に仕事をするとなったらギャップに苦しむことになります。

お祈りメールが届いた瞬間、自分のすべてを否定されたような気分になるかもしれません。自分は人より能力が劣っていると感じる人もいるでしょう。しかし、企業風土と合っていないならどれだけ能力が高くても落ちる可能性は誰にでもあります。

お祈りメールが届いたら、反省すべき点は反省することも大切ですが、同時に相性が悪かったと開き直って次に向かうメンタルの強さも必要です。企業研究をしっかりおこない、自分に合う企業を探すようにしましょう。

就活のお祈りメールへの返信は理由があればOK

就活のお祈りメールは不採用の旨を応募者に伝えることが目的です。そのため、応募者に届いた時点でやりとりは終わっています。ただ、理由次第でお祈りメールへの返信をおこなってもかまいません。

「最終選考に残り、人事採用担当者などと頻繁に話をして顔を覚えてもらっている」「個人的に迷惑をかけた」「お世話になったことへの感謝を伝えたい」などが返信してよい理由でしょう。

特に、最終選考まで残ったような人は、他の不採用となった就活生と立場が違います。採用された就活生が辞退、あるいは内定取り消しとなった場合、声をかけられる可能性はわずかながらあるのです。ただ、返信メールをするなら、ルールをきちんと守り、失礼のない文面にすることが大前提です。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ