就活その他

サイレントお祈りとは|見極める期間と企業への問い合わせ例を紹介

「サイレントお祈り」とは

サイレントお祈りに対処するためには、まずはサイレントお祈りとはどんな意味なのかを知っておきましょう。そもそも就活における「お祈り」とは、不採用通知のことを指します。

不採用通知は基本的にはメールで送られてきますが、文末に「益々のご活躍を祈念いたします。」などの言葉が入っていることにより、不採用通知=お祈りメールと呼びます。サイレントお祈りとは、この不採用通知がないことを指して使う言葉です。

本来であれば、不採用通知としてお祈りメールが届きますが、サイレントお祈りの場合はお祈りメールすら届きませんので、合否が不明です。合否が分かればそれぞれ対処することはできますが、サイレントお祈りの場合はどちらか分からず、次の行動が取れなくなってしまいます。

マナー違反だと感じる就活生が多い

サイレントお祈りについて、マナー違反だと感じる就活生は多いです。就活生はエントリーシートの作成から始まり、企業研究、説明会への参加、面接の準備まで多くの時間を費やして準備を行っています。

そのような中で、いくら採用担当者の負担が多いからといっても、指定した日時に連絡をしてこなかったり、そのまま連絡を途絶えさせたりすることは、あまりにも失礼だと感じるのです。

テンプレートを利用したメールでの連絡でも構わないから、何かしらリアクションをしてほしいと考える就活生は多いのです。中には、「選考後、何も連絡もしてこないような企業の商品は買いたくない」と企業そのもののイメージが悪くなってしまうこともあるのです。

合否結果がわからないと次の行動に移せない

サイレントお祈りをされてしまうと、合否結果が明確にはわかりません。そのため次の行動を起こせないことに憤りを感じる就活生も多くいます。就活生であれば誰もが、選考の合否連絡を待つ間、気持ちが落ち着かないものです。

「気持ちを切り替えて今やるべきことをやりながら待つべきだ」と頭ではわかっていても、なかなか実際に行うことは難しいでしょう。そのような中で、合否の結果がわからないと、いつまで経っても気持ちの切り替えが出来ないのです。

「ダメであってもその連絡を受けることで、気持ちを切り替えることが出来る」と感じる就活生は多いです。このように、サイレントお祈りに振り回されてしまうことに苛立ちを感じてしまうのです。

関連記事

「サイレントお祈り」の実態

サイレントお祈りは、就活生の中でも大きな問題になっているものであり、多くの学生がサイレントお祈りを経験しています。全ての企業がサイレントお祈りを実行しているわけではありませんが、全体で約3割もの企業がサイレントお祈りをしているのが現状です。

中には書類選考の段階から、サイレントお祈りをする企業もあり、多くの就活生がその被害に遭っているのです。サイレントお祈りは面接の結果だけではなく、書類選考でも行われていますので、ほとんどの就活生がサイレントお祈りを経験していることになります。

サイレントお祈りが他人事ではなく、実際に被害に遭い、就活がスムーズに進まない人もいますので、しっかりと対策することが大切です。

大手企業ほどサイレントお祈りの割合が高くなる

どういった企業だとサイレントお祈りという選考通知方法をとるのでしょうか?それは、大手企業になればなるほど、と把握しておきましょう。大手企業になると、ネームバリューもあるため、就活生の応募数が多くなります。書類選考や一次面接の選考結果であれば、一人一人に連絡をする数が大手企業は多くなってしまうため、サイレントお祈りという手段を選ぶ企業もあるのです。

応募者全員に結果のお知らせをするのは、手間も時間も莫大なものになります。数が絞れるまでは、選考通過者のみに連絡をします。選考が進むにつれて、母数が少なくなるため、初めの選考ではサイレントお祈りだったけれど、二次選考、三次選考では不採用の場合も連絡をする企業は多くあります。

ただ連絡が遅れているだけの場合もある

サイレントお祈りだと諦めかけていた企業から、採用の連絡がくるなど、企業からの連絡が遅れているケースも少なくありません。就活生からのエントリーが多ければ、確認作業も多くなりますし、連絡する数も多くなります。そのため、選考結果の連絡が来るのが多少遅くなることも視野に入れておきましょう。連絡がなかなか来ないため、サイレントお祈りだと諦めてしまう前に、自分ができることをやりましょう。

例えば、就活の口コミサイトで同じ企業を受けてる人に結果状況のヒアリングをおこなったり、企業に現状を問い合わせてみても良いでしょう。しかし、ここで注意しなくてはいけないのが、問い合わせる際は選考結果ではなく選考状況ということです。「選考結果は出ているのか?」について問うようにしましょう。

企業が「サイレントお祈り」にする理由

サイレントお祈りは、円滑な就活を妨げる要因のひとつですが、それに対処するためには、なぜサイレントお祈りが起きるのか、その背景を知ることも大切です。企業がサイレントお祈りをする理由としては、内定辞退対策にボーダーの学生を引き止めておきたいことが挙げられます。

企業が内定を出しても、必ずしも全ての就活生が内定を承諾するとは限りません。場合によっては辞退者が出る場合もありますので、採用候補を残すために、あえて不採用通知を出さないと言えます。

また合格者から順に発表しているため、不合格者への連絡の優先順位が下がっている場合もあります。これは大企業などによくある理由で、志望者があまりに多いため、連絡が行き届いていないケースがあることも覚えておきましょう。

誤って不採用通知を送信しないため

サイレントお祈りを企業が使用する理由として、数が多いための時間や手間の節約の負担とは別に、メールの誤送信など、人的ミスを防ぐためということもあります。メールを送る際、アドレスの打ち間違いで届かなかった、本来採用の人に不採用の連絡をしてしまったなど、人的ミスはいくつも考えられます。これがメールを送る数が多いと更にそのリスクは高くなります。

そのため、連絡数の少ない選考通過者には連絡をして、不採用の人にはサイレントお祈りの手段をとる企業もあるのです。企業側が手間を減らすためだけではなく、誤った情報で就活生を不安にさせないためにもサイレントお祈りを選考結果ツールとして使用していると把握しておきましょう。

質問対応を避けるためという理由もある

企業がサイレントお祈りを行う理由として、質問対応を避けるためということが考えられます。合否の連絡を行うと、就活生からその結果に対するリアクションが返ってくる可能性が考えられます。「不採用になった理由は何ですか」「不採用になるのは納得できません」など、様々な質問が採用担当者へ寄せられることがあり得ます。

応募人数が多ければ多いほど、不合格となる人数も多くなります。応募人数が多い企業では、そのような問い合わせが殺到してしまう恐れがあります。あまりに問い合わせが殺到してしまうと、採用担当者の業務に支障が出てしまう可能性があります。そのため、採用担当者への負担を考慮した結果、サイレントお祈りを行うことにしている企業もあるのです。

「サイレントお祈り」を見分ける期間は2週間

サイレントお祈りは、企業側の都合であえて不採用通知を出していない場合もありますが、単に忙しくて連絡が行き届いていない場合もあります。不採用通知がなかなかこず、サイレントお祈りかと諦めていたところに、合格通知が届く場合もありますので、それらを見極める期間を知っておくことも大切です。

サイレントお祈りかどうかを見極める期間としては、2週間が目安になります。面接から2週間、何も音沙汰がない場合は、サイレントお祈りの可能性が高いと考えましょう。企業によって合否の結果を出すスピードには差がありますが、基本的には1週間もあれば結果は出ます。そこからさらに1週間経っても通知がこないのであれば、サイレントお祈りの可能性が高いと言えます。

面接時に結果の連絡方法を聞いておくのも可

サイレントお祈りなのか、それとも企業側に理由があって結果を送りきれていないのかなど悩みやすい就活生は、面接時に結果の連絡方法について確認しておくのがおすすめの方法です。

「何か質問はありますか?」の最後に「選考結果はどのように連絡がきますか?と伺いましょう。質問に対して曖昧だったり濁して返す企業はほとんどありません。多くの企業で「~です」と答えてくれるでしょう。

就職支援サービスを利用するとサイレントお祈りは減る

最近、就職市場で非常にポピュラーになってきた就職支援サービスですが、特に就職エージェントなどは独自求人を持っており、その求人を面談している学生に紹介するため、エージェントと企業の関係性があり、サイレントお祈りのような対応はされなくなります。

また、そもそもその企業に特化した対策アドバイスやあなたの特徴に合う企業を紹介してくれるため、選考の成功率が大きく上がることも期待できるでしょう。

キャリアパーク!就職エージェントは、年間1,000名以上の学生と面談をし、内定へと導くエージェント達が非常に親身になって、あなたを個別サポートしてくれる就職支援サービスです。

さらに、キャリアパーク就職エージェントでは、独自のコネクションで、表向きでは選考を締め切った大手グループ企業・一部上場企業の選考に、あなたをご案内することもできます。

なかなか内定が出ず、サイレントお祈りと悩んでいる方は、一度、就活のプロからサポートを受けてみると、新しい活路が開くかもしれません。プロの支援を活用して、内定まで最短ルートを走りましょう。

プロのサポートを受けてみる(無料)

企業への問い合わせ例文

サイレントお祈りの可能性が高い場合であっても、本命の企業であったり、どうしても結果が気になる場合は企業に直接問い合わせることが大切です。場合によってはサイレントお祈りではなく、連絡が遅れているだけで、合格の可能性もありますので、問い合わせは慎重に行いましょう。

企業に結果を問い合わせる方法は、電話とメールの2種類があります。それぞれに気をつけるべきポイントは異なっていますので、マナーをしっかり守って結果を確認しましょう。

①電話での問い合わせ

面接の合否について電話で問い合わせる場合は、時間帯に注意しましょう。基本的には就業・終業前後の忙しい時間帯はNGです。日中の時間帯を選び企業に電話をしましょう。企業に電話をかければ、名前を名乗り、担当者を呼び出してもらいます。

「○○大学の○○(名前)と申します。いつもお世話になっております。お忙しいところ恐縮ですが、○○課の○○様はいらっしゃいますでしょうか」と伝えましょう。電話がつながれば、時間は大丈夫かを尋ね、本題に入ります。

「〇月〇日の選考の結果についてですが、私の不注意で面接当日に結果発表の日時を聞きそびれてしまいました。大変恐縮ではございますが、結果を教えていただくことは可能でしょうか」などと問い合わせてください。

②メールでの問い合わせ

件名:〇月〇日の面接の結果について

○○株式会社○○課○○様

いつもお世話になっております。

○○大学の○○(名前)でございます。
先日は面接のお時間を頂き、誠にありがとうございました。
〇月〇日に面接を受けましたが、
その際に結果発表の日時を聞きそびれてしまいました。

私の不注意でお手間を取らせることになり、大変恐縮ではございますが、
結果発表の日時を教えていただくことは可能でしょうか。
ご多忙のところ大変申し訳ありませんが、
ご対応宜しくお願い致します。

署名

メールで問い合わせる場合には、件名でいつ面接を受けたのか、そして何を知りたいのかが分かるようにしておきましょう。メールは基本的な挨拶から入り、まずは面接をしてもらったお礼を伝え、その後に本題に入ります。

ここでも何月何日に面接を受けたのか、またその結果が聞けていないことを明記しておくことが大切です。企業によっては結果発表の日時を伝えていない場合もありますが、どんな場合でも自身の不注意で聞けなかったとしておきましょう。

結果を直接聞くのではなく、いつ頃に結果が出るのかを尋ねるのもポイントです。結果を直接聞くのはマナー違反ですので、必ず結果発表の日時を聞くようにしましょう。

就活においては、企業とのやりとりでメールを使用するケースは多くあります。そのため、ケースに応じた返信内容を把握しておくと、スムーズに対応できるようになるので、ぜひ就活マナーマニュアルもチェックしましょう。

関連記事

サイレントお祈りを予め想定して対策しよう

サイレントお祈りは多くの企業が実施していますし、実際にサイレントお祈りをされている就活生もたくさんいます。企業にとっては連絡の手間が省けたり、内定辞退者が出たときの保険にもなりますが、就活生にとっては何のメリットもありません。

就活生にとってサイレントお祈りは百害あって一利なしのものであり、就活をスムーズに進めるためには、予防、対策しておく必要があります。サイレントお祈りを予防する方法はいくつかありますし、実際にそうなったときに対処する手段もあります。

企業と就活生は対等な立場にありますので、サイレントお祈りに屈する必要はありません。就活をスムーズに進めるためにも、サイレントお祈りを予め想定にいれて、その対策をしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ