身だしなみ

【就活のネクタイは無地がおすすめ】色別の印象と選び方

就活でつけるネクタイは無地が無難

就活では、着用するネクタイの色にもこだわりましょう。リクルートスーツとワイシャツだけはしっかりと選び、ネクタイは「適当でいいだろう」と考えていると、採用担当者に低評価をつけられる可能性も十分にあるからです。ネクタイは就活生だけでなく、社会人という立場になったときでも意識して選ばなければなりません。

ネクタイは、みだしなみをしっかりすることと同時にファッション的な点でアクセントになります。清潔感やフレッシュさ、誠実さなど、就活生に求められる印象にも大きな影響を与えるのです。

また、就活にふさわしくないとされるネクタイがあるのも無視できません。例えば、派手なデザインや大きな柄のものは日常ならおしゃれと評価されるかもしれませんが、就活では問題です。就活ではどのようなネクタイをすれば好印象を与えられるのかを含め、ポイントを解説します。適切なネクタイを選んで、内定に一歩近づきましょう。

就活で無地のネクタイを身に着けるメリット

就活のネクタイの色選びでは無地をおすすめします。無地ネクタイのメリットは、どんなスーツでも合わせやすい点があげられるでしょう。無地は基本の柄ですし、シャツもシンプルな無地にすることで大きな失敗を回避できます。ファッションセンスに自信がない人でも、コーディネイトしやすいのが魅力です。

また、無地のネクタイに流行り廃りは関係ありません。就活だけでなく社会人になったあとでも長く使うことができます。無地は地味と思われがちですが、上手に選べばスマートでエレガントな雰囲気を漂わせることもできます。就活はもちろん、就職したあとのことを考えても、ネクタイは無地を選んだほうがよいでしょう。

就活にふさわしい無地ネクタイの各色のイメージ

就活にふさわしいネクタイは無地としても、今度は色にこだわらなければなりません。無地ならどんな色でも大丈夫というわけではないからです。色は見る人の心に大きな影響を与えます。

赤、青、黄色など、選び方次第で人の印象は大きく変わるためこだわりたいところです。それぞれの色が人に与えるイメージを理解した上で、ネクタイを選びましょう。

水色や紺色やネイビーなどの青系

水色や紺色やネイビーのような青系統の色は、真面目・誠実・知的・堅実といったイメージを見る人に与えることが期待できます。水色の場合だと、青色の真面目なイメージと共に、さわやかさ・若々しさ・自由というイメージが期待できるでしょう。紺色やネイビーのような濃い色になると、落ち着きと共に上品なイメージとなります。

青系は就活において多くの人が選ぶネクタイです。真面目さという点はどのような業界でも共通して求められる性格でしょう。特に金融業界や事務職など堅実さなどが必要とされる業界では真面目さが重要視されます。落ち着いているという印象も、採用担当者には好印象に見えるでしょう。このように、志望する業界によってネクタイの色を選ぶ工夫も重要です。

えんじやピンクなどの赤系

エンジなど赤色のイメージは、行動的・積極性・情熱・やる気などポジティブな印象を見る人に与えることが期待できます。どの業界でも、やる気にあふれている新人を求めていますし、ポジティブな印象は、どの業界でも好印象でしょう。

他にも、赤やエンジは自分を奮い立たせる色でもあります。最終面接など、重要な勝負のときに赤色を選ぶのもおすすめです。ピンクは、優しさ・温かみ・やわらかさを見る人に与えることが期待できます。女性がたくさんいるような業界などに適しているでしょう。

ただ、赤やピンクのネクタイには注意点もあります。派手過ぎる色だと就活にふさわしくないと判断されます。面接などでは明るすぎるネクタイは控えてください。また、ピンク色は業界によって好まれないこともあります。その点に注意して、赤やえんじ、ピンク色を選びましょう。

黄色やグリーン

黄色は社交性・親近感・明るさというイメージです。相手に話をしやすい印象を持ってもらうことが期待できます。そのため、他者とのコミュニケーションが重視されるような業界にぴったりの色といえるでしょう。

具体的には、営業職やサービス職などに適しています。業界にもよりますが、重い青やえんじ色のネクタイが多い場所だと、黄などはよく目立ちます。その点でアピールにつながる場合もあります。

グリーンは、協調性・安心・穏やかさや自然体のイメージです。就活の場で、グリーンはあまり見かけない色かもしれません。ただ、協調性があることを印象づけられる色でもありますから、チームワークが重視される業界に適しています。

ただし、黄色やグリーンも派手な色合いだとどんな業界でも好まれません。その点を注意して選ぶようにしましょう。

茶色やグレー

茶色は堅実性・包容力・落ち着きのイメージです。どこか大人の落ち着いた雰囲気を感じさせる色といえるでしょう。保守的で落ち着きを求められる業界や企業の就活に適しています。グレーは調和・落ち着き・洗練というイメージです。個性という面では弱いですが、指示について責任を持って仕事をしてくれそうな人という印象を与えられます。

茶色やグレーは、大人の落ち着きという感じもありますが、個性の面では弱いため印象が薄くなりがちです。そのため、別の部分でのアピールを強化する必要があるでしょう。

個性的で派手な色のネクタイより、企業に好まれます。茶色やグレーのネクタイを選ぶときは、自分が志望する企業はどのような人材を求めているか、きちんと研究することが大切です。

無地ネクタイの色を選ぶときの注意点

無地のネクタイの色を選ぶときは、目立ってアピールできるなら何でもよいと考えがちです。しかし、どんな色でも許されるわけではありません。就活の場は、プライベートではないからです。

プライベートならおしゃれ、かっこいいと思われるような色のネクタイでも、終活の場ではふさわしくないと採用担当者に嫌がられ、マイナス評価をつけられる可能性も十分あります。それは避けなければなりません。無地ネクタイでも避けたい色についてご紹介します。

ピンク色や黄色のネクタイは自由な社風の企業ならOK

ピンクや黄色はよいイメージもありますが、どんな業界や企業でも許されているわけではありません。カジュアルなイメージもあるため、就活にふさわしくないと判断されることも多いのです。

比較的、ファッションセンスなどが求められるような一部業界なら許されることもあります。例えば、アパレル系やクリエイティブ系の業界や企業など、服装の自由度が高いところなら許されることは多いでしょう。ただ、そのような業界でも派手過ぎるとマイナス評価になります。

職種で考えると、金融系や事務などでピンクや黄色のネクタイはふさわしいとはいえません。個性を出したいという部分ではよいかもしれませんが、過剰なアピールはよい印象を持たれないので注意しましょう。

無地でも黒・白・ゴールド・紫は避ける

就活で着用するネクタイの色で絶対に避けなければならないものがあります。それが、白や黒、紫やゴールドです。白や黒のネクタイは、冠婚葬祭でつける色という常識が日本ではあります。特に年配の人にとって白は慶事というイメージが強いでしょう。そのため、無地でも白黒は避けてください。

ベースの色が黒や白なだけで、柄があれば問題ないと考える人もいるでしょう。しかし、柄が入っていても、ベースが白や黒だと就活では嫌がられます。

ゴールドなど奇抜な色も控えてください。アピールになりますが、単純に悪目立ちの結果になるだけです。一般常識に欠けているという評価になりかねません。紫は、神秘的・芸術的・高貴というイメージですが、やはり就活の場にはふさわしくないでしょう。

季節に合わせた色を選ぶ

ネクタイには季節性もあるため気を付けてください。例えば、夏場に茶色のネクタイをすることは季節性を無視したチョイスと判断されます。ファッションに無頓着な人は、特に注意したいポイントです。

基本的に、青色系は春や夏に向いた色となります。暖色系である、赤や橙色、黄色は秋冬向きと考えてください。黄緑や緑などの中間色だけ季節は問われません。

素材なども関係してきます。マットな質感のものは秋冬、光沢があって織りが密でなければ通年物です。他に、質感が軽ければそれは夏物でしょう。暖色系は秋冬でなければならないと厳格に決められているわけではありませんが、少しでも好印象を持ってもらうなら、季節感に注意してもよいでしょう。

就活に向いているネクタイの素材はシルク製

ネクタイの色も重要ですが、素材についてこだわるのもおすすめです。基本的に、ネクタイの素材でおすすめなのはシルク製です。シルクは上品で落ち着いた雰囲気を演出できて、スーツスタイルに適しています。

シルク以外にもポリエステルなどもありますが、あまりおすすめできません。ポリエステルは自宅で手軽に洗濯ができて使い勝手はよいでしょう。ただ、見る人が見れば、光沢などからすぐに安っぽいと感じられてしまいます。また、結び目が緩みやすいというデメリットも無視できません。

控えめな柄のネクタイもおすすめ

ネクタイを無地にしても柄が就活にふさわしくなければ問題があります。柄は基本的にストライプ(レジメンタル)や小紋柄、チェック柄などがあげられるでしょう。この中でスーツにぴったりなのがストライプ柄です。ストライプはベーシックな柄であり、見る人に知的さや洗練されたイメージを与えることが期待できます。ストライプは、ビジネスマンの多くが選ぶ定番柄です。

小紋柄やドット柄は落ち着いた雰囲気や誠実さというイメージがあります。コーディネイトもしやすいですが、小紋柄が大きいとカジュアルな印象が強くなるため、柄が小さなものを選びましょう。

チェック柄はカジュアル度が高いです。アパレル業界や広告業界など、服装が自由な業界ではよいでしょう。ただし、公務員、金融、保険など服装ルールにも硬い業界だと、あまり好まれません。柄についても色と同じく、派手でカジュアルなものは一般的に好まれないので注意しましょう。

就活では企業に合わせた色の無地ネクタイを選ぼう

就活でもおしゃれでいたい、目立てばアピールできると考える人もいるかもしれませんが、ネクタイは基本的に無地をおすすめします。どんなに自由度が高くても、社会人としての立場で考えると、行き過ぎているものは一般常識から外れているという評価をされがちです。就活生として志望企業に採用されなければならないのに、自分から遠ざかることになるため注意してください。

就活でのネクタイ選びはプライベートではなく社会人としてふさわしい格好が前提であるため、できることは限られています。そのため、どのように見られたいのかという点を重視し、マイナス評価にならないネクタイを選びましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ