就活その他

【就活での履歴書の証明写真に関する注意点】好印象に撮るポイント

就活は履歴書の証明写真も重要

履歴書は就活の必須アイテムであり、細部までこだわって作成しなければなりません。基本的な情報の間違いがないよう注意したり、アピール内容をこだわったりも大切ですが、それだけではなく証明写真にも注目が必要です。

履歴書の証明写真は、ただ撮影して貼り付けるだけと考える人も多いですが、実はそうではありません。証明写真も評価の一部であり、どのような写真を使うか、またどのような貼り方をするかによって合否に影響することもあります。

他の部分が完璧でも、証明写真で気を抜いてしまい、失敗するケースもゼロではありません。細部までこだわって確実に高評価を獲得するためにも、履歴書における証明写真の重要性を知っておきましょう。

履歴書の証明写真はなぜ大切か

そもそも履歴書の証明写真がなぜ重要視されるのか、その理由を知ることが大切です。証明写真で失敗する人の多くは、その重要性を正しく把握できていない場合が多いです。高評価を獲得するには、なぜ重要とされているのかを知り、何がみられているのかを知っておかなければなりません。

証明写真が重要な理由は、大きく2つに分けられます。2つの理由について細部まで理解を深めて、重要性の高さを再認識しておきましょう。

本当の意味で第一印象が決まる

就活では第一印象が重要であり、面接では特に気を遣う人は多いでしょう。しかし、本当の意味での第一印象は、面接以前の書類選考の段階で決まっています。履歴書に貼った証明写真によって第一印象は変わり、この時の印象が評価に影響することも少なくありません。

もちろん、多少の見栄えの違いだけで評価に大幅に影響するわけではありませんが、少なくとも評価の参考にはされるため注意が必要です。一度ついた印象は簡単に覆ることはなく、第一印象が悪い時点でマイナス評価を受け続けることも少なくありません。

証明写真での印象が良いと、履歴書全体の印象もよくなりやすく、選考をスムーズに進められます。書類選考は会ってみたいと思わせることが大切なため、人柄の印象を左右する証明写真は重要といえるでしょう。

規定に合わない写真だとその時点で不合格

証明写真をこだわるべきなのは、そもそも選考の規定を満たすためです。履歴書には必ず証明写真を貼らなければなりませんが、貼り付けているなら何でもよいわけではありません。サイズやカラー、写真の内容といった細かい規定があり、企業によっては特別な指定をすることもあります。

規定を守れていないと、協調性がない、注意力散漫といったマイナスの印象を与えてしまいます。それだけではなく、そもそも応募の条件を満たさないとして、その時点で不合格になることもあるため注意が必要です。

書類選考の時点では膨大な数の応募が来ることも多く、企業では素早く合否を振り分けなければなりません。そもそも前提条件に合わないなら、内容を見るまでもないと判断されることも多いため、規定を守ることは非常に重要です。

関連記事

履歴書に貼る証明写真の注意点3つ

証明写真を履歴書に貼る時は、注意しなければならないポイントがあります。せっかく綺麗に写真が撮れていても、貼り方を間違えてしまうと台無しになるため注意しなければなりません。

貼り付けの際に注意したいポイントは、大きく2つに分けられます。両方ともできていないとマイナス評価に繋がる可能性があるため気をつけることが大切です。それぞれ細かいポイントですが、きちんと守ることが確実に好印象を勝ち取る秘訣です。

①既定のサイズを確認して撮影する

履歴書に使う写真を撮影する時は、事前に既定のサイズを確認しましょう。ほとんどの場合、市販の履歴書の写真貼付枠は縦4㎝・横3㎝と定められています。枠内に履歴書の写真サイズが表示されていますので、念のため写真撮影をおこなう前に確認してください。

写真館やスタジオで撮影をする場合には、受付時に写真の用途を聞かれます。履歴書用だと伝えれば、サイズに合わせてカットしてくれるので、出来上がった写真をそのまま貼ればOKです。証明写真の機械で撮影する際は、サイズを設定し履歴書用を選ぶことが可能ですが、自分でカットが必要なこともあります。履歴書の貼付枠に合うように、慎重にカットをしてください。写真のサイズが心配な時は写真館がおすすめです。

②撮影3ヶ月以内のものを使う

印刷した証明写真はいつまでも使えるわけではなく、原則撮影から3ヶ月以内のものを使用しなければなりません。あまりに古いものを使ってしまうと、正しく本人確認が取れないとして、規定にそぐわないと判断されることもあるため注意が必要です。

就活の最初に撮ったものなら大抵使えますが、後半は撮影から3ヶ月以上経過してしまっていることもあります。一定期間を過ぎたら新しく撮影し直したほうがよいでしょう。

また、髪型を大きく変える際にも注意が必要で、この場合は髪を切った後に撮影するのが無難です。直近に撮影したものでも、写真と実際のイメージが大きく違っていると違和感を持たれるため注意しなければなりません。

③裏面には名前・大学名を記載

履歴書に証明写真を貼り付ける際には、写真の裏側に名前や大学名を書かなければなりません。これは万が一履歴書から写真がはがれてしまった時の予防策です。裏面に名前や大学名を書いていると、万が一はがれてしまっても誰の写真かが分かります。

何も書いていないとどの履歴書と一致するのかが不確かなため、仮に1枚しか写真がはがれたものがなかったとしても、規定に合わないとして不合格になることもあります。ただし、裏面に記載がないとしても、はがれない限り問題はないため、書き忘れても提出してから申し出る必要はありません。

また、シールタイプのものははがれる心配がなく、粘着面に記載するのは難しいため、この場合は省略しても大丈夫でしょう。

好印象な履歴書写真のポイント:男性編

履歴書の写真は、企業の担当者が初めて就活生の顔を見る場面です。よい印象を残せるように撮影の際にも気を配りましょう。服装はスーツが基本となります。企業での面接をおこなう時と同じような格好を意識してみてください。

髪型や服装、身だしなみは写真にも写ります。だらしない印象を与えないように、注意したいポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

黒か紺のスーツに派手すぎないネクタイ

履歴書の写真で着るスーツは、黒か紺が基本となります。就活中に着用するリクルートスーツを着て、履歴書の写真撮影をおこなうとよいでしょう。スーツの中に着るシャツは無地の白いもの、ネクタイは派手すぎないものを選んでください。ボタンダウンのシャツや柄物のシャツはカジュアルな印象になるので、ビジネスシーンにはふさわしくありません。

シャツのボタンは上まですべて留めて、ネクタイもゆるみがないようにしっかりと締めます。写真でもシャツやネクタイの様子はよく分かりますので、シワや汚れ、ホコリ、折れなどがないか撮影をおこなう前にもう一度確認しておくと安心です。ネクタイが曲がっていないかもチェックしてみてください。清潔感がある格好を心掛けましょう。

髪型はワックスを使用してセットする

髪の毛は短めにして清潔感のあるヘアスタイルにしましょう。前髪が長く顔にかかっていたり、ボサボサになっていたりすると、だらしない印象を与えてしまいます。寝癖にも気を付けましょう。耳が出るくらいの長さだとスッキリしてみえます。

セットする時はヘアワックスやヘアクリームなどを使用して、自然にまとめましょう。スタイリング剤が多すぎると、カチカチに固まったり、不自然なツヤが出てしまったりするので注意してください。

髪色も派手すぎるのはNGです。写真だと明るく写ってしまうこともありますので、髪を染める時には暗いトーンにしておきましょう。ツンツンと立たせたり、奇抜なヘアスタイルも履歴書の写真としては好ましくありませんので、控えましょう。

ひげの剃り残しに注意

男性はひげにも注意が必要で、剃り残しがないかチェックしておきましょう。小さな証明写真では多少の剃り残しは分からないと油断する人も多いですが、実は意外と見えているため注意しなければなりません。

剃り残しがあると清潔感に欠けると思われるだけではなく、細部まで気が回らない雑な性格と思われることもあります。剃刀負けをして肌が荒れたり、傷を作ったりしないよう注意しながら、深く綺麗に剃ることを心がけることが大切です。

証明写真の撮影はスーツ着用のため、就活での帰りについでに撮る人も多いでしょう。何かのついでに撮影するのは便利ですが、時間帯によってはひげが伸びていることもあるため注意が必要です。朝剃って撮影が夜になりそうなら、一度ひげを確認しておいたほうがよいでしょう。

好印象な履歴書写真のポイント:女性編

女性も男性と同じく、履歴書の写真はスーツ着用が基本となります。インナーにはシャツかブラウスを選び、スーツの上着を羽織ります。スッキリと清潔感が出るように心掛けましょう。

写真館では、服装やメイクについてアドバイスをおこなっているところもあります。どのような格好で撮影するべきか迷う時には相談してみてください。注意したいポイントとしては、スーツの色やインナーの色、髪型、メイクなどがあります。それぞれ詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。

黒か紺のスーツに白いブラウス

スーツは黒か紺が基本となります。就活用のリクルートスーツを着用しましょう。スーツの中に着るのは、シャツまたはブラウスです。色は無地の白がよいでしょう。色物や柄物は派手な印象になりますので、白い無地を選んでください。白いブラウスは、顔色を明るくみせてくれる効果もあります。

デザインも凝ったものではなくシンプルなもので、胸元は開きすぎないようにします。ボタンがある場合は、上まで留めておきましょう。ネックレスなどのアクセサリーは胸元から見えてしまうこともありますので、撮影前には外します。シワや汚れ、ホコリなどがついていないか事前に確認しましょう。男性と同じく、清潔感のある服装を意識してみましょう。

髪が顔やブラウスの襟にかからないようにする

履歴書の写真でのヘアスタイルは、顔がはっきりとみえるようにします。前髪は眉や目にかからないように短くカットするか、横に分けるとスッキリとした印象になります。長い場合は、後ろにまとめておでこを出してもよいでしょう。ブラウスの襟やスーツのジャケットにも、髪の毛がかからないようにします。

サイドや後ろの髪は、ショートヘアならそのままワックスなどで自然にまとめ、長ければヘアゴムで結びまとめます。表情がよく見えるよう、顔に髪の毛がかからないヘアスタイルが理想です。結ぶのが難しいボブスタイルの場合、サイドの髪の毛を耳にかけると顔がよくみえてスッキリします。髪色は明るすぎないように、自然な黒か暗めの茶色がよいでしょう。

フォーマルなメイクを心がける

女性の場合はメイクは必須であり、細かい部分までチェックが必要です。メイクで重要なのはフォーマルさであり、派手になり過ぎないよう注意しなければなりません。スーツを着用していても、メイクが派手だとカジュアルな印象を与えてしまいます。

また、流行のメイクもビジネスの場にはふさわしくないと判断されるため、ベーシックメイクを心がけましょう。反対にすっぴんで臨むのもNGであり、薄目にはメイクをしておかなければなりません。

仮にメイクをしていても、すっぴんに見えるほどのナチュラルなものだと、メイクをしていないと判断されることもあるため注意が必要です。メイクをしていることが分かり、かつ派手過ぎないというバランスを取らなければなりません。

撮影時に姿勢を整えるだけでも好印象に近づく

撮影時には角度も重要であり、どのような姿勢で撮るかによって印象は大きく変わります。姿勢を正して撮影するのはもちろん、軽くあごを引いておくことが大切です。あごが上がっていると印象が悪く見えるため、上がらないよう引いておかなければなりません。

この時引き過ぎにも注意が必要で、不自然な二重あごにならないよう適度におこないましょう。上手に撮影するには、あごを引くというよりも、おでこを突き出すイメージを持つのがおすすめです。

あごは軽く引くだけで、おでこを出すことを意識すると、あごの引きすぎを防げます。椅子の高さによっては姿勢を正して態勢を整えても上手に撮れない場合もあるため、先に調整してベストな高さに合わせておくことが大切です。

関連記事

よくあるNGな履歴書写真の例

履歴書の写真で気を付けたいポイントをご紹介しましたが、反対に、よくない印象を与えてしまう写真とはどのようなものがあるのでしょうか。髪の毛がボサボサだったり、襟やネクタイが曲がっていたりする写真は、清潔感があるとはいえません。

写真は一度撮影すると、その後に変更することはできません。せっかく撮影したのに失敗してしまったということがないよう、事前に注意点も合わせて確認しておきましょう。履歴書の写真は第一印象を決める大切なものですので、ここでご紹介するよくある履歴書写真のNG例も参考にしてみてください。

ボサボサの髪や固めすぎたヘアスタイル

履歴書の写真で重要なポイントのひとつが「清潔感」です。ボサボサの髪はだらしない印象をあたえ、社会人としてのマナーを守れない人だと思われてしまいます。仕事をする時にボサボサで寝癖のついた髪の毛で出勤する人はいないはずです。

また、セットするためのスタイリング剤を使いすぎて固めすぎるのも不自然です。ボサボサではありませんが、整えすぎても、清潔感があるとはいえません。綺麗にしなければと思うのではなく、自然にすっきりとみえるヘアスタイルを心掛けるとよいでしょう。

写真館では撮影前にプロのスタイリストが髪の毛をセットしてくれるサービスもあります。また、美容室でもセットをおこなってくれるところがありますので、どのようなヘアスタイルがよいのか分からない時は相談してみましょう。

襟やネクタイが曲がっている

シャツのネクタイや襟が曲がっているのはNGです。きちんとした服装をしていても、襟やネクタイが曲がっているだけでマイナスイメージになってしまう可能性があります。洋服が真っ直ぐになっていないと、姿勢が悪いと感じられる場合もあります。身だしなみを整えることは、社会人としてのマナーのひとつですので、襟やネクタイにも気を配りましょう。

服装だけで人の印象が決まるわけではありませんが、履歴書では写真も大切な判断材料となります。撮影の直前に鏡の前で全身をチェックして、シャツやネクタイが曲がっていないか確認してください。シャツの裾を下に引くと、襟元も真っ直ぐに整います。撮影前にカメラマンにチェックしてもらうのもよい方法です。

表情が硬い

撮影の際には表情にも気を付けましょう。少し微笑むようにすると明るい印象になります。反対にうつむいて目線が下だと暗いイメージになってしまいます。また、あごが上がっていると相手を見下しているように見えてしまいますし、上目遣いだと睨んでいるようになります。あごは軽く引く程度にして視線が真っ直ぐになっていると、目がしっかりと写り表情がよく分かります。

表情が固く、口を強く結んでいると怖そうな印象になってしまいます。明るいイメージを与えるためにも、口角はあげ少し微笑むようにしましょう。歯が見えるほど口を開けて笑うのはNGですので注意してください。撮影当日に表情を作るのは困難です。事前に鏡の前で練習しておくとよいでしょう。友人や家族に見てもらうと、客観的なアドバイスをもらえます。

履歴書の証明写真はどこで撮るべきか

履歴書に貼る証明写真を撮影する方法は、実は多数あります。選択肢が多いだけにどれがよいか分からず、困ってしまう人も多いでしょう。撮影方法によって特徴は違い、メリット・デメリットも異なるため選ぶのが難しいのは確かです。

証明写真の撮影方法は絶対にこれにすべきと決まっているわけではありません。自身に合わせた方法を選ぶことが大切なため、撮影方法ごとの違いを把握して、どのやり方が自分に合っているかチェックしておきましょう。

もっとも確実なのは写真館

複数ある選択肢の中で、もっとも確実でありおすすめなのが写真館での撮影です。写真館ではプロのカメラマンが最適な環境で撮影してくれるため、仕上がりの良さは抜群です。就活用と伝えておくと、簡単なヘアメイクやセット、撮影時の姿勢や角度の指示をしてくれることもあります。

写真のデータをもらえるため、焼き増しが可能であり、以降はよりスムーズに写真が手に入ります。ただし、料金は高く、最初の一回の撮影だけでも負担になることは少なくありません。

加えて、飛び込みでいきなり撮影してもらえるとは限らず、待ち時間が発生したり、事前に予約が必要だったりすることもあります。仕上がりの確実さは魅力ですが、手間やお金といったコストがかかりやすいことは覚えておきましょう。

上手に取れるならスピード写真もOK

駅構内や各施設に設置されている証明写真機でも、就活用の写真を撮ることは可能です。スピード写真の場合は自身で撮影方法にこだわる必要があります。事前の身だしなみのチェックから撮影時の角度決めといった、細かい点まで工夫できるなら、おすすめの方法です。

スピード写真は自身ですべきことが多い分、素早く安価に撮影できるのが魅力です。24時間稼働している写真機も多く、緊急で証明写真が必要な場合でも対応できます。また、機種によっては撮影データをスマホやパソコンで保存できるものもあります。

データを使った焼き増しが可能な機種もあるため、上手に撮影する自信がある人にとっては、メリットの大きい方法でしょう。

スマホでの撮影はおすすめできない

スマホで撮影し、それを印刷して貼り付けるという方法もあります。最近のスマホは高画質なものも多く、スピード写真と変わらない画質で撮れることも少なくありません。しかし、撮影したものを印刷するとどうしても普通の紙になってしまい、専用の型紙を使っている証明写真との違いは歴然です。

また、撮影自体も難しく、安定しづらいスマホでは綺麗に撮れないことも少なくありません。自撮りでは角度がつくためNGであり、他の人にとってもらうとしても、身だしなみから撮影する背景まで、細部までこだわる必要があります。データでの提出の場合は上手く撮影すれば使えないこともないですが、ミスが目立ちやすいためおすすめはできません。

履歴書の証明写真までこだわって就活を攻略しよう

証明写真は履歴書の中でも見落としがちなポイントです。貼り付けが必要という点は理解していても、どのように撮影して貼り付けるか、細部のポイントまでは理解できていない人も少なくありません。

証明写真は細かくチェックされているため、こだわって撮影し、工夫して貼り付けることが大切です。履歴書の証明写真によって本当の意味での第一印象が決まります。多少なりとも評価には影響するため、少しでも高評価を獲得したいなら、こだわりを持つことが大切です。

細部までこだわり、完璧に仕上げることで、高評価獲得の可能性は上がります。細部で他の就活生との差別化を図り、質の高い履歴書を提出することで、選考をスムーズに進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ