就活のマナー

OB訪問でおごりになる場合の会計時のマナー

OB訪問は多くの場合、カフェや喫茶店などの落ち着いた飲食店で行われるでしょう。しかし、そうなると一つ気になる点がありますよね。それが会計です。おごりにしてくれるにしても、その場合にはこちらにもおごられるマナーがあります。そこで、OB訪問の会計マナーについて紹介します。

OB訪問おごり

OB訪問では多くの場合がおごり

OB訪問をカフェや喫茶店で行う場合、多くの場合は先輩のおごりで払ってくれることでしょう。しかし、だからといってはじめから払う気が無かったり、はじめからおごりだということが当たり前だと思っているようでは、おごる方も気持ちよくないですし、印象も悪くなるでしょう。

  • 必ず財布を出して払おうとする

どのようなお店でも必ずお財布は出して、払おうとする気持ちを見せるようにしましょう。相手は「いいよ!」と言ってくれるでしょうから、そういう時には素直にお礼を言って、おごってもらいましょう。

レジ前でおごりか割り勘かでごたごたするのも、何も言わずにおごられるのと同じくらいマナーが悪いです。そのような好意は素直に受け止め、きちんとお礼を言っておごってもらいましょう。

OB訪問ではいくらですか?と聞くのも良いマナー

OB訪問では多くの場合がおごりといっても、財布を持ってふらふらしていても何も言ってもらえないこともあります。そういう時にはレジに行く前、もしくはレジ前で、「いくらですか?」と先輩に尋ねるようにしてください。すると「いいよ」と言いやすくなるでしょう。ただ財布だけだしてもおごりだというのを言えないOBの先輩もいます。そのためおごりだということを伝えやすくするために、いくらですか?と聞くのは、良い会計マナー・おごられマナーです。

  • こちらから積極的に声をかける

OB訪問を受けてくれた先輩も、OB訪問を受けるのがはじめてだというこ場合もあるでしょう。そういう時にはなかなかスマートに会計をするのが難しいでしょうから、こちらから声をかけるようにするのが大切です。

ただいくらですか?と声をかけるだけですごく気持ちよくおごれるようになりますし、何より、こちらもおごりに対してのお礼が言いやすくなりますから、会計前には積極的に声をかけるようにしましょう。

OB訪問でおごりになった場合はお礼を三回言う

OB訪問を受けてくれた先輩がおごってくれた場合は、そのおごりに対して三度ほどお礼を言うとスマートです。

・まず会計前に財布をだしたり、「いくらですか?」と聞いた時点で言ってもらえるであろう「いいよ」の段階で一回
・お店の前もしくは駅などで別れる前に一回
・それから帰宅後のOB訪問へのお礼メールで一回

このように全部で三回ほど言う機会があるので、その機会をどれも逃さず、きちんとお礼を言うようにしましょう。

  • お礼が一回だと印象が悪い

一回のお礼だけで済ませてしまうと、どうしてもおごりが当たり前だと思っている感じがでてしまうので、要注意です。特にOB訪問へのお礼メールでの一回は忘れないようにしてください。

また、もしおごりでなくても、本来は知らない人におごらないなんて当たり前のことなので、その際に嫌な顔をしたりしないように、自分で払うのが当たり前だという心持ちで行くようにしましょう。

OB訪問はおごりな場合が多いので会計時のマナーを心得ておきましょう

OB訪問ではおごってもらえる可能性はすごく高いのですが、おごりを当たり前だと思うほど失礼なことはありませんよね。確かにカフェや喫茶店では金額は大したことはないかもしれませんが、金額は関係ありません。誠意をもってお礼を言うようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ