面接対策

【カジュアル面談とは】服装や企業からみられているポイントをご紹介

カジュアル面談を攻略しよう

null

就活の面接はフォーマルさが求められる場であり、特有の雰囲気に緊張する人も多いでしょう。しかし、厳粛な雰囲気でおこなわれる面接、面談ばかりではなく、比較的カジュアルな雰囲気でおこなわれるものもあります。それがカジュアル面談であり、最近では新卒の採用でも実施する企業は増えています。

カジュアル面談は通常の選考とは一線を画しており、特徴の違いも大きいです。普通とは違う選考スタイルに面食らって焦らないためにも、どのような内容でおこなわれるのかを知っておくことが大切です。カジュアル面談にも上手に取り組むことで、就職の選択肢はさらに広がります。特徴やみられているポイントなどを知り、カジュアル面談の攻略を目指しましょう。

カジュアル面談とは

カジュアル面談を攻略するには、内容を理解することが大切です。カジュアル面談を採用する企業は増えていますが、新卒ではまだまだレアなケースで、通常の面接と比べると数はそれほど多くありません。そもそもカジュアル面談は、転職者の採用のよく使われる手法であり、新卒で実施されるのは珍しいとも言えます。しかし、近年では新卒採用でも実施する企業は増加しているため、面談の特徴を理解して上手に取り組むことが大切です。

企業説明+意見交換会のようなもの

カジュアル面談は、簡単に言えば企業説明会と社員との意見交換会を同時にやるようなものです。基本的にはこれらは別々の機会で設けられていることが多いですが、カジュアル面談の場合は、社員との面談を通じて、業界や企業、仕事について幅広く話をします。会話をしながら、企業や仕事についての理解を得られるものと考えましょう。

企業説明会では一方的に企業の担当者が説明をおこない、最後に数人にだけ質問する機会が与えられることが多いです。得られる情報はほとんど限定的で、受動的なものになりますが、カジュアル面談なら積極的に質問して情報を得ることができます。企業にとっても学生の本音を知ることができる数少ない機会のため、積極的におこなうことが増えています。

選考過程に組み込まれていることも

カジュアル面談は、企業説明会や意見交換会のように独立している場合も多いですが、一方で選考過程に組み込まれることもあります。カジュアル面談での受け答えや印象によって評価を決定し、次の選考に進ませるかを判断するケースも多いため注意しなければなりません。

企業によっては、カジュアル面談が本選考に関係するかを明らかにしないまま、実施することもあります。どのような場合でも、就活イベントのひとつであることは確かなため、カジュアルな雰囲気に飲まれないよう、誠実な気持ちを持って臨むことが大切です。企業によって実施するタイミングも違い、選考途中でカジュアル面談を挟むケースもあります。

企業とのミスマッチを防止できる

選考の一面を持っている一方で、意見交換会としての機能も有しているため、カジュアル面談に参加することで、その企業についての理解を深めることができます。その企業で働く社員からさまざまな情報を得られることで、自分との相性を見極めることができ、ミスマッチも減らせるでしょう。

就活はいかに自分に合った企業を探すかが重要であり、就職の失敗を減らすためにも、マッチング度は常に意識しなければなりません。カジュアル面談では社員もフランクに接してくれることが多いため、より素の部分を見ることができます。どのような社員がいるか分かるため、企業全体の雰囲気を見抜く手がかりが得られ、かつ質問次第では職場環境についても教えてもらえることがあるでしょう。

カジュアル面談の特徴

カジュアル面談への理解をさらに深めてスムーズな攻略を目指すには、特徴を詳しく理解することが大切です。カジュアル面談の特徴は大きく2つで、これらを把握することでどのような選考方式なのかが理解できるでしょう。もちろん、企業によっては選考とは全く関係ない、独立したイベントと考えることもあります。しかし、対応した社員の印象に残るのは確かであるため、正しい方法で臨むことが大切です。

私服OKがほとんど

カジュアル面談はその名の通りカジュアルな雰囲気で進められるため、スーツではなく私服でおこなわれることが多いです。服装に関して何も指示がない場合でも、カジュアル面談と評されているなら、私服で参加しても問題ないでしょう。もちろん、企業によってはスーツを指定することもあり、その場合は必ず指示に従ってください。

私服可、あるいは私服が指定されている場合は、オフィスカジュアルで参加することが大切です。通常の選考よりもカジュアルな場だからといって、完全私服のラフな服装で臨んでしまうと、印象が悪くなってしまいます。服装自由の場合でも、就活中はある程度フォーマルな装いをしなければならないため、オフィスカジュアルのラインは外さないようにしましょう。

フランクに情報交換ができる

フランクに情報交換ができることも、カジュアル面談ならではの特徴です。企業説明会や意見交換会の場合、意見できるタイミングは限られており、思うように発言できない場合が多いです。しかし、カジュアル面談なら、面談中の雰囲気は和やかで、時には仕事以外のことに話が及ぶこともあるでしょう。

仕事とプライベートのことを織り交ぜながらも、就活に関係することを引き出せるため、情報収集の場としても最適です。就活はいかに有益な情報が得られるかが重要で、情報を上手に活用することで選考も有利に進められます。カジュアル面談の内容が本選考に影響しない場合でも、選考で活用できる情報が手に入ったなら、参加するメリットは十分あるでしょう。

カジュアル面談でよくある質問

・弊社についてどのようなイメージを持っていますか
・就職したい業界や企業はみつかりましたか
・どのように仕事に取り組み、キャリアを築いていきたいですか
・社会人として働くことについて、どのようなイメージがありますか

カジュアル面談の質問は実に多彩であり、上記はあくまで一例に過ぎません。しかし、選考の一部として組み込まれることも多いため、当然仕事について、就活について聞かれることは多いです。

通常の面接と何ら変わりない質問が、口調を変えてフランクに問われることもあるため注意しなければなりません。また、カジュアル面談では漠然とした質問も多く、業界や企業の何となくのイメージや、自分が考える仕事や社会人のイメージについて聞かれることもあるでしょう。

カジュアル面談でみられるポイント

null

カジュアル面談は選考の一環としておこなわれることも多く、当然面談中も評価されています。フランクに話し合いができるからといって、スイッチを切って臨んでしまうと、評価されずに選考が終了する可能性もあるため注意しなければなりません。企業によって本選考の評価に直結するかは異なりますが、全ての場合で評価される意識を持って臨むことが大切です。カジュアル面談では企業は何を知りたがっているのか、みられるポイントを把握しておきましょう。

学生の人柄・個性

カジュアル面談では、リラックスした雰囲気で意見交換をおこなうことで、学生の人柄や個性をみようとしています。カジュアル面談に限らず、人柄や個性は企業が重要視するポイントであり、選考では必ずみられています。しかし、通常の選考だと学生も身構えてしまい、事前に用意してきた内容でアピールすることも多いため、なかなか素の部分までは分かりません。

カジュアル面談は他の選考と比べると緊張度が低いため、リラックスさせることで素の部分の人柄や個性がみられていると考えましょう。企業は素の部分をみたいと考えているため、無理に着飾る必要はありませんが、ありのままをさらけ出し過ぎるのも考えものです。素の部分をみられていることを意識しながらも、上手にコントロールして自分の魅力をアピールしなければなりません。

企業への就職意欲

企業への就職意欲も、カジュアル面談でみられているポイントのひとつです。カジュアル面談は企業を知ることを目的におこなわれるものでもあり、情報収集の目的で参加する人も少なくありません。しかし、企業としてはカジュアル面談も選考のひとつと考え、より自社に合った優秀な人材の獲得に活かしたいと考えています。

つまり、就職意欲が高く、活躍できそうな人をみつけると、選考でも優遇する可能性が高いということです。フランクな雰囲気で素の部分を引き出しやすいからこそ、本当に就職したいと思っているのかがみられています。取り繕った志望動機ではなく、本音部分から就職意欲をみられているため、軽はずみな言動をしないように注意しなければなりません。

関連記事
面談と面接の違いとは?必要な準備や都合が悪い時の返信方法

カジュアル面談を攻略するには

null

カジュアル面談は簡単なようにみえて意外に難しく、ここでつまづいてしまう人も少なくありません。フランクな雰囲気で進むからと油断して失敗することも多いため、事前対策はしっかりおこなうことが大切です。きちんと対策をおこなうことでよりスムーズに攻略を目指すことができ、高評価も獲得しやすくなるでしょう。念入りな準備をしておくと、有益な情報も得やすくなるため、今後の就活をスムーズに進めるためにも事前対策は必須です。

企業情報を事前に調査しておく

カジュアル面談は企業への理解を深められるチャンスですが、評価される場でもあるため、事前準備は徹底しておかなければなりません。特に企業についての理解を深めておくことは非常に重要であり、事前にどれだけ情報を集め、調査できたかによって、評価のされ方も違ってくるでしょう。

カジュアル面談は雑談形式で進むことが多いため、スムーズに会話をするには企業についての情報をできるだけ多く持っておく必要があります。相手の質問に素早く答えられたり、こちらから鋭い質問をしたりして、情報の引き出しの多さをアピールできると、高評価に繋がりやすいです。企業理解を深めることは最重要といえるため、ホームページをチェックしたり、説明会に参加したりして情報を集めておきましょう。

仕事への熱意をアピール

カジュアル面談では就職への意欲がみられているため、仕事に対してどれだけ熱意を持っているかをアピールするといいでしょう。就職後どのようなことをしたいか、どのように成長し、目標を達成したいかなどを伝えることで、熱意をアピールできます。また、質問から熱意を伝えることも可能で、仕事についての詳細な質問などはおすすめです。

1日の仕事の流れを聞いたり、一般的なキャリアの流れ、自分がやりたいことを実現するためのキャリアの積み方を聞いたりすると、好印象になりやすいでしょう。仕事に関する質問がひとつも出ていないと、熱意がないと思われる可能性があります。仕事に関することは詳細まで聞き、就職後のビジョンを膨らませながら自分がどのように働くかをイメージし伝えることが大切です。

企業に合った能力を提示する

高評価を獲得するには、企業に採用メリットを提示することが大切です。企業に合った能力を提示することで、採用メリットを強くアピールすることができ、より内定の獲得にも近づきやすくなるでしょう。カジュアル面談は意見交換の場ですが、ここでアピールをしてはいけないわけではありません。

意見交換で情報収集をしながらも自分を積極的に売り込むことで、評価される可能性は高まります。また、採用メリットをアピールすることで就職意欲の高さも伝わり、仕事への熱意のアピールへも繋げやすくなるでしょう。事前に企業が求める人材像を調べ、それに合わせた能力を提示することで企業への志望度の高さも伝わりやすく、高評価にも繋がります。

カジュアル面談も就活の一部

null

カジュアル面談は通常の選考とは大きく様子が違っており、フォーマルな雰囲気から一転して、フランクな雰囲気で進められます。緊張度が低い場で、気軽に参加、意見交換がしやすいため油断しがちですが、これも就活の一部であることは忘れてはいけません。カジュアル面談を選考の一環と考え、ここで評価を下している企業は多いです。

フランクな雰囲気に流されて適当な振る舞いや言動をしていると、評価を下げられて不採用になる可能性もあります。カジュアル面談でも誠意を持って取り組み、自分の魅力や就職への意欲を積極的にアピールすることが大切です。他の選考と同じように緊張感を持って取り組み、自分らしさを上手に売り込んで、カジュアル面談でも高評価の獲得を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ