その他

企業選びの際にオススメの3つの軸

企業選びの軸は何かと、面接で聞かれることは意外と多いです。
しっかりとした軸が作れていないと答えに詰まってしまい、印象が悪くなってしまいます。
そこで今回は、企業選びの軸としておすすめな3つの例を紹介いたします。これを参考に、自分なりの軸を作り出しましょう。

企業選びの軸① 能力が活かせるかどうか

企業選びの軸の例としてまず一つ目に挙げられるのは、自分の能力を活かせるかどうか、ということです。

やはり自分の能力が活かせない仕事に就いてもうまくいかないことばかりでストレスが溜まり、仕事を全然好きになれない可能性も高いです。
そうして、仕事を好きになれないと、仕事をしていても辛いだけで、すぐに辞めたくなってしまうかもしれません。

  • 能力があれば採用される可能性が高くなる

もちろん能力が活かせるということは、就活時に会社に自分を採用してもらえる可能性が高くなるということもあります。

ここを企業選びの軸にすることにより、数多くの会社を受けなくても内定がもらえる可能性が高くなるのです。そういう意味でもこういうことを企業選びの軸にするというのはおすすめです。あなたらしい仕事を探すための方を見ておけば、より自分の能力値にあった企業に就職できることでしょう。

企業選びの軸② その会社が好きかどうか

この点を企業選びの軸にすると、入社してからも、その仕事が多少上手くいかなくても、めげずに努力を続けることができることでしょう。

  • “何が・何故好きなのか”を考える

また、特に新卒の時点では、熱意さえあれば評価されることも多いですから、熱意を表現しやすいこの「好き」という軸は、就活で非常に役立つ、とても良い軸となるのです。

したがって、自分がどんなものが好きで、どうしてそれが好きなのかを良く考え、その会社にその好きなポイントがあるかどうかを企業選びの軸にするというのは、とてもおすすめです。

オトクな就活資料【無料】

就活の軸を決める方法【無料資料】

この資料では、そんな就活の最重要ファクターである「就活の軸」の作り方を事例付きで解説します。大切なのは「あなたは何ができるのか」=Can「あなたは何がやりたいのか」=Willで考える思考法。この方法を使えば、あなたも気づかなかったようなあなたの就活の軸が見えてきます。就活で成功したい、さらにはその先の人生で後悔をしたくないなら、この資料を使って、就活の軸を固めしまいましょう。

企業選びの軸③ なりたい自分になれるかどうか

将来なりたい自分になれるかどうかを軸にするということも、企業選びの軸としてはおすすめです。

たとえば将来独立したいと考えているならば、独立するためのスキルや人脈を築けるかどうかということを軸にしましょう。また、ずっとその会社一筋で働いていたいと考えているなら、安定しているかどうかを軸にしてみるのも良いでしょう。
単純にお金持ちになりたいというのであれば、給料が良いかどうかということを軸にしてみましょう。

  • 価値観や将来像を考える

このように価値観がはっきりしているというのは、就活の面接でも評価されやすいということがありますから、こうしたことを企業選びの軸にするというのは有効なのです。
価値観や、将来どんな自分になりたいのかということについて、よく考えてみると良いでしょう。
ただしその為には、自分のことをよく知っておく必要があります。自己分析をやる意味も押さえておく必要があるでしょう。

例を参考に面接で説明できる企業選びの軸を探りましょう

企業選びの軸としておすすめな3つの例について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。これら3つすべてを兼ね備えるところに軸を作っても良いでしょうし、何か一つを選び軸にしても良いでしょう。いずれにしてもこれらのことを参考に、自分の言葉で説明できる軸をつくっていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。