自己分析

【自己分析ノートの作り方】作成目的や診断できる便利サイトも紹介

自己分析は選考を通過するための要となる準備

皆さん、自己分析はもう行いましたか。「まだ行っていない人」や「どうしたらいいかわからない人」も多いのではないでしょうか。

内定を獲得するためには自己分析が必要です。自己分析がきちんとできていなければ、内定を得られなかったり、運よく就職しても、入社前の理想と入社後の現実とのギャップに苦しんだりしてしまう可能性があります。

自己分析は自己分析ノートを用いることで効率的に自分について理解することができます。自己分析ノートの作り方やそもそも自己分析をする目的を理解することで、より優位に就活を進めていきましょう。

自己分析をする3つの目的

自己分析をする3つの目的を表した図

自己分析をする前に、「そもそもなぜ自己分析をするのか」を知っておく必要があります。自己分析は目的を知らずに進めても効果は得られませんし、本当の意味で自分自身を知ることはできません。

自己分析の効果を最大限得るためには、なぜ自己分析をしているのか、何のために必要なのかを知っておくことが大切です。自己分析の目的は大きく3つにわけられますので、それぞれの目的を知っておきましょう。

1.自分の適性を知る

自己分析の目的としては、「自分の性格を知り、適性を理解できるようにすること」です。自分自身と向き合うことで、「自分が何に向いているのか」「何が向いていないのか」を知っていきます。就活の選択肢は無限といえるほどにあり、さまざまな業界や企業への就職が可能です。

例えば、自分はホスピタリティ精神があるから「旅行業界」や「ホテル業界」が向いているなど、自分の性格にあった仕事選びが可能になります。

職業ごとに求められる能力は違いますし、人によって仕事の向き不向きも違っています。自己分析をおこなうことで、自分の適性を知り、より自分に合った仕事をみつけていきましょう。

2.強みや弱みをみつける

自分自身の強みや弱みをみつけることも、自己分析をおこなう目的のひとつです。自己分析では長所と短所をみつけて、「自己PR」がしっかりと書けるようになります。自分の強みと弱み知り、採用担当者が理解しやすいような自己PRを作成することで、企業に対して有効なアピールをすることができます。

例えば、自分の長所が「努力家」であれば、何事にもストイックに取り組めるイメージがあり、向上心があると評価されます。また自分の短所が「能天気」な性格ですが、明るく前向きに切り替えられると変換することで、ポジティブなアピールにつなげることができます。

このように強みや弱みをみつけることで、企業に対して魅力的なアピールをすることができます。自己分析をすることで強みと弱みを理解し、自己PRを作れるようにしましょう。

「長所」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「長所」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

「短所」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「短所」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

3.ビジョンの確立

自己分析は就活の方針を決めるために必要なものですが、就活中だけを視野に入れたものではありません。就活中はもちろん、就職後についても視野に入れて考えるものであり、将来的なビジョンの確立をすることも自己分析の目的です。

就活は就職すればそれで終わりではなく、就職した先で活躍し、成長していくことが大切です。ただ就職するだけではなく、自分が求める将来を実現することが大切であり、それを見つけるためにも自己分析が必要になります。

将来のビジョンを確立し、「どんな自分になりたいか」を考えることで、いますべきものがみえてきます。

「ビジョン」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「ビジョン」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

スキマ時間3分で自己分析を完璧にしよう

就活を成功させるためには自己分析が必須です。しかし、自分自身のことを分析するのは以外と難しいですよね。

そこでおすすめなのが「自己分析ツール」です。3分程度で終わる質問に答えるだけで、あなたの性格を12タイプから診断。あなたの強みや弱みを簡単に知ることができます。

このツールを使えば選考でアピールできる強みを簡単に特定することができます。今すぐ活用しましょう。

分析スタート!【無料】

あわせて活用したい!

30秒で適職がわかる!スマホで診断できるお役立ちツールです。

自己分析ノートの作る5つの手順

自己分析ノートを作る5つの手順を表した図

自己分析をおこなう方法はさまざまあり、自分に合った方法を試すことが大切です。人によってどの方法が合っているかは違いますし、自分に合わない方法で自己分析をおこなっても成果が得られない場合もあります。

自己分析はさまざまな方法を試すことが大切です。その中で、特に有効なやり方として「自己分析ノート」の作成があげられます。自己分析ノートを作ることで、「自分の人生の変遷」や「なぜそのような性格になったのか」「考え方のプロセス」などが理解しやすくなり、自分についてより明確な理解をすることができます。

またノートを作成することで、いつでも自己分析の結果を確認できるといったメリットもあるため、ぜひ手順を理解しておきましょう。

1.ノートを準備する

まずは自己分析のためにノートを用意しましょう。注意点としては、就活のメモとして使うようなメモ帳など小さすぎるタイプを避けるということです。自己分析のためのノートは十分なスペースが必要で、必要であれば書き足したりすることもあります。一般的な大学ノートのB5以上がおすすめでしょう。

また、自己分析とほかの就活の用途のものを一緒に使うのもおすすめしません。自己分析ノートは一冊で収まりきらないこともありますし、見返しやすいように専用のノートを作りましょう。

おすすめの自己分析ノート①:kleid ノート LIFE×kleid ノーブルノート

「kleid ノート LIFE×kleid ノーブルノート」はB5サイズよりも小さめのB6サイズですが、持ち運びもしたい人におすすめです。選考と選考の間や待ち時間などに自己分析を進めることもできます。デザイン、紙質も高級感があふれているため、モチベーションアップにもつながります。

おすすめの自己分析ノート②:ツバメノート ノート B5

「ツバメノートノート B5」はもっともベーシックなサイズ、デザインのノートです。自己分析ノートはとにかくたくさん書き込み何冊もノートが必要な人にとっては、コスパもいいです。リングノートを選ぶ場合は、破れやすいデメリットがありますので、気を付けましょう。

2.自分史を作る

自分史を表した図

自己分析ノートを作るには、まずは自分史の作成が大切です。過去の経験を洗い出し、自分を知っていきましょう。自分史の範囲は人によってさまざまですが、より具体的に自分を知るためには、生まれたときから現在までを書き出してみることが大切です。

「何を頑張ったか」「なぜそれに取り組んだのか」が分かることで、自分の喜怒哀楽や価値観を理解することができます。それにより「チームワークを大切にしたい」や「自己成長がしたい」など、仕事に求めていることを明確にすることができます。

生まれた頃や幼少期は就活には関係ないと思われがちですが、幼少期の経験が現在につながっていることもありますし、自身の本質がそこに眠っている可能性もあります。

思い出せる部分に関してはより詳細まで記し、可能であれば関連するエピソードなども出していきましょう。自分の歴史を振り返ると、自分がどのように成長してきたのかを客観的にみれます。

「自分史」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「自分史」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

3.マインドマップを作る

マインドマップを表した図

自分史が作成できれば、次にマインドマップを作っていきましょう。マインドマップは思想をみえる化する方法であり、テーマをひとつ決め、それに関して連想できるワードをつないでいく方法です。

自分史で書き出した事実をテーマに、「なぜそのような行動をとったのか」「なぜそのような考えに至ったのか」「なぜそのような性格になったのか」など自分史で洗い出した出来事や思考のプロセスを明確にすることができます。これらのプロセスを理解することで、「自分は〇〇ような考え方ができる強みがある」「〇〇の性格はどういうときに欠点となる」など強みや弱みが明確に言語化することができます。それにより、具体的かつ論理的な自己PRになるため、採用担当者など話を聞く側が分かりやすくなります。

マインドマップを作るためにはテーマが必要ですが、最初のテーマ設定は自由であり、自分の知りたい内容であれば何でも構いません。大きく就活と設定してもいいですし、より詳細に強みや弱み、仕事に求める条件などに設定するのもいいでしょう。

大切なのは自分が本当に知りたいことの設定であり、そこからできる限り言葉をつないでいくことです。マインドマップは複数作成しても構いませんし、複数作成してどこがつながるかを考えてみるのもおすすめです。

「マインドマップ」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「マインドマップ」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

4.家族や知人からの客観的意見も書き込む

ジョハリの窓を表した図

自己分析に必要なのは、自分の目線からみた自分のあり方だけではありません。自己を理解するためには、自分以外の他人がみた客観的な自分への意見が重要になってきます。

「ジョハリの窓」と呼ばれるフレームワークがあり、自分での自己理解と他者からの自己理解のずれに気づくことで、客観的な自己分析ができるようになる手法があります。

例えば、周囲の人に聞いてみることで、自分では当然と思っている点が実は長所だと気づけることもあります。そもそも長所をみつけるには自己分析が必要であり、正確な自己分析をするには、客観的な視点から考えることが大切です。

つまり周囲の人に聞くことで、より客観的な視点から自分を見つめ直すことができ、長所をみつけやすくなります。家族や友人、先輩や後輩など、さまざまな人に意見を求めて、自分がどのような長所を持っているのかを考えていきましょう。

マインドマップ制作の際に他人から意見をされたり、常日頃から言われていることがあるなら、それらもあわせて書き込むことでより深く自分を理解する手助けになります。

「他己分析」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「他己分析」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

5.自問自答を繰り返して深堀をする

自分史を作り、マインドマップを作成するのは自分自身についての情報を整理するためです。自己分析をさらに深めていくためには、整理した情報をもとに自問自答を繰り返して深堀することが大切です。

自問自答を繰り返しながら、自分の過去や長所・短所を深堀していくには、自分自身の過去や思想に対して、「なぜ?」と疑問をぶつけていきます。なぜそのようなことをしたのか、なぜそのように考えるのかを考えると、自分自身の行動原理や深層心理などが分かります。

また「なぜ?」の疑問は一度だけではなく、同じテーマに関して複数回ぶつけていくことが大切です。答えが完全に出るまで疑問をぶつけ続け、自分自身の本質部分を知っていきましょう。

「就職する意味」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「就職する意味」について詳しくなることで、より優位に就活を進めることができるでしょう。

自己分析ツールで12月中に自己分析を終わらせてください

自己分析ツールはもう試しましたでしょうか。就活では自己分析が重要です。中途半端に自己分析を終わらせてしまうと、入社後のイメージギャップから早期退職につながってしまいます。

そんな時は「自己分析ツール」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

診断スタート【無料】

あわせて活用したい!

30秒で適職がわかる!スマホで診断できるお役立ちツールです。

自己分析に便利なサイト・参考書4選

自己分析に便利なサイト・参考書4選を表した図

自己分析の方法はさまざまあり、サイトや参考書などを使用した方法もおすすめです。サイトを利用することで、手軽に自己分析を進めることができますし、参考書などを使えば自己分析の方法を正しく知ることができます。

自己分析はやり方によって得られる結果が違う場合も多いですし、複数の方法を試し、それらを総合して自分を知っていくことが大切です。自己分析におすすめなサイトや参考書を知って、自己分析の幅を広げていきましょう。

1.リクナビ診断

自己分析ができるサイトとしては、リクナビ診断が挙げられます。リクナビに登録していれば、誰でも診断できますので、気軽に診断をおこなうことができます。リクナビは就活情報サイトとしても利便性が高いですし、まだ登録していない人は診断も兼ねて登録しておくのがおすすめです。

リクナビ診断では約5分の診断で、自分に合った仕事、仕事への適性を知ることができます。自分に合った仕事を見つけることは、自己分析の基本ですし、就活の方向性を決める上でも大切なことです。

5分であればスキマ時間を使ってすぐにおこなうことができますし、就活中の忙しい時期でも簡単に自己分析をおこなうことができます。診断は何度もおこなうことができますので、就活に行き詰まりを感じれば、繰り返し診断してみるといいでしょう。

2.キャリクエ

キャリクエはキャリタス就活のコンテンツです。使用して得られた詳細な結果はキャリタス就活への登録が必要になりますが、診断と簡易結果は無料でできます。

昔のRPGゲーム風のホームページで、画面に出された20数問の質問に答えていくだけで、自分の性格の傾向やおすすめの職業などが分かるようになっています。登録不要で見られる内容では簡単な性格の特徴だけでなく、ストレスを溜め込むタイプかも調べてくれるのが面白いコンテンツです。

キャリクエはページ自体の見た目のゲームっぽさもあって、気軽に挑戦できるのがポイントです。また自分の性格傾向について、簡単なメッセージやパーセンテージで分かりやすくチェックできるのも、キャリクエのポイントです。

3.Rakutenみん就

Rakutenみん就でもおすすめな就職先や、自分の性格の傾向を調べてくれる就活診断をやっています。特にRakutenみん就では、業界タイプ別にマッチする職種を調べられるので、まだ就職先を決めかねている就活生の行動指針にも使うことができるのが特徴です。

ただし、Rakutenみん就の就活診断は無料会員登録とログインをしないと受けられないため、少々手間な部分はあるかもしれません。既にRakutenみん就への登録をしているのであれば、気軽に使用してみてもいいでしょう。

自分がどういった職種に向いているかというのは、自己分析だけではなかなか分かりにくいものでもあります。具体的にマッチしている職種を調べてみたいのであれば、Rakutenみん就を活用するのはおすすめです。

4.絶対内定2019――自己分析とキャリアデザインの描き方

絶対内定2019――自己分析とキャリアデザインの描き方という本は、就活の指南書としてロングセラーシリーズの本です。9年連続大学生協1位を獲得している、就活生に人気の本であり、多くの就活生から支持されている一冊です。

自己分析の方法が紹介されているだけではなく、ワークシートも多数あるため、作業をしながら自己分析を進めることができます。作業をしながら自己分析をおこなうことで、より明確に自分を知ることができますし、自己分析の結果を覚え込むこともできます。

情報量も多く、就活全般を進める上でも役立つことは多いです。多くの就活生に長くから愛されている一冊であり、就活の指南書としてもおすすめであり、利用する価値は高いです。

自己分析ノートで就活をスムーズに進めよう

自己分析は就活をスムーズに進めるためには不可欠なものであり、就活を成功させるためにも必要なものです。自己分析が正しくできていなければ、求める仕事や自分に合った仕事、自身の強みや弱みなどを知ることができませんし、選考でも不利になってしまいます。

自己分析がどこまで正確にできるか、深くまで自分を知ることができるかで就活が成功するかどうかは変わりますので、自己分析を徹底することが大切です。自己分析の方法はさまざまですが、おすすめなのは自己分析ノートの作成です。

自己分析ノートを作成することで、自分の情報を整理し、深くまで自分と向き合うことができます。自己分析ノートでしっかりと自己分析をおこない、就活をスムーズに進めていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ