就活のマナー

リクルーター面談で印象が良くなる質問集|お礼メールやマナーも紹介

リクルーター面談とは

リクルーター面談は、企業に所属しているOBやOGと面談をすることであり、これも就活の一環です。リクルーター面談の結果によって、選考での結果に影響することも多いですし、この段階から気持ちを引き締めて取り組まなければなりません。

リクルーター面談はすべての企業でおこなわれているわけではありませんが、このスタイルを採用している企業は多いのです。リクルーター面談を攻略できれば、就活はより有利に、スムーズに進めることができます。リクルーター面談の正しい意味を理解して、就活を上手に進めていきましょう。

選考同様と考える

リクルーター面談は単なるOB・OG訪問とは異なります。こちらからOB・OGに連絡を取り、時間を頂いたのならともかく、企業側からそのような機会を設けて頂くのであれば、それが単なるOB・OG訪問ではないことは明らかです。

リクルーター面談には通常の面接と同様、選考の意図がありますので、通常の面接と同様の準備をして臨む必要があります。また、選考の場であるので、普段の面接と同様に服装や髪形など身だしなみにも注意してください。

「面接ではないから大丈夫だろう」と考え、社会人として相応しくない身だしなみで臨むと、面談者からマイナスの評価を受けてしまいます。リクルーター面談はいわば「面接に進むための面接」のようなものですので、緊張感を持って臨むようにしましょう。

情報収集の場でもある

リクルーター面談は選考の場であると同時に、OBやOGに話を聞き、企業や仕事についての情報を集めるための場でもあります。企業の社員の話を聞くことで得られる情報は有益なものが多く、しっかり情報を集めて選考に活かすことが大切です。リクルーター面談でしっかり情報が集められていれば、業界や企業への理解も深まり、選考も有利に進めることができます。

リクルーター面談を突破すれば、本選考へと進むことになり、この時点で情報を集めることができれば選考でも高評価を得やすくなります。企業の社員と直接話ができる機会は多くはありませんので、リクルーター面談はとても非常な機会と言えます。リクルーター面談は重要な場ですので、しっかりと情報を集めて選考に活かしましょう。

リクルーターが付くタイミング

リクルーターが実際に付くタイミングは業界、企業によって様々です。プレエントリー後すぐに付く企業もあれば、エントリーシート提出後に付く企業もあります。

リクルーター面談のある企業だとわかっていても、その時期や方法に関して知らないでいると、なかなか来ない連絡に不安を感じ、他の選考の準備などにも支障が出てしまう可能性があります。

心を乱さず、就活に打ち込めるように、自分の受ける企業にリクルーター面談はあるのか、付くのであればどの時期にどのような方法でつくのか、事前に調べておくようにしましょう。

プレエントリー後

リクルーターから連絡が来る時期として、プレエントリー後に行う企業が多数存在します。この場合、地方の企業が地元の学生にアプローチするケースが多いです。

本エントリーがエントリーシートを提出し、選考に進んでいくものに対し、プレエントリーは企業に関心を示しているだけで、まだ選考には進んでいない段階です。この段階でリクルーター面談をスタートさせるのは、他の企業に目移りされる前に優秀な人材を囲い込んでしまいたいという意図があります。

地元の企業に勤め、地元に貢献しようと初めから考えている就活生ももちろんいますが、地方出身でも都心部の企業に就職する人の割合は年々増えてきています。そのような中で優秀な人材を確保するため、地方の企業ではプレエントリー後にリクルーターをつけることが多いです。

ES提出後や説明会参加後

リクルーターがつくタイミングとして最も多いのが、ES提出後や説明会への参加後です。上記で述べたようにプレエントリー後にリクルーターをつけることのメリットは優秀な人材に早めに接触が出来ることです。

一方でこの段階ではまだ関心を示しているだけで、本エントリーをするかもわからないので、接触したものの結局他社へ流出してしまう可能性も十分にあります。そのため、接触が無駄にならないよう、企業への志望度がある程度固まっている就活生のみをリクルーター面接に進める企業が一般的には多いのです。

エントリーシートの内容や説明会への出席の有無から自社にどれだけ関心を示しているのかを測り、それに応じてリクルーターを付けるのです。

OB・OGからのコンタクト

OB・OGからのコンタクトによりリクルーターがつくことも中にはあります。この場合、対象となる就活生は国立大学や有名私立大学に通っている人が多いです。このような形でリクルーターを付ける理由としては、企業が学歴を就活生の能力のひとつとして判断していることがあります。

国立大学や有名私立大学など、いわゆる難関大学に入学しているということは、それだけの努力を行っているということです。その努力により入学に見合う能力を有したからこその学歴であり、その意味では学歴も就活生の能力を示すひとつの指標となり得るのです。

そのため、リクルーター面談を行う大手企業の中では、早い段階で難関大学の学生に接触し、優秀な人材に対して自社のPRをしておきたいという意図があるのです。

リクルーター面談を取り入れている企業一覧

リクルーター面談を取り入れている企業は、大手を中心にあります。業種別にご紹介しましょう。

【金融業界】
日本銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、商工組合中央金庫、大和証券、野村證券、第一生命、住友生命、東京海上日動火災保険

【インフラ業界】
関西電力、中部電力、JR東日本、JR東海、JR西日本、NTT

【建設業界】
鹿島建設、清水建設、大成建設、旭化成、竹中工務店

【メーカー】
日立製作所、トヨタ、マツダ、リコー、クボタ、デンソー

自分自身が志望している企業が、リクルート面談をおこなっているかどうかを一度調べたうえで、対策をおこなっておくと良いでしょう。

リクルーター面談の内容

リクルーター面談の内容は企業によってやり方が異なります。一般的におこなわれている面接と同じように企業のリクルーターが、志望者に対して一方的に質問をしていく形式をとる企業もあれば、双方に質問ができるように、逆質問をするチャンスが何度もあるケース、そして、何気ない会話の様子を見るために、雑談形式の企業もあります。

面接場所もリラックスできる場所としてカフェなどでおこなう場合もあれば、会議室など通常の選考にある面接のようにおこなうケースもあります。人数は1人で対面式のときもあれば、1~3人の少人数式でおこなうなど企業によってさまざまです。

リクルーター面談の時点から選考は始まっている

リクルーター面談は選考の一部とは考えず、気楽に受けてしまっている人が多いですが、それでは選考を有利に進めることはできません。リクルーター面談はリラックスした雰囲気でおこなわれることが多いですが、実は選考はすでに始まっています。

リクルーター面談の結果によっては本選考に進めない場合もありますので、きちんと対策をしてから受けなければなりません。リクルーター面談は本選考の前におこなわれることも多く、0次面接として考えられているものです。ここで好印象を残すことができれば選考でも有利になりますので、精一杯取り組むことが大切です。就活を攻略するためにもリクルーター面談の攻略は欠かせませんので、気持ちを引き締めて取り組みましょう。

①企業研究の成果をアピール

リクルーター面談でのこちらからの質問の時間は、企業研究の成果をアピールできる時間でもあります。「御社の○○という事業は、新入社員でも参加できますでしょうか?」「私は○○なところが長所だと思っているのですが、○○という事業でその能力は活かしていけるでしょうか?」など、会社のことを良く調べていないと出来ないような質問を用意していきましょう。

リクルーターに調べていることを話せば熱意の表れとなる

口でどれだけ熱意があるといってもなかなかそれは信じられません。しかし、会社について調べているという結果がついてくれば、熱意も信じられます。リクルーター面談を突破するためには、会社の事を調べていないと出来ない質問を用意しましょう。

企業研究をしてもわからなかったことを聞く

リクルーター面談では、企業や仕事について詳しく聞くことができますので、企業研究で分からなかったことについて質問しておくことが大切です。企業研究の方法としては、ネットで企業のホームページを検索したり、説明会に参加することが挙げられますが、それらだけではわからないこともたくさんあります。

企業の社員と直接話ができる機会は多くはありませんので、リクルーター面談を最大限に活用するためにも、しっかりと質問を考えておくことが大切です。事前に企業研究をしてわからなかったことでも、質問することでわかる場合も多いですし、わからないことはリストにしておく必要があります。細部まで質問をすることで、企業への関心の強さをアピールでき好印象を与えることができます。

②向上心をアピール

実際に、自己PRや志望動機などを話しているタイミングで、自分の向上心について触れている場合などには、こうした質問はさらにリクルーターの印象を良くしてくれることでしょう。本当に向上心の高い人物であると思ってもらえることは間違いありません。もし志望動機や自己PRで向上心に触れていたなら、欠かさずこういう質問をしていきましょう。

新卒は成長力重視で採用される

リクルーター面談で向上心をアピールすべき理由としては、新卒は成長力を重視して採用が決定していることが挙げられます。新卒の時点では仕事の経験もありませんし、仕事の能力をアピールするのは難しいです。企業としても即戦力が採用できるに越したことはありませんが、それは難しくもありますので、就職後の成長力を見て採用を決定しています。

就職後にいかに成長し、企業に貢献できるかが重要視されていますので、企業での成長意欲をアピールすることが大切です。成長意欲をアピールするためには、就職後のキャリアプランを提示していきましょう。就職後どのように成長したいのか、どのようなキャリアプランを達成したいのかを具体的に述べることで、向上心の強さをアピールすることができます。

③仕事のやりがいについて

・仕事のやりがいを感じるときはなんですか?
・仕事をしていて嬉しかったことはなんですか?
・1番印象に残っている仕事はなんですか?
・1番大変だった仕事はなんですか?

「仕事のやりがいを感じるときはなんですか?」というような質問も、リクルーターに良い印象を与える質問だといえるでしょう。

仕事のやりがいは実際に働いたからこそ、分かることもあります。また、仕事のやりがいをリクルーターに質問することは、企業選びにも参考になるはずです。

リクルーター面談でするべき質問

リクルーター面接のイメージが少しずつわいてきたと思いますが、実際にリクルーターに質問するときはどのような内容がふさわしいのでしょうか。基本的には企業ホームページで調べても分からない内容であれば質問してもいいとされています。しかし、疑問を持っていても中には質問しないほうがいいものもあります。ここでは、リクルーター面談でするべき質問を紹介していきますので、参考にしてください。

①スケジュールについて

働くということを具体的にイメージ出来ているという人は印象が良くなります。そのリクルーターの方に一日のスケジュールをうかがい、働くイメージを強固なものにしましょう。スケジュールに関して聞く質問は、印象がよくなります。リクルーター面談を突破できる可能性も、高くなるでしょう。

社員のスケジュールは自分で調べても分からないもの

自分で調べても分からないことを積極的に質問して行きましょう。いくら質問の時間が長いからといって、調べればわかるような質問をしてしまっていてはリクルーターの印象が悪くなります。調べれば分かる事を質問するのだけは、避けるようにしましょう。

残業時間や休みについて聞くのはNG

リクルーター面談では社員のスケジュールについて聞くことも大切ですが、どんなことでも質問していいわけではありません。細かく質問して疑問を解決しておくことは大切ですが、残業や休みについて聞くのはNGですので注意が必要です。就職する前から残業や休みについて聞いてしまうと、仕事への意欲が低いと思われてしまう可能性があります。リクルーター面談では仕事への意欲をアピールしなければなりません。

やる気がないと思われてしまうと評価が下がられてしまうので注意が必要です。残業などは気になるポイントですが、リクルーター面談で聞くのはよくありません。どうしても残業時間などが気になる場合は、1週間のスケジュールを聞き、そこから推測するなど質問を工夫するようにしましょう。

②企業が求める人物像について

リクルーターへは企業が求める人材像について質問をすることでも好印象を与えることができます。志望する企業によって求める人材像は違っていますし、それぞれを知った上で選考に臨むことが大切です。

企業が求める人材像を知りたいことで企業への志望度の高さが伝わりますし、知っておくことで選考でも有利になることが多いです。リクルーターからどのような人材像が求められているのかを詳細まで確認しておき、選考に役立てていきましょう。

求める人材像を知ることが選考攻略の近道

求める人材像をリクルーターに聞くことで、企業への興味があることをアピールすることができますが、それだけではなく求める人材像を知っていれば選考でも有利です。企業が求める人材像を知っていれば、どのようにアピールをしていけばいいのかがわかりますし、自己PRや志望動機の作成にも役立てることができます。

求める人材像と自分のアピールが大幅に違ってしまうと評価は下げられる可能性がありますし、そもそも評価の対象にならない可能性もあります。しかし求める人材像を知っておけば、少なくとも評価の対象にはなりますし、好印象も与えやすいです。企業が求める人材像を知ることは選考攻略の近道にもなりますので、リクルーターには必ず聞いておきましょう。

③社風や社員の雰囲気

就職前には業界や企業の特徴や魅力を知っておくことが大切ですが、さらに志望する企業の社風や社員の特徴などを知っておくことも大切です。社風などは企業のホームページに記載されていることも多いですが、必ずしもホームページに載っている通りの社風であるとは限りません。

実際の職場では勝手が違っていることも多いですし、企業で働いている人の生の声を知り、本当の社風、職場環境などを知っておくことが大切です。就職前に企業について詳しく知っておくのはミスマッチを防ぐためにも重要なことですし、本当に自分に合った企業を見つけるためにも必ず聞いておかなければなりません。社風や社員の雰囲気などもきちんと理解した上で、選考を進めていきましょう。

④その他質問一覧

その他の質問として、仕事内容について具体的に聞くのもおすすめです。会社のホームページや会社案内に記載しているものはごく一部であったり、ざっくりした内容である場合も多いです。

しかし、リクルーター面談で仕事内容を具体的に聞くと、自分が働くイメージも湧きやすいですし、リクルーターにも熱意が伝わるでしょう。入社してからのことを考えている、先を見据えて行動しようとしている、他の学生と違ってすでに働く心の準備が出来ているなど、リクルーターから高評価が得られる質問内容です。

リクルーター面談でのマナー

リクルーター面接は、一般的におこなわれる面接に比べて、フランクなイメージを持ってる人も多いのではないでしょうか。通常の面接より砕けた形といっても、リクルーター面談は面接官にとっては通常の面接と同じく、志望者のことを面接を通じて会社に必要な人材かどうかを選定しています。

面談はスムーズに進んだとしても、その他のマナーがなっていないとマイナスのイメージがつきますので、気を付けてください。こちらではリクルーター面接のマナーについて紹介します。

①日程や場所は指示された場所にする

リクルーター面接も通常の面接も、雰囲気が違うだけで、面接と同じです。日程に都合があればやむを得ないですが、基本的には、リクルーターが指定する日程で会うようにしましょう。「今日はバイトがあるので」「部活動が忙しいので」「サークル仲間と旅行があるので」などという理由はもってのほかです。

また、志望している企業とリクルーター面接の指定場所であれば、企業に行くほうが近い場合、「企業に出向いたほうがいいのか。」と考えるかもしれませんが、言われた通り指定場所へ行くようにしましょう。リクルーター面接は企業ではなく、一歩外に出た環境でおこなわれる場合も多いので、面接官はあえて指定場所を選んでいる可能性があることを頭に入れておきましょう。

②服装はスーツがベター

リクルーター面接は私服でも可とされている企業や、スーツNGの企業もありますが、基本的にはスーツがベターとされています。カフェなどでおこなわれるリクルーター面接のためスーツだと浮いてしまうと感じる人や、リクルーター面接で個性を十分に発揮するために休みの日に着る私服で挑戦したい人がいるかもしれません。

しかし、あくまでも面接です。リクルーター面接は同世代の先輩社員が多いので、服装はそこまで評価には入らないだろうと考えている人は、大間違いなので気を付けるようにしましょう。服装の指定がない場合はスーツで行きましょう。

③ヒアリングした内容はメモをとる

リクールーター面接で、先輩社員から聞いた内容は、聞き流さないようにしましょう。ヒアリング内容をメモに取ることで、実際に聞いた内容が最終面接で活きてくる可能性も十分にあります。

内容を復習、再度読み返すときにメモはとても重要です。また、メモを取る行為は、志望意欲の表れだと感じる人も多いのです。反対にメモをとっていない人は、意欲がない人なのか、第一志望は別の企業を考えているのか、と思われがちです。

④面談後のお礼はしっかりとする

リクルーターとの面談後のお礼はしっかりおこないましょう。リクルーターは就活生のために時間を割き、面談を設けています。お礼をするのはマナーでもあるのです。お礼の方法として【お礼状を郵送する】や【お礼メールを送る】が挙げられるでしょう。

お礼は、当日か翌日に送るのがマナーです。郵送だと、相手に届くのに何日かかかりますが、企業によってはお礼状のほうが丁寧だと考えている場合もあります。社風によって、お礼状かお礼メールかを使い分けるのも良いでしょう。下記では、お礼メールの例をご紹介します。

件名:リクルーター面談のお礼

株式会社○○
○○(リクルーターの名前) 様

お世話になっております。
○○大学○○学部の○○(自分の名前)です。
本日はお忙しい中、面談の機会を設けていただきありがとうございました。

○○様のお話を伺う中で、疑問に思っていたことが解決し、
さらに貴社で働きたいという気持ちが強くなりました。

特に、△△のお話は、非常に勉強になりました。
本日の○○様のお話を踏まえ、さらに企業研究を進めて参ります。

またご相談させて頂こうと思っておりますので、
その際はご指導のほど何卒宜しくお願い致します。
本日は貴重なお時間を頂き、ありがとうございました。

(署名)

お礼メールは深夜や早朝など、時間帯によっては迷惑だと思われる場合があります。少しでも早くお礼メールを送りたい気持ちがあるかもしれませんが、深夜や早朝は避け、会社の始業前の時間帯に送ると良いでしょう。

リクルーターの印象を良くする質問では向上心や企業研究の成果をアピール

リクルーターの印象を良くする質問では向上心や企業研究の成果をアピールしましょう。
リクルーターの印象を良くする質問には、上記のようなものがあります。

上記のことを参考にいくつか質問を用意して、質問の時間で印象を悪くすることがないようにしていきましょう。印象をよくして、まずはここを突破しないことには、何も始まりませんからね。

【完全版】リクルーター面談必勝マニュアル|使える逆質問と知っておくべき服装・振る舞いのマナー

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ