志望動機

【志望動機の作り方】選考を突破するポイント3つと例文5選

志望動機の作成に悩む就活生は多い

就職活動で意外と大変な作業のひとつが、志望動機の作成です。企業に就職したい思いは誰にでもあるでしょうが、実際にその思いや理由を文章にするとなると、どのように書けばいいか迷う就活生は思った以上に多いようです。実際、どういう文章を書けば面接へとつなげられるのかという部分は頭を悩ませる問題でもあります。

悩みがちな志望動機の文章は、大事なポイントを押さえて書くだけで、簡単に人事採用の社員へ好印象を持たせる文章が書けるようになります。

今回はそんな、志望動機の作成方法やポイントを解説していきます。志望動機を今から書こうと思っているのであれば、まずは作り方のポイントを理解した上で、志望動機の作成に臨むようにするといいでしょう。

志望動機の作り方のポイントは3つ

志望動機を一から作る際、ポイントとなる部分は主に3つに絞られます。それは「企業研究をしっかりおこなうこと」と「自己分析をしっかりおこなうこと」、そして「文章の構成をしっかり考えること」です。これらは志望動機を書きながらするよりも、書く前にしておきたい内容でもあります。志望動機は、書く前の準備が重要になりますす。何も準備をしていないところからいきなり文章を書くのは、誰であろうと難しくあります。

この3つのポイントについては、以下に解説をしていきたいと思います。解説を見た上で、事前の準備をしっかり取り組んでいきましょう。

①企業研究

就職活動の志望動機において、意識しておきたいのが企業と自分のマッチングです。企業が臨んでいる人材であるなら、当然企業も採用をしたいと思ってくれるものです。実際に企業が臨むような人材であるとアピールする場合、重要になってくるのが企業研究です。企業がどういった志をもって事業をおこなっているか、どういった人材を求めているかを理解するのは、企業とのマッチングにとっても重要です。

自分の持っている能力やスキルが企業の求めるものに近いものであれば、志望動機でアピールできるようになるでしょう。就職したいからと本来の自分からかけ離れた姿をアピールするよりも、元々の自分の能力と企業の求めるものを近付ける方が採用率は高くなるのです。

業界の中でも志望企業に魅力を感じた点を話す

コツは、業界に興味を持った理由を話してから、その中でも志望する企業に魅力を感じた点を説明することです。そうすると話が分かりやすくなり、ますます面接での志望動機の印象が良くなるでしょう。

差別化は、面接に限らず志望動機において重要となるポイントです。「それなら他社でいいのでは」と言われたらその時点でお手上げになります。そう言わせないためにも、結論の補足説明で他社と差別化の説明が大切といえるでしょう。

②自己分析

志望動機を書く前に企業について研究するだけでなく、自分について理解することも重要になってきます。いわゆる自己分析です。自己分析により、自分の能力や持っているスキルを客観的に理解できるようになります。普段から意識しているもの以外に、自分の能力というのはたくさんあるので、それらの具体的な理解が、志望動機や自己PRを書くにあたってとても重要になってくるのです。

自己分析をおこなうことで、自分の持っている能力の全てを見直せるでしょう。その中で見つかった能力から、企業の求める人材の特徴にマッチする部分を見つけて、志望動機に書いていくのが志望動機の基本的な書き方になります。

企業の中で自分が貢献したいことを述べる

志望動機を書く際に自己分析をすると、自分がどういった能力を持っているかを理解しやすくなります。自分がどういったことをできるかが理解できるようになってくると、企業に就職した後、どういう仕事ができるようになるかをイメージしやすくなるでしょう。それを志望動機に生かすと、より採用率を高められます。

実際に志望動機を書く際には自分がどういう仕事ができるか、企業の中で自分が貢献したいことは何かを、自己分析で得られた情報から書いていくといいでしょう。企業にとっては、こういったアピール方法は具体的な就職後のイメージがしやすくなるため、より印象が良くなります。また、自分でも就職後のイメージがしやすくなるので、自分にとってもメリットが大きくなるのです。

③構成

志望動機の作り方のポイント3つ目が、構成です。結論から先に話す必要があります。エピソードなどよりも先に、「私が御社を志望するのには、○○という理由があります」と話すのです。そこから補足説明を始めると、その後の話が聞きやすくなります。

採用担当者が理解できなければ意味がない

話の序盤で結論を出さずにだらだらとエピソードを述べても、採用担当者はどこを聞いたら良いのか分かりません。結果、あまり話が入ってこなかったとなれば、どんなに良い志望動機だったとしても意味がないでしょう。だからこそ、面接で志望動機を聞かれたら、先に結論を話して先の話を聞きやすくすることが大切なのです。

志望動機が書けない時は、志望動機ジェネレーターを活用してみよう

志望動機を作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「志望動機ジェネレーター」を活用してみましょう。

志望動機ジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えていくだけで理想的な流れの志望動機が完成します。

無料でダウンロードして、効率的に志望動機を完成させましょう。

志望動機の例文5選

志望動機の作り方のポイントを、3つのステップに分けてご紹介しました。上記の3つをしっかりと押さえておけば、面接を突破できる可能性がぐっと上がるでしょう。

次に、面接の志望動機が書けない人に見て欲しい例文を、5つご紹介します。あわせて各例文のポイントもご紹介しますので、参考にしてください。一度いろいろなパターンの志望動機を読んでみましょう。

例文①

私は大学時代、システムエンジニア学科に所属しており、プログラミングの勉強をしておりました。そこでプログラミングを組み立てる楽しさを知り、システム関係の仕事がしたいと思ったのが志望のきっかけです。御社は、とても多数のコンテンツを扱っており、ユーザー数が合計500万人を超える大手企業です。そんな御社で、私が今まで培ってきたプログラミングスキルを活かせたらと考えております。
高校時代は商業科に所属してたため、ユーザーのニーズを掴むのには自信があります。入社後は、さらに高いスキルを身につけられるよう、精一杯努力する所存です。

この例文は結論を述べ、他社と比べ、自分の強みを活かせる部分をアピールするという流れです。しっかりと手順を踏んで文章を作成しているため、応募者について何も知らない採用担当者でも、理解しやすいといえるでしょう。

例文②

コンビニに置かれているお菓子の豊かさに惹かれたのが、お菓子メーカーに興味を持ったきっかけです。そうして業界研究を重ねた結果、御社で働きたいと思いました。御社は、子ども向けのキャラクターもののお菓子や、老人向けの味の濃い和菓子など、幅広いニーズに合わせた商品を販売しております。とくに、「チョコっとゼリー」は見た目も可愛く味も美味しいため、老若男女問わず愛されている商品だと思います。そんな素晴らしい商品を扱う御社の一員として、貢献したいと考え、今回志望いたしました。
昔からアイディアを出すことが得意なので、御社へ入社できた際には、新商品の企画などに挑戦してみたいです。

2つ目の例文をご紹介しました。この例文では、しっかりと業界研究をおこなったことがアピールできています。「志望企業はどんな商品を扱っているのか」「自分が思うなかでも素晴らしい商品は何か」が書いているため、採用担当者に好印象を与えられるでしょう。最後に、「具体的にどの仕事で強みを活かしたいか」を書いておくと、さりげなく希望の部署を伝えられます。

例文③

事務系の仕事に興味を持っており、高校時代から簿記やパソコンのスキルを磨いてきました。そうしていろんな業界のさまざまな企業を見た結果、御社で働きたいと思いました。御社は、○○業界内でもトップのシェア率を誇る大手企業で、多くの消費者から愛されています。そんな、製品を販売するだけでなく、○○などのサービスを提供する御社を、事務という方向から支えたいと思っております。私は、事務系の仕事に就くという目標のために、今までずっと事務スキルを磨いてきました。
とくに、エクセルやワード、パワーポイントなどのパソコンスキルには自信があります。この強みを、貴社で活かして貢献できればと考えております。

採用担当者が選考時に気にする部分の1つに、「応募者の持つスキル」が挙げられます。どんなに良い回答をする応募者がいても、「入社後にスキルが足りず仕事ができない」となれば、採用した意味がありません。その点、この例文では、自分が持つスキルを全面的に押し出されています。

例文④

幼少時代、遊園地で迷子になった際に、スタッフのお姉さんに元気づけてもらった思い出がきっかけで、子どもたちに笑顔を届ける仕事がしたいと思うようになりました。御社は、数あるテーマパークのなかでも、子ども向けのサービスが充実しています。そのうえ、大人数体制による安全管理がおこなわれているため、親が安心して子どもを遊ばせることのできるテーマパークです。そんな御社のテーマパークで、子どもたちに笑顔を届ける仕事という形で、貢献したいと思っております。大学時代、イベントスタッフのアルバイトを頻繁にしていたため、大人数の扱いは普通よりも得意です。また、ハプニング時への臨機応変な対応力も、アルバイトで鍛えたため自信があります。これらの強みを活かして、御社で活躍できるよう、精進いたします。

この例文では、しっかりと自分の強みを仕事に絡めてアピールできています。常に多くの人で賑わうテーマパークでは、それをまとめる力が必要不可欠です。また、臨機応変な対応力は、いつハプニングが起こるか分からないテーマパークにおいて重宝されるものでしょう。この2つを積極的にアピールすると、印象が深まります。

例文⑤

中学時代、田舎から少し都会の地域へと引っ越すことがありました。その際、引越し先にさまざまな建物があり感動したことが、不動産業界を目指し始めたきっかけです。そうして志望企業を決めようとした際に、気になった建物をいくつか選んで元を辿るという方法を用いたところ、御社の手掛けたものが多くありました。そこから企業研究を重ねて選び抜いた結果、御社で営業として働きたいと思いました。私は、運動部の部長を2回経験しているため、コミュニケーション能力に自信があります。このコミュニケーション能力を上手に活かして、御社の手掛けた建物のなかから、お客様のニーズに沿った建物を見つけ出して提供していきたいです。

この例文では、エピソードの背景を明確にしたうえで話を進めています。引っ越しがきっかけという背景を記載すると、採用担当者はその様子を想像しやすくなるでしょう。

また、建物をもとに企業研究をおこなったという個性的な文章を織り交ぜ、採用担当者の印象に残りやすくしています。全ての選考において言えますが、採用担当者の印象に残るエピソードが、志望動機では大切なのです。

志望動機の作り方はポイント3つを参考にしよう

志望動機の作り方のポイントと、例文5選を紹介しました。志望動機を作成するうえで大切なのは、企業研究、自己分析、構成の3つです。

志望動機は内定を勝ち取るためには必須の項目であり、どの企業の選考でも問われるものです。1社1社時間をかけて満足のいく内容を作り上げるようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ