面接

役員面接で効果的な3つの逆質問例|自己アピールの深堀と念入りな対策が内定への近道

役員面接では企業とマッチしていることをアピールする

役員面接まで進むことが出来れば、内定獲得まであと一歩です。しかし「ここまで来ればもう安心」と油断してしまうのはNGです。役員面接までの面接では、就活生のスキル・ポテンシャル面を重視して選考します。一方、役員面接においては、就活生と企業とのマッチング度合いを重視して見られます。

それまでの面接と役員面接では、見られるものが異なるのです。役員面接には役員面接のための対策が必要になります。以下、役員面接のための対策として行っておくべきことを説明していきます。しっかりと理解し、準備を整えてから臨むようにしてください。

志望動機や自己PRを深堀しておく

役員面接に臨む際、志望動機や自己PRの深掘りを行っておくようにしましょう。上述の通り、役員面接では企業とのマッチングについて重きを置かれます。自分自身が望む仕事内容、働き方を実現するには、その企業でなければならないということを論理的に説明しなければならないのです。

また、企業が求めるスキルを持っているか、役員面接ではより慎重に見られます。自己PRの深掘りもしっかりと行い、企業が求めている人材であることもアピールしなければなりません。志望動機や自己PRは役員面接までの過程でブラッシュアップがある程度されていることでしょう。しかし、「これだけ出来ていれば大丈夫だろう」と甘く考えてはいけません。役員面接に向けて、さらにもう一段階深掘りして臨むようにしましょう。

入社意欲が伝わる逆質問をする

役員面接では入社意欲が伝わる逆質問を行うようにしましょう。役員面接の最後で、面接官から逆質問の時間を与えられることがあります。その際、「残業は月どれぐらいありますか」など、仕事に対する意欲的な姿勢が見えづらい質問をしてしまうと、「本当に自社で仕事に邁進してくれるのかな」と疑われてしまう恐れがあります。

また、何も考えずに逆質問に臨むと、質問内容が思い浮かばない可能性もあります。役員面接に臨む際には、入社意欲が伝わる逆質問を事前に考え、用意しておくべきなのです。逆質問は面接の最後に行われることが多いです。最後まで良い印象で面接を終えることが出来るよう、しっかりと逆質問まで準備して面接に臨むようにしましょう。

関連記事

【最終面接ガイド完全版】頻出の質問から好印象な逆質問まで徹底解説!

役員面接での効果的な逆質問①一番苦労した仕事は?

役員面接で聞くべき逆質問としておすすめなのが、その役員の方が今まで一番苦労した仕事について尋ねることです。

役員ともなると今までにたくさんの苦労をしてきたことでしょう。
人は誰でもそうした苦労や努力について語りたいものですし、それが自尊心の強い役員ともなると、嬉々として語ってくれるはずです。

仕事の意欲を高めるための逆質問であると忘れないこと

役員面接で逆質問に困ったら、このように今までの苦労した経験などを聞いてみましょう。ただし、その質問の意図が伝わらないと意味がありませんから、逆質問をしたら、最後は「私も早くそうした苦労がしてみたいと思えるようになりました。ありがとうございました。」と、仕事への意欲をさらに高めるための質問だったことをアピールして、役員面接を締めくくりましょう。

役員面接での効果的な逆質問②今の役職についた時期

面接官というのは、向上心を見ているものです。それが役員面接でも同じことです。ですから、逆質問で「いくつの頃から役員になったのか?自分もそうなることは可能なのか?」と尋ねることで、自分の向上心をアピールすることが出来るようになります。役員面接を担当している方が、比較的若いようであれば、それはさらに効果的な質問となるでしょう。

向上心を打ち明けて高く評価してもらおう

それくらい挑戦的な社風であるということですから、役員になりたいというくらいの向上心をもった方の事は高く評価してくれることでしょう。

この質問でもちょっとしたヨイショが含まれているので、聞かれた方も悪い気はしないでしょう。そういう意味でも、役員面接で、「いつからその役職についたのか」ということを逆質問することは有効です。

役員面接での効果的な逆質問③将来身につけるべきスキル

役員面接では、将来どんなスキルを身に着けるべきかという逆質問をするのも効果的です。こういう逆質問をすることで未来に向けた向上心のアピールもできますし、単純に質問としても魅力的です。実際に身に着けておくべき能力を把握できるので、時間をうまく使うことができるようになるでしょう。

入社したら目標を達成することが大事!

色々な角度から役員たちの心を刺激することが出来ますし、将来的な目標もできるのです。役員面接に上り詰めるためのスキル、会社を発展させるためのスキルを教えてもらえる機会なんてそうそうありません。

うまくこの会社に入社できたとしても、もうこの先役員の方たちと会話をする機会すらないかもしれません。ですから、このように役員面接の逆質問という機会を利用して、しっかり意義のある質問をするというのは効果的なのです。

関連記事

【面接の逆質問対策】人事担当者に興味を持たせる良い例~してはいけないNG例まで一挙大公開

役員面接での仕事への意欲をアピールできる逆質問をするのが良い

リクルートスーツとビジネススーツの違い

役員面接での仕事への意欲をアピールできる逆質問をしましょう。役員面接での逆質問で困ったら、是非これらのことを聞いてみてください。大体どんな役員面接でも使えますし、役に立つことでしょう。こういう質問をいくつか用意しておくと便利なので、このほかにも自分でもう数問用意してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ