内定について

【内定辞退したら呼び出しされた】対処方法3つと罰則の有無

内定辞退をする就活生は少なくない


内定辞退をすると、企業から呼び出しがある場合もありますが、それでも内定辞退をする就活生は少なくありません。選考を受ける以上、企業に対して興味を持っていることは確かですが、就活を進めるうちに考え方が変わることもありますし、内定をもらっても承諾しないケースも多くあります。内定を承諾するか、それとも辞退するかは就活生の自由ですし、それを企業によって強制されることはありません。

辞退する場合は、きちんとマナーを守った上で辞退する旨を伝えることが大切です。企業から呼び出された際にどのように対処すればいいかを知り、失礼のない振る舞いを心がけましょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

あなたの就活力は何点?

就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

内定辞退を伝えると呼び出しされる場合がある

内定辞退を伝える方法は、電話連絡やメールなどありますが、実際に企業側から内定辞退を伝えると呼び出されることもあります。近隣の企業であればすぐに対応できるのですが、遠方の企業となると、飛行機のチケットを取ったり、高速バスを予約したりと、企業に行くまでに交通手段の手配などですぐに対応できない可能性が高いです。それでは、呼び出された場合の対応策を3つご紹介します。

ほとんどの企業は呼び出しされないがまれにある

企業から内定をもらい、それを辞退すれば基本的にはそこで企業とのやりとりは終わります。辞退の方法は電話やメールなどさまざまですが、辞退を申し出ればそこでやりとりが完結し、辞退が成立することがほとんどです。そのため、ほとんどの企業は内定を辞退しても、呼び出しをすることはありません。

呼び出しをするのはごく一部の企業であり、基本的にはないものと考えていても問題はないでしょう。呼び出されることを嫌って辞退の旨を伝えなかったり、企業からの連絡を無視してしまう人もいますがこれはNGです。呼び出されることはほとんどありませんので、正直に辞退することを伝える必要があります。万が一呼び出しをされた場合は、それに応じる必要がありますので、その際は必ず企業へと出向きましょう。

どうしても欲しい人材だと呼び出しされる

内定辞退をして呼び出しをされる理由はさまざまですが、どうしても欲しい人材だと呼び出しされることが多いです。就活では会社側も欲しい人間を採用するため、もう一度考え直すことはできないかと説得されることがあります。何としても獲得したい人材だと評価されていますので、評価はありがたく受けながらも、丁重に断りを入れることが大切です。

もちろん、それほどまでに評価してくれているのならばと辞退を撤回しても問題はありません。引き止められている場合は、その場であれば意見を変えることはできますし、そのまま内定承諾となることもあります。大切なのは自分が後悔しないことですので、承諾にしても辞退にしても、よく考えてからおこなうようにしましょう。

呼び出しへの対応①素直に従うのが適切

マナー的には、内定辞退を伝えたあとに会社から呼び出しをうけたら、それに素直に従うのが一番良いです。行ったら行ったで、間違いなく説教をされたりはするでしょうが、説教をされたり、小言を言われるくらいで、何も暴力を振るわれたりすることはありませんから、その時間をちょっと耐えればよいだけです。ただ、相手は社会人ですから説得もうまく、呼び出しに応じたらそのまま内定辞退を取り消すということになる可能性もあります。

相手の説得に絶対折れない意志が必要!

そうした説得などに弱いという人はいかない方が良いでしょう。内定辞退をしたいという確固たる意志があっても、長時間にわたり説得されるともうめんどくさくなり、別に内定辞退しなくてもいいかと思ってしまうこともあります。マナーを守り、もし呼び出しに応じるのであれば、絶対に折れないという強い意志をもっていく必要があるでしょう。

他の選択肢に決めたことをはっきりと伝える

内定辞退をして呼び出しをされれば、考え直すことはできないかと引き止められることがほとんどです。本当にその企業に就職してもいいと考えたのであれば、前言撤回でも問題はありませんが、就職する気がないのであれば、きっちり断らなければなりません。説得に応じてしまい、第一志望ではない企業に就職してしまうと後悔する可能性がありますので、引き止められた場合は、他の選択肢に決めたことをはっきりと伝えましょう。

進路先が他にあることをしっかりと伝えれば、企業としてもしつこく引き止めることはできませんし、納得してくれるでしょう。他の進路を理由に、内定を辞退することは失礼ではありませんので、自身の進む道を明確に示して、辞退の意思が揺らがないことを伝えましょう。

呼び出しへの対応②行かないという選択肢もアリ

内定辞退を伝えて、呼び出しを受けたからといって、必ずそれに応じなければならないというものでもありません。どうしてもきつい口調で文句を言われたり、長時間の拘束に耐えられる自信が無かったり、本当は全然入社したくないのにもかかわらず説得に応じて内定辞退を取り消してしまいそうだったりしたら、行かないという選択肢も大いにアリです。

脅しに負けない覚悟は必要!

そこで行かないという選択肢を選ぶと、損害賠償うんぬんといった脅しを入れられる可能性もありますが、それもただの脅しで実際に何かされるということはまずありません。マナー的には行った方が良いものの、行かないという選択肢をとることだって十分に可能なのです。脅しをかけられても別段気にせず、自分のメンタルや意思の強さと相談して決めるようにしてください。

どうしても曲げられない理由があることを伝える

企業からの呼び出しに応じないのであれば、どうしても曲げられない理由があることを伝えることが大切です。単に行かないと返事をしたり、返事をせずに呼び出しに応じないのであれば、企業から厳しく追及されることも多いです。厳しく追求されても我慢できるのであればいいですが、自信がないのであれば、きちんと理由を説明しておく必要があります。どうしても曲げられない理由があり、企業に就職できなことをアピールし、その熱意が伝われば会社側も納得してくれます。

納得さえしてもらうことができれば、企業からの連絡は止まりますし、他社の選考にも集中することが大切です。無視をしていると余計に連絡がエスカレートする可能性もありますので、企業との関係を切るためにも、絶対に就職できないことを伝えていきましょう。

電話での断り方

内定辞退の呼び出しに対して、電話で断る場合にはきちんとした態度で伝えることが大切です。申し訳ないという気持ちはありますが、毅然とした態度を表すことを忘れないように心がけてください。採用者担当者は、今までも内定辞退の連絡を何度も受けたことがあるはずで、断りの電話にも慣れています。企業としては、なぜ内定を辞退したのかその理由を知りたいと思っています。

そのため、呼び出しを断ると、どうして断るのかと追及されることが予想されます。責められているようで答えに戸惑ってしまい、弱気な態度を見せてしまうこともあるでしょう。しかし、その際にも自分の意見をはっきりと伝えるようにすることが大切です。あいまいな対応をしてしまうと、強引に押し切られ断れなくなってしまう可能性があります。

電話で断る場合の例文

誠に恐縮なのですが、先ほど述べましたように内定は辞退させて頂きたいと思います。ですので、貴社に改めてお伺いさせて頂く理由はありません。申し訳ありませんが、お断りさせて頂きます。よろしくお願いいたします。

呼び出しに応じない、企業へ出向いて行くことは無い、ということをはっきりと伝えるようにしましょう。丁寧な言葉遣いをして、社会人としてのマナーを守るように心がけます。毅然とした態度で、簡潔に分かりやすく、相手に伝えるようにすることが重要となります。呼び出しを断ることで、申し訳なく感じてしまうかもしれませんが、内定辞退に対する呼び出しは行かなくても良いものです。自分の意見をしっかりと言えるようにしましょう。

メールでの断り方

メールで内定辞退に対する呼び出しを断る場合には、丁寧な対応を心がけましょう。メールは、直接会って話をする時のように、相手の顔が見えるものではありません。表情や声で、気持ちが伝えられない分、充分注意して文章を作成してください。メールは感情が伝わりにくいため、淡泊な印象になりがちです。簡潔に、伝えたいことをしっかりと書くことも大切ですが、誠意が無いと思われないように、より丁寧にすることもポイントとなります。

内定を断ったとはいえ、自分のことを評価してくれた企業です。入社しないと決めたとしても、最後まできちんとした対応をおこない、社会人としてのマナーを守りましょう。最後まで、誠意が伝わるような文面になるようにメールを作成します。

メールで断る場合の例文

○○会社 人事部 ○○様

内定後の面談の件でご連絡いただきありがとうございます。
しかしながら、以前にお伝えさせていただきました通り、
今回の決断は、自身の適性や今後の人生について考慮した末に至ったものです。
苦渋の決断でしたが、今後心変わりすることはありません。
せっかく面談の機会を頂きましたが、今回はこのまま辞退とさせて頂きます。
宜しくお願い致します。

丁寧な言葉遣いを心がけ、内定辞退の呼び出しを断るという旨をしっかりと伝えましょう。その際に、自分自身でしっかりと考えたうえでの決断であることも、改めて述べるようにします。考えて、それでも内定辞退の意思は変わらないという気持ちが、相手に分かるような文章を送りましょう。

呼び出しへの対応③学校に影響が出ることも

内定辞退の後の呼び出しに応じないというのは自分にはあまり問題はないのですが、呼び出しに応じないことの影響が、後輩に出ることもあります。たとえば、今回そうして内定を辞退して、呼び出しにも応じなかったとなると、「あの大学の学生はそんな人ばっかりなのかも・・・」と思われてしまい、今後その大学からはなるべくとらないようにしようと思われたり、その大学の学生は無条件で落とすという事態になったりすることもあるのです。

後輩の未来を閉ざしてしまう可能性もある!

他のことは大抵おどしなのですが、唯一この部分に関してだけは実際にあることですので、そういうことも考える必要がありますもちろん一番大切なのは自分ですし、内定辞退をすること自体別段悪いことではありませんから、呼び出しに応じないくらいそんなことをする会社なんて、後輩も行かない方がいいかもしれません。
それでもそういう影響があるということやマナーを考慮してできれば呼び出しには応じる方が良いでしょう。

辞退をするということはそれなりの責任があることを覚えておく

内定辞退は就活生の権利によって守られていますので、入社直前などでなければ、基本的にはいつでも辞退をすることはできます。しかし辞退をするということは、それなりの責任があることを覚えておきましょう。辞退する旨を企業に伝えれば、簡単に辞退することはできますが、企業は新入社員を迎えるためにさまざまな準備をしています。辞退をすることで、それらの準備が無駄になってしまいますし、企業に迷惑をかけてしまいます。

また辞退をすることで、学校の評判を落としかねませんし、後輩に迷惑がかかることもあります。辞退をするということは会社だけではなく、周りにも迷惑がかかることを覚えておき、きちんと覚悟を持って辞退をするようにしましょう。

内定辞退の呼び出しを無視しても罰則はない

内定辞退の呼び出しを無視しても罰則はありません。しかし、企業側からのことを考えると、内定辞退の呼び出しに対して、無視や拒否をされることは気分の良いことではありません。企業側からすると、内定を決めるまでの数か月の過程は、一大イベントだったと思います。それ故、就活生からの電話やメールでのお断りではく、きちんとした謝罪の言葉を聞きたいのではないでしょうか。就活生が、企業側の呼び出しに応じるのであれば、落ち着いた態度で対応しましょう。そして、何を言われてもひたすら謝るしかありません。あなたが逆の立場でも同じことを考えるかもしれません。もし、内定辞退の呼び出しを受けたら、無視するのではなく、直接会って丁寧にお詫びをしましょう。

内定辞退を報告した際に呼び出しを受けたら素直に応じよう!!

内定辞退を伝えた後の呼び出しへの対処方法としては、後輩への影響も考えてやはり行くのが一番良いということです。行かないという選択肢もあるものの、どうしても無理だというわけではなければ、一日耐えるだけですから、頑張ってみてください。その経験が何かの役に立つことは間違いありませんから。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ