内定後

【内定式で印象を悪くしないネクタイの選び方】派手めと地味めはどちらが正しい?

内定式では意外にネクタイというのも見られているモノなのです。
ですから、そんな時にそういう場にはそぐわないネクタイをしていたら、内定式からいきなり印象が悪くなってしまうことでしょう。
ここではそうなることを避けるために、内定式で印象を悪くしないためのネクタイの選び方を紹介します。

ネクタイの選び方1,色や柄は地味なものを選ぶ


内定式で、ネクタイで印象を悪くしないためには、色や柄をなるべく派手ではないものを選ぶ必要があります。
内定式というとちょっとしたパーティー感があるので、ネクタイくらいは多少派手でも問題ないかなと思う方は多いかもしれません。
ですが、ビジネスマンとしての最初の場でそのようにネクタイを派手にしてしまうと、まだ学生気分が抜けていないと思われてしまうものなのです。
ですから内定式でのネクタイにはそういうネクタイは避けるようにしましょう。

  • 原色系のつよい色・大きい水玉や派手な総柄はNG!

色は原色系のつよい色を避け、ネイビーや暗めの赤を選び、柄は大きい水玉や総柄のネクタイを避け、無地やレジメンタルストライプのものを選ぶと良いですね。

原色系のネクタイはいわずもがなで派手ですし、総柄も見るからに派手なので避けるべきです。
そして、意外にも大きい水玉というのも意外に派手に見えるものなのです。
ですから、大きめの水玉のネクタイも避けてください。
小さめの柄の水玉のネクタイであれば、爽やかに見えるので、内定式のネクタイとしてもアリでしょう。

ネクタイの選び方2,ブランドが一目で分かるのはNG

内定式ですので、ちょっと一目置かれたいと思い、ブランドのネクタイを選ぶ方も少なくないでしょう。
もちろんブランドのネクタイを選ぶこと自体は、それだけで印象がわるくなるわけではないので問題ないでしょう。
ただ、ブランドの名前がこれ見よがしに入ったようなネクタイを着用すると、どうしても新入社員にはふさわしくない生意気な感じがでてしまい、印象は悪くなってしまうので、よくありません。

  • ブランド名が見えるネクタイは印象を悪くする!

ブランド名が簡単には見えないようであれば、それをみただけでブランド品だと思われないので問題ないでしょうが、ブランド名が分かるようなネクタイは避けるようにしましょう。

それは何も内定式に限った話ではなく、内定式後にも同じことです。
入社してしばらくたって、会社や仕事になれるまでは避けた方が良いでしょう。

ネクタイの選び方3,剣幅に注意!

剣幅が細すぎたり太すぎたりするネクタイも内定式で印象が悪くなることでしょう。
派手な色や柄や、ブランド色の強いものと比べると多少マシではありますが、やはり印象は良くはありません。
太すぎるとちょっと時代錯誤な感じがして、仕事ができなそうに見えて自然と印象が悪くなるものですし、細すぎるとちょっとチャラチャラしているように見えて、それはそれで印象が良くありません。

  • 太すぎも細すぎもNG! 7.5センチくらいの剣幅がベスト!

内定式で印象を悪くしないためには、だいたい7.5センチくらいの剣幅のネクタイを選ぶようにすると良いでしょう。
そのくらいであれば、現代的なスーツとの相性もいいですし、太すぎず細すぎないので、丁度良い若々しさを感じさせられ、印象がよくなることでしょう。
是非内定式にはそのくらいの太さのネクタイを選んでいってください。

内定式でのネクタイの選び方は色・柄は地味なものを選ぼう!

内定式でのネクタイは地味目なものを選ぶと同時に、目立つロゴの入ったブランド物は避けるのが失敗しない方法です。
内定式で悪い印象を与えないためのネクタイの選び方に関しては以上の通りです。
こんな小さなことで印象を悪くして働きにくい環境を作ってしまうというのはやはりもったいないですから、そうならないように、これらの事を参考にネクタイを選んでいってください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。