身だしなみ

【内定式で印象を悪くしないネクタイの選び方】派手めと地味めはどちらが正しい?

内定式で着けるネクタイを迷う就活生は多い

内定式は、企業が学生に対して正式に内定を通知する式典のことです。内定式は企業にとっても重要な式典であるため、各部署の長が参加しているケースもあります。

そのような大切な式典で、どのようなネクタイを着けていくのかというのは、学生にとって大きな問題です。場にそぐわないネクタイを着けてしまったら印象が悪くなるのではないかと不安に思う人もいるでしょう。

ここでは、内定式で印象を悪くしないためのネクタイの選び方を解説していきます。他の内定者や先輩社員からの第一印象をよりよくするための参考にしてください。

内定式の内容については、下記の記事で解説しております。

ネクタイの選び方①色や柄は地味なものを選ぶ

neckties-210347_640

内定式に着用するネクタイは、色や柄が落ち着いているものを選びましょう。もう内々定はもらった後だからネクタイくらいは多少派手でも問題ないかな、と思う人も多いです。しかし、ビジネスマンとしての最初の場でネクタイを派手にすると、まだ学生気分が抜けていないと思われかねません。

色は原色系のつよい色を避け、ネイビーや暗めの赤を選ぶのがおすすめです。柄は奇抜なデザインを避け、無地やレジメンタルストライプのものを選ぶとよいです。

また、大きいドットのネクタイも派手にみえてしまいます。小さめのドットであれば、爽やかにみえるため、内定式のネクタイとして着用できます。ドット柄のネクタイを選ぶ際は、柄が大きすぎないかどうかを確認しましょう。

内定式では自己紹介を求められるケースもあります。自己紹介の仕方について、下記の記事を参考に確認しておきましょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

ネクタイの選び方②ブランドが一目で分かるものはNG

内定式で一目置かれたいと思い、ブランドのネクタイを選ぶ方も少なくないでしょう。もちろん、ブランドのネクタイを選ぶこと自体は悪いことではありません。

しかし、ブランドの名前がこれ見よがしに入ったネクタイを着用すると、どうしても新入社員にはふさわしくない生意気な雰囲気が出てしまいます。その結果、マイナスな印象を与えてしまうこともあるため、ブランドが一目で分かるネクタイは避けた方が無難です

ブランドのネクタイを着用したい場合は、パッと見たときに、どこのブランドか分からないものにしましょう。また、これは内定式に限ったことではなく、入社後にも同じことがいえます。会社や仕事になれるまでは避けた方がよいでしょう。

内定式における服装のルールについては、下記の記事で解説しております。

ネクタイの選び方③剣幅は7.5センチ程度のものを選ぶ

剣幅が細すぎる、または太すぎるネクタイも、内定式では避けたほうが無難です。剣幅が太すぎると時代錯誤な印象になってしまいます。反対に細すぎると、カジュアルすぎる印象を与えてしまうでしょう。

内定式では、7.5センチ程度の剣幅のネクタイを選ぶとよいです。その程度の剣幅であれば現代的なスーツとの相性もよく、若々しさを感じさせられるでしょう。

最近はおしゃれなデザインのネクタイも増えており、個性的な剣幅のデザインも多くみられます。しかし、フォーマルな場である内定式では、オーソドックスな剣幅のネクタイを選んだ方が印象がよいです

ネクタイの結び方については、下記の記事で解説しております。

内定式でのネクタイは落ち着いたものを選ぼう

初めての会社の式典に、緊張している人も多いでしょう。内定式で初めて顔を合わせる社員や同期も多いため、第一印象で失敗しないことが大切です。ネクタイも、マイナスな印象を与えないものを選びましょう。

内定式でのネクタイは、落ち着いた色や柄のものを選ぶと無難です。派手なデザインや目立つブランド物は、見る人によってはよくない印象を抱いてしまいます。できる限りオーソドックスなネクタイを着用していきましょう。

服装などの些細なことで印象を悪くして、働きにくい環境を作ってしまうのは、もったいないことです。爽やかで落ち着いた印象を与える服装を心がけましょう。

ネクタイピンについて、下記の記事で解説しておりますので参考にしてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ