面接対策

【社長面接の心得】質問と回答例文~逆質問の内容や落ちるフラグ~

最終面接の面接官は社長クラスが担うことが多い

最終面接は社長クラスが面接官を担うことが多く、これまでの面接よりもさらに緊張してしまうことがあります。最終面接は、内定が決まる重要な面接なので緊張度が高く、それによって失敗してしまうこともあります。最終面接を攻略するためには、まずは雰囲気に飲まれないように実力をしっかりと発揮できなければなりません。

また、社長面接ではこれまでの面接とは勝手が違うため、これまでの面接との違いを理解しておくことも大切です。就活の最後の正念場としてしっかりと対策をしてから面接に臨まなければなりません。社長面接を攻略するためのポイントを知り、最終面接を突破して内定の獲得を目指しましょう。

最終面接で社長が出てきたときの対応

社長は会社の最高権力者です。最終面接で社長にさえ気に入ってもらえれば、即内定となるケースがあります。社長が最終面接に直接出てくるということは、新人に期待しているということなのです。対応のポイントについてみていきましょう。

会社に共感する点や将来のキャリアプランを具体的に話す

社長が直接最終面接に出てくるということは中小企業である場合が多く、働く際にも社長と話をする機会がたくさんあるでしょう。ここで社長に気に入ってもらえれば、仕事を優位に進めることができるではずです。

また、社長など権力のある人は、総じて持ち上げられることを喜ぶものです。会社の方針や強みをほめることは、社長をほめることにも繋がるので喜んでもらえるでしょう。

ビジョンの一致が重視されている

多くの企業では、最終面接において社長が面接官となるケースが多くあります。社長面接で特に重視されていることが「ビジョンの一致」です。一次や二次の面接官は人材のスキルを中心に見ているため、社長面接に臨む就活生は皆一定のスキルを持っているといえます。

最終的に獲得する人材を決めるにあたり、社長は「社長もしくは会社と同じビジョンが見えているか」「そのビジョンに向けて邁進できる人材か」を見ているのです。持っているスキルを会社の発展のために用いて、誠心誠意尽くしてくれるのかどうかを見極めるために、社長自ら面接をおこなうのです。社長面接をそれまでの面接の延長という気持ちで臨むことのないよう、その趣旨をしっかりと理解して対策を立てましょう。

変化に対して柔軟に対応できるかどうか

「ビジョンの一致」と同じくらい重要になるのが「さまざまな変化に対してフレキシブルに対応できるのか」ということです。時代の変化に合わせて、各企業が展開する事業も変わります。そして、それが企業成長にもつながることになるため、社長は変化に合わせられる人材を求めている可能性が少なくありません。

「役員になった際、大多数のメンバーをまとめることができるか」「志望していない事業でも活躍できるのか」などの観点で質問してくる可能性もあります。そうした際に「なるべく部署を変えたくない」などの返事は避けるべきです。いずれにせよ、社長が求めている人物像に合わせて受け答えしなければ、面接合格は厳しいと認識してください。

必要以上に見栄を張らないよう注意する

自己アピールはとても大切なことですが、見栄を張りすぎてしまうと後悔するケースもあります。例えば「〇〇の高いスキルを持っています」と自分の実力以上にアピールしてしまい、いざ現場でその仕事を任せられたらまったくできないことも往々にしてあるでしょう。

こうした失態は、社長の期待を裏切るだけではなく、他の社員にも迷惑です。社長面接とはいえ、自分のできることとできないことに嘘をついてはいけません。できないことについては、「なぜできないのか」という理由を考えておいてください。うまく答えることができれば、コミュニケーション力や論理的な思考能力を評価されることがあります。入社前でも、入社後のことを考慮して受け答えしてください。

最終面接で社長に好印象を与える学生の特徴

それでは、最終面接で社長に好印象を与える学生とはどのような学生なのでしょうか。社長は、最終面接に来た学生しか見ていないので最近の就活中の学生がどのような状況なのかはよく知りません。時代錯誤な質問が来ることも予想されます。

元気な声と簡潔明瞭な回答が重要

社長が高齢な場合も多いので単純なことではありますが、声が大きいだけで好感をもたれます。また、長い話や分かりにくい話は好まないので、明確な回答ができるようにしましょう。社長に好印象を与えるポイントを把握しておくとこで、いざというときに臆せずに挑むことができるでしょう。

熱意をアピールしよう

面接において熱意がある人とそうでない人のどちらを採用するかといえば、もちろん前者です。「前向きな姿勢」や「バイタリティ溢れる態度」などが社長に伝わると高い評価を獲得できます。とはいえ、基本的に社長面接は、内定までの最終段階です。他の就活生も同様に熱意のある自己アピールするので、差別化を図るためにはある程度リラックスした状態で面接に挑まなければなりません。

また、焦りすぎてしまい、社長が話している途中で熱意を伝えても失礼なだけです。ビジネスマナーを守りつつ、社長面接以前の面接で受け答えしてきた内容を精査しておいてください。他に内定がある場合でも、「第一志望」であることや入社したい旨をしっかりと伝えましょう。

最終面接で落ちてしまう学生の特徴

では、最終面接で落ちてしまう学生の特徴を2つをご紹介します。最終面接まで進めたにもかかわらず、そこで落ちてしまうとショックもその分大きなものになります。場合によっては、他社の選考にまで悪影響が出てしまうこともあるでしょう。

そのようなことを防ぐためにも、落ちてしまう学生の特徴も押さえ、その点に注意しながら面接に臨むことが重要になるのです。以下をしっかりと理解し、無事最終面接を突破できるよう準備を整えておくようにしましょう。

過度に緊張する

最終面接で落ちてしまう学生の特徴の1つ目は、過度に緊張してしまうことです。最終面接に進むにつれて企業研究も進み、企業への愛着も大きくなっていくことでしょう。最終面接に臨む際には、それまで以上に「落ちたらどうしよう」と不安になり、過度に緊張してしまう学生が多くいます。

過度に緊張してしまうことにより、面接での受け答えをスムーズにできないこともあります。緊張で用意していた受け答えができなかったり、言うつもりではなかったことを答えたりという支障がでるケースがあるのです。

企業と価値観が合わない

最終面接で落ちてしまう学生の特徴の2つ目は、企業と価値観が合わないことが挙げられます。企業は学生のスキル・ポテンシャル面だけでなく、さまざまな観点から吟味し、合否の判断をおこなっています。その中でも、スキル・ポテンシャル面と同様に企業が重視しているのが、企業の価値観に合っているかです。いくら優秀な人材であっても、価値観が合わないと「何か違うな」と企業に対して違和感を覚えてしまいます。

その結果、他社に流出してしまう恐れもあるのです。企業としてはせっかく採用した人材を流出するのは避けたい事態です。そのため、採用の段階で自社の価値観と合っているかをしっかりと見極め、価値観が合わないのであれば、スキル・ポテンシャル面で申し分なくとも不採用とすることがあるのです。

企業への理解が深められていない

最終面接で不合格になる学生は、企業への理解が深められていないことが多いです。面接を攻略するために企業研究は必須であり、これは最終面接でも同じことが言えます。最終面接では、企業への志望度の高さが特に重要視して見られています。企業研究をしっかりとおこなって就職意欲の高さをアピールすることが大切です。

企業によっては、最終面接でも社長の名前や創業年など基本的な情報を問うことはありますし、それらに答えられなければ評価は大幅に悪くなってしまいます。面接では基本的にはひとつの質問に答えられないからといって、それだけで不合格になることはありませんが、基本的な情報については別です。これが答えられないと不合格になってしまうことも多いので、注意しなければなりません。

最終面接を突破できない原因を突き止めよう

最終面接で落ちてしまう場合、そこには必ず理由があるものです。面接で失敗しがちなケースを把握して、当てはまるものがあれば対策を講じる必要があります。そこで活用したいのが「最終面接完全対応マニュアル」です。

このマニュアルでは、最終面接で失敗するケースに沿った内定獲得法を紹介しています。また、人事直伝の最終面接で意識すべきポイントも公開しています。無料でダウンロードできるので、最終面接が不安な就活生におすすめです。

社長面接で聞かれる質問と回答例文

社長面接はそれまでの面接とは異なります。社長面接はその企業のトップがおこなうものであり、トップであるからこその目線で就活生の選考を進めているのです。そのため「これまでの面接と同様の対策をおこなっておけばいいや」と社長面接に臨むのはNGです。社長面接に臨む際には、社長面接のための対策を別途行っておく必要があります。

ここでは、社長面接でよく聞かれる質問とその回答例を紹介していきます。社長面接まで進めばあと一歩で内定です。ここで気を抜かずにこれらを参考に、社長面接における質問への回答を事前に準備しておきましょう。

質問①複数の企業から内定が出ても当社に入社しますか

私は他の企業から内定を頂いても、御社に入社する所存です。私は〇〇という仕事に従事したいと考えております。もちろん、A社やB社でもこのような仕事に従事することは可能です。しかし御社であれば、△△という環境で働くことが出来ます。私は学生時代の経験から△△という環境で仕事に従事したいと考えております。そのため、A社やB社から内定を頂けたとしても、私の中での志望度は御社が最も高いです。

この例文のポイントは明確に回答している点です。このような質問に対して「たぶん御社を選ぶと思います」などあいまいな回答をしてしまうと、「本当にうちに入社する覚悟があるのかな」とマイナスの評価を受けてしまう恐れがあります。

そのため、このような質問に対しては明確に回答することが必要なのです。また、その理由についても論理的にしっかりと述べることが出来ている点もいい点だと言えるでしょう。

質問②入社した場合はどの部署で働きたいですか

もし内定を頂き御社に入社できるのであれば、〇〇という事業に携わり業務に従事したいと考えております。私は学生時代の経験から、〇〇事業に携わることに関心を持っています。就職活動の中で、御社で事業に携わることが出来るということを知りました。業務において、私の強みである△△を活かすことが出来ると考えています。そのため、自身の強みを活かせる○○事業において御社の発展に貢献していきたいと考えております。

この例文のポイントは企業研究がしっかりと出来ていることをアピール出来ている点です。「〇〇という事業に携わりたいです」と伝えるだけでは、あなたの熱意を十分に伝えることは出来ないです。「〇〇という事業の中で業務に携わり、自身の強みである△△を発揮して御社の発展に貢献していきたい」と述べることで、よりあなたの仕事に対する熱意を伝えることが可能になるのです。

このような回答が出来るようにするためには入年な企業研究が不可欠です。HPやパンフレットの情報はもちろん、OB・OG訪問等を利用して、企業研究を深掘りしておきましょう。

逆質問する際のポイント

面接では、担当者から「なにか質問はありますか」と聞かれることがあります。その際、もっともNGとされているのは、質問がないことです。企業規模によって異なりますが、入社後であっても、社長と直接話せる機会はあまりありません。

また、質問がないことで「弊社に興味を持っていない」「やる気を感じられない」と思われてしまうこともあります。事前に質問をいくつか考えておくことは必須です。HPなどに目を通しておくと良い質問ができるでしょう。

最低3つは用意する

事前に質問を考えておくことは必須ですが、数が少ない場合は、企業に入社したいという熱意が伝わりません。「入社意欲をはかるために逆質問をする」「事前に会社のことを把握してもらう」などの理由で、複数回質問してくる企業もあります。こうした状況だからこそ、3つ以上は質問を用意しておくべきでしょう。

社長面接前の段階で、すでに企業に対する質問をした経験を重ねています。もちろん社長相手の場合は、以前と同様の質問ではなく、会社経営者というポジションを考慮しなければなりません。的外れな質問やレベルの低い内容は避けてください。「経営する上でもっとも重要視していること」「社長から見た会社のアピールポイント」などがベターです。

HPに関する質問をする

企業情報をしっかりと頭に入れ、質問すると印象がいいです。ホームページには手がけている事業やその業績、今後の目標など会社に関することなどが載っています。そうした情報を前提とした質問をしてください。「ライバルとなる〇〇株式会社と差別化しているポイント」「〇〇という目標達成のために挑戦している事業」など、ホームページにない情報を深堀りしていきます。

こうした質問をすることで「会社のことを存分に理解している」と好印象を与えることができます。もちろん、社長が答えにくい内容の質問をしてしまう可能性は否定できません。入社前の状態では仕方のないことかもしれませんが、「差し支えなければ」という敬語表現を活用してください。

社長への逆質問例文5選

最終面接で社長が出てきた場合に、「質問はありますか」と聞かれることがあります。「とくにありません」と答えるのは、良い印象を与えられません。社長に聞くといい質問を5つご紹介します。

逆質問例①会社を経営するうえで一番大切にしていること

1つ目は、「会社を経営するうえで一番大切にしていることは何ですか」です。この質問は、今後一緒に働いていくために重要なものです。社長がどのようなことを考えて会社を経営しているのか、知ることができるでしょう。

ただし、企業理念や経営方針などのホームページに書いてある答えが返ってくる可能性があるので、注意が必要です。社長から「〇〇を大切にしている」と大まかな回答が返ってきた場合は、深堀して聞いても問題ありません。そのようなときは「差し支えなければ」と断りを入れて質問しましょう。

逆質問例②どのように業務に臨んでほしいか

2つ目の例は、「新しく入社する就活生や働いているスタッフにどのように業務に臨んでほしいですか」です。この質問は、社長あるいは役員にすることで熱意があることをアピールできます。

また、このような質問をした際はメモを取ることをおすすめします。メモを取ることで、次につなげようという意欲も見えますし、そもそも聞いただけでは忘れてしまう可能性があります。メモを取る際は「メモを取らせていただいてよろしいでしょうか」と一言伝えましょう。

逆質問例③成長した一番の要因

3つ目の質問は、「御社が成長した一番の要因は何ですか」です。この質問をすることで、どのような取り組みをしていたのか聞けるかもしれません。ただし「成長した要因」と聞いているので、実際に成長した企業に質問するのが前提です。

成長してない企業、あるいは成長したことを公開していない企業に質問するのは、失礼になるので覚えておきましょう。この質問も1つ目の例と同じように、回答によっては深堀できるかもしれません。回答を聞いて理解できるように、事前の企業研究も忘れずにおこないましょう。

逆質問例④目標に対してどのような取り組みをしているか

4つ目の逆質問の例は「目標に対してどのような取り組みをしているのでしょうか」です。この質問は「御社は〇〇という目標を掲げていますが」と、実際に掲げている目標を具体的に話すと、より関心があることをアピールできます。

注意点は、おこなっている取り組みがホームページに書いてある場合です。ホームページに記載してあるのに質問してしまうと、「企業研究していないのか」と印象が悪くなってしまうかもしれません。また、「企業秘密」と言われ回答してもらえない可能性もあるかもしれません。そのようなときは「かしこまりました」「失礼いたしました」と言い、質問を変えましょう。

逆質問例⑤10年後をどのように考えているか

5つ目の逆質問の例は「社長は御社の10年後をどのように考えていますか」です。この質問もホームページに回答が記載されている可能性があるため、注意してください。「10年後の姿」を聞くことで、「入社したときだけでなく将来も考えているのか」と評価が上がります。

社長にしか回答することができない質問なので、ぜひ聞いておきましょう。最終面接で社長にすると良い逆質問を5つご紹介しましたが、どれも事前の企業研究が大事になってきます。その場しのぎの質問にならないようにしましょう。

社長面接で聞くべきではない逆質問3つ

社長面接において、逆質問の機会が与えられることがあります。逆質問をすることで、効果的に入社意欲を示すことができます。ここで注意しなければならないのは、それまでの面接と社長面接での逆質問は異なるということを理解しておく必要があるということです。

社長面接では、聞くべきではない逆質問が存在します。安易にそのような質問をしてしまうと印象を悪くして、合格率を下げてしまう可能性があるのです。やっとの思いで社長面接まで辿り着けたのですから、ミスをして合格率を下げてしまわないようにしっかりとこの点も押さえておきましょう。

給料や福利厚生に関すること

給料や福利厚生に関する逆質問は控えましょう。社長は「会社と同じビジョンが見えている人材」「そのビジョンの実現に向けて邁進できる人材」を求めています。給料や福利厚生も確かに重要なポイントではありますが、これらを前面に出してしまうと仕事に意欲的な姿勢、熱意を感じ取ってもらえません。

給料や福利厚生を基準に仕事を選んでいると思われてしまうと、仕事のやりがいや将来の目標などを交えた志望動機に対して「本当なのか?」と疑問を持たれる可能性もあるでしょう。給料や福利厚生がどうしても気になっても、それは社長に質問する内容ではないのです。気になる場合は、事前に社員訪問をおこなったり四季報を読んだりして解決しておきましょう。

1次・2次の面接官に聞けば分かったこと

逆質問の機会は、1次・2次の面接でも設けられるケースが多いです。それまでの面接中に逆質問をして聞くことの出来た内容も、質問するべきではありません。社長は日々忙しく仕事に邁進しています。そのような中で、会社の将来を担う人材を獲得するべく何とかスケジュールをやりくりして面接の機会を設けているのです。

企業の社長と面と向かって話をする機会は、そうそうあるものではありません。特別な機会である社長面接で、それまでの面接で聞くことの出来た内容を質問することは失礼にあたります。その会社の舵取りをおこなっている人に、今後の経営方針などを直接質問出来る貴重な機会なのですから、社長にしか聞けないような質問をぶつけるようにしましょう。

調べれば分かること

少し調べれば分かるようなことを質問することも失礼にあたるので、合格率が下がってしまう要因になりかねません。上記でご紹介した通り、社長面接という特別な場は、日々多忙を極める中、なんとか時間を捻出して設けてもらっている貴重な機会なのです。

そのような場で、少し調べれば分かるようなことを質問することは社長に対して失礼にあたります。例えば、「御社が求める人物を教えてください」や「御社の強みは何ですか」などの質問です。

これらは企業のホームページや採用ページに掲載されていることが多いため、質問をすると準備不足と捉えられます。また、社長面接の段階でする質問ではないと思われる可能性も高いです。逆質問の内容は、事前に吟味しておくようにしましょう。

社長面接での落ちるフラグとは

最終面接で社長や役員と話をするということは、ほとんど内定が決まったと思う就活生は多いでしょう。実は、最終面接=内定ではないのです。もちろん、最終面接まで受けたのに不採用になる可能性もあります。どのようなときに、最終面接で落ちるのでしょうか。社長面接で落ちるフラグを、2つご紹介します。

①丁寧な対応をされる

1つ目のフラグは、丁寧な対応をされたときです。何も知らないと「丁寧な対応をされるということは内定を貰えたということだ」と勘違いをしてしまいます。なぜ丁寧に対応されたことが落ちるフラグになるのでしょうか。1つの例として挙げると、企業のイメージを下げないようにするためです。

最終面接で落ちた就活生は、もしかすると取引先に入社したり顧客になったりする可能性もあります。そこで「あの企業は最終面接で落とした」と言われると、今後に影響が出てしまいます。そうならないために、丁寧な対応をするのです。ただし、丁寧な対応をされたから絶対不採用という訳ではないので、面接の途中で投げ出したりはしないようにしましょう。

 ②面接が予定より早く終わる

2つ目の落ちるフラグは、面接の時間が予定より早く終わることです。多少のずれはよくあることですが、極端に短い場合は不採用の可能性があります。最終面接をおこなう社長や役員は暇ではないので、「この人はいらない」と早めに決めてしまうかもしれません。そのような場合に、面接が早く終わってしまうのです。

しかし、必ずしも面接が短いと落とされる訳ではありません。「この人はぜひうちで働いてほしい」と、逆のパターンのときも面接が早く終わってしまうことが考えられるのです。「あまり興味を持ってもらえなかったから落ちる」という認識でいましょう。

最終面接で社長が出てきても自分の意見を述べよう

最終面接で社長が出てくると、一気に雰囲気に飲まれてしまうかもしれません。それでもここまで来て自分をしっかりアピールできないのは、大変もったいないことです。へこたれない度胸と勇気をもって最終面接に臨みましょう。もう内定はすぐ近くまで来ていますよ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ