SPI

【SPIの完全ガイド】性格検査のポイント3つを徹底分析|気になる内容と対策をご紹介します

SPIの性格検査とは

SPIとはSynthetic Personality Inventory(総合適性検査)の略です。この試験はリクルートマネジメントソリューションズが作成しており、性格検査と能力検査ができます。SPIの他にも適性検査はありますが、SPIは最もシェアが高く、就職活動をする上でSPIを受けることは必ずあるでしょう。また、企業ではSPIにおいて能力検査よりも性格検査を重視することが圧倒的に多いということを覚えておきましょう。

仕事に適しているかを図る指標の1つ

SPIの性格検査は選考の初期段階で行われることがほとんどです。自宅や大学のPCから受験できたり、1年以内に受験したことがあればデータをそのまま流用できたりします。SPIの性格検査では、「企業で必要とされる性格の傾向」を数値として示すことができます。

例えば忍耐力があるか、目標達成の意欲が高いか、テキパキと活動する意欲があるかといったことが挙げられます。志望企業で必要とされる性格からかけ離れている場合には、次の選考に進めない場合も多くあります。また企業によっては、その後の面接などの選考を経て実際に採用する際の判断材料にする場合もあります。最終的に2人のうち1人を採る際、よりSPIの点数の高い人を採るということもあるのです。

面接だけでは見抜けない個性を知るため

SPIの性格検査がおこなわれる理由としては、就活生の個性を知るためです。面接では見抜けない個性を少しでも知るために性格検査を実施する企業は多く、性格検査の結果と面接での印象を照らし合わせて評価されることもあります。企業の人事担当者が採用活動のプロであるとは言え、面接などの短時間でその人のすべてを知ることはできません。

就活生の個性を知ることができずに、就活生側は正しく評価されないことになりますし、企業側も正当な評価ができず、優秀な学生を逃してしまう可能性があります。就活生のことを知れないことは、お互いにとってデメリットとなり、それを少しでも解消するために性格検査をおこない、より細部まで就活生を知ろうとしています。

SPIの性格検査に落ちる人の特徴

ここで、SPIの性格検査に落ちる人の特徴を確認してみましょう。まず第一に「企業に合わせた回答をしている」ということがあります。そして第二に「嘘の回答をしている」ということがあるでしょう。志望企業で必要とされる性格を研究したところで、実は自分にはそのような傾向がないとわかっているにも関わらず取り繕って受験した場合によくあることです。実際の自分と違う自分を演じるのは並大抵のことではありません。

企業に合わせた回答をしている

志望企業の特徴によって、必要とされるであろう性格があります。例えば製造業ならコツコツ努力する真面目な性格であるとか、金融業なら慎重で石橋を叩いて渡るような性格であるとか。しかし、このようなことはあくまで一般論です。

300問の中にたまたま思い描く性格が描写されているからと選んでも、実際の自分と違えばその他の膨大な量の設問で思い描く性格の人が選ぶべき答えを一貫して選ぶのは不可能です。また、企業が実際にそのような一般論的人材を欲しているのかという問題もあります。

300問もの設問を通して伝えられるのは自分自身の人柄です。首尾一貫とした実際の人柄を伝え、採用されることが企業と自分自身の今後にとって必要とされることでしょう。

嘘の回答をしている

企業で必要とされる性格を研究しても、印象を良くしようと嘘の回答をするのは止めましょう。300もの設問を通して全て一貫した嘘をつき通すのは不可能です。検査結果も揺らぎ、担当者は気づいてしまいます。企業研究はSPIではなく、エントリーシートや面接に活かし、SPIでは「いかに自分という人柄を出すか」に注力しましょう。

自分という人柄に嘘をついていると、その後面接に進んでもSPIの結果とかけ離れた性格が露わになり、担当者に不信感を抱かせてしまいます。また、SPI性格検査の結果を入社後の配属先を決定する際に利用するなどの場合もあります。実際の自分とかけ離れることのないよう、素直な回答を心がけましょう。

SPI性格検査のポイント①キャラクターを貫く

SPIでの性格検査は、ある程度こちらの性格を演じて答えることができます。もちろん一度演じたら最後までそのキャラクターで回答しない限りは嘘がばれてしまうのですが、それでも最初から最後までその人物を演じ続けて答えればしっかり性格の良い人物として把握してもらえます。

求めれる人物を想定すれば、いくらでも性格検査でいい結果をだしていくことができるでしょう。たとえば、これはどの会社でもそうですが暗くて鬱気味の方と、社交的でムードメーカー的な方だったら、どんな会社であっても後者の方を欲しがりますよね。ですから、会社が求めるのはどういう人物かを考えて回答するようにすると、SPIの性格検査でひっかかることはまずなくなるでしょう。

自分自身の個性を大切にする 自分らしさが出る。

SPI性格検査で好印象を与えるポイントは、自分自身の個性を大切にすることが挙げられます。個性を大切にしながら回答していくことで自分らしさが出ますし、より自分のことを知ってもらうことができます。そもそも性格検査の目的は就活生を少しでも知るためであり、自分を偽って本当の自分を知ってもらうことができなければ意味がありません。個性を知ってもらい、それを評価してもらうことが大切ですので、評価などは考えずに自分らしさを意識して回答していくことが大切です。

より深くまで知ってもらうことで、評価を高められる可能性も上がります。自分を知ってもらえなければ評価の対象にすらなりえませんので、自分らしさを発揮して自分を知ってもらうようにしましょう。

嘘をついてもバレてしまう可能性が高い

性格検査では少しでも好印象を与えようとして嘘の回答をする人も多いですが、嘘をついてもバレてしまう可能性が高いです。採用担当者は性格検査の結果だけで評価を決めるのではなく、そこからさらに面接などをして最終的な評価を決めていきます。嘘をついた回答をしても、面接などをすれば簡単にバレてしまいますし、嘘をついていると判断されれば印象は悪くなってしまいます。

ビジネスマンにとって最も重要なのは信用であり、嘘はその信用を大きく損なうものです。嘘をついて信用がないと判断されれば、その場で不合格になってしまう可能性もありますので、嘘の回答は避けなければなりません。性格検査は正しく評価してもらうためにも、嘘をつかず正直に回答していきましょう。

SPI性格検査のポイント②マイナスな回答はしない

マイナスな回答は絶対にしないようにするというのも、SPIの性格検査のポイントとしていえることです。SPIの性格検査では、こんなときどうするという設問で、「相談してみる」「一人で頑張る」という選択肢があることがあります。

そんなとき、たとえ一人で考える方がうまくいくタイプだったとしても、それでもそこは「相手の求める人物像を考える」という観点から、「相談してみる」という選択肢を選択するようにしてください。仕事において、一人で粘るというのはマイナス評価につながることですよね。

このように、マイナス評価になりそうなことは、たとえそう思っていてもかならずマイナス評価にならなそうな方を選択するようにしましょう。そこを徹底していけば、矛盾が生じることはありませんし、SPIの性格検査の結果も良くなっていくことでしょう。

仕事にも影響が出ると思わせるような回答はしない

性格検査では正直に答えて個性を発揮することが大切ですが、仕事にも影響が出ると思わせるような回答はしないことも大切です。明らかにマイナスの印象を与えてしまうとわかる回答まで、正直にする必要はありませんので、それらは基本的には避けて問題はありません。ネガディブな印象を与えると、仕事に対しても影響があるのではないかと思わせてしまいますし、評価も下げられてしまいます。

自分をいいように見せようとし過ぎないようにしなければなりませんが、一方で確実にマイナスの印象を与えるものは避けなければなりません。本音と建前でバランスを取るのが難しくもありますが、明らかな引っかけ問題と分かるものだけで構いませんので、それらについては避けて回答しましょう。

ポジティブで協調性を大切にした回答を心がける

なるべくポジティブに協調性を大切にした回答を心がけることも、性格検査で好印象を与えるポイントのひとつです。明らかにマイナスの印象を与える回答は避けた上で、好印象が与えられる回答を選ぶことが大切です。もちろん嘘はいけませんので、基本的には正直に答える必要が大切ですが、ポジティブな回答を心がけるよう意識する程度であれば問題はありません。

明らかに自分の性格やキャラクターとかけ離れているものについては別の回答を選ばなければなりませんが、それ以外は好印象を与えられる回答を選ぶことも大切です。性格検査での回答でも矛盾が出ないようにしなければなりませんし、面接でも性格検査の結果と違っていてはいけませんので、明るく振る舞うことを意識しましょう。

SPI性格検査のポイント③断定の質問は「いいえ」を選ばない

SPIの性格検査では、「人の悪口をいったことは絶対にない」や「人を傷つけたことは一度もない」などの強い断定の質問が出ることがよくあります。そうした質問で「いいえ」を選ぶと、嘘をついていると判断されてしまいます。世の中にそんな人はまずいませんから、こうした質問はその人がウソをつく人かどうかということを判断するための「トラップ質問」なのです。

SPIの性格検査のポイントとしていえることは強い断定の質問は、「いいえ」を選ばないということです。そうして少し人間らしいところを見せた方が、より好人物と思ってもらえる可能性が高くなるのです。自分を良く見せるのはほどほどにして、こうした質問では人間らしさをアピールしておきましょう。

適性検査の種類

SPIで適性検査をする方法には、どんなものがあるのでしょうか。結論から述べると、SPIでの適性検査は筆記テストとWebテストの2種類に分かれます。実施している企業ややり方に明確な違いがあるので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

筆記テスト

筆記テストは、企業に訪問し試験を受ける「ペーパーテスト型」と、指定された試験会場でおこなわれる「テストセンター型」があります。ペーパーテスト型の試験は、時間やコストがかかるため実施している企業は多くありません。

一方テストセンター型は、一度に多くの就活生が受けられるので、近年は一般化されています。また、テストセンターの結果は複数の企業で使えるので、就活生の負担にならないのもポイントだといえるでしょう。

Webテスト

2つ目の適性検査の種類は、Webテストです。Webテストとは、名前の通りインターネットを使っておこなうテストです。わざわざ企業に行かず、自宅や大学のパソコンで受けられるのが魅力的です。試験日も決まっておらず、指定された締め切り日までに回答すれば問題ありません。こんな魅力があるWebテストですが、替え玉受験が問題視されているため実施する企業が少なくなっています。

SPIの性格検査では企業の求める人物像をアピールすること

性格検査で弾かれてしまうなんてことがあったら、あまりにも勿体ないですよね。性格検査では、企業の求める人物像に沿ったキャラクターをまずは貫くようにしてください。さらに、マイナスな回答はしない方が好印象でしょう。

そして、断定の質問はトラップ質問。嘘をつかずに人間らしさをアピールすることです。これらのポイントを知っておいて、それに沿って回答すればまず性格検査で弾かれることもなくなっていくでしょう。もし不安ならば、これらを参考に回答してみてください。

関連記事

就活の適性検査で落ちる人に共通する特徴5つと通過するために今すぐすべき対策とは

【テストセンターの性格検査】落ちる人の特徴と突破するためのテクニック5つ│おこなう目的や一連の流れもご紹介

【SPI試験】性格適性検査のWEBテストを受ける際に気をつけておきたい3つの注意点

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ