その他

【休職中のボーナスはどうなるのか】気になる可否と貰うための方法3つ|各注意点も解説します

休職中にボーナスは貰えるのか

多くの社会人が楽しみにしているイベントが、年に数回しかないボーナスの支給です。実は、ボーナスは、法律において定められていない制度となります。そのため、ボーナスの制度自体を設けるかどうかは、企業の自由といえるのです。ボーナスの制度自体を設けていないところも、探してみると珍しくありません。もし、やむを得ない理由で仕事を休職してしまった場合、ボーナスは発生するのでしょうか。どう生活するかにもかかわってくる部分なので、気になる人は多いと思います。以下では、休職中にボーナスを貰う方法3つをご紹介します。

休職中にボーナスを貰う方法1,会社の規定による

そもそもボーナスとは、日頃一生懸命仕事をしている従業員に対して、臨時報酬として与えられるものです。休職中は仕事をしている訳ではありませんので、考え方としては、ボーナスの支給対象外となるでしょう。しかし、ボーナスの支給条件はそれぞれの会社で異なるため、中には休職中でも一定条件を満たせば、ボーナスを貰える会社があります。従業員に対して手厚い待遇をしている会社では、「早く復職できますように」との意味を込めて、ボーナスが支払われることもあるのです。

貰えるボーナスはあくまでも寸志程度

ただし、休職中にボーナスが貰える場合、他の正社員と同様満額というケースは少なく、多くの場合が寸志程度となります。ボーナスを期待して買い物をしたり、生活費などが足りない分の埋め合わせを考えていると、思わぬ額の低さにショックを受ける可能性があるでしょう。

休職中にボーナスを貰う方法2,有給休暇を使う

有給休暇を利用して会社を休むのも、1つの方法です。有給休暇とは、文字通り給与が発生する休暇のことで、仕事をしているときと同様に見なされる制度となります。有給休暇は、労働基準法で認められている労働者の権利であり、休暇を取って待遇に不利が生じないように定められています。

会社の判断によるため確認が必要

休職する際に有給休暇を利用すれば、出勤していると見なされ、ボーナスの支給対象になれる可能性が高いです。実際、会社を退職する場合に、有休休暇を消化してボーナス支給日まで在籍し、しっかりとお金を貰って辞めるケースが存在します。ただし、これはあくまで会社の判断によるものです。支給対象外となる可能性もありますので、有給休暇を利用して休職をしようと考えている人は、あらかじめ会社に確認しておいてください。

休職中にボーナスを貰う方法3,査定期間中の勤務

会社によっては、ボーナスの支給額を決める査定期間が定められています。そのため、休職していて査定期間に一度も出勤をしなければ、賞与を貰うのは難しくなるでしょう。しかし、査定期間中に休職をしたことにより、「勤務実績があるのでボーナスの支給対象になる」という会社もあるのです。

会社によっては一定期間の勤務が必要な場合がある

査定期間に1日でも出勤すれば、必ずボーナスが貰えるという訳ではありません。トータルした出勤日数や、勤務態度も重要となります。とくに大手の企業の場合は、現在休職をしていても査定期間中に勤務した日数によって、日割りのボーナスを貰える可能性があります。会社によっては、一定期間以上出勤しなければならないという条件もありますので、事前に確認しておきましょう。

休職中でもボーナスが貰える3つの方法を知っておこう

休職しているとボーナスが貰えないのでは、と不安になる人は多いでしょう。しかし、会社によっては、条件を満たすことでボーナスを貰えるケースがあるのです。有給休暇を組み込むことで、ボーナスを貰えるように配慮してくれる会社もあります。ただし、満額で貰える可能性は少ないので、期待し過ぎないようにしてください。もちろん、大前提として、休職しないように健康管理やライフスタイルを調整することは大切です。どうしても休職しなければならない状況になったら、速やかに会社に相談しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年2月、北海道生まれ。小樽商科大学卒業。 2010年4月に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。 IT・小売・外食など幅広い業界にわたって300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学の就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を行なう。 現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。