自己PR

保育士の自己PRの書き方|おすすめのアピールポイントや例文もご紹介

保育士になるための自己PR方法について知っておこう

保育士は子供好きにとってはたまらない仕事であり、志す人も多いですが、自己PRをしっかりと考えておかなければ選考を突破することはできません。保育士になるためには、一般的な就職と同じように選考を受けなければなりませんし、履歴書や面接などで自己PRを求められることも多いです。

自己PRが弱いと採用メリットを示すことができませんし、他の人が採用されてしまいますので、しっかりと練り上げておく必要があります。保育士は人気の職業ですし、応募者多数で倍率が高い場合も多いです。自己PRは合否をわける重要なポイントですので、念入りに考えておかなければなりません。自己PRを徹底して考えて自分の魅力を上手に伝え、憧れの保育士としての就職を目指しましょう。

保育士の基本情報

保育士になるためには、まずは保育士の基本情報を知っておくことが大切です。保育士は保育所で子供と接する仕事と漠然とイメージしている人が多いですが、他にも知っておくべきことがたくさんあります。仕事についてきちんと理解できていないと、就職してからも大変ですし、そもそも選考を突破できない可能性も高いです。選考に臨む前には、まずは保育士とはどんな仕事なのかを知っておかなければなりません。保育士の基本情報を頭に入れて、仕事への理解を深めていきましょう。

保育士になるために必要な資格

保育士になるためにはそれぞれの職場ごとに選考を受け、合格する必要がありますが、選考を受けるためにはまずは資格を取得しなければなりません。保育士になるためには必要な資格があり、それを取得しないことには保育士にはなれませんので注意が必要です。保育士になるためには、保育士養成課程のある大学、短大を卒業もしくは保育士試験への合格が必要であり、それらを経てようやく保育士として働くことができます。

ただし、学校を卒業したり、保育士試験に合格しただけでは、あくまでスタートラインに立ったに過ぎません。資格を取得すればすぐに保育士として働けるわけではなく、そこからそれぞれの職場で選考を受け、合格してようやく保育士として働くことができます。

保育士の職場は保育所以外にもたくさんある

保育士=保育所で働くと考えている人が多いですが、実際には保育所以外の職場ももたくさんあります。保育所だけではなく、乳児院・児童養護施設、母子生活支援施設、知的障害者施設なども職場としてありますので、まずはどこで働きたいかを明確にしておくことが大切です。同じ保育士でも職場が違えば仕事内容なども違ってきますし、求められる能力や資質なども異なります。

子供との接し方も変わってきますので、それぞれの違いを理解した上で、どの職場で働きたいのかを決めることが大切です。それぞれの職場の違いを知り、求められる能力を知ることが自己PR作成の第一歩になります。志望する職場の特徴などをしっかりと調べておき、自己PRの作成に役立てましょう。

自己分析を通してアピールポイントを見つける

自己PRをするために最も重要なのは、自分のことを客観的に理解することです。自分をよく知らずにアピールできるはずがありません。

これまで自分が歩んできた道を振り返り、一つ一つの経験を棚卸ししましょう。ただエピソードを羅列するだけではいけません。そのとき、自分はなぜその選択肢を選んだのか、エピソードを深く掘り下げてみましょう。そうすれば、自分の個性や長所、物事の優先順位、行動の基盤となっている考え方など、自分の輪郭がはっきりと見えてくるはずです。

自己分析は多少時間をかけてでも入念に行うことが、結果的に自信のアピールポイントを見つける近道となります。

自己分析ツールを活用しよう

ただ、自己分析をじっくりやる時間がない方も多いはず。
そんな時に便利なのが、無料の自己分析ツール「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、就活を成功させましょう。

保育士に必要な要素からアピールポイントを考える

もうひとつ有効なアピールポイントの見つけ方は、志望する職業に求められる要素から逆算する方法です。自己分析が中々進まなくなったら、視点を変えて保育士に必要な要素を洗い出してみましょう。

例えば、子供が好き、人とのコミュニケーションが好き、絵やピアノなどが得意、状況判断力が高い、褒め上手など、たくさんの要素があるでしょう。その中で、直感的にでも良いので、自分に合っているもの、自分が得意そうなものをピックアップしてみてください。ピックアップしたものに対して、何故自分はそれに長けていると言えるのか、裏付けとなりそうなエピソードを思い出してみましょう。

自己分析が自分の経験からアピールポイントを抽出するのに対し、保育士に必要な要素をみてみることで全く逆のアプローチからアピールポイントを見つけることが出来ます。

求められる人材は園や立場によって異なる

一重に保育園といっても、その中身は様々です。認可保育園、認証保育園、認可外保育園などの種類があり、そのどれもで保育士が働いています。

もちろん、種類が違えば求められる要素も当然異なります。また同じ種類の中でも、その立地や施設の仕様、教育方針などによっても求められる人材は異なるでしょう。さらに、保育園には子ども、保護者、園長先生など、様々な立場の人が関わっています。その立場によっても求められる人材は変わってきます。

子どもは、同じ目線で遊んだりお話ししたりしてくれる先生を求めるでしょう。保護者は、我が子の安全が最優先かもしれません。園長先生はそれだけでなく、デスクワークのスキルや企画力なども求めるでしょう。どういう人材が保育士に求められているのか、それぞれの立場から把握することが大切です。

保育士におすすめの自己PRの内容3つ

自己分析が捗れば、あなたがアピールしたいポイントがいくつも見えてくるでしょう。さらに様々な立場に立ってみると、保育士に求められる要素もたくさんあることがわかります。どのアピールポイントを駆使して自己PRをするかは、あなたの志望先によって柔軟に変えていく必要があるかもしれませんが、ここでは保育士全般に求められる、特に抑えるべき自己PRのポイントを3つ紹介します。

①子供好き

まず1点、好きこそものの上手なれというわけではないですが、子供好きというのは当たり前に良いアピールになります。保育士の中でも別段子供が好きだというわけではない方もいますが、そういう方はやはり苦労します。それをわかっている方も多いので、保育士になるための自己PRではこういう基本的なことでもしっかりと評価されるのです。

好きになったきっかけや触れ合いに関するエピソードを盛り込む

ただ子供が好きだと言っても、そういうことは○○の能力があるという自己PRに比べてはるかに信憑性が薄いでしょう。ですからきちんと伝えるように、しっかりとしたエピソードを用意しないといけません。子供を好きになったきっかけなどを語ると、子供が好きだということに信憑性が高くなるので、そういうエピソードを用意するとよいでしょう。

子供好きであることをアピールするためには、子供との触れ合いに関するエピソードを伝えるのも効果的です。ボランティアや実習などで、周りの子供たちと触れ合う機会があった場合はその経験談を伝えていきましょう。単に子供好きと語るだけではアピールに信憑性がありませんが、具体的なエピソードを伝えることで説得力を高めることができます。

実際に子供と触れ合ってどのように感じたのか、どのような点を意識して接したのかなどを伝えるとさらに好印象を与えることができます。ただ子供と触れ合っただけではなく、保育士の観点から何を心がけていたのかなどをアピールすることが大切です。子供と触れ合ったエピソードを詳細に伝えて、保育士として活躍している姿をイメージさせましょう。

②体力がある

保育士というのは、そのイメージに反して意外と体力が必要な仕事だったりもします。ですから、保育士になるための自己PRでは、体力やメンタルの強さをアピールするというのも有効ですそういうところの強さが分かれば、簡単には辞めないでくれるだろうと安心してもらえ、印象もよくなるでしょう。

スポーツに関して功績のある人は記載する

体力、メンタル、忍耐力など、スポーツを通して身につけたスキルや能力は、保育士に必要な要素に通づるものがあります。したがって、「全国大会出場」「◯◯大会準優勝」「◯◯歴10年」といったスポーツでの実績や、「空手初段」などのスポーツの資格などがある人は、自己PRに盛り込むことは非常に効果的です。高い実績や資格を示すことで、その背景にある体力やメンタル、忍耐力などのアピールポイントが自ずと相手に伝わります。

具体的なエピソードに加え、スポーツの功績も記載することができれば、あなたの自己PRに厚みが出ることは間違いありません。

③責任感が強い

保育士になるための自己PRとしては、責任感の強さをアピールするというのも効果的です保育士という職業は、人の家の大切な宝物を預かるような職業です。ですから、保育士として働くためには、責任感と言うのが必須なのです。ゆえに自己PRで責任感をアピールすると、魅力的に思ってもらえる可能性が高いです。

仕事の上で生じてくる責任感をアピールすると説得力がある!

責任感を適切にアピールするためには、やはりアルバイトなどのエピソードが良いでしょう。友達同士で生じてくる責任感と、アルバイトとはいえ仕事の上で生じてくる責任感はまたちょっと違うものです。ですから、責任感をアピールする際には、仕事の上で生じてくる責任感をアピールできるよう、アルバイトでのエピソードを語るようにすると良いでしょう。

3分で人事に響く自己PRを作成しよう

保育士の自己PRを作成する際、伝えたいことは沢山あっても、文章で上手くまとめる自信がない就活生も多いはず。

そんな時は、「自己PRジェネレーター」を活用してみましょう。

自己PRジェネレーターを使えば、簡単な質問に答えるだけで理想的な流れの自己PRが完成します。
無料でダウンロードして、人事を唸らせる自己PRをサクッと完成させましょう。

自己PRを作成するポイント

自身のアピールポイントが見つかり、志望先の施設やその関係者が求めている人材が把握できても、安心してはいけません。自己PRの場でその伝え方を間違えてしまっては、せっかくの良いアピールポイントを相手に響かせることはできません。アピールポイントを裏付ける具体的なエピソードを語り、それを職場でどのように生かし、その先どんな将来像を描いているのか、しっかりとストーリーを組み立てる必要があります。自分を最大限にアピールすることができる自己PRを作成するポイントを紹介します。

キャリアプランや具体的な目標を伝える

責任感の強さをアピールするためには、キャリアプランや具体的な目標を伝えることが大切です。自分の描いている目標やプランを伝えることで、長期で責任感を持って仕事に携わるという熱意が伝わります。将来的な目標がなければ、早期に離職してしまうのではないかと思われてしまいますし、長く続けるだけのやる気や熱意がないと判断されてしまう可能性もあります。

志望度が低いと思われてしまえば大きくマイナスの評価になってしまいますし、しっかりとキャリアプランをアピールすることが大切です。明確なキャリアプランがなくても、どのように成長したいかなど目標があればそれを伝えていきましょう。仕事を続けるだけのモチベーションがあり、目標を持って取り組める責任感があることをアピールすることが大切です。

複数のネタを盛り込むのはNG

一つのアピールポイントに対して、具体的エピソードは幾つも必要ありません。複数のネタを盛り込んでしまうと、結局何を伝えたいのか返ってわかりづらくなってしまうことがあります。一つのアピールポイントが、一つの具体的エピソードで裏付けられている自己PRの方が、綺麗で伝わりやすい自己PRとなります。

どうしても伝えたいエピソードが複数ある場合は、そのエピソードから何をアピールできるのかを抽出し、アピールポイントを複数に分け、それぞれのアピールポイントを支えるエピソードは一つずつという形に構成しましょう。一つのエピソードからアピールできることは、一つだけではないはずです。

<悪い例>
私のアピールポイントは〇〇です。それは「エピソード①」だからです。また、「エピソード②」からも、私は〇〇だと考えています。

<良い例>
私のアピールポイントは二つあります。
一つは、〇〇です。それは「エピソード①」だからです。
もう一つは、△△です。それは「エピソード②」からそう言えると考えます。

自己PRに行き詰まった時は、もう一度過去の経験を思い出し、自分を棚卸しする自己分析の作業に立ち返ってみましょう。

保育士の自己PR例文3選

ここでは、中学生の時の職場体験や、保育士になるための教養、ひとりひとりに手厚くできる保育を目指したい内容を例文にしました。保育士に必要なポイントを自己PRに盛り込んだ例文とそのポイントをご紹介します。

例文①

私は、子供が大好きです。中学生のときに職場体験の希望を保育園にしました。小さな身体で一生懸命、力強く遊ぶ姿やお昼寝をしている寝顔を見て、すごく癒されたました。また、子供好きな自分には、保育士の仕事が向いていると思いました。地元の短大に進学して、念願かなって保育士の免許を取得しました。ここでしかできない地元に貢献できる保育士になりたいです。

中学生時代に職場体験での経験から保育士を目指そうと思った例文です。その時の体験が印象強かったことがわかります。また、地元での就職を希望しています。その地元ならではの保育に関するイベント行事などを調べて、自己PRの内容に盛り込むと良いでしょう。

例文②

私は、最初は、保育士になりたいと思い短大に進学したのですが、「発達心理学」を学びたいと思い、大学への編入を決めました。そこで、「発達心理学」の中の「こどものこころ」を知る教育を学びました。小さな子供が言葉で表現することは難しいことです。
そこで、子供たちに寄り添える教育を目指したいと思いました。貴園の「豊かな教育と豊かなこころを学ぶ」の教育方針に共感しました。私の学んだ「こどものこころ」を貴園で取り入れると、さらに豊かさを増すと思います。また、私は幼い頃より器械体操をしていたので、体も動かして心と体の豊かさの向上に取り組みたいです。

子供に寄り添える教育を目指したいと思っている例文です。園での教育方針に共感したことと大学で学んだことを取り入れると、さらに園の教育内容が増すことをアピールしています。また、心の発達と体を動かすカリキュラムが、子供の心と体の発達どう影響するのかを盛り込むと良いでしょう。

例文③

世間では少子化と言われていますが、実際には待機児童がどの地方にもいることが現状です。私は人一倍責任感が強く、ひとりひとりに目の届く保育をしたいと思っています。こちらは、幼稚園のように教育に固められたやり方や保育園のような自由すぎでもなく、あえてその中間を目指す託児所にされたと聞きました。
自然を取り入れた、他にはないのびのびとした環境の中で、保育をされているところに私は魅力を感じました。子供たちひとりひとりに目配りできる環境で、是非私も働きたいと思いました。

人一倍責任感強いところから、子供たちひとりひとりに目の届く保育をしたいと思っている例文です。保育士と言えば、保育園や幼稚園の先生のイメージが強いです。託児所は、少人数で保育する小さな施設です。その託児所でしかできない、ひとりひとりの個性を伸ばす保育をしたいことや自然を取り入れた保育に魅力を感じたことを、さらに詳しくアピールすると良いでしょう。

保育士に必要不可欠な自己PRは責任感の強さ

以上、保育士になるための自己PRでアピールするべき点のご紹介でした。保育士への自己PRとしては、やはり保育士としての信頼を勝ち取れるような印象を与える必要があります。これらの点のように、信頼を感じるアピールをしていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ