自己PR

自己PRでチャレンジ精神をアピールする方法【回答例文5選あり】

チャレンジ精神は自己PRで高評価を得られる

現代は、働き方や考え方などさまざまな価値観が多様になっています。その多様性に合わせて柔軟に考えたり、新しいことにチャレンジして結果を残す人材が求められます。

就職活動を始めると「チャレンジ精神のある方を求める」という文言を出している企業を見かける機会が多くなるでしょう。企業は、この素質を持っている人が会社に入って、新しい風を吹き入れてくれることを望んでいるといえます。

チャレンジ精神は、現状を改善しようとする向上心にもつながっています。向上心がある人は、成長が期待できます。そのため、就活において、チャレンジ精神を自己PRでアピールすると、高評価を得られるのです。

この記事では、チャレンジ精神について詳しく解説し、この能力を自己PRにする際のポイントもご紹介していきます。チャレンジ精神をアピールしたい方は、参考にしてください。

チャレンジ精神を自己PRするときのポイント

自己PRにおいて、チャレンジ精神があることをアピールするためには、説得力が必要です。説得力のない自己PRだと「本当だろうか」と、採用担当者は納得しないでしょう。

面接で「私には、何事にもチャレンジする精神があります」とだけ話したところで、その内容に説得力はありません。

チャレンジ精神があることを自分の強みとしてアピールしたい場合は、以下で挙げるポイントに注意して自己PRを作成しましょう。ポイントを押さえれば、自分の強みに加えて、自分自身の人物像や企業に対する熱意をアピールすることが可能になります。

「面接のコツ」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「面接のコツ」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

結論から述べる

自己PRにおいて、冒頭に関しては結論から述べてください。「結論先行型」の構成は、読み手・聞き手にとっても「話がわかりやすくなる」効果を与えることができます。その理由は「これから何がいいたいのか」を最初に述べるからです。

また、結論から先に述べる構成で話すと、話し手にとっても「話がまとまりやすくなる」メリットをもたらしてくれます。この構成では「終着点」つまり「伝えるべきこと」がすでに定まっているため、わかりやすい伝え方に仕上がるのです。

結論から伝える方法の一つに「PREP法」があります。この方法では、結論のあとに、理由、具体的なエピソードが続きます。一番伝えたい内容のあとに、根拠がくるため、わかりやすく説得力のある自己PRになります

例えば、AとBの例文なら、Aのほうが簡潔でわかりやすいでしょう。
A:私は、どんなことでも挑戦するチャレンジ精神が強みです。学生時代はアルバイトリーダー、留学、バックパッカーなどの経験をしてきました。
B:私は、アルバイトリーダー、留学、バックパッカーなどの経験をしてました。このように、何にでも挑戦するチャレンジ精神が私の強みです。

PREP法

  1. 結論(強み)
  2. 理由(強みの根拠・エピソードの概略)
  3. 具体例(具体的なエピソード)
  4. 結論(強み・仕事に活かせるポイント)

どんなに熱意をもって伝えても、相手に内容が響かなければ、高評価にはつながらないでしょう。そのため、自己PRでは、アピールポイントをわかりやすく伝えることが大切です。結論から述べて、伝わりやすい話し方を意識しましょう。

具体的なエピソードを用いる

自己PRでチャレンジ精神を説得力もって話すためには、具体的なエピソードを用いて述べましょう。過去の経験に基づいた実績が、アピールポイントの根拠となって活きてくるのです。

根拠とは、その強みを裏付けるための要素です。説得力がなければ、アピールした強みにも信ぴょう性がないでしょう。具体的なエピソードを含めることで、説得力のある自己PRになります。

チャレンジ精神を自己PRする際は、アルバイトや部活、学業など自分がチャレンジした経験を振り返ってみましょう。さらに、チャレンジしたことから、どんなことを感じたり学んだのか、仕事にどう活かせるのかも合わせて伝えると、説得力のある自己PRになります。

また、チャレンジした内容は、必ずしも大きな成果があったエピソードのみに限らず、結果成功しなかった事例でもよいです。成果が出なかったエピソードを話す際は、努力した経過と、学んだ内容、次に活かしたことを十分に伝えてください。

自己PRでは、どんな結果だったかにはこだわらず、より具体的なエピソードを話すことで、強みに根拠を加えましょう。

チャレンジした理由を伝える

チャレンジした理由も伝えれば、さらに魅力的な自己PRになるでしょう。なぜその事柄に対してチャレンジしてみようと思ったのか、きっかけになる出来事やそのときの自分の考えを盛り込むようにするのです。

例えば、留学経験をアピールするのであれば、なぜ海外で勉強したいと考えたのかを明確に伝える必要があります。この場合は「異文化交流に興味があった」「英語力を向上させるためにネイティブの環境に行きたかった」などの理由が挙げられるでしょう。

採用担当者は、就活生が行動を起こすときの考え方を注目して見ています。行動を起こすときの考え方を聞くことができれば、その人物の人柄がわかるからです。

自己PRの中に、物事にチャレンジしたエピソードと具体的な理由を盛り込むことで、どんな考え方に基づいて行動をしたかを伝えられます。つまり、チャレンジ精神をアピールするとともに、人物像も伝えられるため、魅力的な自己PRになるでしょう。

自分の「強み」を知らないと出遅れる

今年の就活はコロナで早期化している影響もあり、早めに動いている就活生は自分の強みや適性を把握しています。

そこで活用したいのが、就活偏差値診断ツールの「就活力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自己分析や企業理解、就活マナーなどの中で、何が不足しているのかグラフで見る化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業からの内定を勝ち取りましょう。

チャレンジ精神を言い換えてアピールするのも有効

チャレンジ精神を、言い換えてアピールするのも有効です。チャレンジ精神はよい評価を得られる可能性が高いため、自己PRで話す人が多いでしょう。そのため、チャレンジ精神を簡潔に言い換え、他の人と差別化を図ることをおすすめします。

単に「チャレンジ精神」といっても、類義語はたくさんあります。また、類義語でもそれぞれ微妙にニュアンスが違います。自分のチャレンジ精神について分析し、特徴に合った言葉を選んで強みにしましょう。

就活において、冷静で客観的な自己分析は必要不可欠といえます。自己分析の結果、自分をわかりやすく表現できる言葉を選べば、受け取る側に伝わりやすくなるからです

自分のチャレンジ精神を分析し、より魅力的に伝わる言葉を選んで自己PRすれば、採用担当者の印象に残るでしょう。言い換えできる類語を紹介するので、チャレンジ精神をより的確に伝えられる言葉を選んで、わかりやすく自己PRをする参考にしてください。

力強く勢いのある印象を与える類語

  • 好奇心旺盛=積極的に様々なことに挑戦する
  • ハングリー精神=挑戦したら必ずやり遂げる
  • 上昇志向=何事も上を目指して挑戦し続ける
  • 勇往邁進=達成するため恐れることなく挑戦し続ける
  • 勇猛果敢=どんなに困難でも挑戦する

勢いのある印象を与える類語を選べば、よりインパクトのある自己PRになります。他の人と差別化を図るためには、より印象に残る言葉を選ぶことも有効です。

もちろんこれら以外に、同様の意味を持つ言葉はあるでしょう。また、この5つの言葉のなかでも、上記のようにニュアンスは若干異なっています。より自分に適したキーワードを選んでください。

自己分析で、チャレンジ精神にもとづくエピソードを分析し、より強みを魅力的に表せる言葉で自己PRを行うことが大切です。

少し落ち着いた印象を与える類語

  • 向上心=目標達成するためにどんな課題にも挑戦する
  • 探求心=明確になっていない事実の解明に挑戦する

落ち着いた印象したいというのであれば、上記のような言葉が使用できるでしょう。「向上心」や「探求心」は、長所として挙げられることが多いです。そのため、悪い印象を与える可能性は少ないでしょう。

一方で、勢いのある印象になる言葉を選べば、インパクトはありますが、短所としてとらえられる可能性もあります。言葉の捉え方は、人によって違うものです。

言葉選びをする際には、それが悪い意味でとらえられないかまで考えて伝えましょう。

「向上心」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「向上心」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

企業が求めるチャレンジ精神旺盛な人の特徴

企業が求めるチャレンジ精神のある人材

企業が求めるチャレンジ精神旺盛な人の特徴をおさえておくことも大切です。アピールしたチャレンジ精神が求められているものと差異があれば、評価対象にならない可能性もあるでしょう。

企業が求めているものを理解できたら、自分にはアピールに値するチャレンジ精神があるのかを確認してください。根拠のある自己PRができるような自信がなければ、他の長所を探しても良いでしょう。

企業が求めるチャレンジ精神旺盛な人の特徴を知れば、どのようにアピールすれば高評価が得られるかもわかります。自己PRは、企業にとって自分は必要な人材だと伝える機会なので、求められていることを把握しておくことは重要です。

①リスクを正しく把握した上でチャレンジできる人

多くの企業は、リスクを正しく把握した上でチャレンジできる人を求めています。後先を考えずにただチャレンジするばかりでは、社会で活躍するのは難しいでしょう。

仕事において、想定されるリスクは業務や職種によってさまざまです。例えば、マーケティングや開発の仕事に携わっていれば、商品が売れず、赤字になってしまうリスクを考える必要があるでしょう。また、営業なら仕事を取れないリスクがあります。

斬新なアイデアや提案でチャレンジをしたいとき、冷静にデータの分析や検証をおこなうことが必要です。あらゆるリスクを認識できれば、それを軽減させることもできます。

企業では、無謀なチャレンジをするのではなく、リスクを把握したうえで行動することが求められています。

②1人で無理せずに周囲に助けを求められる人

チャレンジ精神が旺盛な人の中には、1人で無理をしてしまう人も多いのではないでしょうか。周りに助けを求めるのは情けない、恥ずかしいという人もいるかもしれません。しかし、企業で働く上で、1人で無理をしてはいけません。

仕事をするうえで、相談することはとても重要です。一人で無理をしてしまうと、周囲が手を差し伸べることはできません。つまり、上司や同僚に相談し、皆で協力して成功を収められる人材が求められています。

例えば、自分の抱えている悩みや課題を、上司や同僚は以前対処したことがある可能性があります。上司はこれまでも経験を積んできているため、そこから得た知識から的確なアドバイスをくれるでしょう。

会社ではチームを組み、1つのプロジェクトに取り組むということが多いため、協力や細かなコミュニケーションはとても大切です。チャレンジ精神をアピールするときは、周りと協力して成し遂げたエピソードを話しても良いでしょう。

「チャレンジ精神」をPRするときの注意点

チャレンジ精神をPRする際の具体的な注意点を見ていきましょう。これまで紹介したポイントを押さえられていても、注意点が守られていなければ、魅力的な自己PRにならない可能性もあります。

面接で自分の長所や強みを話すときに気を付ける点を知って、面接官に悪い印象を与えるような自己PRを避けましょう。

シンプルにまとめて伝える

自己PRでは、簡潔かつシンプルに伝えることが大切です。チャレンジ精神があるとアピールする際に、内容を盛り込みすぎて、だらだらと話してしまうことがあります。

情報を盛り込みすぎれば、主張したいことが伝わりにくくなる可能性があります。そうなると、面接官に結局何がいいたかったのかという疑問を残すでしょう。

そのため、自己PRする時は、チャレンジした経験をシンプルにまとめて伝えましょう。履歴書やエントリーシートなどに書く場合は300字程度、口頭で伝える場合は30秒~1分ぐらいになるようにするのがおすすめです。

「チャレンジ精神」という強みを明確に面接官に伝えるためには、シンプルにまとめて伝えましょう。

「自己PRのまとめ方」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「自己PRのまとめ方」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

抽象的な表現は避ける

「必死にチャレンジしました」「チャレンジして成功させました」など、抽象的な表現は避けましょう。企業は、チャレンジを成功させるために「どんなことをしたのか」を知りたいと思っています。

どんな行動や工夫をしたのかを具体的に伝えると、面接官も状況をイメージができるため、説得力が増します。具体的に表現するには「経過と結果、そこから何を学んだ・感じたのか」や「具体的な日数や数字」を意識して伝えましょう。

また、抽象的な表現は、聞き手によって捉え方が違います。伝えたいことと解釈が異なってしまうことになるので、具体的な表現で伝えましょう。

業務での再現性にも触れる

「チャレンジ精神」は実際の業務でどう活かせるのかまで、なるべく具体的な活かし方を考てください。仕事に関係ないと思われてしまっては、強みも魅力的に映らないかもしれません

「チャレンジ精神を活かし、どんなお客様でもめげずに信頼関係を築いて売上を上げます」と伝えれば、仕事への活かし方が明確です。

業務での再現性に触れなければ、その強みを実際に活かすことができるのか半信半疑に思われる可能性があります。過去にバイトなどの仕事において成功した例があるのであれば、その実体験も交えるようにしましょう。

自分の長所や強みを伝えるときは、仕事への活かし方を伝えることで、説得力が増します。また、働くイメージまでできていることが伝われば、仕事への意欲も感じられるため、好印象でしょう。

裏を返した質問への対策をする

短所と長所は紙一重です。長所をアピールしたときに、短所につながるような裏を返した質問をされる場合もあります。想定される質問などへの回答もあらかじめ準備しておけば、効果的なアピールに繋がることは間違いありません。

例えば、チャレンジ精神は「計画を立てずに行動する」短所になります。社会人として仕事をするうえで「計画性がない」のは、企業の首を絞める可能性もあります。

裏を返した質問への対策としては、挑戦する前に何を考え、どのような準備を行ったのかを答えられるようにしておきましょう。「計画性がないのでは」と思われないためには、逆算してスケジュールをたてるよう意識していることを伝えると良いです。

また、既存のルールなどの変革に挑もうとするタイプのチャレンジ精神であれば、「チームワークに欠けている」と思われるかもしれません。この場合、どのように周囲と協力したのかが答えられると良いでしょう。

自身のアピールポイントが裏目に出てしまう様なPRの仕方や、回答の仕方は控えるように注意が必要です。チャレンジ精神が短所としてとらえられないように、企業に伝える際には細かい点まで注意を払ってアピールしましょう。

「面接での質問例」について詳しく説明している記事もあるので、合わせて確認してください。「面接での質問例」について詳しくなることで、より優位に就活を進められるでしょう。

自分の強みは「チャレンジ精神」なのか、自己分析ツールで確認しよう

『チャレンジ精神』を自己PRする人の中には、自分の強みを勘違いしている人もいます。強みを勘違いしていると自己PRは上手くいきません。

自分の本当の強みを見極めるには、自己分析ツール「My analytics」が便利です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職をサクッと診断できます。

My analyticsで、あなたの強みが本当に『チャレンジ精神』なのか確認してみましょう。もしかすると、思っていたものとは違う強みも発見できるかもしれません。

「チャレンジ精神」関連の自己PRの例文5選とNG例文

それでは、ここから先は具体的な自己PRにおける回答例文となります。

これまで紹介した内容をふまえて、それぞれ「チャレンジ精神」に関連した強みを例として5つご紹介します。あなたという人間がよくわかるように、話を広げられる会話の種を散りばめられれば、より良い自己PRとなるでしょう。

チャレンジ精神

私の強みはチャレンジ精神です。

新しい何かを始める際に、躊躇することはありません。大学2年生の時に海外でのボランティア活動に協力したいと考え、自身で調べ実際にカンボジアまでボランティア活動をしに海を渡りました。

私は、世界における貧困の差を目の当たりにして、幅広い視野を持つ重要性を感じています。今後もおいても更に多くのことへ目を向けて挑戦していく姿勢は崩しません。

御社では、営業企画として海外展開の促進に貢献していきたいと考えています。

「チャレンジ精神」という言葉自体は、多くの就活生が強みとして取り入れる傾向にあります。そのため、他の人があまり経験していないようなエピソードを選択すると、差別化が図れます。

この例文では、海外ボランティアというチャレンジ精神を感じられるエピソードが選択されています。事前に調べたことも伝えているため、計画性もアピールできています。自身で考えて行動したと述べられているため「計画性がない」と思われないでしょう

好奇心旺盛

私の長所は、好奇心旺盛なところだと思います。

今まで多くの部活動を行ってまいりましたが、中学校、高校、大学とそれぞれ違う部活動に勤しみ全国大会での優勝に貢献しました。

特に大学ではラグビーに励み、未経験ながらも大学一年生の終わりにはレギュラーの座を獲得することが出来ました。未経験の一年生レギュラーは、歴代で私が初めてです。

やってみたいという気持ちが強いからこそ興味を持った分野で一定以上の成果を出すようにしています。御社でもこの好奇心の強さを武器に、新規顧客を開拓していきます。

様々な分野に挑戦してきたチャレンジ精神を「好奇心旺盛」という言葉で表現しています。

好奇心旺盛の強みで、特に気を付けなくてはいけないのが「飽きっぽさ」を感じさせないことです。挑戦したことだけでなく、成し遂げた結果まで述べれば、飽きっぽい印象にはならないでしょう。

この例文では、興味を持った分野では一定以上の結果を出していると述べられているため、好印象につながる自己PRだといえます。

ハングリー精神

私の持つハングリー精神は誰にも引けを取りません。

大学入学後、何か部活動をしたいと考え探したのですが、ボートレースという物珍しさに惹かれ入部しました。 未経験から始めるには過酷な部活動でしたが、負けず嫌いの性格と持ち前のハングリー精神から4年間やり遂げ、全国大会でも3位入賞を果たしました。

くじけそうなことがあっても、絶対に投げ出さないハングリー精神を武器に、御社のお力になりたいと考えております。

初めての経験に挑戦し、結果を出すために努力したというチャレンジ精神を「ハングリー精神」と言い換えています。

「ハングリー精神」を強みとする場合、やり遂げたという事実と同時に誇れる結果があるとベストです。この例文では、どんなに大変でもくじけなかった経験と、結果を残したことが伝えられているため、強みに根拠があります。

向上心

私は自身の能力を高めるために努力を惜しみません。

高校生の頃から英語が苦手だった私は、大学卒業までにTOEIC800点以上を目標に掲げました。目標達成のために家庭教師と塾の講師のアルバイトを掛け持ちし、人に教えながらも自分から積極的に英語に関わっていきました。

大学4年の春にアメリカに渡り、本場の英語にも触れました。その結果目標を達成することができました。

この向上心を武器に御社で役立てる人材になり、更に後進の育成にも力を注ぎたいと思います。

目標に向かって努力できる「向上心」もチャレンジ精神にまつわる強みです。

「向上心」を強みとする場合、具体的な目標を掲げ、それを達成した内容まで含めましょう。また「向上心」という言葉を直接的に使う就活生が多いため、言い換えは差別化に有効です。

別の言葉に置き換え、最後に「向上心」という一言にまとめられた方が印象に残りやすくなります。この例文では、エピソードの具体性から、どのような努力をして成長してきたかわかるでしょう。

また、向上心を「能力を高めるために努力を惜しまない」という伝え方をしているため、他の学生に埋もれない自己PRになっているといえるでしょう。

探究心

私の強みは探究心です。物事の本質を解明しようとする力が強いと思います。

アルバイト先の居酒屋では、締め作業を行う際のレジ金額の誤差が日常茶飯事に発生していました。私はその当たり前になっていた悪い風潮を見過ごすことが出来ず、店長に協力して原因の究明と改善に尽力いたしました。

結果毎日の営業において金額の誤差が1円も出ることが無くなり、店長にも喜んでいただけました。

成功も失敗も原因の解明があるからこそ次に繋がりますので、この探究心を武器に御社でどんなトラブルでも対処できる存在になっていきます。

「探究心」と「探求心」「好奇心」は似て非なるものです。明確になっていない事実の解明に挑戦できる探求心は、チャレンジ精神の一つだといえます。

この例文では、問題点、解明した方法、結果が明確なため、強みが明確に伝わります。探求心は、仕事での問題究明にも役立ちますので、好印象になるでしょう。

NG例文

私の強みは、挑戦心を持っているところです。

学生時代は様々な資格を取得するために常に勉強し、大学の講義などと並行して試験を受けていました。これらの挑戦の結果として様々な資格を取得することができ、知識や経験として身に付けることができました。

御社に就職した際には、この挑戦心をもって様々な新しいことに挑戦したいと思っています。それにより、企業に貢献できるよう心がけたいと思います。

挑戦心をアピールしようとしてエピソードを述べていますが、この内容では具体性がないという部分が一番のNGポイントです。

アピールしたい内容も、挑戦心を持っていることか知識を身に着けたところなのか、はっきりしないという部分もポイントです。

チャレンジ精神を伝えて好印象を残そう

自己PRは、企業に必要である人材、役立つと思われる人材であるというアピールをする内容となります。そのため、企業が求める人物像からかけ離れないように伝えることが大切です。

自身の強みと企業が求める人材がマッチングした場合、内定を貰える確率が高くなるでしょう。自己分析に加えて企業研究をしっかりと行い、その上で自己PRの内容を考えてください。

チャレンジ精神を若い世代に求めている企業は多いです。そのため、ポイントをおさえた自己PRは好印象につながります。ポイントや例文を参考にして、より魅力的な自己PR文を構成しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ