自己PR

自己PRの締めで入社意欲をアピール|面接官が採用したくなる文章の締め方を例文で解説

履歴書や面接で自分の強みを伝えるために覚えておくべきこととは

就活では履歴書や面接など、さまざまな場所で自分の強みを伝えていかなければなりません。自分の強みを伝えることは、自身の採用メリットを示すことですので、企業に対して自分がいかに仕事で活躍できるかをアピールすることが大切です。強みを上手にアピールすることができなければ、企業からの評価は下がりますし、当然選考を突破することもできません。

強みのアピールは就活攻略のためには重要なものですが、これが上手にできずに困っている人は多いです。履歴書や面接などでは必ず自分の強みについてのアピールを求められますので、事前にしっかりと準備しておくことが就活攻略のカギになります。自分の強みを上手にアピールするにはどうすればいいのかを知り、就活の攻略を目指しましょう。

自己PRは自分の強みをアピールする場所

自己PRは自分の強みをアピールできる絶好の場所です。自分を掘り下げ、企業研究をしっかりと行い、自分の強みを面接官に伝えていきましょう。はじめに自分の強みとは、企業で活かせる自分のスキル・経験・長所のことを指します。ポイントは「企業で活かせる」ことがどれだけ明確に伝えられるかです。

そのためにまずは、企業研究に力をいれましょう。企業の業種・仕事内容からどんな人材を求めているのかをしっかり把握することが大切です。その上で、「自分がどのように企業に貢献できる人間であるか」と「企業が求める人材像」がマッチしていることが魅力的な自分の強みとなり、最大限にアピールできる内容と言えるでしょう。

強みを裏付けるエピソードを具体的に伝える

強みを見つけられたら、面接官にどのようにすれば伝わるのかを考えましょう。その方法に、エピソードを具体的に加えることが挙げられます。まずは学生生活で行ってきたことをすべて書き出し、その中から強みをアピールできるエピソードを掘り下げましょう。

より具体性のあるものは説得力が増し、実際のエピソードが裏付けされることで、企業で活躍できる根拠になります。最後には、企業でどのように貢献していきたいかに繋がる文脈にするとよいでしょう。自分のこれまでの学生生活で体験したエピソードを基に、強みが企業で活かせることを面接官に抱かせることができれば、強みも伝わりやすいと言えるでしょう。

アピールするにはスキルや経験の活かし方が大切

強みを活かす方法として、これまでの「スキル」や「経験」を活用することが大切とされています。はじめに押さえておくポイントは、スキルや経験の結果ではなく、過程が重要であるということです。ここでは、資格取得を例に挙げてみます。どのような資格を取得したか、それが企業の求めている人材に一致するのかは履歴書を見ることで面接官も検討がつくことでしょう。

資格を取得したという結果ではなく、資格を取得するまでの経験やその上で得たスキルが強みとマッチしていることが重要なポイントと言えます。また、取得した資格自体が企業の求める人物像にマッチしていればさらなるアピールポイントになります。より入社後のビジョンや意欲性を強めた内容がなおプラスされ。面接官によりアピールできるのです。

企業は自己PRから何を知りたがっているのか

自己PRで自分の強みを上手にアピールするためには、企業が自己PRから評価しているポイントを知ることが大切です。自己PRでは何が見られているのか、何が評価の対象になっているのかを知ることで、より評価される自己PRを作り上げることができます。

どれだけ優れた能力、人柄を持っていても、上手にアピールできずに企業から評価されなければ意味はありません。能力を持っていることよりも、評価されることが大切ですので、自己PRの評価ポイントを知っておきましょう。

企業が求める人材と一致しているか

企業が自己PRから知りたがっていることとしては、企業が求める人材と一致しているかが挙げられます。企業には求める人材像があり、それを基準に採用を決定しています。どれだけ優れた人でも、求める人材とかけ離れていると評価の対象にはなりませんし、選考を勝ち抜くこともできないので注意が必要です。

企業が求める人材は、企業の採用ページなどに記載されていたり、説明会などで説明されることが多いです。しっかりと企業研究をしていればわかることですし、求める人材に合ったアピールができているかで、企業研究の度合いを見ている場合もあります。求める人材とアピールが一致しないことで、企業研究が不十分で志望度が低いと評価されることもあるので注意しましょう。

企業に貢献できる能力を持っているか

企業に貢献できる能力を持っているかも、企業が自己PRから知りたがっていることのひとつです。能力を持っていることは大切なことですが、どんな能力でも発揮できなければ意味がありません。優秀な人がすべての業界、企業で活躍できるわけではありませんし、その企業で活かせる能力を持っていることが大切です。

自己PRでアピールする能力が企業に活かせるものか、貢献できるものかが見られています。仮に企業で活かせるだけの能力を持っていたとして、それがアピールできていないければ評価の対象にはならないので注意しましょう。自己PRは何を題材にしてアピールするかも大切であり、間違えると評価されない可能性があるので、題材選びは慎重にならなければなりません。

自己分析がしっかりとできているか

自己PRでは主にどんな能力をアピールしているか、それが企業で役立てられるかが評価されていますが、それだけではなく自己分析ができているかも見られています。自己PRをするためには、まずは自分の強みを知らなければなりませんし、そのためには自己分析が必須です。

自己分析が徹底できていないと、自己PRでも上手くアピールすることができませんので、上手に自己PRができている=自己分析も徹底できていると企業は考えます。自己分析は就活では最も基本的、かつ重要なものであり、就活を進める上では欠かすことができないものです。自己分析ができていないと判断されると、就活そのものへの意欲が低いと評価されますので注意しなければなりません。

自己PRの締めは入社意欲をアピールするチャンス!

自己PRを書く際、自分のことを書いただけでは完成とは言えません。重要なのは、締めの言葉です。締めの言葉には様々なパターンがありますが、締めの言葉で伝えるべきは、入社意欲です。志望する企業への入社意欲を伝えるのに、もっとも適した部分というのが、締めの言葉であると言っても過言ではありません。

自分の強みや人物像をいくらアピールしたとしても、入社意欲が面接官に伝わらないようでは、自己PRを書いている意味がありませんし、面接官の記憶にも残らないでしょう。締めでしっかりと入社意欲を伝えることで、選考を突破できる可能性も上がります。定型文で締めることなく、よく考えて締めの言葉を書いてください。

自己PRの締めの3原則

就活における選考で使う履歴書などの書類では、必ず就活生が自己PRを行うスペースが設けられています。そこでは各々に考えた自己PRを記載することになると思いますが、それには締めの3原則というものがあります。

あなたがどういった人間で、何を得意としているかをアピールすることになりますが、そこで締めの言葉がしっかりしていると、まとまりのある自己PRの文章になるだけでなく、面接官の気を引くこともできるのです。ここから紹介する自己PRの締めの3原則を守っていれば、文章が魅力的なものになることは間違いありません。就活のライバルたちに差をつけたいのであれば、必ず目を通してしっかり理解しておくことをおすすめします。

仕事への「貢献」で終わる

自己PRの締めの3原則の1つ目は、締めの言葉を仕事への「貢献」で終わるというものになります。こちらの原則は、自分の強みを実際にどう活かしてくかという、業務への貢献で締めるものになります。強みについて書くことが多いと思いますが、ただ羅列するだけでは自己PRの文章としては魅力に欠けるものになってしまうのです。

例えば一般的な強みとして、「協調性がありチームワークを活かすことができます」と記載した場合、それだけで文章を終わらせて、せっかくの自己PRの魅力をすべて引き出しているとは言えないのです。

もちろん「協調性がありチームワークを活かすことができる」という事実は、強みとして自己PRに記載すべき内容ではあるのですが、その強みが実際の業務で、どのように活かすことができ、それがどのようにして業務に貢献するのかを記載するのが望ましいでしょう。例としては、「協調性がありチームワークを活かすことができるので、業務効率の向上や改善に貢献していきたいです」という形になります。

根拠のないことは書かない

自己PRを書く際に陥りがちなのが、根拠のない事を書いてしまうことです。自己PRの失敗例としては、ひたすら題目だけを並べ立ててしまうというものがあります。「リーダーシップがあること」があなたの強みだったとして、人を引っ張っていくことが得意だということだけを書き連ねたとしても、根拠がなければ信じてもらうことができません。

例えば「リーダーシップに自信があり、サークルでは中心的な人物として、周囲を牽引してきたので、業務においてもリーダーシップを発揮することができます」と書いたとしても、それを信じてくれる面接官はいないでしょう。大事なのは、根拠のない断言を書くことではなく、あくまでも「活かしていきたい」という意気込みの意味合いで述べることがポイントになるので、履き違ることのないように気を付けましょう。

「貢献+意欲」で締める

・ 自分の柔軟性を活かして御社のあらゆる分野で戦力となれるよう精進します
・ 自分の協調性を活かして御社の部署間の橋渡しとなれるよう頑張ります
・ 自分のストイックさを活かして短期間で御社の戦力となれよう頑張ります

「貢献+意欲」で書いた場合の締めの例文になりますが、もちろんどの締めの言葉も本文ありきのものになりますので、その点は注意しましょう。自身の経験に基づき企業に入社した際には、意欲を持ってどのように貢献できるかをアピールすることが重要になります。

端的に言うのなら、企業が自分を採用するメリットと、入社への高い意欲で自己PRを締めるということです。企業はボランティアで人を雇っているわけではありませんので、業務に何の貢献もできないと見込まれる人材を採用することはあり得ません。

もちろん、意欲がなければどれほど高い能力を持っていたとしても、採用するメリットが企業にはありませんから、意欲も重要なポイントとなります。企業側の立場になったとき、どういった人材を採用したいのかを考えれば、わかりやすいのではないでしょうか?

就活生の立場から言えば、自己PRでは自分を商品と仮定して、企業に自分を売り込むイメージを持つことが大事です。自分という人材を採用することで、企業にどういったメリットがあるのかを明確にしておくといいでしょう。

実際に働く姿を想像させたら勝ち

自己PRで重要なことは、面接官があなたを企業に迎い入れた際に、どういった活躍をしてくれるのかをイメージさせることにあります。あなたが実際に働いて活躍している姿を想像させることができたら、それほど具体的に自分をアピールできだということです。

自己PRは、自己満足であってはいけないのです。企業にとって、あなたという人材がどれほど魅力的に映るかどうかが重要になります。それはつまり、あなたに企業で働いてもらった際に、どれほどの活躍が見込めるかということに他なりません。面接官に、あなたが企業で働いて活躍している姿を想像させることができる自己PRを書くように心がけましょう。そうすれば選考を突破できる可能性も非常に高くなることは、間違いありません。

自己PRの締めの例文4つ

ここまで、自己PRの締めを書く3原則をご紹介してきました。自己PRの締めを書く際の3原則は、「仕事への貢献で終わる」「根拠のないことは書かない」「貢献+意欲で締める」です。自己PRの締めは最後に述べる部分なので、最も面接官の記憶に残りやすいと言えます。

企業は自社に貢献してくれる人材を求めているため、自分の強みを伝えた後はそれを貢献したいという意欲を盛り込むことが大切です。ここからは、自己PRの締めを効果的に伝える例文を4つご紹介します。

自己PRの例文①向上心

私の強みは自ら高い目標を設定し、それに向けて邁進できる点です。私は学生時代の短期留学の経験から、「海外で働きたい」と考えるようになりました。当時TOEICの点数は400点程度であり、英語に苦手意識を持っていたことから、社会人になるまでにTOEICで900点以上を記録するという目標を掲げ、そのための行動を行いました。私は学業と留学生との交流の出来るサークルでの活動の合間に週6日のアルバイトを行い、自費でアメリカへの半年の語学留学を行いました。語学留学では周囲に日本人がいないことで始めのうちは日常生活にも不便を感じることが多かったですが、懸命に食らいつきました。結果、大学3年の冬、TOEICで910点をマークすることが出来ました。この向上心を活かして、○○事業部で海外との懸け橋として活躍したいと考えております。

この例文では自らが持っている向上心をエピソードに沿って上手くアピールすることが出来ています。与えられた目標に対して努力するだけでなく、「海外で働くためにTOEICでのハイスコアを目指そう」と自ら目標を設け、行動できたことは、社会人において主体的に仕事に打ち込んでくれる姿を連想させ、採用担当者に好感を持たれやすい内容になっています。

また語学力を上げるためにアルバイトでお金を賄い、語学留学を決断する等、行動力があることも伝わり、自身を上手くプレゼンすることが出来ていると言えるでしょう。

自己PRの例文②誠実

私の強みは誠実さです。私は東日本大震災の際、震災の様子をテレビで見ており、「何か自分に出来ることはないか」と考え、所属していたサークルのメンバーに声をかけ、現地でのボランティアを行いました。災害復興に対して特別な知識を有しているわけではない自分たちに出来ることは街の復旧作業の手伝いだと思い、土砂で埋もれた街の復旧作業に携わりました。肉体的に過酷な作業であり、何度も辞めたくなりましたが、被災者の方々のために少しでも役に立ちたいという思いから、学業と両立しながら、連休や長期休暇を利用して現地に行き、復旧支援を行うことを継続して行いました。その結果、被災者の方々からも感謝され、感謝状を頂くことが出来ました。誠実さは仕事をする上で重要であり、特にお客様との関係性には欠かせないものと感じております。持ち前の誠実さで、多くのお客様に親しんでもらえる営業担当として活躍したいと思っております。

この例文では自身の誠実さを上手く伝えることが出来ています。ボランティアにおいて、その時は「何とか貢献したい」と思い、参加する人が多いですが、継続してボランティアに携われる人はあまり多くありません。遠距離にある被災地に休みを利用して何度も通い、その都度復旧支援に努めたことは、誠実さを表すエピソードとして非常に効果的なものになっています。

仕事において、誠実な姿勢でお客様に相対することは非常に重要なことです。誠実さを活かし、お客様と良い関係を築くことが出来るのではないかとイメージさせることが出来ている点で、上手く自身の誠実さをアピールできていると言えるでしょう。

自己PRの例文③協調性

私の強みは協調性です。私は大学において〇〇を研究する研究室に所属していたのですが、その中で個々人が自身の研究にばかり目を向けるせいで、チーム全体の研究の進捗が思わしくない時期がありました。そこで私は、一人一人がチーム全体の状況を見つつ、自身の取るべき行動を考えることが出来るよう、行動を起こしました。一人一人の研究の進捗度合いとそこでの気付きを共有するファイルを作成し、そこに日々の研究について入力するようにしました。そしてそれをもとに週に一度ミーティングを行い、情報共有を図ることを徹底しました。その結果、チームとしての研究を皆が意識しながら行動できる環境を構築することが出来ました。この協調性を活かして、事業部の垣根を越えてたくさん社員の方々と関りを持って仕事をしていきたいです。

この例文では、協調性について過度にならないアピールが出来ている点が良い点だと言えるでしょう。協調性は本来、自分からアピールするようなことではありません。協調性があるかどうかは、相手が判断するものなのです。

だからと言って、自己PRのテーマとして協調性を使用してはいけないと言うわけではありません。協調性をアピールする際は、協調性を活かしてチームに対してどのように働きかけ、状況を改善させたのかを謙虚な姿勢で伝えることを意識しましょう。

自己PRの例文④分析力

私の強みは分析力です。私は学生時代に農業の楽しさを伝えるイベントを開催している団体の活動に携わっていました。その団体では若い年代のイベント参加者が少ないという悩みを抱えており、その原因がどこにあるのか仮説を立て、実証しながら原因を探りました。立てた仮説が正しいかどうかを判断するために、近隣の学生200人を対象とするアンケートを実施し、その結果を分析し、問題の根本原因がどこにあるのか追求しました。その結果見えてきた問題点を改善したことで、若い年代のイベント参加者を15%増加させることが出来ました。持ち前の分析力を活かして新たな市場に目を向け、御社の業績アップに貢献していきたいと思っております。

分析力を述べる際、重要になるのは行動力も併せ持っていることを伝えることです。企業が求めている人材は「主体的に課税解決に向けて動くことの出来る人材」です。考える力があることはもちろん重要ですが、その考えに基づき、自ら動くことの出来る能力も求められているのです。

この例文では仮説を立証し、さらなる分析を行うために近隣学生200人を対象としたアンケートを実施しており、そのような点から行動力もアピールすることが出来ています。分析だけでなく、分析に基づき行動することが出来ることをしっかりとアピールするようにしましょう。

絶対に書いてはいけないNG例

・私が入社した場合は、1ヶ月以内に結果を残す事ができます。
・私のストイックさがあれば、御社の事業を大きく成長させる事ができます。

この例文を見ればわかりますが、どちらも書いていることに根拠がありません。自己PRでは、根拠のない事実や倫理性がないことを書くのは避けてください。

過剰に自分を演出する必要はありませんし、根拠のないことを断言するようなことを書く必要もありません。自己PRで大事なことは、まずあなたがどういった人間であるかをしっかりとアピールし、仕事への意欲とどういったことで貢献したいと思っているかを明確にすることです。

関連記事

就活で好印象を与える自己PRの方法・例文10選【履歴書マニュアル】

【就活・転職で本当に役立つ自己PRの例文はこれだ】全11業界に及ぶ31通りを一挙大公開

ありきたりな締めでは印象に残らない

締めの言葉を、ありきたりなものにしてしまうと、面接官の印象に残りません。しかし、就活生の多くがありきたりな締めで自己PRを終わらせてしまっているのです。多くの就活生がそうなのですから、逆に言えばここで紹介した自己PRの締めの3原則を上手く活用することができれば、面接官の印象に残ることができる可能性も非常に上がります。

就活において印象に残るというのは、非常に重要なことになります。面接官は短期間で多数の就活生を選考しているわけですから、就活生一人一人のことを全て覚えていることは稀です。なので、ここで紹介した自己PRの締めを上手く利用して面接官の印象に残り、他の就活生に差をつけてしまいましょう。

自己PRの締めは伝え方次第で魅力的になる

自己PRは面接の中で最も自分について知ってもらえるチャンスです。大勢の就活生の中で存在をアピールするためにも、自分なりの工夫をすることもひとつの方法と言えます。平凡な強みしか持っていないと思う就活生も多いかもしれませんが、伝え方次第でさらに魅力的に見えるようにアピールできるのです。では、自己PRを締める言葉において、どのような工夫をすればいいのでしょうか。

自分PRのキャッチコピーづくり

キャッチコピーを活用すると、印象的な締めの言葉になります。自己PRの内容に合ったキャッチコピーを締めに取り入れることで、面接官の印象に残りやすくなるのです。面接が終わって思い出すときも、「○○の学生か」とピンと来やすくなります。

最も避けたいのはどのような就活生だったのか忘れられることなので、キャッチコピーで自分の存在を印象付けておくことは有効な方法です。キャッチコピーを作成する際は、「○○のような人間」というように比喩を使うのもおすすめです。比喩を使ったキャッチフレーズはイメージが湧きやすく、面接官の興味を引き寄せることができます。

キャッチコピーや比喩で表現した自己PR締めの例

・太陽のような明るい接客で多くのお客様に幸せを届けたい
・雑草のようなタフな精神で意欲的に挑戦していきたい
・ポジティブ精神力でどのような壁も乗り越えていきたい
・人と人との繋がりを大切にして幸せの輪を広げていきたい
・人ために力を尽くせる強みを活かしてサポート役に徹したい

キャッチコピーは、簡潔さと分かりやすさが大切です。上記では、比喩を使ったキャッチコピーなどをご紹介しています。例えば「太陽のような明るい接客で多くのお客様に幸せを届けたい」というキャッチコピーでは、最もアピールしたい強みが明るい性格ということがわかります。

この場合は、自己PRの内容でも明るさを伝えるエピソードを添えることが大切です。明るさで周囲の人に影響を与えたというエピソードを伝えると、独りよがりのものではないとされ、いい印象を与えられます。また、笑顔を見せるなどの工夫も大切です。

センスも必要なので他の人に見てもらう

キャッチコピーを比喩を使った表現で作成する場合は、個性が出やすいです。個性が出るところがキャッチコピーのメリットではあるのですが、面接には向かない内容の場合もあります。キャッチコピーで迷走してしまうと、逆にアピールしたい内容が伝わりにくくなったり、マイナスの印象を与えてしまう可能性があるのです。

自己PRの内容を凝縮したキャッチコピーになっているかどうかを、よく確認する必要があります。また、自分では自信のあるキャッチコピーに仕上がっていても、他人から見たら疑問視されることも多いです。キャッチコピーを作成した後は、友人などに確認してもらうといいでしょう。

面接で自分の強みを効果的に伝えるためには

自分の強みは履歴書やエントリーシートではもちろん、面接でも聞かれることが多いです。面接では口頭で伝えることになりますので、アピールする内容だけではなく、伝え方も評価の対象として見られています。同じ内容の自己PRでも伝え方によって印象は大きく違いますので、面接ではどのように伝えるかも意識しておかなければなりません。面接で自分の強みをより効果的に伝えるためにはポイントがありますので、それらを踏まえて上手にアピールしていきましょう。

結論から伝える

自分の強みを効果的に伝えるためには、結論から伝えることが大切です。結論からはっきりと伝えることで、印象深いアピールになりますし、何が強みなのかを面接官に覚えてもらいやすくなります。結論を後回しにしてしまうと、結局何がアピールしたいのかがわからなくなってしまうことも多く、アピールにならないこともあるので注意が必要です。

最初に結論を語ることでアピール内容を明確にすることができますし、アピール自体を簡潔にまとめることができます。自分の強みを伝える際は、内容は簡潔に伝えることが大切であり、長くなってしまうと伝わりづらくなってしまいます。アピールの構成が重要ですので、最初は必ず結論から述べ、インパクトを持たせて伝えていきましょう。

履歴書やエントリーシートの丸暗記はNG

面接で自分の強みを伝える場合には、履歴書やエントリーシートに基づいて話していきますが、これらを丸暗記するのはNGです。履歴書などの内容に基づいて話すこと自体は間違っていませんが、一言一句同じ内容で伝えても意味はありません。書類に書かれていることと同じことを話すのではなく、より具体性を盛り込んで話すことが大切です。

書類では文字数の制限があるため、書ける内容も限られています。簡潔に書かなければなりませんので、内容はコンパクトにまとまっていますが、面接ではそこから話を広げて、さらに具体的に伝えていくことが大切です。ただし話を膨らませるからといって、長くなりすぎには注意しなければなりません。ただ話を膨らませるだけではなく、簡潔に述べることも意識しておきましょう。

自信を持って伝えよう

自分の強みはどのような構成で伝えるかも大切ですが、それだけではなく話し方も評価の対象として見られています。強みをアピールする際には、自信を持って伝えることが大切であり、声が小さくなったり、表情が硬いなど暗い印象を与えてしまうと評価を下げられてしまいます。

せっかく自分の強みを伝えていても、自信のない様子だとマイナスイメージがついてしまい、印象は悪いです。さらに本人が自信なさげにしていることで、アピール内容の信憑性が低くなってしまいますし、場合によっては評価されないこともあるので注意しなければなりません。自分の強みなので堂々と大きな声で話すことが大切であり、話し方からも自信をアピールして、好印象を与えていきましょう。

締めは明るい笑顔でやる気をアピール

強みのアピールでは話し方も大切ですが、最後の締めまで油断してはいけません。自己PRの締めは笑顔でやる気をアピールし、好印象を残すことが大切であり、締めの印象によってアピール全体の印象や評価も違ってきます。締めで明るい印象、元気な印象を与えることができれば、自己PR全体も好意的に思ってもらえますし、評価も高くなることが多いです。

反対に締めで暗い印象を与えてしまうと、それまでの評価が良かったとしてもアピール全体にマイナスイメージがついてしまい、魅力が半減してしまいます。締めでやる気をアピールできれば好印象を与えられるだけではなく、志望度の高さのアピールにも繋がりますので、表情まで意識して自己PRを終えましょう。

独自性のある締めの言葉でインパクトを!

締めの言葉を選ぶ際には、独自性を重視するようにしましょう。インターネットで検索すれば、数多くの自己PRの例文を見つけることができると思いますが、そのどれもがありきたりな締めの言葉になっています。参考にするのはいいですが、そのまま踏襲するようなことはやめましょう。

あなたの独自性を活かした締めの言葉を入れるだけで印象深いものになりますので、よく考えて締めの言葉を選ぶ事が重要です。独自性のある締めの言葉で、他の就活生に差をつけるインパクトある自己PRを書いてください。

監修者プロフィール

taiki.satoのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ