職種研究

研究職に就く2つのメリット|仕事内容や向いている人の特徴を解説

研究職に就くためには特徴を理解することが必要

研究職は、自分の好きなことを仕事にして打ち込むことができます。自分のやりたいことが仕事になり、それが世のため人のためにもなる最高の仕事とも言えるでしょう。

しかし、現実はいいことばかりではありません。研究職にもデメリットや悩みなどはあります。研究職に限らず全ての仕事にはいい面も悪い面もあり、その両方を知ったうえでその仕事がやりたいかを考える必要があります

研究職を目指すにあたって、ぜひ事前にこの記事で研究職の特徴を確認しておきましょう。

研究職の種類

研究職の種類

研究職は専門性の高い仕事です。研究職といってもそれぞれに明確な違いがあり、研究の数だけ仕事の数があるといえます。それぞれの分野によって仕事の内容は違いますが、研究職は大きく分けて2つです。

同じ研究職でもどちらを選ぶかによって仕事の内容は大きく変わり、仕事の進め方自体も大きく異なります。どのように社会に貢献したいのかなどを考えて、志望する職種を変えていきましょう。

基礎研究

研究職と聞いて一般的にイメージされやすいのが基礎研究です。基礎研究とはまだ世の中にはない新しいものを研究・開発していく研究のことで、物事を深くまで追求していく学問としての要素も強い仕事になっています。

新しいものを生み出したい、誰も知らないことを知りたいなど、探求心の強い人に向いているのが基礎研究です

無から有を生み出す仕事であり、すぐに成果が出る職種ではありません。ひとつのことを究極まで突き詰め、それを忍耐強く続けていけることが重要になります。

知的好奇心が旺盛で、日々の研究やそれに向かって勉強することが苦にならない人に向いている職種だと言えます。

応用研究

新しいものを研究・開発していく基礎研究に対して、今すでにある研究結果を、他のことにも応用できないかを研究・開発するのが応用研究です。

基礎研究の結果に基づいておこなわれる研究であるため難易度も高く、より難しい職種だといえます。

すでに研究成果としては成立しているため基礎研究のように長いスパンでおこなわれることはなく、次の技術に応用されるまでに明確な期日が定められている場合も多いです

期日が決まっていることが多いため気長に研究というわけにもいかず、基礎研究よりもスピーディーにおこなわれます。研究結果の製品化にも繋がる部門であり、研究だけではなく社会のニーズを察知するマーケティング力なども必要になる職種です。

民間企業と大学での研究の違い

民間企業と大学での研究の違いとして、おこなう研究内容が、大学では基礎研究、民間企業は応用研究をそれぞれメインにしていることが挙げられます

研究内容の違い

民間企業:応用研究(すでにある技術の応用)
大学:基礎研究(まだこの世にない技術の開発)

大学では利益に関係なく、「学術の発展」や「未知の追求」という目的があり、一方、民間企業は、研究を応用して新製品やサービスなど会社の売上につなげる目的があるからです。

就活生に聞いた!  研究職のイメージ

研究職のイメージ

ひとえに「研究職」といってもさまざまな分野や研究方法が含まれており、その分抽象的なイメージを持っている人も少なくないのではないのでしょうか。

ここでは現実的なメリットを見る前に、就活生の皆さんが抱くイメージを確認して、ギャップを研究職に対するギャップを整理しておきましょう。

「理系」「大学院卒」といった限られた人が就職するイメージという回答が多数

集まった回答の多くは、「理系」「大学院を出ている」といった限られた一部の人のみがなれる職業だというイメージを持っているというものでした。

集まっている回答の通り、確かに仕事内容は専門的な内容が多く、学生時代の研究のさらに延長にあるような突き詰めた分野で働くケースが多くあります。しかし、後ほど紹介しますが、研究職の中には大卒文系が就ける研究職というものも存在します

世の中で研究されている分野は広く、実は大学時代に学んだことが研究に活かせるという人も少なくないといえます。研究職を目指す場合、自分の興味ある分野、大学で学んだことを研究できる企業があるか詳しく調べてみることが大切になりそうです。

地道に長い時間研究室にこもるというイメージをもつ就活生も

回答の中には、長い時間研究室にこもって地道に仕事をするという働き方のイメージを持つものもいくつかありました。

就活生の中には一定数、長い時間をかけて一つの成果を追い求める仕事という共通のイメージを持つ人がいるようです。また、その仕事ぶりを大変なもの・難しいものというように捉えている人が多いといえるでしょう

自身の研究職に対するイメージと違いはあったでしょうか。就ける条件や働き方は、研究分野や企業によって多様になっているので、自分の興味のある研究内容や企業だとどのような仕事の進め方になるのか、細かくチェックしていきましょう。

研究職に就職するメリット

研究職に就職するメリット

研究職は専門性も高く、就職することが難しい職種です。また採用人数もそれほど多くもありません。学生時代に研究実績を積んでおく必要があります。

就職の倍率も高い就職難度の高い研究職ですが、学生の応募がそれだけ多いということは、その仕事にはたくさんのメリットや魅力があるということになります。

一般の人には想像しづらい研究職ですが、そこには一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

やりがいを感じる機会が多い

研究職はゼロから何かを生み出す基礎研究と基礎研究の結果をもとに新たな価値を創造する応用研究がありますが、どちらの場合でも世の中に新たな技術を作り出していけるという共通点があります。

今までは存在しなかったものが自分たちの力で生み出されるわけですし、それを使って製品や技術として世に流通し、浸透していくなど目に見えて成果がわかる仕事だと言えます

研究自体は非常に大変で、真っ暗な中手探りで何かを続けるような仕事です。しかし大変な反面、それらが実ったときの喜びは何ものにも代えがたいといえます。研究職は自分たちの仕事のやりがいを感じる機会が多い仕事だといえるでしょう。

好きな事を仕事にできる

毎日勉強や試行錯誤を続けなければならない大変な仕事ですが、自分の好きなものであればそんな苦労も耐えることができるでしょう。研究職の一番のメリットは自分がやりたいこと、好きなことを仕事にできるという点です。

自分の好きなことを知っていく、勉強する、研究するということが仕事になりお金までもらえるというのは理想的な仕事だとも捉えられます

大変な部分があっても研究職を続けていくことができるのは、「自分の好きなことだから」という理由が大きいのではないでしょうか。

就活生に聞いた! 研究職を志望した理由

研究職を志望した理由

研究職に就くには、予備知識となる大学での研究や、研究目的の理解など必要です。そのような中で選考における志望動機が果たす役割は非常に大きいといえるでしょう。今回は、研究職志望の就活生の皆さんに応募時に伝えた志望動機について聞いてみました。

新しいものを生み出し社会に貢献したいと答える就活生が多数

研究職を志望する就活生の多くは、研究を通して新しいものを生み出し、社会に貢献できるやりがいを求めて志望しているようです。

新しいものを生み出す、人の役に立つものづくりをするということを目指し、研究職を志望している就活生が多いようです。

いくつかの企業の研究職に応募するうえでも共通してアピールできる理由であるため、より具体的な研究分野や業務内容を盛り込んで伝えることが大切になりそうです

大学での研究が活かせるという理由も散見

大学で専攻していた研究を活かして仕事ができるという理由で研究職を志望したという回答もいくつも寄せられました。

研究職志望の就活生の中には、大学・大学院での研究を社会人になっても続けたいという人も多くいるようです。何年も研究を続けてきたうえで、さらに続けたいということであれば、高い入社意欲や「粘り強さ」「継続力」のアピールにもなりそうです。

経験をアピールすることで研究の即戦力としての評価が期待できるうえ、近い研究をしてきた人として、社員間のコミュニケーションはスムーズにいくこともイメージさせられるでしょう

あなたが受けない方がいい職業をチェックしよう

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

研究職に就職するデメリット

研究職に就職するデメリット

やりがいを実感する機会が多かったり自分の好きなことを仕事にできたりする研究職ですが、メリットがあれば当然デメリットもあります。

メリットを把握して研究職に対するモチベーションを高めることも大切ですが、きちんとデメリットにも目を向けて現実を知っておくことも大切です。

デメリットを知ってモチベーションを下げるのではなく、しっかりと受け止めて就職の選択に役立てなければなりません。メリットとデメリットの両方を先に知り、研究職への理想と現実のギャップを少しでも埋めておく必要があります。

ギャップが埋まって心の準備が出来ていれば、いざ就職しても大変なことに耐えられるでしょう。もし就職しないとしても、現実をしっかりと知っていれば後悔することはないでしょう。

異業種に転職するのが難しい

研究職のデメリットはその専門性の高さにあります。専門性が高いことで競争が少なく、自身のスキルとしても誇ることができますが、裏を返せば専門性が強いので、転職を考えた際に他の職種への転職が困難ということになります。

つまり、時間やスキルをその研究に全て注ぐことになるので、一点突出の大きな強みではあるものの、それを失ったときに使える武器が少ないということになるのです

研究職というのは特殊な職場でもあり、一般的な企業とは職場の在り方なども違っています。メールや電話応対、書類の作成など一般的な企業に必要な能力が全く育たないという可能性もあります。

転職の際には0からのキャリア形成になることも多く、転職自体も難しいことに加えて、仮に転職に成功しても0から仕事を覚えなくてはならず大変だと言えます。

成果が出なければ打ち切られる

研究職は何かを0から生み出したり、その生み出されたものを何かの形に応用したり製品化しますが、それは一朝一夕ですぐにできることではありません。

中には何年も何十年もかかってようやく研究成果が出るというものもあります。また何年、何十年とやっても研究成果が出ない場合ももちろん0ではありません。

研究職は技術や学問に裏打ちされたものではありますが、その成果が出るかどうかについては非常に博打性の高いものとも言えます。

また、当然ですが研究はただでできるものではありません。研究にもコストがかかるので、成果が出ない場合は研究を打ち切られることもあるのです。

自分のやりたい研究を求めて就職したものの、金銭的な都合でその研究は打ち切りで、それ以降は全く別の研究を進め、自分のやりたかったことができなくなるという場合もあります

資金力のない企業では特にその打ち切りのスピードは速く、常に成果と時間との闘いだということを覚えておきましょう。

研究職に向いている人の特徴

研究職にはどんな人が適しているのでしょうか? 研究職は専門性のある職種であり、まさに文字通りその分野を究め新しいことを発見し、商品開発に繋げていく仕事です。

それだけに、短期間で成果が出ることはまずありません。1つの物事に対し、粘り強く取り組む必要があります。

自分の好きな分野や得意な分野を研究する業種の研究職に就かなければ、続けることは困難と言えるでしょう。

いくら専門知識に長けていても、研究職に向いている人と、向いていない人がいます。これから、研究職に向いている人にはどんな特徴があるのかを解説していきます。

探究心が強い

研究職に向いている人の特徴として、探究心が強いことが挙げられます。自分の知らないことや、わからないことを突き詰めて調べることを得意とする人が研究職に向いているのです。

研究職には、1つの物事に対し、好奇心を持って「なぜ~なのか?」「~するためにはどうしたらよいのか?」と常に答えを探し求める資質が必要です

そのため裏を返せば、物事に飽きっぽく、すぐに目移りしてしまう人には向いていない職種といえるでしょう。この職種は答えを導き出すまで根気強く取り組むことで、成果が出た際の喜びとやりがいが得ることができます。

自らの仕事に使命感を持ち、物事を究めたいという熱意のある人が研究職に向いているのです。

失敗しても前向きに捉えられる

研究職では、成果を出すまでに長い月日を必要とします。1つの物事に対してじっくりと取り組まなければなりません。

この職種では、その成果が出るまでの過程の中で失敗を繰り返しながら一進一退を繰り返すのです。多少の失敗で、嫌になって物事を放り出したりすることは許されません。

研究職には、失敗を糧にしてさらに前進しようと思える精神力が必要です。何度失敗しても不屈の精神で何が何でもやり遂げようとする強い意志と、いつかゴールに辿り着けるという心のポジティブさが求められます

そのため、研究職には、答えを出すまでの過程で、失敗しても前向きに捉えることのできる人物が適しているといえるでしょう。

就活生に聞いた! 研究職志望者自己PRに選んだ強み

研究職に向いている人の特徴を紹介してきましたが、研究職を志望する就活生は、どのような強みを企業に向けてアピールしているのでしょうか。研究職志望の皆さんに自己PRに選んだ強みを聞いてみたので、研究職に応募するときの参考にしてみてください。

研究職志望者自己PRに選んだ強み

集まった回答の中で最も多かったのは、「粘り強さ」をアピールしたという回答でした
一つの研究を成果が出るまで粘り強く続けられる姿勢を評価につなげようとしている就活生が多いようです。

その他にも、「行動力」「課題解決能力」といった研究に直接活きる強みが多く選ばれています。ぜひ自分のなかに研究に活かせそうな強みを見つけて、企業に向けてアピールしてください。

あなたが受けない方がいい職業をチェックしよう

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

研究職を志望するときの注意点

研究職を志望するとなれば、推薦での就職を見越して早い時期から動き出さなければなりません。早い人だと大学に入学した段階からどんな研究をして、どの教授の研究室に入るかを決めている人もいるでしょう。

研究職はその専門性の高さゆえ、研究室や研究テーマ選びが非常に重要になります。しかし、その他にも研究職を志望するときの注意点もあるのです。

早い段階から自分の未来を見据えて行動していくのはとても大切ですし、素晴らしい選択ではありますが、実はそこにも落とし穴があります。

研究職の現状についてきちんと理解していないと就職してからも大変です。専門性が高く潰しがきかない職種なので、そこで一生やり遂げるという強い覚悟を持って就職しなければなりません。

視野を狭めすぎない

研究職を志望するのであれば推薦なども見越してかなり早い段階から準備を進めておかなくてはなりません。しかし本当にこの研究テーマでいいのか、そもそも研究職でいいのかを、もう一度よく考えておかなければなりません。

研究職は自分の好きなことができる仕事で、専門性が高いため早いうちからそのテーマについて学んでおく必要があります。

しかし、一度テーマを選んでしまったら途中で方向性を変えることは容易ではありません。一度決めたらそれに向かって一直線に突き進むというのは、紛れもなく研究者の資質ですが、その前にもう一度、冷静に視野を広く持って考えるようにしましょう。

その他の選択肢についても充分に検討したうえでその道に進むと決めたのであれば、後は迷いなくその道を邁進していきましょう。

研究職に近い選択肢

  • 開発職
  • 教師・講師
  • 医師・獣医師

仕事上では周囲との連携も必要

研究職の仕事は研究のみだと考える人は多いです。しかし、自分のやりたい研究を自分の思うがまま、自分だけの世界に没頭しておこなうものではありません。自分1人で黙々と仕事がしたいからという理由で研究職を志す人がいますが、それは大きな間違いです。

研究職の仕事は、ただただ研究だけをすれば良いというわけではなく、他部署と連携する事もあるためのコミュニケーション能力や他の職種への業務理解も必要になります。決して1人で黙々と進める仕事ではありません。

自分の研究以外にもしっかりと興味を持って仕事に取り組まなければなりませんし、他人とかかわることも多いです。研究がメインの仕事にはなりますが、決してそれだけではないということは覚えておきましょう。

研究職で他部署と連携する必要がある状況

  • 研究材料の調達・手配
  • 研究成果の発表
  • その他、勤怠や給与支払いなど労働条件に関するやり取り

文系でもなれる研究職

「研究」と聞いて理系の専門的な領域を選考している学生だけが目指せる職業と考えている人も少なくないかもしれません、しかし、実際には文系学生でもなれる研究職というものがあります。

研究職のメリットや、向いている人の特徴にマッチし、研究職に興味を持った文系の就活生の皆さんはぜひこちらを参考にしてください。

全学部対象に募集している研究職

募集している研究職の中には、文系・理系を問わない全学部を対象にしているものがあります。一部の研究職に限られるため求人数も少ないですが、「研究ではなく開発なら文系も可」とする企業も含めると、研究に携われる企業を探すことができるでしょう

小まめに募集要項を確認して少ないチャンスをものにする姿勢が大切です。

全学部対象に募集している研究職の例

  • 金融系企業の調査・研究職
  • 政治・経済に関するシンクタンク(研究機関)

大学教員や公的機関の文系の研究職

文系・理系を問わないものではなく「文系の研究職」というものも存在します。代表的な例として大学の教授が挙げられます。

勿論、学生の前に立ち講義をするという側面もありますが、専門分野の研究を進めることができます。また、大学教授や准教授であることが応募条件であることも多いですが、公的機関の研究所で働くという選択肢もあります。

主な文系の研究職

  • 大学教授
  • 公的機関の研究所の職員(美術館、言語の研究所など)

研究職に就職して自分の「好き」を仕事にしよう!

研究職の仕事についてメリットデメリットを含めたくさんのことを紹介してきましたが、研究職の一番の特徴は、自分の好きなことを仕事にできるということです。

もちろん資金の問題で研究が打ち切りになったり、研究だけをしていればいいというわけではありません。しかし、好きなことを仕事にするという意味ではその大部分が叶う仕事です。

研究職は大変な仕事ですが、それも自分の好きなことであれば耐えることができますし、苦にも思わないかもしれません。研究職は非常に夢にあふれた仕事です。人気も高いため、研究職を目指すのであれば、ぜひ早めの行動を心がけてください。

非常に専門性の高い仕事であるため一度進めば方向転換は難しいので、視野を広く持って可能性を限定しないようにしましょう。

研究職に関する調査

  • 調査方法:ポート株式会社が運営する企業口コミサイト「就活会議」会員へのダイレクトメール
  • 調査日:2022年7月22日~27日
  • 調査元:「就活の未来」を運営するポート株式会社
  • 調査対象者:23卒・24卒の就活会議会員の252人

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ