自己PR

【ポジティブ思考とは】自分をアピールするためのポイントと例文3つ

企業で求められるポジティブ思考とは

就活の自己PRの題材としてポジティブ思考が挙げられますが、実はこの意味を正しく理解できていない人は多いです。「ポジティブ思考=前向きに考える」ことですが、就活においてはそれだけの意味ではありません。

一般的なポジティブ思考の意味と、企業が求めるポジティブ思考は違っています。企業に求められる能力を正しく理解して、アピールを進めていくことが大切です。ポジティブ思考は自己PRの題材としては優れたものですが、解釈を間違えてアピールしても評価の対象にはなりません。

場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性もありますので、注意が必要です。ポジティブ思考とはどんな意味か、就活におけるポジティブ思考の考え方などを理解して、上手に自己PRを進めていきましょう。

ポジティブ思考な人が評価される5つの理由

企業に入社して、仕事をしていくうえでもポジティブな考え方は大切だとされています。仕事をしていると、困難なことに直面したり、難しい場面に遭遇したりすることも多くあります。そんな時に、すぐに無理だからとあきらめて逃げ出してしまう人では、長く働き続けることはできません。

企業としては、大変なことでも前向きに取り組んでいく人にこそ働いて欲しいと思っています。就職活動でなぜポジティブ思考な人が評価されるのか、ポジティブ思考な人材は企業にとってどんなメリットがあるのかを解説していきますので、参考にしてみてください。

①向上心がある

社会人になると、仕事に対して何らかの不満を持つ人も多いです。勤務時間が長い、給料が安いなど、問題となっていることはさまざまです。しかし、不満を口にしてばかりでは、現状は何も変わりません。会社の経営者にとっても、仕事に対する不満を常に持っていて、何も行動を起こさない人はよい社員とはいえません。

自分にしかできない仕事を積極的にして給料を上げる、効率よく仕事をして残業時間を減らすなど、自分なりに工夫して改善していくことが大切です。ポジティブ思考を持っている人なら、どうしたらよりよくなれるのか考えて行動することができるはずです。個人の環境を改善していけば、結果的に会社全体もよい方向へ向かっていきます。

②自己管理ができる

仕事をすると、プライベートな時間が減ってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。しかし、仕事ばかりしているとリラックスできる時間が少なくなり、ストレスが増えて精神的にも負担に感じてしまいます。

仕事のせいで寝不足が続くと、健康面でもよくありません。仕事を続けていくうえでは、健康でいることも大切です。また、時には自分のことを優先させることも必要ですが、会社に悪いと罪悪感を感じてしまう人もいるでしょう。

ポジティブ思考の人は、自分の価値を認めていて、自分を大切にしようという思いがあるため、無理に仕事を引き受けることはありません。しっかりと休んで、自分自身を労わる時間も作り、自己管理がきちんとできる人だといえます。無理をして頑張っても仕事の効率は上がりませんし、体調を崩して周りに迷惑をかけてしまう可能性もあります。

③ネガティブな感情に流されない

人は誰でも弱気になったり、ネガティブな気分になったりすることがあります。しかし、ネガティブな感情に流されてしまうと、周りのことばかり気になってしまって、仕事でもトラブルやミスが増えてしまいがちです。自分自身の軸をしっかりと持っていれば、流されることなくいつも穏やかな心でいることができます。

ポジティブ思考の人は自分の考えを強く持っているため、ネガティブな感情や人の言葉に動揺してしまうこともありません。ネガティブになってしまうと、自分の嫌な部分を探したり、他人にもきつく当たったりしてしまいます。

忙しいとついネガティブな気持ちになってしまいますが、そんな時こそポジティブ思考を持って仕事に取り組んでいけると、周りとの関係もスムーズになります。

④困難な仕事にも対処できる

就業後には、これまで学生時代に経験してこなかったような困難な仕事や責任のある仕事に直面することもしばしばです。自分の失敗だけでなく、社外の取引先や、業界動向の変化など外的要因による困難な状況をクリアしていく必要があります。

採用担当者は就活生に対し、就業後の働く姿をイメージしますので、ポジティブ思考の人は困難な仕事に対処できると判断される可能性が高いです。

「自分のミスではないから」「自分では解決できない」とネガティブに仕事を捉えてしまう人もいるでしょう。一方、こうした状況に対して前向きに取り組んでくれるポジティブ思考は、評価するポイントのひとつになります。

⑤周囲にいい影響をあたえる

ポジティブな思考の人は、周囲にもポジティブな感情を与えることができます。自分一人では対応できない仕事の場合、周囲の力を借りたり協力を得ながら仕事を前向きに進めていくことができます。

リーダーなどのマネジメント人材の候補としても最適です。グループを引っ張っていく上で、あまりにネガティブなことばかり考えるリーダーのものでは積極的に仕事をするのは難しく、ポジティブな人が求められるからです。

また、職場の雰囲気を明るくしたり、人間関係の潤滑油になるなど、ムードメーカー的存在としての活躍も期待されます。

自己分析できていない人は出遅れている

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。今年はコロナの影響で就活生の動きが早く、現時点で自己分析が不十分な人は、大きく出遅れている可能性があります。

そこで、自己分析ツールの「My analytics」を利用してみましょう。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み・特徴を見える化。選考で役に立ちます。

ツールを活用して自己分析を効果的に進め、志望企業の選考を突破しましょう。

ポジティブ思考をアピールするには工夫が必要

ポジティブ思考は就活の自己PRの題材として有効なものですが、上手にアピールしなければ高評価を得ることはできません。ポジティブ思考であることをアピールする就活生は多いため、アピールするなら工夫が必要です。

平凡なアピールになってしまえば評価の対象にはならない場合もありますし、採用担当者の記憶にも残りません。題材自体はよくても印象に残らなければ意味はありませんし、記憶に残るようインパクトを持たせてアピールすることが大切です。

同じ内容であってもアピールの方法次第では印象は大きく変わりますし、評価も違ってきます。ポジティブ思考をアピールする場合は採用担当者の記憶に残すことを意識して、工夫したアピールを心がけましょう。

ポジティブ思考なことを面接でアピールするコツ

ポジティブ思考なことを面接でアピールするには、いくつかコツがあります。コツを理解してアピールすることで面接官の記憶にも残りやすいですし、高評価が得られる可能性も高いです。

ポジティブ思考はアピールの仕方次第で印象が大きく変わるものですので、しっかりとコツを理解し、それを踏まえてアピールしていくことが大切です。ポジティブ思考を面接で伝える際には何を気をつければいいのか、ポイントは何かを知っておきましょう。

笑顔やハキハキとした話し方

ポジティブな思考を持っていたとしても、見た目や話し方が伴っていなければ、ポジティブなイメージを持たれづらいです。ポジティブ思考をアピールし説得力のある内容を話しているのに、暗い表情やぼそぼそとした話し方で主張しても説得力はありません。

常に笑顔でいるようにし、普段以上にハキハキと話すようにしましょう。油断しがちなのは、難しい質問をされたり、グループ面接でほかの人が話をしている時です。たとえば難しい質問に自信なさげに答えれば、せっかくの印象が変わってしまうこともあります。面接中は、どのような時も常にポジティブなイメージを持たれるような行動を心がけましょう。

ポジティブ思考である理由をあわせて説明する

ポジティブ思考なことを面接でアピールする際には、ポジティブ思考である理由をあわせて説明することが大切です。単にポジティブ思考ができることが強みだとアピールしても理由がないと伝わらりませんし、説得力もありません。

自己PRは説得力があることが大切であり、これがなければ評価されませんし、場合によっては嘘と判断される可能性もあります。嘘だと判断されれば信用はなくなりますし、評価も悪くなってしまいます。

本当にポジティブ思考が身に付いていることを伝えるためにも、具体的な理由を伝えることが大切です。どんな理由で身に付いているのかを具体的、かつ論理的に伝え、自己PRの説得力を上げてポジティブ思考をアピールしていきましょう。

楽観的ではないことも伝える

楽観的ではないことも伝えるのも、ポジティブ思考なことを面接でアピールするコツです。ポジティブというと、楽観的であるイメージを持つ人もいますし、場合によってはそれがマイナスの印象につながることもあります。

楽観的であることで責任感がないなどの印象を与えてしまう可能性もありますし、ポジティブであることがすべてプラスにつながるわけではありません。せっかくポジティブ思考をアピールしても、マイナスの印象を与えてしまうと魅力は半減してしまいますし、面接での評価も悪くなってしまいます。

楽観的だと思われないためには、責任感をアピールすることが大切です。ポジティブ思考をアピールしながらも責任感があり、誠実であることを伝えていきましょう。

具体的な体験談を交える

自己PRは説得力を持ってアピールすることが大切であり、説得力を高めるためには具体的な体験談を交える必要があります。能力を裏付ける具体的な体験談があれば、本当に身に付いていることがアピールできますし、説得力を高めることができます。

ポジティブ思考であることによって、よかったことの具体的なエピソードを交えて説得力を持たせることができますし、好印象にもなりやすいです。ただポジティブ思考であることの理由を伝えるだけでは信憑性がありませんが、具体的なエピソードがあれば信頼度も上がります。

ポジティブ思考であることでどんなメリットがあるのかも伝わりやすく、仕事での再現性もイメージしやすいため、効果的なアピールになります。

ポジティブ思考をアピールする際の例文

ポジティブ思考を面接でアピールする際のコツを理解した後は、実際の就活で使う自己PRを考えていきましょう。自己PRは履歴書やESでも必要になりますので、文字にして書かなければなりませんし、面接では口頭でアピールしなければなりません。

頭の中で考えるだけではなく、文字にしなければなりませんので、作成するのが難しくもあります。例文から自己PRの内容や構成などを参考にし、自身の自己PRも作成していきましょう。

例文①

私は物事をポジティブに考え、諦めることなく目標の実現を目指して努力することが出来ます。大学時代はサッカー部に所属しており、最後の大会では一回戦で強豪のチームと当たりました。チームには諦めムードが漂っていましたが、私は練習試合も出来ないような強豪と本気の場でぶつかれることはラッキーだと考え、チームを鼓舞しました。
初めこそ諦めムードだったものの、徐々にモチベーションは上がり、勝利を目標にチーム一丸となって相手の研究をおこないました。研究の成果もあって何とかPK戦まで持ち込み、勝利することが出来ました。貴社でもポジティブ思考で最後まで諦めずに行動することで目標を実現し、企業に貢献したいと考えています。

例文の①ではポジティブに考え、諦めることなく目標の実現に向けて努力ができると自己PRが進められています。最初に結論を述べることで、アピール内容を明確にできており好印象です。

ポジティブさを発揮した経験も具体的に述べられていますし、周りを巻き込んで能力を発揮できることで、さらに印象はよくなっています。最後まで諦めないことで責任感があることもアピールできていますし、楽観的だとマイナスの評価を受ける心配もありません。

例文②

私はポジティブ思考で新しいことにも恐れずに挑戦することが出来ます。大学時代は文化祭の実行委員に所属しており、文化祭でおこなう企画を考えていました。実行委員が手がける企画は例年ミスコンと決まっていましたが、せっかくやるなら新しいことがしたいと思い、それにプラスしてファッションショーを提案しました。
有志の募集を募り、近隣のデザインの専門学校と連携して入念に打ち合わせをおこないました。当日は大盛況であり、多くの人に喜んでもらうことが出来ました。私は貴社でも新しいことにもどんどん挑戦していき、新たな価値を創出することで企業に貢献したいと考えています。

例文の②ではポジティブ思考で新しいことにも恐れず挑戦できるとアピールされています。結論から述べられており、文章構成には問題はありません。単にポジティブ思考であるとするのではなく、ポジティブ思考で新しいことにも挑戦できるとすることで、より具体的に能力がアピールできています。

自身の経験からポジティブさをアピールできていますし、入念に打ち合わせをおこなっていることで、責任感があることも伝わっています。

例文③

私はポジティブに考えて行動することで、ピンチをチャンスに変えることが出来ます。大学時代は居酒屋でアルバイトをしており、キッチンを担当していました。冬場は宴会も多く、予約だけで満席になってしまうことも多くありました。宴会は重なると準備が大変でしたが、逆にいえば準備さえしっかりとしていれば乗り切れると考え、入念に準備をおこないました。
他のアルバイトにも呼びかけて完璧な準備をすることで、宴会にも焦ることなく対処し、業務をスムーズに進めることが出来ました。貴社でもポジティブに考え、大変なことでも前向きに行動することで問題を解決し、チャンスを生み出したいと考えています。

例文の③ではポジティブに考えて行動することで、ピンチをチャンスに変えられるとアピールされています。文章構成は問題ありませんし、能力を具体的に伝えることで、印象に残りやすく、イメージしやすくなっています。

アルバイトの経験から能力の裏付けもできていますし、他のアルバイトに呼びかけることで働きかける力もアピールされており、好印象です。能力を活かしてどのように働きたいかも具体的に示されおり、アピール力を高めることができています。

ポジティブ思考を題材にするなら印象に残る内容に

ポジティブ思考は仕事をする上でも大切なことですし、企業に必要とされることも多い能力です。ポジティブ思考を持っていることで、ピンチでも諦めずに頑張ることができますし、新しいことにもどんどんチャレンジすることができます。

新しいことに挑戦できることで、成長力の高さのアピールにもなりますし、自己PRの題材としても優れています。ポジティブ思考は自己PRでもアピールしやすいものですが、多くの人がアピールしている題材でもあるので注意が必要です。

平凡なアピールでは採用担当者の印象に残りませんし、高評価を獲得することもできません。ポジティブ思考をアピールする場合は、印象の残ることを意識して、上手に伝えて好印象を与えていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ