自己PR

【一言PR例文6選】面接官の印象に残るためのポイント

自己PRは一言で表現する

相手の印象に残るためには、一言で表現することが肝心です。就職活動における自己PRも同様です。伝えたいことを一言に集約することで、記憶に定着させやすくなる効果もあります。就職活動で面接官は多くの就活生と接します。自己PRが冒頭から冗長であれば、内容が頭に入ってこないため、印象にも残りにくくなることでしょう。

自己PRでは、一言で表現する意識が欠かせません。一言で簡潔に自己PRをすることで、自分自身も面接に落ち着いて臨むことができます。伝えたいことが明確になることで、相手も話を理解しやすくなるでしょう。一言で自己PRを表現することができれば、面接官を引きつけることが可能です。

自己PRを一言で表現すると相手の印象に残りやすい

自己PRを一言で表現すると、相手の印象に残りやすくなります。シンプルイズベストという言葉があるとおり、簡潔かつ単純な表現を使うことで、自己PRの内容がより分かりやすくなるのです。

一言で印象に残る自己PRをするには、文章を工夫しなければなりません。ストレートな表現でも悪くはありませんが、一言でインパクトを与えた方がさらに印象に残りやすくなります。

そのためには、自分のことをきちんと理解しておくことが求められます。一言で自己PRしたあとに、そこから内容を掘り下げて展開していくことが大切です。

自己PRの一言で引きつけるためのポイント4つ

自己PRの一言で、相手を引きつけるためのポイントがあります。ポイントは4点です。1点目は、アピールする内容はひとつに絞ることです。論点がずれては、相手に伝わりません。2点目は、裏付けとなるエピソードを盛り込むことです。何事にも根拠が大切だといえます。

3点目は、自分を採用するメリットを盛り込むことです。独りよがりの自己PRに終始しては意味がないためです。4点目は、キャッチコピーも有効だということです。その名の通り、キャッチーな言葉で相手を引きつけましょう。

①アピールする内容はひとつに絞る

自己PRでは、アピールポイントはひとつに絞りましょう。自己PRなので、ついつい多くのことを伝えたくなる就活生も多いでしょう。しかし、面接官は1日に何人もの就活生と対峙しなければなりません。1人にいろいろと話されたところで、そのすべてを覚えておくのは難しいといえます。

集団面接でも個人面接でも同じです。面接官がいくらメモをとっていたとしても、そのときの内容や印象を詳細に覚えるのにも限界があります。いろいろ話し過ぎて印象がぼやけてしまうのを防ぐためにも、あれこれと欲張らず、アピールする内容をひとつに絞ることで印象を強めてください。

②裏付けとなるエピソードを用意する

自己PRでは、裏付けとなるエピソードが必要となります。自分の長所や特技について、言葉では何とでも言うことができます。それを裏付けるためのエピソードがなければ、説得力のある自己PRはできません。

エピソードは具体的に伝える必要があります。裏付けとなるエピソードや根拠、行動を起こした動機の部分は、自己PRの中でも重要な要素です。また、具体的な根拠となるエピソードにおいても、短い文で簡潔な内容にすることがポイントです。

組み立てとしては、まず一言で自己PRをした後に、具体的なエピソードで肉付けしていきましょう。ただし、文章が長くなり過ぎないように気を付けてください。短い文でつなぐ意識を常に持っておきましょう。

③自分を採用するメリットを盛り込む

自己PRには、自分を採用するメリットを盛り込みましょう。企業も慈善事業で採用活動をしているわけではありません。採用活動は、企業が今後も発展していくための投資といえます。つまり、自己PRでは相手に自分を採用するメリットを明示しなければ内定を獲得することはできません。

自分は企業にとって利益をもたらす、あるいは活躍できる人材であると伝わるようなアピールを盛り込むことが大切です。採用したあとも、研修などを通して自社の戦力となり、貢献し利益を生み出すであろう人材かどうかが重要になってきます。採用側の視点に立てば、必然的に自分を採用するメリットを盛り込まなければならないことが理解できるでしょう。

④キャッチコピーも有効

一言で相手の心をつかむためには、キャッチコピーも有効です。印象的なフレーズは、相手の記憶に残りやすいといえます。書き言葉でも話し言葉でも、一瞬で相手の心に残るフレーズを考えることができれば、その後の選考でも思い出してもらいやすくなるでしょう。

よいキャッチコピーを考えるには、自己分析をすることが大切です。自分を表現できる的確なキャッチコピーを考えてみましょう。少しの表現の工夫がフックとなり、面接官の気持ちをとらえることができます。判で押したような答えが多い中でキャッチコピーを入れると、相手の印象に強く残り、興味を持ってもらえるでしょう。

一言で伝える自己PRの具体例

一言で伝える自己PRの具体例をご紹介します。就職活動の自己PRでは、一言でアピールして、相手の心を掴むインパクトが必要となります。一言と言われると、どのくらいの長さがベストかよく分からないという方も多いといえますが、就職活動の場であれば30秒くらいが適切だといえるでしょう。

一言で「向上心があります」「何事も乗り越える力があります」という言葉だけでは、シンプル過ぎて相手を納得させることはできないでしょう。30秒の自己PRは文章に起こせば100文字程度となります。この程度の長さであれば、一言自己PRの許容範囲内です。簡潔かつ印象に残る自己PRを、例文を参考にして考えていきましょう。

例文①

「思い立ったら、即行動!」が私の信条です。高校から硬式野球を続けていますが、中学時代は文化部に所属していました。高校から野球を始めたのは、甲子園に感動したことがきっかけです。大学ではピッチャーに挑戦しています。これからも何事にも恐れずに挑戦し続けます。

まず一言でアピールしたいことを言い切りましょう。次に裏付け、根拠となるエピソードを簡潔に伝えます。この文章の文字数は126字ですので、30秒程度でアピールすることは可能でしょう。また、なるべく一文は短くしてください。長い文章では、何を言いたいのかわかりづらくなりりやすいです。

例文②

苦手な事に挑み続けた大学生活でした。私は人見知りの性格を大学では克服したいと思い、議員インターンシップに参加しました。そこでは、老若男女問わず、初対面の人と関わる機会が多くありました。最初は戸惑いましたが、地道に接することで、私を理解してもらえました。

この文章は文字数で126字です。冒頭の一言をキャッチコピーにして印象付けるのもおすすめでしょう。ただし、業界によってキャッチコピーを使うかどうかよく考えましょう。堅い職業の場合は、砕けた印象のキャッチコピーをよく思わない場合もあります。マスコミやベンチャー企業などフランクな社風の企業であれば、キャッチコピーをつけることで興味をもってもらえる確率があります。

例文③

「一日一善」が私の座右の銘です。常に感謝の気持ちを忘れず、誰かのためになることをやりなさいと小さい頃祖母にいわれて育ちました。実際にこの言葉を実行している祖母の背中をみて育ち、私も同じように取り組み続けています。感謝の気持ちを忘れず、他人に奉仕する心を持って、チームのために働きたいと考えています。

座右の銘を最初に述べることで、何を伝えたいのかが明確に分かり、かつ印象的なアピールができています。また、ただ大切と感じているだけではなく、身近な人の存在から自分も実行に移していることが伝えられており、説得力もあるでしょう。どのように仕事に繋げるのかにも言及されており、個性をスムーズにアピールできています。

例文④

柔軟に物事を受け入れて成長できることが、私の長所です。大学時代はバックパッカーとして世界中を旅し、行く先々での文化を拒絶することなく受け入れ続けました。現地の人との交流を通して、多様な価値観を学びました。仕事でも何でも吸収し、自らどん欲に仕事を取りにいきたいと思います。

ただ受動的に物事を受け入れているだけではなく、能動的に行動しようとする意志がアピールできています。吸収することでどのように成長できたのかも伝えられており、多様な価値観を得たことでグローバルな人材として活躍できることもアピールできているでしょう。仕事での活かし方にも上手く置き換えられており、活躍しようとする強い意志がみて取れます。

例文⑤

「今日は二度とやってこない」という言葉を胸に、日々を全力で生きています。些細なことでも全力で取り組み、何事も後悔のないようにやり切ることで、困難なことにも挑戦してきました。強い気持ちを持って仕事に取り組み、全力投球で向き合うことで、周囲にもパワーを与えてともに活躍していきたいと考えています。

大切にしている信条を述べ、どのように仕事に繋げられるかがアピールできています。何事も全力でやるというだけでは、自己中心的に思われる可能性がありますが、周囲にパワーを与え、ともに活躍したいとすることで、ネガティブな印象を回避しています。やる気にあふれていることが分かり、仕事への熱意の強さもアピールできているでしょう。

例文⑥

大学の部活動のコーチから頂いた、「自分がやるべきことをやれ」という言葉を座右の銘にしています。周囲のために何をすべきか、自分にできることは何かを常に考えることで、周囲を助け、また助けられることで成長してきました。仕事でも補い合いながら取り組み、自分しかできないことをして、成功を目指したいと考えています。

自分にしかできないことは何か考えるだけではなく、周囲のために何をすべきかまで考えている点が、評価できるポイントです。独りよがりにながらず、周りのことにまで配慮する姿勢は仕事でも求められます。個人としての力だけではなく、チームとしての力も発揮しようとしている点が、評価できるでしょう。

面接官を引きつける一言PRはポイントを押さえよう

自己PRをたった一言で表すためには、いくつかのポイントを押さえる必要があります。面接官の印象に残るためにも、一言で引きつける自己PRを作成してみましょう。一言で自分を印象付けることで、面接官の記憶にも残りますし、好印象を持ってもらえます。キャッチコピーを使うことでも、印象に残りやすい自己PRを作成することが可能です。アピールする内容を一つに絞り、裏付けとなるエピソードを用意するようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ