身だしなみ

【夏でもスーツの着用は必須】就活生が取り入れるべき暑さ対策を紹介

就活中は夏でもスーツの着用が必須

就職活動はどうしても夏の暑い時期にかけておこなわなくてはなりません。普段は半袖で過ごす夏の時期に、スーツを着て会社訪問をする必要があるのだろうかと疑問に思う就活生も多くいることでしょう。

実際、近年冷房代の節約やエコロジーの観点から、夏の間はクールビズを実施することで、薄着で涼しい服装を許可する企業も多いです。クールビズの服装をしているビジネスマンをみかけることもあるでしょう。

しかし、就活では、真夏の蒸し暑い季節でも上下スーツを着用することが常識となっています。仮に自分だけジャケットを着用しないで会社訪問をすると、悪い意味で目立ってしまいます。暑い日でもスーツを着用して、会社訪問をしましょう。

スーツには春夏用・秋冬用・オールシーズンがある

スーツの種類はひとつではありません。春夏用のスーツ・秋冬用のスーツ・オールシーズンOKのスーツなどに分かれています。

春夏用のスーツは男女ともに、繊維が軽く通気性のよいサマーウールなどの素材が使用されています。また、生地も薄く、汗をかいてもすぐに乾くような素材を使っているスーツも多く販売されています。

秋冬用のスーツは厚手のウール素材が使われていることが多いです。トラッド調のスーツの場合、ツイードが使用されていることもあり、ざっくりとした感触の生地で防寒用として優れています。秋冬用のスーツの生地は、加工の仕方にも工夫が施されています。例えば、専用の機械で生地を引っ掻くようにして毛羽立たせる加工法のミルドは、外気が入りにくく暖かさを保つことに優れており、おすすめです。

夏の就活におけるスーツスタイルの基本

就活では夏の暑い時期でもスーツを着用しなければならず、それを考えただけでも気持ちが滅入ってしまう人は多いです。夏場は汗や臭いなども気になるため、就活の対策としてそれらもおこなわなければなりません。

夏にスーツを着ていれば汗をかいてしまうことは仕方ありませんが、汗だくで面接を受けたり、臭いが気になってしまうと、身だしなみができていないと評価されてしまいます。とくに女性はストッキングを着用することもあり、男性より暑さを感じやすい場合も多いです。

あまりに暑いと頭も集中が途切れてしまい、面接でも力が発揮できない可能性があります。暑さを乗り越えて就活を成功させるためにも、夏の服装を考え、涼しく選考などに挑みましょう。

2着目は夏用スーツを選ぶ

夏場の就活を乗り越えるためには、夏用スーツを選ぶのもおすすめです。夏用スーツにはオールシーズン用には無い特徴があります。夏用スーツは裏地がなく、生地も薄く仕立てられているため、涼しく感じることができるでしょう。

就活では、スーツは1着では間に合わないことも多いです。とくに夏場は汗をかくことも多いため、連日同じものを着まわすことはできません。夏の就活対策をする方は、1着目はオールシーズン用のスーツを購入して、可能なら2着目に夏用のスーツを用意しましょう。

スーツの下のシャツは半袖NG

夏場にジャケットをきているとどうしても汗をかいてしまったり、中が蒸れてしまうことも多いです。何度も企業説明会や面接にいく機会の多い夏場だと「夏場にもジャケットを着るならせめて中のシャツは半袖を着よう」となるでしょうが、それは実はマナー違反にあたります。

もともと半袖シャツはクールビズのために作られたものであり、ジャケットの下に着用して暑さをしのぐためのものではありません。近年は地球温暖化予防に取り組む企業も増えてきたこともあり、クールビズを取り入れる企業が多くなってきています。しかし、就活の場で半袖シャツを着用すると、相手方の印象を悪くする可能性があるため、避けた方が無難です。

また、スーツを着る際は、シャツの袖がシャケットの袖口から1cm〜1.5cmみえるのがよいとされているため、半袖シャツでは不自然にみえてしまいます。

関連記事

夏の会社説明会にクールビズで行く際のマナーと就活における服装の注意点【男性・女性別】

スーツの暑さ対策をするには

それでは、スーツを着ながらの就活で暑さ対策はどうしたらよいのかをみていきましょう。就活では、説明会会場や面接会場にいく際、炎天下を歩くこともあります。そのため、会場に着くまでに中のシャツが汗でビショビショになったり、まだ面接が始まっていないにも関わらず汗だくになってしまったり、という経験をするでしょう。

そんな「汗だくになった状態での面接」では、本来の力を発揮できません。ここからはそんな暑い夏の就活を乗り越えるために少しでも役立つ方法や便利グッズの紹介をしていきます。

会社の近くに着いたら上着を着る

先ほどもいったように、就活では、夏でもジャケットの着用が必須です。しかし、そのジャケットは「いつでもどこでも着ていなければいけない」というものではありません。面接会場に向かう移動中は、ジャケットを脱いでしまいましょう。

ジャケットを脱ぐだけでも、かなり体験温度が下がります。また、風を感じることができるため、リラックス効果も期待できます。ずっと脱ぐことはできませんが、「いざ」というタイミングだけ着るようにし、脱げるときは脱ぐようにしましょう。もちろん時と場所は選ぶ必要があるため、間違えないように注意してください。

面接前にカフェなどに立ち寄って涼む

就活中は、夏の暑い時期に何社も企業を回ることがあります。正装のスーツで歩き回ると汗を大量にかき、ぐったりしてしまうことも考えられるでしょう。体力が消耗したまま大事な面接に挑んでしまっては、実力を十分に発揮できない可能性が高いです。

そのため、早めに会場に到着したときには、カフェなどの涼める場所に立ち寄り、一旦涼んでから会場に向かうことをおすすめします。冷たい飲み物を飲み、冷房のある部屋で一旦涼むことで体だけでなく頭もリフレッシュできます。汗をかいていたら、ハンカチや汗拭きタオルなどでしっかりと拭き取り、スッキリしてから面接会場に向かいましょう。

ジャケットやインナーには便利グッズの使用がおすすめ

就活では夏場であってもジャケットを着用しなければならないことも多く、面接会場に到着するまでに汗だくになってしまうことも少なくありません。会場までの行き帰りの道はジャケットを脱いでいても構いませんが、会場に入る前にはジャケットを着なければなりません。

それだけで一気に汗が噴き出すこともありますが、それも対策次第では抑えることができます。ジャケットやインナーは便利グッズを使用することで涼しく過ごすことができるため、それらを使用してみましょう。

汗ジミ防止スプレーや汗取りパットを活用する

夏場の就活で問題になるのは汗です。暑さを感じている分には我慢していれば済むことですが、汗をかいていると身だしなみの面でマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。夏場の大敵でもある汗を対策するためには、汗ジミ防止スプレーや汗取りパットを利用して、見た目を涼しげにすることがおすすめです。

スプレーやパットを利用しても、暑さを防ぐことはできませんが、身だしなみを清潔に保つことはできます。夏場に汗をかくのは仕方がないことですが、しっかりと対策し、少しでも涼しげに、清潔にみせることが社会人としてのマナーです。見えないところもしっかりと気をつけて、涼しげな印象を演出し、好印象を勝ち取りましょう。

クールタイプの肌着を着用する

暑さ対策としてはジャケットだけではなく、インナーにも気をつけましょう。暑さ対策としてできるだけ薄い素材のインナーを着ている人は多いですが、それだけでは対策としては不十分です。薄い素材であれば涼しいことも多いですが、汗をかいたときに透けてしまう可能性もありますし、実は薄いだけで熱を溜め込む材質である可能性もあります。

夏場の就活では、着るだけでひんやりする素材のものや、汗を吸収してすぐ乾く肌着を選ぶことが大切です。暑さ対策としてインナーは軽視されがちですが、インナーを変えるだけでも体感の暑さは格段に変わります。何も着ないよりも、着ている方が涼しくなるインナーもあるため、インナー選びにもこだわって夏場の就活を乗り越えましょう。

冷却スプレーを持ち歩く

夏場の就活には冷却スプレーもおすすめです。冷却スプレーを使うことで瞬時に体温を下げることができるため、夏場の就活ではさまざまなシーンで役立ちます。夏場の就活はジャケットを着用しなければならないことも多く、それをストレスに感じる人も多いでしょう。冷却スプレーを活用することで、そのストレスを軽減することが可能です。

暑い時期はジャケットを持ち歩き、面接会場に着く直前に冷却スプレーで涼しくしてから着用することで、暑さを抑えることが可能です。会社についてから冷却スプレーを使用するのはよくありませんが、会社に入る前であれば使用しても問題ありません。冷却スプレーの中にはただ冷たいだけではなく、香りつきのものもあるため、匂いのきつくないものを選んで使用しましょう。

関連記事

就活の面接でスーツのインナーに着るカットソー選びのコツと注意点3つ

夏のストッキング対策

男性の場合は夏用スーツを着用したり、ジャケットやインナーに気をつけることで夏の暑さに対策することができます。しかし、女性の場合はストッキングを着用しなければなりません。

冬場は暖かくて嬉しいことも多いストッキングですが、夏場は暑いだけではなく蒸れることもあるため、非常に厄介な存在です。夏場に就活をする女性にとってストッキングは大きなストレスではありますが、これも対策次第では快適に乗り越えることができます。

就活女性は素足はNG

ストッキングを履いていると暑いため、夏場では脱いでしまいたい気持ちになるでしょう。しかし、女性が素足で就活をおこなうのはNGです。涼しいからといってストッキングを脱いでしまうとマナー違反になり、身だしなみの面でも減点対象になります。夏場のストッキングは苦痛ですが、どんなに暑くてもストッキングを履くようにしましょう。

ストッキングは着用しなければならないため、暑さ対策としては材質選びにこだわることが大切です。夏はベージュで冷感加工しているものを選ぶと少しでも熱がこもったり、蒸れるのを防ぐことができます。冷感加工があるとないのとでは大違いですし、黒や紺などの色を選ぶと見た目にも暑いため、夏は涼しげにみえるベージュのストッキングを履くようにしましょう。

2枚持っておくと便利

夏のストッキング対策として、ストッキングを常に2枚持っておくことも大切です。ストッキングは伝線したり、破れてしまうこともあるため、就活中は予備を持っておく必要がありますが、夏場の場合は別の意味でも役に立ちます。

いくら冷感加工のストッキングを履いていたとしても、あまりにも暑ければ汗をかいてしまうこともあります。汗をかくとストッキングに汗ジミができることがあり、身だしなみとしてはこれはNGです。

ストッキングが2枚あれば汗ジミができたときに履き替えることもでき、非常に便利です。夏場に限らず、就活ではストッキングは予備を持っておくことが大切ですが、夏場の場合は予備があれば、汗ジミ対策としても使えることを覚えておきましょう。

関連記事

【就活でのストッキング疑問解決ガイド決定版】選ぶべき色・履く時の注意点・伝線時の対処法とは?

安くて涼しい夏スーツを紹介

夏場の就活を乗り越えるためには、やはり夏用スーツが必要です。オールシーズン用でもさまざまな対策をすれば、暑さや汗を和らげることはできますが、それだけでは不十分なことも多いです。夏用スーツを着るだけで体感する暑さは格段に変わるため、できるだけ夏用のスーツも購入しておくようにしましょう。

2着目のスーツを買うことにためらう理由としてはスーツの値段が考えられますが、安くて涼しい夏用スーツもたくさんあります。ぜひ購入を検討してみましょう。

①ニッセン

安くて涼しい夏用スーツとしては、「ニッセン」のスーツがおすすめです。ニッセンはコストパフォーマンス抜群でサイズもデザインも豊富であるため、おしゃれな夏用スーツを購入することもできます。また、安いだけではなく、高機能なスーツもたくさん販売しています。

ストレッチの利いた柔らかい素材のものであったり、自宅で洗えるスーツなどもあります。夏場はスーツの汗も気になりますが、なかなか自宅で洗濯することはできません。かといっていちいちクリーニング屋に出すこともできないため、夏スーツとしては洗えるタイプのものはおすすめです。ニッセンは安くて涼しい、かつ高機能なスーツを手に入れることができるため、2着目の購入にもおすすめです。

②セシール

夏用スーツの購入としては、「セシール」もおすすめです。セシールはセット商品が充実していて、お買い得感があるのが特徴です。ジャケット、パンツ、スカートの3点セットで1万円を切るような商品もあるため、1着目の購入にもおすすめできます。セシールはセット商品も多いですが、もちろんバラバラで購入することもできます。

洗えるスーツなども販売していますし、上手に選べば安くて高機能なスーツを手に入れることが可能です。女性の場合はパンツ、スカートどちらのスタイルでも就活ができ、どちらを着るかによっても印象が変わります。業界や志望する企業によって使い分けることも大切です。そのため、セット商品でまとめて購入するのもおすすめです。

③スーツセレクト

夏用スーツを購入するなら「スーツセレクト」もおすすめです。スーツセレクトは他のブランドに比べると少し高めではありますが、トレンドを重視したスーツ専門ブランドであるため、おしゃれなスーツを手に入れることができます。値段が高い分、当然品質も優れていますし、夏用スーツで涼しく就活に取り組みながらも、おしゃれを演出することも可能です。

就活ではスーツは常に身につけるものですし、就職して社会人になってからもスーツは必要になります。夏場の就活は長引くこともありますし、社会人であれば夏中スーツを着ていなればなりません。値段は少し高めではありますが、長く使える品質のよいものであるため、就活の機会に購入しておけば社会人でも使えて便利です。

関連記事

面接にふさわしい女性の服装ガイド決定版|各部位別おすすめファッションもご紹介

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

夏にスーツを着用する際は暑さ対策を万全にしよう

夏場の就活は暑い中スーツを着なければならず、過酷なことも多い。また、汗の対策などもしなければなりません。夏場にスーツを着用していれば、汗をかくのは仕方がないことです。しかし、それでも汗だくでは清潔感がないため、就活の身だしなみとしてはNGです。

汗をかかないように対策することも大切ですし、汗をかいても目立たないように対策をしておくことが重要になります。暑さ対策も就活の一環であるため、しっかりと対策して取り組みましょう。

ジャケットやインナーの便利グッズを使用したり、スーツを夏用に変えるだけでも、暑さは格段に軽減されます。少しの工夫で大きな差が出るため、さまざまな工夫をして、夏場の就活を涼しく乗り越えましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ