業界研究

【ホテル業界の志望動機の書き方とは】作成のポイントと例文

ホテル業界とは

ホテル業界の就活を攻略するためには、志望動機をしっかりと練り上げる必要があります。ホテル業界はサービス業の一つですが、その華やかなイメージから憧れを抱く人も多いです。

しかし漠然としたイメージを持っているだけで、業界の実態については知らない人も多いです。志望動機を作成するためには、業界について正しい知識を身に付けておく必要があります。ホテル業界の動向や基本的な知識などを身に付け、志望動機の作成に役立てていきましょう。

ホテル業界の概要

ホテル業界の業績は好調であり、業界規模も拡大傾向にあります。2011年頃までは業績も伸び悩み、業界規模も縮小傾向にありましたが、業績は回復し、現在も成長傾向です。業界好調の背景には訪日外国人観光客の増加や国内での旅行者の増加が挙げられます。

景気の回復やビザの緩和に伴い外国人観光客が、円安に伴い国内旅行客が急増し、今後もさらに増加する見込みです。また東京オリンピックによる影響も考えられ、2020年に向けて外国人観光客はさらに増加すると考えられています。

稼働率が高いホテルも多く、次々に新しいホテルが建てられ、他業種からの参入も激しくなっています。ホテル業界は空前の好景気を迎えており、注目が集まっている業界です。

ホテル業界の業績推移について

  • 業界規模:1兆2,609億円
  • 平均年収:606万円
  • 平均継続年数:14年

ホテル業界の業界規模は1兆2,609億円です。国内の業界としてはそれほど大きくはありませんが、2020年の東京オリンピック開催に向けて今後も業界規模の拡大が予想されています。成長力の高い業界だと言えます。

平均年収は606万円であり、他業界と比べても平均的な水準です。年収は企業ごとに大きく差があり、ホテル業界既存の企業よりも別の業界から新規参入の企業の方が高い傾向にあります。

平均継続年数は14年であり、これも他業界と比べても平均的な水準です。継続年数も企業ごとに大きく異なり、長い企業であれば25年、短い企業であれば1年未満の企業もあります。企業ごとに継続年数は異なりますので、企業選択は慎重に行う必要があります。

ホテル業界の細かい職種分類について

  • サービス
  • 営業・販売促進
  • 商品開発

ホテル業界の職種としてはサービス、営業・販売促進、商品開発が挙げられます。サービスは現場でのサービスを行う職種です。フロントや客室係などさまざまなポジションが挙げられ、大きなホテルであればレストランや宴会場のスタッフとして働く場合もあります。

営業・販売促進は主に法人に向けての宿泊プランの企画、提案を行う職種です。旅行代理店などど共同して旅行のプランの販売を企画することもあります。商品開発はホテルでのイベントなどの企画、立案を行う職種です。ホテルに合わせた宿泊プランの開発なども行います。

ホテル業界ではさまざまな職種がありますが、まずは現場のサービス職として働くことが多いです。それぞれの職種は連動してますので、お互いの職種を理解しておくことが大切です。

ホテル業界の志望動機を書くポイント

ホテル業界で就活を成功させたいのであれば、魅力的な志望動機を書き上げる必要があります。志望動機は仕事を志した理由を伝えると同時に、仕事への意欲の高さ、やる気を示したものでもあります。それらを上手に伝えるためには、志望動機の書き方を工夫しなければなりません。

志望動機は書き方次第で印象が大きく変わるものです。上手な志望動機の書き方にはいくつかのポイントがあります。それらを踏まえて魅力的な志望動機を作成していきましょう。

①なぜホテル業界なのかを明記

採用担当者の心に残る志望動機を作成するためには、なぜその業界なのかを明記することが大切です。仕事の選択肢はほとんど無限と言えるほどにあり、業界もさまざまな種類があります。

数ある選択肢の中からなぜホテル業界を選択したのか、その理由を伝えましょう。業界を選んだ理由を伝えるときのポイントとしては、その業界ならではの特徴を踏まえて伝えることです。ホテル業界であればより高いレベルで接客の仕事がしたい、華やかな時間を提供できる仕事がしたいからなどの理由がおすすめです。

単に接客業で働きたいというのはホテル業界でなくても実現できますのでよくありません。ホテル業界だから実現できること、ホテル業界でなければできないことを志望動機として伝えていきましょう。

②その中でもなぜ該当企業なのかを明記

なぜホテル業界を志したのか、その理由を明記すれば次にその中でもなぜ該当企業なのかを伝えていきましょう。業界の選択肢も数多くありますが、業界の中でも企業の選択肢は無数にあります。

同じ業界でも企業によって特徴や強みは違いますし、場合によっては担当する業務やできる仕事なども異なる場合があります。ホテル業界に勤めたからと言って、全ての仕事が同じわけではありません。企業ごとにさまざまな違いがありますので、それらを踏まえて志望動機を伝えることが大切です。

その企業でなければならない理由を伝えるポイントは企業独自の強みなどに触れることです。その企業にしかない強みを志望理由に交えて伝えていくことで、その企業を強く志望していることを伝えることができます。

③自分に何が貢献できるのかも明記

ホテル業界で働きたい理由、その中でも該当企業を選んだ理由を伝えれば、そこで自分に何が貢献できるのかを伝えていきましょう。志望動機は仕事に対する意欲を伝えるものではありますが、やる気だけでは仕事で活躍することはできません。

仕事で活躍していくためには能力を欠かすことができませんので、自身の能力を提示し、それがどのように企業で役立つかを伝えることも大切です。志望動機は自己PRではありませんので、ただ単に能力だけをアピールするのはよくありません。

自身の能力を提示した上で、それを使って企業でどのように活躍できるかを具体的に示すことが大切です。自分が企業で役に立つ人間であることをアピールし、好印象を獲得しましょう。

ホテル業界の志望動機例文3選


志望動機の書き方のポイントを知れば、いよいよ実際の就活で使う志望動機を作成しましょう。志望動機は就活において重要なものですので、焦らずにじっくりと自分と向き合って作成することが大切です。

また一度書き上げてもそこで満足せず、何度も見直し改善を重ねることが大切です。志望動機は何度も何度も書き直し、ようやく魅力的なものに仕上がります。志望動機の例文も参考にしながら、自身の志望動機を磨き上げていきましょう。

例文①

私は高いレベルでのサービスを行い、お客様に最高の時間を提供したいと考え、御社を志望しました。私は以前御社のホテルを利用し、素晴らしい接客を受けました。また単に接客のレベルが高いだけではなく、全員が活き活きと楽しそうに働いていたことが印象的で、私も一緒に働きたいと感じました。私は大学時代は居酒屋でアルバイトをしており、元気の良さ、明るさには自信があります。御社でも明るく元気に働き、お客様にポジティブな気持ちが伝わるよう接客したいと考えています。

例文の①では高いレベルでのサービスを行い、最高の時間を提供したいと志望動機が語られています。最初に志望動機を語ることでアピールしたい内容を明確にすることができており、好印象です。

また志望理由を自身の原体験から語ることで、その企業だからこそ働きたい気持ちを強く伝えることができています。企業で貢献できることについても、どのように働くのかが具体的に語られており、活躍している姿がイメージしやすく、これも好印象です。

例文②

私はおもてなしを通じてお客様を幸せにしたいと考え、御社を志望しました。御社は日本を代表する老舗のホテルであり、幅広い年代の人から長く愛されているホテルです。老舗のホテルでありながら常に新しいものを取り入れる挑戦の姿勢を取っており、私もお客様のために様々な挑戦をしていきたいと考えています。私は大学時代にイベントサークルに所属し、そこで様々な企画を立ち上げ、挑戦していきました。御社でも、新しいことにも恐れずに挑戦し、時代の流れを取り入れながらお客様を幸せにしていきたいと考えています。

例文の②ではおもてなしを通じてお客様を幸せにしたいと志望動機が語られています。企業の歴史について、新しいものを取り入れる姿勢などについて触れることで、その企業を志望する理由がアピールできています。

また企業で貢献できることについても、どのように活躍できるかが詳細に語られており、好印象です。ホテルを志望する場合は接客業の経験があれば有利になることも多いですが、必ずしもなければならないわけではありません。

例文③

私はホテルでの仕事を通じて多くの人の最高の思い出を作りたいと思い、御社を志望しました。御社は宿泊、レストラン、宴会の全てを自社ホテルで運営しており、その全てで高い評価を受けています。またお客様を笑顔にするための独自のサービスが特徴でもあり、私もより高いレベルで接客を行いたいと考えています。大学時代は御社のホテルでアルバイトをしており、レストランの部門で働いていました。レストランでの経験を活かして働き、さまざまな部門で活躍したいと考えています。

例文の③ではホテルでの仕事を通じて多くの人の最高の思い出を作りたいと志望動機が語られています。企業の特徴や強みを挙げることで、その企業を志望する理由を伝えることができています。

また志望企業でのアルバイト経験があるのも大きなポイントです。アルバイト経験があることで即戦力として活躍できるため評価は高いですし、企業とのつながりがありますので、選考でも有利になる場合があります。志望するホテルが決まっているのであれば、そこでアルバイトをするのもおすすめです。

ホテル業界の志望動機NG例文選


志望動機の作成は難しいものであり、なかなか上手に作成できず、困ってしまう人は多いです。志望動機で行き詰まりを感じた場合は、視野を広げる意味でもあえてNG例文を参考にすることもおすすめです。

NG例文と自身の志望動機を見比べることで、どこが間違っているのかを知ることができますし、照らし合わせることで悪い点を見つけ出すことができます。NG例文を参考にして、自身の志望動機を見直し、志望動機をさらにブラッシュアップしていきましょう。

NG例文①

私は接客業で働きたいと考え、御社を志望しました。御社は宿泊からレストラン、宴会まで幅広く行っており、活躍の幅も広いです。一つの企業にいながら様々な接客を行うことが出来ますし、それぞれが高いレベルにありますので、そこで自身を成長させることが出来ると考えています。私は大学時代にスーパーでアルバイトをしており、レジなどで接客業を経験しました。アルバイトの経験を活かして御社でも様々な人に最高の接客をし、お客様を喜ばせたいと考えています。

NG例文の①では接客業で働きたいことが志望動機として挙げられています。接客業で働きたいだけではホテル業界を志望する理由としては不十分です。接客をするだけではあればホテル業界だけではなく、他のサービス業でもできます。ホテル業界を志望する理由にはなりませんので、NGです。

また企業で貢献できることについても、どのように活躍するのかが曖昧で伝わりません。最高の接客で喜ばせるではなく、どのような接客を心がけて喜んでもらうのかと明確に記すことが大切です。

NG例文②

私は大学時代に御社のホテルでアルバイトをしていました。アルバイトでは主にクロークやロビーのスタッフとして働き、お客様が何を求めているのかを考えながら行動していました。常にお客様のことを考えることで、お客様の様子から次にどんな行動をするのかを読み取ることができ、先回りして行動することで、お客様に喜んでもらうことが出来ました。私は御社でもお客様の行動を先読みして考えることでお客様を満足させ、最高の瞬間を演出したいと考えています。

NG例文の②では冒頭で志望企業でアルバイトをしていたことが語られています。志望動機を印象的に伝えるためには、冒頭で結論を伝える必要があります。アピールしたいことが最初に語られておらず、印象が弱くNGです。

また企業でのアルバイトの経験を語ることで自身の能力についてはアピールできているものの、全体を通して能力を伝えるだけになってしまっています。これでは志望動機ではなく、自己PRになってしまいますのでNGです。

NG例文③

私は御社でフロントスタッフとして働き、外国人のお客様に日本のおもてなしの心を伝えていきたいと考えています。御社は企業の歴史も古く、受け継がれてきた伝統によって様々な年代の人から高い評価を勝ち取っています。私も御社の一員として働き、多くの人が心から満足出来る体験を提供したいと考えています。大学時代はカナダに留学をしており、英語力には自信があります。英語力を活かして外国のお客様に日本のおもてなしの心を伝え、日本の文化を堪能してもらうことで思い出を作ってもらいたいと考えています。

NG例文の③ではフロントスタッフとして働き、外国人のお客様におもてなしの心を伝えたいと志望動機が語られています。ホテル業界を志望する理由は明確にされていますが、外国のお客様だけに限定されているのがよくありません。

外国人専門のホテルを志望するのであれば別ですが、老舗のホテルで幅広い年代の人に愛されているホテルの場合は、万人に向けた接客をする必要があります。全体を通してサービスの対象が外国人だけに限定されておりNGです。

ホテル業界の志望動機をマスターして選考を有利に


ホテル業界は国内旅行客の増加や訪日外国人観光客の増加によって注目を集めている業界です。既存の企業だけではなく、他業界からも続々と新規参入が起こっていますし、新しいホテルもどんどん創設されています。

ホテル需要の高まりによって、採用枠を広げている企業も多いですが、その分志望者も多くなっています。勝ち残るためにはしっかりと志望動機の対策をしなければなりません。志望動機は書き方一つで印象が大きく異なりますし、上手な書き方のポイントもあります。それらのポイントをしっかりとマスターすることが就活攻略のカギになります。

魅力的な志望動機を作成して就活を有利に進め、注目を集めているホテル業界の選考を勝ち抜いていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ