業界研究

【アパレル業界の就活】職種一覧と企業選択のポイントをご紹介

アパレル業界に就職するために知っておきたいこと

アパレル業界への就職を果たしたいのであれば、アパレル業界が何をしているかなどを知っておく必要があります。アパレル業界=オシャレ、服を売るなどのイメージを持っている人は多いですが、業界での仕事はそれだけではありません。

他にもさまざまな仕事がありますし、多くの人に支えられてアパレル業界は成立しています。業界についての知識がないままに就活を進めても、選考を勝ち抜くことはできませんし、仮に就職しても理想とのギャップを感じてしまう場合もあります。

就職する前には業界についての正しい知識を身に付け、実態を知って就活を進めていくことが大切です。アパレル業界に就職するために知っておきたいことはさまざまありますので、それらを知って就活を成功させましょう。

アパレル業界特有の職種一覧

アパレル業界に就職するためには、まずはどんな職種があるのかを知っておく必要があります。それぞれの業界ごとに特有の職種はありますし、アパレル業界も例外ではありません。

他の業界にはなく、アパレル業界にしかない職種もありますので、それらについての理解を深めておくことが大切です。最終的にどの職種を目指すのかを決めることも大切です。自身のキャリアプランなども考えながら、アパレル業界の職種を確認していきましょう。

①商品開発

アパレル業界特有の職種としては商品開発が挙げられます。商品開発は新しい商品、新しいファッションを作り出す職種であり、アパレル業界では欠かすことはできません。商品開発での仕事は商品の企画、デザイン、パターンの仕事などのほか、仕入れや管理の仕事をするマーチャンダイザーなども挙げられます。

服を作る仕事としてはデザイナーやパタンナーが知られていますが、それ以外にも商品の開発に携わる職種はさまざまあります。マーチャンダイザーはマーケティングとしての役割を果たし、市場のニーズを読み取って新たな商品の開発へとつなげていく仕事です。

商品開発はアパレル業界では花形の職種ですが、さまざまな選択肢があることを覚えておきましょう。

②生産

商品開発で新しい商品の構想が練られれば、それを形に移す必要があります。商品開発で出たアイデアを実際の商品の形にしていくのが生産の仕事です。生産ではいかにして商品の品質を上げるか、大量生産をすることができるかなどを考えます。

生産のシステムの構築や生産技術の開発などを手がけることもある職種です。商品を生産する部門のほか、在庫管理などを行う部門もあります。商品の生産から管理までを行うのが生産の仕事です。

企業によっては生産の部門を持っていない場合もあります。自社生産をしないでOEMメーカーに依頼する企業もあり、全ての企業で生産の部門があるわけではありません。生産の仕事に携わりたい場合は、志望する企業に生産部門があるかを調べておきましょう。

③販売

商品のアイデアが練られ、商品として生産されることでようやく消費者のもとに商品が届きます。しかし生産された商品が自動的に消費者の手に渡るわけではありません。消費者のもとに商品を届けるためには、商品を販売する人が必要になります。

販売の職種は人員が最も多く、求人募集も最も多いため比較的働きやすい職種です。契約社員、派遣社員、アルバイトの割合が高く、正社員は少ない傾向にあります。アルバイトなどで経験を積んだ後、正社員にステップアップできる企業もありますので、志望する企業があればまずは販売の仕事を始めてみるのもおすすめです。

デザイナーなどの花形職種にいきなり就職することは難しいですが、販売の仕事であればすぐに働けるため、そこからアパレル業界に入る人は多いです。

アパレル業界の就活方法

アパレル業界に就職したいと思ったら、他の業界と同じように企業研究をおこない、自分が入社したいと思う企業を絞り込んでいきましょう。アパレル業界の企業は、実店舗を持っている場合が多く、仕事現場を実際に見ることができるというメリットがあります。

普段から利用している店舗は、より身近に感じられるでしょう。アパレル業界で希望の企業に応募するためには、どのように就活を進めていけばよいのか、その方法を見ていきましょう。

ネットで求人を探す

アパレル業界では、店舗を中心に勤務する販売員や、本社勤務の内勤社員など様々な形態で採用をおこなっています。企業によって働き方が異なり、店舗だけの勤務になることもあれば、本社と店舗の両方で働く場合もあります。

まずは、ネットで企業がどのような採用をおこなっているのか確認してみましょう。扱っているアイテムも、企業それぞれの特色があります。自社製品を販売しているのか、セレクトショップ・ハイブランドなのかなど、企業について調べてみましょう。

同じアパレル業界の中でも、商品が違えば仕事内容も異なります。ネットで求人をしているアパレル企業も多いので、まずはホームーページを確認してみてください。

まずはアルバイトとして働いてみる

入社したいと思った企業があれば、まずはアルバイトとして働く方法もあります。販売員の募集をおこなっていることも多いので、店舗で働いてみたいと考えているなら求人情報を確認してみましょう。

希望のブランドや店舗以外でも、実際に働いてみると接客について学ぶことができます。アパレル業界についても、詳しく知ることができるはずです。店舗でのアルバイトなら学生でも可能なので、将来アパレル業界で仕事をしたいという希望があれば、在学中の早い時期から働いてみるのもよいでしょう。

店舗の販売員でも本社と連絡を取ったり、本社勤務の社員と関わる機会もあります。アパレル業界について深く理解するためにも役立ちます。企業によっては、アルバイトでも正社員登用制度がある企業もあります。

アパレル業界の企業を選ぶポイント4つ

アパレル業界と一口に言ってもさまざまな企業がありますので、就職を目指すのであれば企業をしっかりと選ぶことが大切です。アパレルは企業ごとに特徴や強みが違うだけではなく、商品展開がそれぞれで全く異なりますので、自分の気に入ったブランドを目指す人が多いです。

しかし企業選択としてはそれだけでは不十分ですので、企業の選び方のポイントを知っておく必要があります。

①ブランドコンセプトを知る

アパレル業界の企業を選ぶときには、志望企業のブランドコンセプトを知っておくことが大切です。ブランドコンセプトとはどのような目的で商品を展開し、どのようなターゲット層に向けて商品を売り出しているかなどです。

志望企業のブランドコンセプトが自分の目指す方向と一致しているか確認しておきましょう。アパレル業界を志望する多くの理由は服が好き、ファッションが好き、そのブランドが好きなどが挙げられます。

しかし面接のときも「ブランドが好き」だけではアピール力が弱く、選考を勝ち抜いていくことはできません。そのブランドが好きであることは前提条件として大切ですが、それだけではなく、ブランドコンセプトも深く理解しておきましょう。

②福利厚生を含め長く働けるか

アパレル業界で志望企業を選ぶ場合は、企業の福利厚生をしっかりと確認することが大切です。福利厚生などの待遇を見て、長く働ける会社かどうかを考えるようにしましょう。福利厚生は業界に関わらず大切なものですが、アパレル業界の場合は特に重要視しなければなりません。

アパレルは職種にもよりますが、給料が低い場合も多く、人の入れ替わりも激しいため就職してもすぐに辞めてしまう人は多いです。少ない給料に加えて、福利厚生の待遇まで悪いと就職しても続けていくことは難しいですし、長く続けられないことでいつまでもスキルは身に付きません。

就活は単に就職するだけでではなく、長く働ける企業を探すことも大切ですので、企業の福利厚生にはしっかりと目を通しておきましょう。

③給与や雇用形態

給与や雇用形態は、通常の他業種と同じように正社員や契約社員、アルバイトなどで形成されています。それぞれ正社員と契約社員は月給制であることが多く、アルバイトは時間単位の時給制であることが多いです。また、ユニクロなどでは契約社員と正社員の中間に属する地域正社員というシステムもあります。

これは正社員の待遇でありながら転勤する範囲が限定される、という身分です。一定の範囲内の中での転勤になるため、一般的に転居を伴う転勤はありません。ワークライフバランスの観点や、仕事と子育てを両立できるという意味で人気の高い雇用形態です。その代わりに代償として給与や昇進は、全国転勤のある正社員に比べると抑えられていることが特徴です。

④社風や店舗で働いている社員の雰囲気

志望する企業の社風や、店舗状況にも気を遣う必要があります。アパレルは比較的廉価な服を男女問わず幅広くそろえることによって、薄利多売を狙う営業スタイルと、逆に性別や年代を絞って、その特定の年代層に幅広い選択肢を提案して比較的高価な服を扱う営業スタイルの店と主に2つのタイプに分けられます。

前者は代表例としてユニクロ、後者はいわゆるデパートなどにテナントを借りて営業している店舗などが例に挙げられます。営業スタイルによって社風や、店舗で働いている社員の雰囲気・性別・年齢などはまったく異なってくるために、自分が行きたいと思う企業のこれらの情報をきちんと把握し、十分に納得してから応募することが一番大切なポイントです。

関連記事
【アパレル業界徹底研究ガイド2017】あなたの就活に役立つ情報を一挙大公開!

アパレル業界の面接でよくある質問

アパレル業界の中でもどの職種で働くか、どの企業で働くかを決めれば、面接本番に向けてしっかりと対策を進めていくことが大切です。面接でされる質問は業界ごとに異なる場合も多く、アパレル業界ならではの質問もあります。

よくある質問に対策しておくことで、面接でも好印象を与えることができますし、選考を有利に進めることができます。アパレル業界の面接でよくある質問を知り、どのように回答するかを事前に考え、面接の対策を進めていきましょう。

志望動機

私はファッションによって豊かな生活を実現したいと考え、御社を志望しました。御社はフォーマルにもタウンユースにも使えるブランドに強みがあり、日常の様々なシーンでオシャレを楽しむことが出来ます。ブランドコンセプトの「何気ない毎日を着飾る」にも共感し、商品展開をさらに広げることで、多くの人の幸せを支えたいと考えています。大学時代は御社の店舗でアルバイトをし、お客様に接することでコミュニケーション能力を身に付けました。お客様の意見をしっかりと聞き、市場で求められているものを読み取ることで、新しい商品の開発に貢献したいと考えています。

アパレル業界の面接でよくある質問としては志望動機が挙げられます。志望動機はどの業界でも聞かれることですので、事前に回答を考えておきましょう。志望動機ではなぜファッション業界を志望したのか、その中でもなぜ該当企業なのかを伝えることが大切です。

例文では業界を志望する理由も述べられていますし、ブランドコンセプトに共感していることで、企業への志望度の高さもアピールできています。また企業でどのように活躍するかが明記されており、アピール力をさらに高めることができています。

ファッションが好きか

私はファッションが大好きで、大学時代には所属していたイベントサークルでファッションショーを行いました。ショーは文化祭で行い、多くのお客様に来ていただくことが出来ました。ショーを開催するにあたり、オリジナルのTシャツを1,000枚作り、販売しました。Tシャツは大盛況であり、用意していた1,000枚はすぐに完売となりました。その時に改めてファッションの凄さやオシャレをすることでこんなにも人に活力を与えることが出来ると知り、アパレル業界で働きたいと強く感じました。

アパレル業界はファッションに関わる仕事ですので、当然ファッションが好きかと聞かれることは多いです。答えとしてはもちろんイエスですし、なぜファッションが好きなのかを具体的に伝える必要があります。

例文では大学時代のファッションショーの経験からさらにファッションが好きになったと述べられています。経験からファッションが好きな理由を語ることで信頼性がありますし、ファッションに対する熱意の強さも伝わりますので、好印象です。

自社店舗を利用したことがあるか

私は御社のブランドが大好きで、よく買い物に出かけます。特に○○店に行くことが多く、店内の雰囲気や商品のレイアウトなどもとても気に入っています。販売のスタッフの方も優しく丁寧に接客してくださいますし、スタッフ同士で連携を取り合っている姿を見て、働きやすい環境にあるのだと感じました。御社のブランドも好きですし、店舗の雰囲気やスタッフの方の雰囲気もとても良く、買い物に行くたびに楽しい気持ちになることが出来ています。

アパレル業界では自社店舗を利用したことがあるかもよくある質問の一つです。基本的には利用したことがあると答え、店舗のどこが良かったかなどを伝えましょう。仮に利用したことがない場合は、正直に利用したことがないと答える必要があります。

嘘は絶対にNGですし、すぐにばれますので正直に答えましょう。機会がなく店舗は利用したことがないものの、いつか利用したいなど前向きに伝えることが大切です。就活の対策の一つとして、志望企業の店舗は一度訪れておくといいでしょう。

ブランドに対して持っているイメージ

これは慎重に答えることを要求される質問です。これは、各社ともおおまかには正解が存在することを覚えておかなくてはなりません。重要なことは、実際の面接で述べる時にはあなたの考えを述べるのではなく、企業が求めている回答を探して回答することです。

なぜなら、あなたが述べたイメージと採用担当者が考えている自社のイメージが異なっている場合には、採用担当者はあなたに当社で働いてもらってもちょっとイメージがあわないな、と考えられてしまい採用される可能性は低くなってしまうからです。

例としてユニクロの製品を、非常に高級な服ばかり扱っている、などと回答する受験者がいたとしても、その受験者は確実に落とされるでしょう。イメージがまったくかみ合っていないからです。

残業や休日出勤に対応できるかどうか

面接では最後のほうに必ず聞かれる質問です。この質問に対する回答は必ず「はい」であり、それ以外の回答をした人は高い確率で採用されません。そして、なぜ「はい」と言いきれるかを採用担当者にアピールすることが求められます。
学生時代には体力を培ってきましたので、急な出勤や残業にも十分に対応できます、という形で熱意をアピールするようにしましょう。

外資系のアパレル企業であれば回答の方法と内容がまったく違うのですが、日本の企業である場合には、例え残業や休日出勤をしたくないと内心では思っていても、「できます」という形で答えなければまず採用されませんので、採用担当者に上手に熱意とやる気をアピールすることが求められます。

関連記事
アパレル業界の志望動機の書き方【例文アリ】|4つのポイントを徹底解説~向いている人や仕事内容もご紹介~

アパレル業界に有利な資格

アパレル業界に就職するためには、業界、企業への志望度の高さを伝えることが大切ですが、それだけでは就活を攻略することはできません。選考で勝ち抜くためには仕事に対しての意欲の高さだけではなく、自身の能力を伝えることが大切です。

能力を伝えたいのであれば、資格を使ったアピールが効果的です。アパレル業界に有利な資格としては色彩検定・ファッション販売能力検定・ファッションビジネス能力検定などが挙げられます。

色彩検定は色の組み合わせなどの能力をアピールすることができ、ファッション販売能力検定は販売の技術や店舗の運営能力がアピールできます。ファッションビジネス能力検定ではマーケティングやマーチャンダイジングの能力をアピールできますので、選考で有利に進めるためにも資格の取得を目指しましょう。

職種などを知ってアパレル業界に就職しよう!

アパレル業界は華やかなイメージなどから就活生に人気の高い業界であり、志望者も多いです。しかし漠然としたイメージを持っている人は多いものの、業界について詳細まで知っている人はそれほど多くはありません。

アパレル業界への就職を目指すのであれば、業界の基本的な知識や職種などを知っておくことが大切です。アパレル業界では花形の職種がありますが、いきなりそれらの職種で就職するのは難しい場合も多いです。まずは下積みとして販売員など募集の多い職種からスタートする方法もあります。

アパレル業界へ就職する方法は一つではありませんし、働きながらスキルを身に付けることで別の職種にキャリアアップすることも可能です。どんな職種があるかを知り、どのようにキャリアを積むかを考え、アパレル業界を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ