身だしなみ

【面接で失敗しない靴選び】男女別におすすめの色や形を紹介

面接での靴選びに迷う就活生は多い


面接をはじめとした就職活動のために、色味や模様などに制限はあるものの、その中でも自分の気に入ったスーツを選ぶと人は多いでしょう。一方で、「靴」に関してはどうでしょうか。スーツほど熱心に見ていない人も多いのではないのでしょうか。しかし、就職活動においては「頭から足先まですべて見られている」という気持ちをもって取り組むべきです。

この記事では「面接用の靴」に焦点を当て、印象を良く見せる靴選びの基本から、おすすめの色・形をまとめてご紹介していきます。また併せて、靴を購入する際の注意点もいくつか解説していきますので、靴選びの際の参考にしてください。

面接において靴も身だしなみの1つ

面接ではTPOを意識して、マナーを守った身だしなみをするようにしてください。髪型をセットしたり、メイクを綺麗に仕上げたりするだけが身だしなみではありません。靴も重要な身だしなみの1つです。

靴が汚れていたり、傷がついていたりすると、身だしなみに疎い人だと思われかねません。靴は、スーツのコーディネートを構成する要素であり、移動手段として常に行動を共にするものです。身だしなみを守りつつ、動きやすい靴を選び、自分にぴったりな靴を選びましょう。

汚れなどがなく清潔感がある

靴には清潔感が何よりも大切です。靴についた汚れは定期的に取り除くようにしておきましょう。また、靴も乾燥してひび割れてしまうことがありますので、革靴用の保湿クリームを持っておくとよいです。

細目にやっておくと、靴がきれいに保てるだけでなく、靴が長持ちするかどうかにも影響を与えます。「清潔感」をキーワードに、いつまでもピカピカの靴を履き続けたいのであれば、最初の選び方はもちろん、買った後のケアも欠かさないのが肝心です。

シンプルで選り好みの別れない靴を選ぶ

シンプルなデザインは、いわば万人に受けるデザインでもあります。靴の形が独特だと、主張が強い人だと思われても仕方ありません。先がとがっている靴や、ヒールが高すぎるパンプスは、面接の場では求められておらず、過度なお洒落をするマナー違反者という印象を与えかねません。面接官からの第一印象を悪くしないよう、できれば選り好みのない靴を選ぶことをおすすめします。

そして、デザインがこだわっているものや、ヒールが高いものは、歩き疲れも蓄積されやすく、すぐに疲れやすくなります。足が痛いのに無理して移動していると、肝心な面接で実力を発揮しきれずに終わってしまう可能性もあります。元気ではつらつとした姿を表明し、TPOを意識した適切な格好で面接に挑みましょう。

 

面接で履く靴におすすめの色

靴の選び方以外にも気を配るべきポイントとはいくつかあります。そのうちのひとつが「色」です。靴の色からでも人の印象は変わってきますので、TPOをわきまえたアイテム選びをするよう、気を付けましょう。ここからは、面接で履いていく靴におすすめの色を男女別でご紹介していきます。

男性:黒か焦げ茶色

男子就活生の足元は、「黒」か「焦げ茶色」がおすすめです。なかでも定番のカラーは「黒」です。靴選びに時間をかけたくない、あるいは靴が多すぎて迷ってしまうという場合には、まず黒のものから見るようにしましょう。黒を選びたくないという場合には、「焦げ茶色」くらいまでの地味目な色であれば履いていくことができます。

明るい色の靴だとカジュアル感が前面に出てしまうので、就職活動の場では控えたほうが良いでしょう。ちなみに、いろいろ制限の多い就活生のドレスコードですが、その中でも少しでも上手な着こなしができていると思わせたいのであれば、ベルト・靴・カバンの3アイテムの色をそろえるようにしてください。

女性:黒

女子就活生のパンプスは、「黒」がおすすめです。黒色のパンプスは、男性同様定番色です。就活生のスーツの定番となっている色は黒であるため、リクルートスーツで黒以外の足元だと、色のギャップでどうしても浮いてしまいます。そのため、あまり悪目立ちしたくないのであれば黒色のものを選ぶようにしましょう。先述のように黒は定番色なので、採用担当者に悪いイメージを持たれることがありません。

面接で履く靴のベストな形とは

「色」の次に気を付けておかなければならないのが、靴の「形」です。お店にはさまざまな種類の靴が並んでいますから、迷う人も少なくないでしょう。しかし、就職活動に使えるもの・避けたほうが良いと言われているものは確実にあるので、面接におけるマナーのひとつとしてそれぞれを理解したうえで、お気に入りのものを選ぶようにしてください。ここからは、就職活動用の靴としてベストな形を、これまた男女別に分けて解説していきます。

男性の場合は紐がある革靴

男性の場合は、靴ひもを結ぶタイプ(レースアップ)の革靴を選ぶようにしてください。そうでないタイプは、どちらかというとカジュアルさが出てしまいます。とは言っても、これだけではまだどれを選ぶべきか絞れてはいません。もっと具体的にタイプを言うと、王道なのは「内羽」「ストレートチップ」の革靴です。

「羽」というのは、ひもを通す穴が開いている部分のことで、ひもを通していないときにビラビラと動くほうが「外羽」、その部分が靴の甲と一体化しているものを「内羽」と言います。比較的「清楚」とされるのは後者なので、そちらを選ぶのが無難なのです。

「ストレートチップ」とは、足の甲の部分に一本線が入ったデザインの靴のことを言います。万能型なので、ビジネスシーン以外にも冠婚葬祭の場で用いることが可能です。なお、靴のタイプはストレートチップ以外にもありますが、ここでは詳しい言及は避けることとします。

女性の場合は3cmヒールのパンプス

女性の場合は、「3cm」程度のヒールのパンプスがおすすめです。一般的には、女性の足をきれいに見せる高さは「7cm」と言われることもありますが、それほどまでに高いと「軽い」・「派手」という印象を与えることにもなりかねません。ほか、「ストラップ」に関してはあっても無くてもどちらでも構いません。それぞれに良い点はありますので、履いた時の安定感や、全身鏡で見た際のバランスなどから選ぶといいでしょう。

靴を購入する時の注意点

null

検討ののちに「購入」になったときにも、靴選びに失敗しないための注意点がいくつかあります。そこでここからは、靴を購入する際に守ってほしいポイントを2つご紹介していきます。いざ手に取って、あるいは履いてみてから「思っていたのと違う」とならないように、一つひとつ確認しておきましょう。

店頭で試着をする

靴は、店頭で試し履きしたのちに購入するようにしてください。現代社会ではネット通販も購入方法のひとつとなっていますが、同じサイズでもメーカーによって足の幅や甲の高さなどのディティールの違いはあるため、実物を見て確かめたほうが安全です。

店頭で試し履きをする際には、「長時間履いたままでも大丈夫そうか」「足先・甲はつらくないか」という点をこと細かに確かめるようにしてください。そのうえで納得したものを選ぶようにしましょう。実際に履いてから何かしらの問題があったとしても、返品・交換にはほぼ取り合ってもらえません。金銭的にも損をしないように、しっかりと吟味することを忘れないようにしてください。

サイズやヒールによってはカツカツ音が鳴る

足のサイズに合った靴やパンプス選びができないと、歩く際にカツカツと音が鳴ることがあります。足のフィット感がたりずに脱げそうになり、歩く度に音を出してしまったりする可能性が高いです。また、ヒールの素材によっては、床や地面との相性が悪く、カツカツと音が響くこともあります。このような事態を避けるためにも、店頭では必ず試着をするようにしてください。試着の際は、店員に「就活用の靴が欲しく、よく歩くことが想定されるので、歩いてみてもいいですか」と素直に伝えてみてもよいでしょう。

足のサイズに合っていないパンプスは、他にもムレの原因になったり、靴を早く消耗させてしまったりと、靴の寿命を短くしてしまう原因になってしまいます。なるべく長持ちさせるためにも、靴のサイズやパンプスのヒールはよく確認してから購入しましょう。

最低2足買っておく

就職活動用の靴は、1足だけしか持っていない人も多いでしょう。ですが、革靴は2足以上購入しておくことをおすすめします。靴を長時間履き続けていると、足の汗などを吸収してしまいます。ここで注意しておきたいのが、ムレやにおいです。靴が十分に乾燥するまでの時間を設けなければ、これらを引き起こす雑菌が繁殖してしまうでしょう。

また、就活用の靴をいくつ用意しているかは、靴が長持ちするかどうかにも関わってきます。そのため、1足だけを履き続けるのではなく、いくつかのものでローテーションを組むようにしてください。なお、まったく同じ靴を買わなければならないというわけではありません。業界や職種の雰囲気に合わせていくつかの種類を用意しておくというのも、TPOを考えるうえで大切なのではないでしょうか。

面接で失敗しない靴選びをしよう

「就職活動用の靴」に焦点を当て、印象を良く見せる靴選びの基本から、おすすめの色・形、そして、靴を購入する際の注意点をまとめて解説してきました。「革靴」とひとくちに言っても種類はさまざまであるため、その中から面接の場で浮かない靴選びをする必要があります。

靴選びに失敗したくない人は、ここでの内容をぜひ参考に、面接用の靴を選んでみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ