身だしなみ

【面接の靴選び】男女別に色や形の選び方と身だしなみのマナーを紹介

面接での靴選びに迷う就活生は多い

面接をはじめとした就職活動のために、色味や模様などに制限はあるものの、その中でも自分の気に入ったスーツを選ぶと人は多いでしょう。一方で、「靴」に関してはどうでしょうか。スーツほど熱心に見ていない人も多いのではないのでしょうか。しかし、就職活動においては「頭から足先まですべてみられている」という気持ちをもって取り組むべきです。

この記事では「面接用の靴」に焦点を当て、印象を良く見せる靴選びの基本から、おすすめの色・形をまとめてご紹介していきます。また併せて、靴を購入する際の注意点もいくつか解説していきますので、靴選びの際の参考にしてください。

【39点以下は危険度MAX】
本番前に、面接偏差値を診断しておこう

今年はweb面接を行う企業も増えていますが、自分の弱点を把握し適切に対策しなければ、どんな形式であれ面接を突破することはできません。

そこで活用したいのが、面接偏差値診断ツールの「面接力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自分の強みと弱みをグラフで見える化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業の面接を突破しましょう。

面接において靴も身だしなみの1つ

面接ではTPOを意識して、マナーを守った身だしなみをするようにしてください。髪型をセットしたり、メイクを綺麗に仕上げたりするだけが身だしなみではありません。靴も重要な身だしなみのひとつです。

靴が汚れていたり、傷がついていたりすると、身だしなみに疎い人だと思われかねません。靴は、スーツのコーディネートを構成する要素であり、移動手段として常に行動を共にするものです。身だしなみを守りつつ、動きやすい靴を選び、自分にぴったりな靴を選びましょう。

面接に適した靴の選び方:男性

面接では身だしなみがチェックされており、靴も例外ではありません。そのため、どのような靴を履くと好印象を与えられるのか、また悪印象を与えてしまうのはいかなる種類の靴なのかを知っておくことが大切です。

就活の場合は男性と女性で装いが異なり、選ぶべき靴の種類や特徴も異なります。そのため、男性の場合はどのような靴が望ましいのかを知っておかなければなりません。男性に合った就活用の靴の特徴を知り、足元から身だしなみを整えましょう。

靴の色は黒か焦げ茶色

男子就活生の足元は、「黒」か「焦げ茶色」がおすすめです。なかでも定番のカラーは「黒」です。靴選びに時間をかけたくない、あるいは靴が多すぎて迷ってしまうという場合には、まず黒のものから見るようにしましょう。黒を選びたくないという場合には、「焦げ茶色」くらいまでの地味目な色であれば履いていくことができます。

明るい色の靴だとカジュアル感が前面に出てしまうので、就職活動の場では控えたほうが良いでしょう。ちなみに、いろいろ制限の多い就活生のドレスコードですが、その中でも少しでも上手な着こなしができていると思わせたいのであれば、ベルト・靴・カバンの3アイテムの色をそろえるようにしてください。

ストレートチップの紐がある革靴がよい

男性の場合は、靴ひもを結ぶタイプ(レースアップ)の革靴を選ぶようにしてください。そうでないタイプは、どちらかというとカジュアルさが出てしまいます。とはいっても、これだけではまだどれを選ぶべきか絞れてはいません。もっと具体的にタイプをいうと、王道なのは「内羽」「ストレートチップ」の革靴です。

「羽」というのは、ひもを通す穴が開いている部分のことで、ひもを通していないときにビラビラと動くほうが「外羽」、その部分が靴の甲と一体化しているものを「内羽」と言います。比較的「清楚」とされるのは後者なので、そちらを選ぶのが無難なのです。

「ストレートチップ」とは、足の甲の部分に一本線が入ったデザインの靴のことをいいます。万能型なので、ビジネスシーン以外にも冠婚葬祭の場で用いることが可能です。

つま先がとがりすぎている靴は避ける

面接で着用するなら、革靴やビジネスシューズであっても、つま先がとがりすぎているものは避けたほうが無難でしょう。つま先のとがった靴は、デザイン性が重視されている、カジュアルであると判断され、マイナスの印象を与えてしまうことも少なくありません。

これは黒色の革靴であっても同じであり、他の要素が完璧でもつま先のデザイン性だけで印象が悪くなってしまうことは理解しておきましょう。仮に紳士靴売り場やビジネスシューズの売り場に置かれていたとしても、就活の場合は選ばないことが大切です。

就活で使用するなら、つま先がある程度丸いものを選ぶと失敗がありません。靴は細部のデザインにも注目して、悪印象を与えないものを選ぶようにしましょう。

靴下は黒か紺色の無地を選ぶ

足元の身だしなみは、靴だけではなく靴下もチェックされています。面接時に着用する靴下として望ましいのは、黒色や紺色のものであり、無地がおすすめです。暗い色合いの靴下なら落ち着いた印象を与えられ、スーツやスーツ用の靴との相性もよいでしょう。

ダークグレーなどでもよしとされる場合がありますが、企業によってはカジュアルと判断され、マイナスの印象を与えてしまうこともあるため注意が必要です。また、就活用の靴下はすべて無地のものを選びましょう。

黒色や紺色の靴下でも、柄が入っているとそれだけでカジュアルに見えてしまいます。ワンポイントでも柄があると印象が悪くなりやすいため、無地のものを選ぶほうが無難でしょう。

面接に適した靴の選び方:女性

女性ならではの靴の選び方を知っておくことも、身だしなみで高評価を獲得するポイントのひとつです。女性の場合はスカートを着用することもあり、特に足元が見えやすいため、靴の選び方には注意しなければなりません。

また、パンツスーツを着用する場合でも、同じく足元は見られていると考えましょう。スカートでもパンツスーツでも、靴の選び方は同じです。女性ならではのポイントを知り、面接時にふさわしい靴がどのようなものかを知っておくことが大切です。

女性は黒のパンプスが基本

女子就活生のパンプスは、「黒」がおすすめです。黒色のパンプスは、男性同様定番色です。就活生のスーツの定番となっている色は黒であるため、リクルートスーツで黒以外の足元だと、色のギャップでどうしても浮いてしまいます。そのため、あまり悪目立ちしたくないのであれば黒色のものを選ぶようにしましょう。先述のように黒は定番色なので、採用担当者に悪いイメージを持たれることがありません。

ヒールの高さは3cm程度でストラップ付きもOK

女性の場合は、「3cm」程度のヒールのパンプスがおすすめです。一般的には、女性の足をきれいに見せる高さは「7cm」といわれることもありますが、それほどまでに高いと「軽い」「派手」という印象を与えることにもなりかねません。

また、足首を留めるストラップに関してはあっても無くてもどちらでも構いません。それぞれによい点はありますので、履いた時の安定感や、全身を鏡でみた際のバランスなどから選ぶといいでしょう。

面接ではストッキングを着用する

女性の場合は靴下ではなく、ストッキングを着用しなければなりません。素足のままで面接に臨むと、身だしなみのルールが守れていないと判断され、評価を下げられてしまうため注意しましょう。

これはパンツスーツの場合も同じです。スカートよりも足元はみえにくいものの、ふとした拍子にみえてしまうこともあるため、着用するようにしましょう。面接時に着用するストッキングは自分の肌の色に合ったものがよいため、みた目に違和感がないものを選びましょう。

肌の色よりも濃すぎる、あるいは薄すぎる色を選んでしまうと、みた目に違和感を与えてしまうことがあります。また、柄や色がついているものもNGであるため、素肌の色に近いヌーディーなものを選びましょう。

靴を購入する時の注意点

null

検討ののちに「購入」になったときにも、靴選びに失敗しないための注意点がいくつかあります。そこでここからは、靴を購入する際に守ってほしいポイントを2つ紹介していきます。

いざ手に取って、あるいは履いてみてから「思っていたのと違う」とならないように、一つひとつ確認しておきましょう。

店頭で試着をする

靴は、店頭で試し履きしたのちに購入するようにしてください。現代社会ではネット通販も購入方法のひとつとなっていますが、同じサイズでもメーカーによって足の幅や甲の高さなどのディティールの違いはあるため、実物をみて確かめたほうが安全です。

店頭で試し履きをする際には、「長時間履いたままでも大丈夫そうか」「足先・甲はつらくないか」という点をこと細かに確かめるようにしてください。そのうえで納得したものを選ぶようにしましょう。実際に履いてから何かしらの問題があったとしても、返品・交換にはほぼ取り合ってもらえません。金銭的にも損をしないように、しっかりと吟味することを忘れないようにしてください。

サイズやヒールによってはカツカツ音が鳴る

足のサイズに合った靴やパンプス選びができないと、歩く際にカツカツと音が鳴ることがあります。足のフィット感が足りずに脱げそうになり、歩く度に音を出してしまったりする可能性が高いです。

また、ヒールの素材によっては、床や地面との相性が悪く、カツカツと音が響くこともあります。このような事態を避けるためにも、店頭では必ず試着をするようにしてください。試着の際は、店員に「就活用の靴が欲しくてよく歩くことが想定されるので、歩いてみてもいいですか」と素直に伝えてみてもよいでしょう。

足のサイズに合っていないパンプスは、他にもムレの原因になったり、早く消耗させてしまったりと、靴の寿命を短くしてしまう原因になってしまいます。なるべく長持ちさせるためにも、靴のサイズやパンプスのヒールはよく確認してから購入しましょう。

最低2足買っておく

就職活動用の靴は、1足だけしか持っていない人も多いでしょう。ですが、革靴は2足以上購入しておくのがおすすめします。靴を長時間履き続けていると、足の汗などを吸収してしまいます。ここで注意しておきたいのが、ムレやにおいです。靴が十分に乾燥するまでの時間を設けなければ、これらを引き起こす雑菌が繁殖してしまうでしょう。

また、就活用の靴をいくつ用意しているかは、靴が長持ちするかどうかにも関わってきます。そのため、1足だけを履き続けるのではなく、いくつかのものでローテーションを組むようにしてください。なお、まったく同じ靴を買わなければならないというわけではありません。業界や職種の雰囲気に合わせていくつかの種類を用意しておくというのも、TPOを考えるうえで大切なのではないでしょうか。

革靴は清潔な状態を心掛ける

靴には清潔感が何よりも大切です。靴についた汚れは定期的に取り除くようにしておきましょう。また、靴も乾燥してひび割れてしまうことがありますので、革靴用の保湿クリームを持っておくとよいです。

こまめにやっておくと、靴がきれいに保てるだけでなく、靴が長持ちするかどうかにも影響を与えます。「清潔感」をキーワードに、いつまでもピカピカの靴を履き続けたいのであれば、最初の選び方はもちろん、買った後のケアも欠かさないのが肝心です。

面接にローファーはNG

ローファーはスニーカーよりもややフォーマルなデザインですが、面接時に着用するのはNGです。面接では特にフォーマルな装いが求められているため、少しでもカジュアルなものを着用していると、身だしなみのルールが守れていないと判断されます。

ローファーは色や装飾の有無に関係なく、カジュアルなものと判断されるため、スーツに合わせて着用しないようにしましょう。見た目が革靴に近いとしても、ちょっとした違いからローファーであることはわかります。そのため、革靴を履いたほうが無難であり、スーツにも合わせやすいでしょう。

革靴よりもデザイン性が優れた機能的なローファーもありますが、就活の面接で着用するなら、革靴やパンプスがおすすめです。

 私服面接の場合も革靴やパンプスが無難

就活の面接はスーツ着用が基本ですが、企業によっては私服の着用を求めることもあります。私服着用の場合でもフォーマルさは意識する必要があり、靴は革靴やパンプスが望ましいでしょう。

就活における私服とは、完全にカジュアルな装いではなく、オフィスカジュアル程度のものが求められています。そのため、スニーカーやローファーなどを選んでしまうと、TPOに合った身だしなみができていないとして、評価を下げられてしまう危険性があるでしょう。

美容業界やアパレル業界などの場合は、私服面接の際にスニーカーやローファーなどで参加してよいこともあります。志望先によって私服で認められる範囲は異なりますが、基本的には革靴やパンプスが望ましいことは理解しておきましょう。

面接で失敗しない靴選びをしよう

「就職活動用の靴」に焦点を当て、印象を良く見せる靴選びの基本から、おすすめの色・形、そして、靴を購入する際の注意点をまとめて解説してきました。「革靴」とひとくちに言っても種類はさまざまであるため、その中から面接の場で浮かない靴選びをする必要があります。

靴も身だしなみのひとつといえます。靴選びに失敗したくない人は、ここでの内容をぜひ参考に、面接用の靴を選んでみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ