筆記試験

WEBテストの1つであるGABの概要と実施されやすい業界・職種|知っておきたい対策まで

WEBテストとして「GAB」を採用している企業は多い

就職活動をしている中で、GABという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。採用過程の1つにWEBテストを導入している企業はたくさんあります。GABは採用過程のWEBテストの1つです。就職活動におけるテストというとSPIが有名ですが、同じテストだからといってSPIばかり対策していると、GABで思いがけず手こずることになりかねません。

GABの結果が悪いと、面接まで進めないこともありえます。しかし逆に考えれば、GABで良い結果を出せば、その先の採用選考で有利になる可能性もあるということです。GABをクリアして、就職活動を有利にすすめるためにも、GABについてしっかり対策しましょう。

問題集を無料で手に入れよう

WEBテストの対策をするには、問題を多く解く必要があります。そこでおすすめなのが「WEBテスト問題集」です。こちらの問題集では、玉手箱とTG-WEBに対策できる問題が非言語と言語に分かれて掲載されています。

詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができます。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

WEBテスト「GAB」とは?

GABとは日本エス・エイチ・エル株式会社が提供しているテストのことです。GABは主に新卒総合職の採用選考を目的に実施されます。GABの目的は受験者の知的能力と性格を測定することです。GABの結果をもとに、その後の採用選考に進めるかどうかを判断されたり、面接時の参考にされます。同じWEBテストにSPIがありますが、GABとSPIは制限時間や問題内容が少し違っています。SPIだけでなくGABのことも理解しておきましょう。

ペーパー式とWEB式がある

GABには、決められた時間に試験会場に行き、紙ベースでテストを受けるペーパー式と、期間内にどのパソコンからでも好きなタイミングで受けることができるWEB式があります。自分の好きな場所で好きなタイミングにGABを受けることができるのは、WEB式の大きなメリットです。自宅にパソコンがない方は大学やネットカフェのパソコンでもテストを受けることができます。

ペーパー式とWEB式に違いはあるのでしょうか。2つの違いは出題数と制限時間です。WEB式の方が出題数が多く制限時間が短いため、ペーパー式よりも難しいとされています。ペーパー式とWEB式で問題の難易度には違いがないので、WEB式の方がペーパー式よりも早く問題を解くことが求められます。

言語・計数の2科目と性格検査

GABには能力検査として言語・計数の2科目と性格検査があります。言語科目は13の長文があり、それぞれの長文から4問が出題されるので、全部で52問が出題されます。言語科目の制限時間は25分ですので、1問あたり30秒で解かなければなりません。計数科目は図表やグラフを読み取り、設問に答える形式です。計数科目の制限時間は35分で、全部で40問出題されます。1問を1分以内に解かなければならないので、言語科目と同様にスピードが大切です。

性格検査は制限時間20分で約70問が出題されます。性格検査では自分を良く見せようとして質問に答えるよりも、答えた内容に矛盾が生じないように、なるべく素直に答えるようにしましょう。

GABはスピード勝負のテスト

GABの問題数と制限時間を聞いて、1問を解くのにかけられる時間の短さに驚いたのではないでしょうか。GABでは情報処理の早さが最も重要です。問題自体は難しいわけではなく、じっくりと考えれば解ける問題が多いです。しかし、1問ずつじっくり考えて答えを出す時間はないので、問題を次々と素早くこなしていかなければなりません。

1問つまずいて考え込んでしまっては、あっという間に時間切れになってしまいます。問題を見てすぐに解答を導き出すスピードも大切ですが、分からない問題があった場合に気持ちを切り替えて次に進むことも大切です。答えを出す早さだけでなく、気持ちの切り替えの早さも身につけていきましょう。

GABが実施されやすい業界・職種

「自分が希望する会社がGABを実施しているかどうかわからない」という方は多いと思います。GABが実施されやすい業界や職種はあるのでしょうか。自分が希望する業界や職種がGABを実施している業界や職種だとわかれば、早めの対策ができます。GABが実施されやすい業界や職種をまとめましたので、以下の業界や職種を希望する方はGABの対策をしておきましょう。

よく実施される業界

GABがよく実施される業界は商社・証券・投資・総研業界などが多いです。商社や金融業界では、仕事をするうえで素早く正確な情報処理が高い水準で求められます。そのため、情報処理能力を測定できるGABが実施されることが多いです。会社側からしてみれば、GABを実施することで、会社の適性とマッチした学生を、その後の採用選考に残すことができます。

商社や金融業界は学生からの人気度が高い業界でもあるので、GABで高得点を取らないと面接まで進めないことも考えられます。同じ会社を志望するライバルが多い業界ですので、ライバルに後れを取らないためにも、事前にGAB対策をしっかりとおこないましょう。

よく実施される職種

GABがよく実施される職種は新卒総合職が多いです。GABは主に新卒総合職向けの総合適性テストなので、総合職を希望する人は誰でもGABを受ける可能性があります。GABがよく実施される商社や金融業界以外の業界を希望していても、GABを受ける可能性がある以上、しっかりと対策をしておいた方が良いでしょう。

特にGABの計数科目は、対策をしているかしていないかの差が出やすい科目です。計数科目では、文系ではなじみの少ない問題が出るので、本番で慌てないためにも文系の人は特にGAB対策をしておいたほうが良いでしょう。文系の人でもしっかり対策しておけば、計数科目で高得点を取ることも可能なので、あきらめずに対策しましょう。

WEBテスト「GAB」のための対策

「GABの対策をしなくちゃいけないのはわかったけど、どんな対策をすればいいの?」という方が多いと思います。GABはしっかりと対策すれば、高得点を狙うことも十分に可能です。逆に対策していなければ、良い結果を得ることは難しいでしょう。GABを受けることが決まってから慌てないように、これから紹介するGABの対策ポイントを参考にしながら、しっかりとGABの対策をしておきましょう。

とにかく数をこなして慣れる

GABは対策本などで、たくさん問題を解くことでコツをつかめます。過去問や練習問題集がありますので、まずは問題集を1冊買って実際に問題を解いてみましょう。最初は解き方がわからない問題があると思いますが、焦らなくても大丈夫です。実際に問題を解くことで、問題の解き方や出題傾向が分かりますし、たくさんの問題を解くことで、GABに慣れることができます。

GABではどんな問題が出て、どのように解いていくのかということを学びましょう。GABでは今までなじみの少ない問題が出るので、とにかくたくさんの問題数をこなして、問題の解き方を覚えましょう。問題自体は難しくないので、問題を解くコツさえわかれば誰でも高得点を狙うことができます。

時間を意識して問題を解く

GABでは制限時間内にたくさんの問題を解く必要があります。すべての問題を解くためには、言語科目は1問30秒以内、計数科目は1問1分以内に解かなければなりません。問題を解く時間が短く、とにかくスピード勝負のため、練習の段階から時間を意識して問題を解くようにしましょう。1問を何秒以内に解くという目標を決めて解いたり、10問を何分以内に解くと決めて練習するのも良いでしょう。

ただ問題を解くのではなく、早く解くことを意識しながら解くことで、問題を解くスピードが上がります。問題を早く解くことに慣れてきたら、実際と同じ問題数を制限時間内に解いてみましょう。制限時間内で、どのように時間配分をしながら問題を解いていくかということに慣れるのも大切なポイントです。

GABについて把握してWEBテストに備えよう

GABは時間との闘いです。制限時間内にたくさんの問題を解くため、早く正確な情報処理能力が求められます。特に計数科目は、ただ計算ができればいいというわけではなく、図表やグラフを読み取り、得られた情報をもとに答えを導き出す必要があります。数学が得意だから対策しなくても大丈夫というわけにはいきません。

GABは事前にどれだけ対策したかによって、結果が大きく変わってきます。事前に問題を何度も解いて解き方を覚え、問題を解くスピードを上げておきましょう。GABは対策していれば難しくありません。GABで良い結果が出れば、その後の採用選考を有利に進めていける可能性が高まります。しっかりとGAB対策をして、内定に1歩近づきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ