志望動機

【英語の志望動機例文あり】就活生が知っておきたい伝え方のポイント

英語でも日本語でも同じ志望動機の大事なポイント

企業によっては志望動機を英語で求められることもありますので、その書き方を知っておかなければなりません。英語で志望動機を書くとなると非常にハードルが高く、難しいと考える人も多いですが、英語でも日本語でも志望動機の大事なポイントは同じです。英語だから気をつけなければならないポイント、英語ならではの注意点などはなく、基本的な考え方は日本語と変わりません。

単純に、使用する言語が日本語か英語かの違いだけですので、まずは志望動機そのもののポイントを理解しておくことが大切です。日本語で志望動機が上手に書けているなら、英語の志望動機でも恐れることはありません。ポイントを正しく理解して、英語の志望動機も攻略していきましょう。

英語で志望動機は「reasons for application」

英語で「志望動機」という単語はありません。志望動機を英語で表す場合は「reason for application」または「reason for  applying」となります。reason=理由、apply=志願する、という意味です。

外資系の企業や外国の企業でも「なぜ企業に入りたいと思うのか」という志望動機は、日本企業と同様に非常に重要なポイントです。他の企業ではなく、なぜこの企業で働きたいと思ったのか、明確な理由を分かりやすく説明しましょう。

説明する時には「I am interested in this job because~」「I applied for this job becasue~」などと説明しましょう。また「The reason for appliying for this job is because~」とも表現できます。まずは日本語で志望動機を作成してから、英語に訳してみましょう。

英語の志望動機を作成する際のポイント

志望動機を作成する上での大事なポイントは日本語でも英語でも同じですが、英語で作成する場合は上手に書くためのポインとがいくつかあります。

大事なポイントは同じとは言え、言語としての違いはありますので、それを踏まえて志望動機を作成することが大切です。英語が苦手な人は特にこれらのポイントを意識して作成するようにしましょう。英語が得意であっても、ポイントをしっかりと理解しておき、慎重に書き進めていくことが大切です。

スペルミスに注意する

英語の志望動機を作成する場合は、スペルミスに充分に注意しましょう。日本語でも誤字脱字があるとマイナスの評価を与えてしまいがちですが、英語の場合はスペルが間違っていると、その先を見てもらえない可能性があるので注意が必要です。

スペルミスは大きくマイナスの評価となってしまいますので、書き終えれば間違いがないかを何度も確認しておかなければなりません。

可能な限り辞書などを使って、正しいスペルを確認することが大切です。しかしすべての単語を辞書で引くわけにもいきませんので、少しでも疑問を持った単語は必ず調べるようにしましょう。英語は細かいスペルのミスが起きやすいので、不安要素が残らないように徹底的に対策をしておくことが大切です。

時制に気を付ける

英語の志望動機を作成するときには、文章の時制にも気をつけなければなりません。英語は時制によって文法が変わりますし、単語を変化させて使用しなければならない場合もあります。時制が正しく表現できていないと、文章の意味が伝わらなくなってしまいますし、単語の変化を間違えればスペルミスとも捉えられかねません。時制は細かくさまざまなものがありますが、最低限過去形・現在進行形・未来形だけはマスターしておくようにしましょう。

過去形・現在進行形・未来形の3つをマスターしていれば大抵の表現は可能ですし、志望動機を書くにも充分です。これらは英語の基本的な表現でもありますので、ミスをしないためにも必ずマスターしておきましょう。

企業側が知りたい要素を入れる

企業側が知りたい要素を入れることも、英語の志望動機作成のポイントの一つです。志望動機は企業を志望する理由や仕事に対しての熱意、志望度の高さをアピールすることが大切ですが、それだけでは仕事で活躍することはできません。仕事で活躍するためには、仕事に役立てられる要素、能力が必要であり、それを上手にアピールすることで好印象を与えることができます。

企業側が知りたいのは『就活生が何をできるのか』ですので、自分ができること、それが企業でどのように役立つのかを具体的に伝えていきましょう。志望動機では採用メリットをアピールすることが大切であり、これは日本語の志望動機でも同じです。仕事への熱意に加えて、明確な採用メリットを示してアピールしましょう。

読みやすい志望動機にする

英語で志望動機を作成する場合には、読みやすい志望動機にすることも意識しておくことが大切です。英語でも日本語でも志望動機は読みやすいことが大切ですが、英語の方が読みにくくなってしまう傾向にあります。

英語は日本語に比べて文字数が多いですし、同じ内容であっても英語の方が文章が長くなってしまいます。読みにくくならないために、文章が長くならないようにすることが大切ですので、できるだけシンプルに書くようにしましょう。

英語の志望動機では難しい言葉を使う必要はなく、簡単な言葉でも伝われば問題ありません。どんな言葉が使われているかではなく、伝わるかどうかが大切ですので、分かりやすい言葉を使い、読みやすさを意識して作成していきましょう。

志望動機に盛り込むべき内容

企業の選考面接では、必ず志望動機を聞かれることになります。志望動機の内容だけで合否が決定するわけではありませんが、どの企業でも非常に重要なポイントといえます。面接官は志望動機を聞くことで、応募者がどのような人柄なのか、どんな能力を持っているか、企業や仕事内容について深く理解しているかなどを判断します。

効果的にアピールするためにおさえておきたい、志望動機に盛り込むべき内容を紹介していきます。志望動機を作成する際のヒントとして参考にしてみてください。

他社ではなくなぜその企業を選んだのか

同じ業界、同じ職種でもなぜ他の企業ではなく、その企業を選んだのかという点は、志望動機において重要なポイントとなります。業界や仕事内容についての志望理由を述べるだけでは、「他の企業でも良いのでは?」と思われてしまいます。

なぜその企業を選んだのかという点を明確にしましょう。そのためには、まず企業について深く知ることが大切になります。企業理念、社風、仕事内容、企業の特色などをしっかりと理解しておくと、志望動機を作成する時に役立ちます。

機会があれば、OB・OGに話を聞くのもよいでしょう。この時に注意したいのは、給与や休暇などの待遇面は志望動機として述べないようにすることです。待遇面は希望の企業を決める際にも大切ですが、志望動機にするとあまりよい印象にはなりません。

どのように企業に貢献することができるのか

求められているのはどのようなスキル、能力、実績なのかを理解して、自分がその仕事にふさわしいことを伝えることが大切です。企業が求めているのは、売上に貢献でき企業の成長に役立つ人材といえます。

できれば具体的に、どのように貢献できるのかを伝えるようにしましょう。長所や持っているスキル、資格などを伝え、それを実務で活かせることをアピールします。できるだけイメージしやすいように、分かりやすく伝えることもポイントです。

面接官が志望動機を聞いて、入社後にあなたが働いている姿をイメージできるようにすると効果的です。企業の募集要項や採用情報をよく理解し、自分自身のどのような点をアピールできるのかを考えてみましょう。

面接での志望動機の伝え方ポイント

志望動機を考えれば、今後はそれを伝える方法を考えなければなりません。志望動機は履歴書やESだけではなく、面接でも求められるものですので、上手な伝え方を身に付けておきましょう。

同じ内容であっても伝え方次第では印象が大きく変わりますし、面接で伝える場合はさらに対策を進めておかなければなりません。面接の場合は英語を話さなければなりませんので、余計にハードルは上がりますが、伝え方のポイントを理解して、高評価を勝ち取りましょう。

面接が始まる前の挨拶をしっかりする

面接で志望動機を伝えるときのポイントとしては、面接が始まる前の挨拶をしっかりすることが挙げられます。面接が始まったからといって、すぐに志望動機を求められるわけではなく、アイスブレイクの時間が設けられていることも多いです。他愛のない話をしたり、お互いの調子を尋ね合うなどさまざまですが、簡単なフレーズで挨拶ができると、印象が非常に良くなります。

単に「Hello」だけではなく、「Hello. How are you today?」などごく簡単なことで構いませんので、一歩踏み込んだ挨拶をおこなうことが大切です。難しいことを聞く必要はありませんので、簡単な挨拶のフレーズをいくつか覚えておき、上手に使えるように練習しておきましょう。

履歴書の丸暗記は望ましくない

志望動機を口頭で伝えるのは緊張しますが、履歴書の丸暗記は望ましくありません。面接では履歴書とは全く違うアピールをしてしまうとマイナスの評価になりますので、履歴書に基づいてアピールをすることが大切ですが、丸暗記もマイナス評価です。面接では履歴書と同じ内容でも、プラスアルファでアピールできる内容も用意しておくことが大切です。

あくまで履歴書の内容をなぞった上で、さらにアピールが広げられるようにしておきましょう。これも難しく考える必要はなく、履歴書に書いたことを口頭でさらに膨らませるイメージを持っておけば大丈夫です。履歴書に書ける分量は限られていますので、入りきらなかった内容を口頭でアピールしていきましょう。

評価されているのは英語力だけではない

英語で志望動機を作成する場合は、英語力をアピールすることばかりに意識がいってしまう人が多いです。英語で志望動機を求められている以上、英語力のアピールは大切ではありますが、それだけでは高評価を獲得することはできません。

志望動機から評価されているのは英語力だけではありませんので、それ以外の部分でもしっかりとアピールすることが大切です。英語力のアピールばかりになってしまうと、魅力的な志望動機にはなりませんので注意しましょう。

英語力はあくまで武器の一つ

英語力があることは大切なことですし、評価の対象にもなりますが、英語力がある=仕事ができるわけではありません。仕事で活躍するためには他にもさまざまな能力が必要ですし、英語力はアピールできる武器のひとつにか過ぎないことを知っておきましょう。アピールが終始英語力だけになってしまうと、英語力はあっても他の能力は備わっていないと判断されてしまいます。

企業から評価されるためには、さまざまな能力をアピールすることが大切ですし、英語力以外もきちんとアピールしておくことで高評価を得ることができます。英語力はあくまで武器のひとつに過ぎませんし、それだけで攻略できるほど就活は甘くないということを知っておきましょう。

いかに企業で活躍できるかのアピールが大切

志望動機では英語力以外の能力をアピールすることも大切ですが、アピールする内容は企業で活かせるものでなければ意味がありません。どれだけ素晴らしい能力があっても、発揮できなければ評価の対象にはなりませんし、能力は発揮できてこそ価値があります。

志望動機では企業でいかに活躍できるかのアピールが大切ですので、企業で求められる能力や資質などを事前に調べておくことが大切です。

企業研究をしっかりおこなっていれば、企業で活躍するために必要な能力はわかりますし、それらをアピールすることでより評価されやすくなります。また企業研究を徹底できていることがわかり、企業への志望度の高さもアピールすることができます。志望動機では英語力だけではなく、企業で活かせる能力をしっかりアピールしていきましょう。

英語が苦手な人でも遅くはない

英語で志望動機の作成が求められるということは、仕事でも英語を使うということでもあり、英語力が備わっているのは必須条件でもあります。英語力がなければそもそも応募することもままならず、憧れの企業であっても自身の英語力のレベルによって諦めてしまう人も多いです。

しかし英語力が低い場合でも諦める必要はなく、英語が苦手でもすぐに勉強を始めれば遅くはありません。英語を身に付けるための勉強方法はさまざまありますので、それらを試して英語力を高めていきましょう。

とにかく単語を暗記する

英語力を身に付けるためには、とにかく単語を覚えることが大切です。単語を知らないことには文章を書くことはできませんし、会話などでも意味を掴むことができません。文法を知っておくことも大切ですが、いかに文法を知っていても単語が分からず文章の意味が理解できないことも多いです。

単語さえ知っておけば、何となくの意味を掴むことはできますし、単語を繋ぎ合わせて文章を作ることもできます。志望動機は難しい単語を使う必要はありませんので、簡単な単語でもきちんと意味が伝わる、わかりやすくすることが大切です。文法などは後から勉強しても充分に間に合いますので、素早く英語力を高めたいのであれば、まずは単語からしっかり覚えていきましょう。

海外インターンも活用する

英語力を身に付けるためには、海外インターンを利用するのもおすすめです。インターンは就活の対策としてメジャーなものですが、インターン先の企業は国内だけではなく、海外にもあります。海外インターンに参加することで、より実践的に英語を身に付けることができますし、ビジネス英語が身に付きますので就活でも有利になることが多いです。

いきなり海外インターンはハードルが高いと感じる人も多いですが、現地には日本語が話せるコーディネーターもいますし、それほど心配に感じる必要はありません。あえて難しい環境に挑戦することで能力は磨かれていきますし、必要性に迫られれば勉強にも熱が入りますので、思い切って海外インターンに参加してみましょう。

英語の志望動機例文

志望動機の作成のポイントや伝え方のポイントを知れば、実際に英語で志望動機を作成していきましょう。英語によっぽど自信がないと、志望動機の作成は無理なのではないかと考える人も多いですが、実際はそうではありません。

ポイントさえ理解していれば、中学・高校レベルの英語でも志望動機は作成できます。志望動機は難しく考えず、シンプルに書き上げることが大切です。例文を参考にしながら、英語の志望動機の作成を進めていきましょう。

例文①

I would like to work as a salesperson at your company. Your company sells many useful goods around the world. It is a work that connects the world, and I want to make an active part of it. I traveled all over the world. I think that I have communication skills and they will be useful at your company.

日本語訳:私は御社で営業職を志望します。御社は世界的に商品を展開しています。それは世界を繋げる仕事でもあり、私も世界を繋げる一員として働きたいと考えています。私は世界中を旅行したことがあります。その経験から得たコミュニケーション能力が御社で役立てられると考えています。

企業でどのように働きたいのか、どんな能力があり、それがどのように活かせるかが明確にアピールできています。企業の特徴もしっかりと捉えられており、好印象を与えることができる志望動機でしょう。

例文②

I hope to do translation work at your company. I love picture books. And your company has strengths in the translation of picture books. I have experience in studying abroad in three countries. And I can speak English, French and Italian. I would like to use my language skills for your company.

日本語訳:私は御社で翻訳の仕事がしたいと考えています。私は絵本が大好きであり、御社は翻訳事業の中でも絵本の翻訳に強みがあります。私は3ヵ国での留学を経験し、英語、フランス語、イタリア語を身に付けました。留学で培った語学力を活かして、御社で活躍したいと考えています。

企業独自の強みが挙げられていますし、自分に何ができるかも明確にアピールできており好印象です。文章が長くなりそうなところは、一文が長くならないようにandで区切られていますし、全体的に読みやすくなっています。

志望動機のポイントは英語力よりも熱意と伝える努力

英語の志望動機は作成が難しいと感じる人も多いですが、文章自体を難しく考える必要はありません。志望動機のポイントは英語力よりも熱意と伝える努力ですので、簡単な文章でも伝えたいことが正しく伝われば評価されます。どれだけ難しい言葉を使っていてもアピールが正しく伝わらなければ意味はありませんし、難しく書こうとするあまり読みにくくなっても意味はありません。

志望動機は伝わりやすさ、読みやすさが大切ですので、簡単な言葉でシンプルにまとめるのは大切なことです。面接ではたとえ間違ったり、詰まってしまっても焦る必要はありません。諦めずに伝えようとする姿勢が評価されますので、気持ちを伝えることを意識して英語の志望動機にも挑戦していきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ