業界研究

美容師の志望動機の書き方|例文3選とNG例をご紹介

美容師について

美容師は、美容院やヘアサロンにてヘアカットやメイクアップ、マニキュアなどの美容全般に携わる仕事です。美容師は国家資格であるため、美容師として就職するためには、国家試験に合格し美容師免許を取得する必要があります。

美容師は、専門学校などの教育制度も充実しており、求人も安定していることから人気の高い職業です。この記事では美容師を志望する際にアピールすべきポイントや例文をご紹介します。

美容師の主な業務内容

美容師は、毛髪の業務を専門とする理容師とは違い、髪やマニキュア、フェイスメイクなどを含めた美容全般の業務をおこないます。髪の業務に関しては、ヘアカットの基本的なものからパーマネントやカラーリングなどの発展的なものまで、さまざまな業務をおこないます。

また、カーラーやヘアアイロンなどを使ってヘアアレンジをおこなう際は、美容師としての美的センスが求められます。さらに髪だけにとどまらず、爪にマニキュアを施したり、顔にメイクを施したりするなど、細かな作業を伴う業務もあります。また、相手とコミュニケーションをとりながら相手の希望に合った美容を提供することが大切です。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか診断してみましょう。

美容師の志望動機を書くポイント

美容師の志望動機を書く場合は、盛り込むべき要素を確認してから書き始めましょう。志望動機は熱意を伝える場ですが、ただ闇雲に「美容師として働きたい」とだけ伝えても本気度が伝わらないことが多いです。志望意欲が本物だということをアピールするためにも、順序立てて志望動機を組み立てていく必要があります。ここからは、美容師の志望動機を書くポイントについてご紹介していきます。

なぜその美容室を選んだのか

まず、なぜその美容室を選んだのかを伝える必要があります。全国に数多くある美容室の中で、なぜそこで働きたいと思ったのかを伝えることで志望意欲をアピールしましょう。美容室によってターゲットとしている客層や経営方針はさまざまです。多くの美容室が、競合に勝つために色々な工夫を凝らしているはずです。

美容室を選んだ理由を明確にするためにも、まずはその美容室ならではの特徴を調べるといいでしょう。実際に店舗に足を運んだことがある場合は、そこで気付いた魅力やほかの美容室との違いを思い返してみてください。

どのように貢献するのか

美容師はサービス業として技術料をもらう仕事であるため、自身のスキルで美容室に貢献する必要があります。お客様を満足させることが第一でもありますが、ビジネスの観点からするといかに売り上げを伸ばせるのかも大切なことです。

美容室側は売上に貢献してくれる美容師が在籍していた方が嬉しいため、自分にはどのような長所やスキルがあるのかを洗い出しておきましょう。技術面だけでなく、コミュニケーション能力でお客様をリラックスさせるなど、また来たいと思ってもらえる店舗づくりに貢献したいという考え方も長所やスキルのひとつです。

美容師としての目標は何か

志望する美容室に採用されたらそれで終わりではなく、長く働くためにも目標を持っておくことが大切です。美容室側としても、せっかく採用した人にすぐ辞められると、教育にかけた時間や人件費などにおいて打撃を受けてしまいます。

志望する美容室でどのように働いていきたいのか、5年後や10年後にどのようになっていたいのかなど、できるだけ長期的な目標を掲げるといいでしょう。そして、目標を掲げる場合はその美容室ならではのものだとなおいいです。採用担当者に、強い志望意欲をアピールできるはずです。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか診断してみましょう。

美容師の志望動機NG例

はじめに、美容師として就職を希望する際に避けたほうが良い志望動機の例文を見ていきましょう。

NG例

私は、国家資格である点と安定した職業である点を見込んで、美容師を志しました。得意分野はヘアアレンジで、バリエーションには自信があります。趣味はカラオケで、休日はよく友達と遊びに行きます。
学生時代はバスケットボール部に所属し、インターハイで優勝した経歴があります。将来的には、世界で活躍できるような美容師になるため、貴社で精一杯美容師としての経験を積みたいと考えております。

「国家資格である点」と「安定した職業である点」は、客観的な意見であり主体的な意見を盛り込んでいないので、熱意が伝わりづらい志望動機になっています。

「バリエーションに自信がある」というのも、抽象的な表現となっており、そう思う根拠やどのようなバリエーションが得意なのかという具体例を挙げていないので、自己アピールとしては不十分です。

「趣味はカラオケ」と「インターハイで優勝」という要素も、美容師の職業にどのように結びつくのか、どのようなスキルを活かせるのかという関連性に乏しい情報であり、採用側は人物像を描きづらい印象を受けてしまいます。

「将来的には世界で活躍」と書いてしまうと、いずれその店を辞めることをほのめかすような表現になっています。採用側は辞めることが前提である人材ははじめから採りたくありません。たとえ前向きな理由であったとしても、お店を辞めることをほのめかす表現は避けましょう。

美容師の正しい志望動機例3選

次に、美容師として就職を希望する際に参考になる例文について3パターンほど見ていきましょう。

志望動機の例文①

私は、幼少期からおしゃれをすることに興味がありました。服や靴にこだわったのはもちろん、毎日違う髪型を楽しむことができるヘアアレンジには人一倍強い思い入れがあります。
物心ついた頃から、髪の長さやヘアスタイルなどによって見た目の印象が変わることや、お気に入りの髪型にすることで自分に自信が持てたりするなど、髪が人に与える影響の大きさを実感してきました。
もし採用していただいたら、スキルの向上に努めるのはもちろん、たくさんの人を笑顔にできるような美容師になりたいです。

幼少の頃から興味があった分野であると述べることで、人一倍美容に造詣が深いという印象を与えることができます。

さらに、美容に関する具体的な意見を述べることで、採用側が人物像を描きやすくなり、将来の理想像を述べることで今後のビジョンが描けていることをアピールできます。

志望動機の例文②

私は、幼少期からお世話になっていた貴社に、ある種の恩返しをしたいと思い、貴社を志望しました。記憶をかえりみると、散髪したらどんな髪型になるのか、幼いながら毎回楽しみにしていた気持ちを思い出しました。
ハサミひとつでさまざまなヘアスタイルを実現する美容師という夢を、わたしが美容師を志すルーツとなった貴社ではじめの一歩を踏み出すことができたらと思っております。もし採用していただけましたら、1日でもはやく1人前になれるよう努力し、貴社の戦力になれるよう頑張ります。

幼少期から利用していたというよしみから、数ある美容院の中でそこだけを特別視しているという意味合いを強めることができます。

また、そこで受けたサービスをきっかけに美容師を志すといういきさつを述べることにより、自分にとってその美容院がどれだけ大きな存在であるかを示すことができます。

志望動機の例文③

私は、貴社が掲げる「お客様が主役」というコンセプトに感銘を受けました。私は、あくまで主役は顧客であり、美容師はそれをサポートするのが役目だと思っています。
そして、それを実現するためには高い技術力と相手とのコミュニケーションが必要だと考えています。もし入社することができたら、学生時代のアルバイトで培った接客スキルと対話能力を活かして、相手の希望にそった美容が提供できるよう努力いたします。

コンセプトに感銘を受けたという結論を最初に書き、その後自分の感想を述べるという構図により、簡潔に志望動機を伝えることができます。

美容師に必要と思われる能力をアルバイトの経験を軸にアピールすることにより、採用側にどのような強みが活かせるか、イメージしやすい効果を与えることができます。また、その強みを活かして今後どのようなビジョンを描いているかを述べることで、将来性のある人材だとアピールすることができます。

美容師の志望動機で店舗選びの理由や貢献方法を伝えよう

美容師として就職を希望する際に参考になるポイントをご紹介しました。美容師は、毛髪だけでなく全身にわたる美容を担当するので、時にネイリストやメイクアップアーティストの要素も併せ持つ職業だといえるでしょう。

そのため、ヘアカットやネイル、フェイスメイクなどについてのさまざまな技術とセンスが求められます。このように業務内容は多岐に渡りますが、さまざまな分野で自分のスキルを磨ける点や、自己表現がおこなえる点などを考慮すると、魅力のある仕事だといえるでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ